HDD、RAID、NAS、SSD、サーバーのデータ破損や消滅で困ったら、 データ復旧比較ガイドでデータ復旧会社の情報をチェック!
信頼できるデータ復旧業者を徹底的にリサーチしました。
失敗しないデータ復旧ガイド
本当に信頼できるデータ復旧会社を徹底比較

SSDのデータ復旧の成功確率はどのくらい?

機能性が高く利用者も年々増加しているSSDですが、突然パソコンに認識されなくなることや何らかのデータトラブルが発生することがあります。誤操作やミスによってトラブルが発生することもありますが、長年の使用で寿命を迎えた場合は故障してしまうもの。

そのため、普段からバックアップを取っていなければデータ復旧が必要となる日がいずれ訪れるかもしれません。このような状況になったとき、データ復旧には大きく分けて2つありますが、大切なデータ復旧を行うのであれば復旧率が気になりますよね?

そこで、ここではSSDのデータ復旧の成功率についてご紹介していきます。データ復旧には「データ復旧ソフトの使用」「データ復旧会社への依頼」といった方法があるので、現在データトラブルでお困りの方や復旧成功率を比較したい方は、ぜひ参考にしてみてください。

復旧率を上げる3つの重要なポイント

 

データ復旧には大きく分けて2つの方法がありますが、いずれの方法を利用するにしても機器の状態確認や原因の特定など行うことが大切です。また、状態や原因によって自力でデータ復旧、またはデータ復旧会社への依頼など、適切な方法を選ぶことも復旧率に関わる重要なポイントになります。

ここでは、SSDのデータ復旧率を上げる3つの重要なポイントについてまとめてみました。まずは以下でご紹介する内容を確認しながら現状と照らし合わせて、少しでも復旧成功率の高い方法を試してみてください。

PCの電源が入るかを確認する

使用中のSSDにトラブルや不具合が発生した場合、まずはパソコンの電源を入れて起動するのかを確認してみてください。これは、SSD本体に問題があるのか、または保存された内部データに問題があるのかを確認することができます。

例えばパソコンの電源を入れても起動しなかった場合、SSDそのものが故障していることがわかります。機器の故障によるデータトラブルはデータ復旧の難易度が高くなりますし、自力でデータ復旧を行うことができません。

一方、パソコンを起動することができる状態であれば、機器そのものは正常で内部データに障害が発生していることがわかります。このような状態であれば自力でのデータ復旧も可能になるケースが多いので、データ復旧ソフトを使って目的のデータを復元することができます。

このように、パソコンの電源を入れて起動する・起動しないといった状態からSSDの大まかな状態を確認できる他、可能なデータ復旧方法を判別することができます。そのため、トラブルや不具合が発生した場合は一度パソコンの起動確認を行ってみてください。

発生したトラブルの原因を見つける

発生したトラブルの原因の特定は、SSDのデータ復旧率を上げる重要なポイントの1つです。パソコンの電源を入れても起動しない、または電源は入るがSSDを認識していない場合には、以下のような原因があると考えられます。

  • ・発熱によって内部が高温状態になっている
  • ・長年の使用による機器の寿命
  • ・衝撃・水没・落雷などによる故障

これらはSSDそのものに問題がある場合に考えられる故障原因の一部であり物理障害と言われているものです。そんなSSDのトラブル原因として最も多いと言われているのが熱による故障です。機器内部には100℃近くの熱にも耐えられる耐熱素材が使用されていますが、その他の内部パーツは熱に弱いと言われています。

しかし、起動中は熱が発生してしまうため放熱ファンによって外部に熱を排出する仕組みとなっているため、基本的には発熱によって故障することはありません。しかし、この放熱ファンが正常に起動していない、または高温状態になりやすい環境での利用になると、熱暴走によってSSDが故障してしまうことがあります。

また、これまでにトラブルや不具合がなく数年利用できている機器でも、内部パーツは徐々に劣化していくためいずれは寿命によって故障してしまいます。他にも、何らかが原因で衝撃を加えてしまう、または水没や落雷などの自然災害が原因となる場合もあります。

一方、SSDそのものに問題がない場合は、人為的ミスによるデータ削除やフォーマットの実行、内部システムの破損、データ容量の不足などが原因として考えられると言われています。これらは論理障害と言われているもので、自力でのデータ復旧が可能だと言われています。

現状に合ったデータ復旧方法を使う

上記でもご紹介しましたが、論理障害が原因であれば自力でデータ復旧を行うことが可能、物理障害が原因であればデータ復旧会社への依頼を行う必要があります。自力で行うデータ復旧ですが、この方法にはデータ復旧ソフトを使用します。

データ復旧ソフト利用時の注意点としては、物理障害が発生したSSDに使用しないことです。データ復旧ソフトは論理障害のみに対応しているものであり、物理障害が発生した記憶装置に使用してもデータ復旧を行うことができません。

さらに、故障しているSSDにデータ復旧ソフトを使用すると状態の悪化を招いてしまい、プロのデータ復旧会社でも復旧困難、または不可能な状態になってしまうので絶対に使用しないでください。

一方、データ復旧会社ではさまざまな障害や原因によるデータトラブルにも対応しています。故障した記憶装置からのデータ復旧はもちろんのこと、自力でのデータ復旧に不安を感じている場合や失敗したという際にも依頼が可能です。

気になるSSDのデータ復旧率はどれくらい?

 

データ復旧を行うにあたってどのような方法があるのかはもちろんですが、一番気になるのは復旧率ではないでしょうか?データ復旧を行うということは、おそらく重要なデータの復元を希望している場合が多いでしょう。

そこで、ここでは気になるSSDのデータ復旧率についてまとめてみました。結論から言うと、自力でのデータ復旧に比べてデータ復旧会社への依頼は復旧率が高いです。依頼費用や依頼先の選び方についてもご紹介しているのでぜひ参考にしてみてください。

優秀なデータ復旧会社の復旧率は約80%

SSDのデータ復旧率ですが、データ復旧ソフトを使用した場合の復旧率は約60%、データ復旧会社に依頼した場合は約80%だと言われています。つまり、復旧率を重視するのであればデータ復旧会社への依頼が良いと言えるでしょう。

データ復旧会社ではデータ復旧の専門的な知識と高度な技術を持っていますし、適切な作業環境が完備されています。そのため、原因となる障害の種類や障害レベルを問わず高い復旧率が期待できます。

復旧率は高いが費用も高くなる

データ復旧会社に依頼する場合、まずは初期診断を行い原因となる障害を特定し、適切な復旧方法を行うために障害レベルの特定も行います。この障害レベルには軽度・中度・重度の3つに分類されるのですが、重度に近いほど依頼費用が高額になってしまいます。

しかし、多くのデータ復旧会社では初期診断と見積もりを無料で行ってくれるので、まずは気軽に相談してみると良いでしょう。ちなみに、見積もり確認後のキャンセル料も無料である場合が多いので、予算的に難しく原因が論理障害であった場合は、自力でデータ復旧を行う方法に切り替えることも可能です。

ですが、何度もお伝えしているように物理障害と診断された場合には自力でデータ復旧を行うことができません。この場合に依頼するとなると費用が高額になる可能性があるので、対策として定期的なデータのバックアップ実行をおすすめします。

依頼先を選ぶ4つのポイント

もしもデータ復旧会社に依頼する場合、信頼できる依頼先を選ぶことが大切です。

  • ・これまでのデータ復旧実績
  • ・依頼~納品までの対応スピード
  • ・インターネット上での口コミ・評判
  • ・DRAJ加盟企業

これらの項目は信頼性の高いデータ復旧会社を選ぶときの4つのポイントです。実績が多いデータ復旧会社であれば、それだけサービスの利用者が多いことを表しているので、信頼性は高いと言えるでしょう。

データ復旧を急いでいる場合には依頼してから復旧データを納品されるまでの対応スピードも確認しておきましょう。また、より高い信頼性を求めるのであればインターネット上で紹介されている依頼先の口コミや評判の確認もおすすめです。

他にも、DRAJ加盟企業であれば安心して依頼することができます。重要なデータの復旧依頼でも万全なセキュリティ体制の中で行われるので、個人情報や顧客情報などの情報漏洩の心配がありません。

さらに、データ復旧技術にも定評があるので、ほぼ確実なデータ復旧が期待できると言われています。そのため、復旧率に加えて信頼性も重視するのであればDRAJ加盟企業から依頼先を選んでみてはいかがでしょうか?

高い復旧率を求めるならデータ復旧会社に依頼しよう!

SSDはHDDに比べてデータ復旧の難易度が高いと言われていますが、自力でのデータ復旧では60%、データ復旧会社であれば80%の復旧率が期待できることがわかりました。そのため、復旧率を重視するのであればデータ復旧会社への依頼がおすすめです。

また、データ復旧会社の中でもDRAJ加盟企業であれば、高い復旧率に加えて高い信頼性も期待できます。データ復旧の依頼時には重要なデータが保存された機器を依頼先に預けなければならないので、情報漏洩などが気になる方はDRAJ加盟企業から依頼先を選んでみてください。

1位

アドバンスデザイン

2位

A1データリカバリー

3位

Buffalo

4位

ロジテック

5位

日本データ復旧サービスセンター(AOS)

アドバンスデザイン A1データリカバリー Buffalo ロジテック 日本データ復旧サービスセンター(AOS)
データ復旧費用

17,800~
180,000円

データ復旧費用

27,600~
196,000円

データ復旧費用

30,000~
120,000円

データ復旧費用

50,000~154,000円

データ復旧費用

41,800~195,800円

データ復旧スピード

当日~7日

データ復旧スピード

2~3日

データ復旧スピード

最短当日で復旧可能

データ復旧スピード

1~5日

データ復旧スピード

当日~7日

データ復旧実績

10,000件以上

データ復旧実績

70,000件以上

データ復旧実績

バッファロー製品以外も多数

データ復旧実績

30,000件以上

データ復旧実績

年間12,000件以上

データ復旧技術

米大手HDDメーカーと業務提携しており、Buffaloにデータ復旧の技術提供を行っている

データ復旧技術

元HDD設計者が在籍しており、高い復旧技術

データ復旧技術

熟知した技術者が携わっている

データ復旧技術

メーカー実績で積み上げた高い技術力

データ復旧技術

高い技術力を誇る

導入設備とツール

クラス100クリーンルーム、レーザー顕微鏡

導入設備とツール

クリーンルーム

導入設備とツール

クリーンルーム

導入設備とツール

クリーンルーム

導入設備とツール

クリーンルーム

品質規格

ISO9001、
ISO 27001

品質規格

ISO 27001

品質規格

ISO9001、
ISO27001

品質規格

ISO9001、ISO27001

品質規格

-

対応メディア

パソコン、HDD、SSD、各種テープメディア他

対応メディア

HDD、SSD、サーバー、パソコン他

対応メディア

SSD、NAS、USBメモリー、SDカード他

対応メディア

HDD、RAID、サーバー他

対応メディア

HDD、RAID、サーバー、NAS、SDカード、USB他

評判

buffaloと企業提携していて安心率が高い

評判

成果報酬型サービスで安心

評判

パソコン周辺機器メーカー公式だから安心

評判

料金体系が明瞭なので安心

評判

警察、検察など捜査機関向けに法廷提出用データ復旧サービスも対応

HDD、RAID、NAS、SSD、サーバーのデータ破損や消滅で困ったら、 データ復旧比較ガイドでデータ復旧会社の情報をチェック!
信頼できるデータ復旧業者を徹底的にリサーチしました。