SSDのデータ復旧方法

画像

SSDについて

SSD(Solid State Drive、ソリッド・ステート・ドライブ)とは、フラッシュメモリーという半導体で構成されたディスクドライブのことで、ハードディスクと同様に数十GB(ギガバイト)以上のデータ保存が可能です。最近ではハードディスクに代わりパソコンに内蔵されるようになってきており、ハードディスクと比較して消費電力が少なく済み、かつ振動に強く書き込み・読み込み速度が早いというメリットがあります。現在はまだハードディスクに比べ割高ですが、今度低価格化が進むことでSSDがディスクドライブの主流となる日もそう遠くないかもしれません。

SSDの復旧手順

SSDはハードディスクに比べ耐衝撃性に優れたメリットがありますが、それでも強い衝撃を与えたり、誤って重要ファイルなどを削除してしまうとデータ復旧が必要となる場合もあります。軽度の論理障害の場合通常のハードディスクであれば、データ復旧ソフトなどを使用してデータを復旧させることもできますが、SSDについてはRAIDで構成されていたり、特殊コネクタを使用したタイプもありますので、データ復旧ソフトで復旧できるとは限りません。また、内部の構成部品の故障などによって物理障害が生じてしまうと、ソフトウェアで修復させることはできず、データの吸い出しが必要となりますので、早めにデータ復旧業者へ依頼するようにしましょう。

SSDに問題が発生した時の対応方法

SSDが認識できない

お使いのパソコンでSSDが正しく認識されなくなってしまった場合は、基板やコントローラーなどに物理的な障害が発生している可能性が考えられます。OSの起動もされない場合、無理に故障原因を調べようとはせず、電源を切り、復旧会社へ対応を依頼して下さい。

SSDの容量表記がおかしい

xxMB、0MBなどSSDの容量が正しく表示されない症状も多く報告されています。このような症状の場合、メモリーチップの損傷による物理障害が考えられますので、データ復旧業者にデータの吸い出しをしてもらう必要があります。

SSDのデータ復旧でお困りの方はこちら

TOPへ戻る

実績とデータ復旧技術で選ぶ!信頼できるデータ復旧業者人気ランキング

contents

信頼できるデータ復旧業者人気ランキング

パソコン突然障害お助け復旧キャンペーン!