HDD、RAID、NAS、SSD、サーバーのデータ破損や消滅で困ったら、 データ復旧比較ガイドでデータ復旧会社の情報をチェック!
信頼できるデータ復旧業者を徹底的にリサーチしました。
失敗しないデータ復旧ガイド
本当に信頼できるデータ復旧会社を徹底比較

HDDからキュルキュル、シャーという異音が聞こえる原因や対処法を解説!

HDDから突然異音が聞こえてきて「故障かも?」「データが消えてしまうかもしれない」と困った経験がある方も多いのではないでしょうか。異音に加えて、HDDの起動が遅い、ファイルが開けないなどのトラブルが併発しているケースもあるでしょう。この記事では、HDDから異音が聞こえた時の対処法や注意点を紹介しています。もしHDDの異音に悩まされた時は、本記事を参考に適切な処置を行ってください。

データ復旧をどこに頼んだらいいの?そんなお悩みにお答えします

「データが消えてしまって、どうすれ良いかわからない」、「データ復旧を業者に依頼したいけど、相場がわからない」、 そんなお悩みの方へ、データ復旧比較ガイドは本当に信頼できるデータ復旧会社を徹底比較いたしました。
データ復旧会社の選び方から、口コミを元にした復旧会社のランキングをまとめていますので、ぜひご参考にしてみてください。

HDDから異音が聞こえるのは物理障害の可能性が高い

HDDから異音が聞こえる時は、HDDに「物理障害」が発生している可能性が高いです。ほとんどの方は、「物理障害って何だろう?」と疑問に思うのではないでしょうか。ここでは、異音の原因をより深く理解するために、HDDの構造や物理障害について説明します。

HDDの構造について

HDDは主に、ディスクと、ディスクを動かす「スピンドルモーター」、データの読み書きを行う「磁気ヘッド」で構成されています。何らかのパーツの破損によってHDDから異音が発生するケースも多いです。それぞれのパーツは消耗品のため、劣化や衝撃による破損は避けられず、定期的に買い替えを行う必要があります。

物理障害とは?

物理障害は、先ほど紹介した「スピンドルモーター」や「磁気ヘッド」などのパーツが物理的に破損していることを指します。強い衝撃や経年劣化によって起こることが多く、一度破損してしまうと自力で復旧するのは困難なことが多いです。

論理障害との違い

論理障害は、ファイルの破損やウイルス感染によるエラーなど、HDDの内部が損傷されている状態を指します。物理障害とは違ってHDD自体には問題がないため、軽度の障害の場合はデータ復旧が可能な場合があります。

HDDから聞こえる音の種類

HDDから聞こえる音には、異常な音と正常の音があります。もし、聞きなれない異音が聞こえた場合はPCの電源を切るなどの対策が必要です。以下で紹介する音の例を参考に、異常か正常か見極めましょう。

異常な音の例

まずは異常な音の例をご紹介します。もしこれらの音が聞こえた時は、PCの電源をオフにし、専門業者に修理・復旧の依頼をすることをおすすめします。

「シャー」「シーッ」という擦れたような音

HDDから「シャー」「シーッ」という擦れたような音が聞こえる時は、HDDのパーツ同士が接触している可能性があります。そのまま使い続けてしまうと、ファイルの破損やデータ消失のリスクが高まるため、早めに電源を切りましょう。

「カチカチ」「カタカタ」という音

HDDから「カチカチ」「カタカタ」という音が聞こえる時は、HDDの各パーツが故障している可能性があります。かなり悪化している場合があるので、電源が入っているだけで更なるダメージを負うケースもあります。電源を切ることを最優先に行い、その後の対処方法を考えましょう。

「キュルキュル」「カコンッ」というモーター音

HDDから「キュルキュル」「カコンッ」という音が聞こえる時は、ディスクを回転させているモーターに不具合が起きている可能性があります。放置したまま使用するとHDDが正常に運転できず、データ消失に繋がるリスクがあるため注意しましょう。

正常な音の例

続いては、正常な音の例をご紹介します。これらの音がする時はHDDが正常に動いているため、安心してHDDの使用を続けてください。

「ブーン」という音

HDDから聞こえる「ブーン」という音は、機器を冷却させるファンの音です。場合によっては「ブオーン」と鳴っている時もあります。しかし、不自然に音が大きい時はファンが故障している可能性もあるため、定期的にファンの掃除を行いましょう。

「ジージー」「カリカリ」という音

HDDから聞こえる「ジージー」「カリカリ」という音は、HDDが正常に動いている音です。異常は発生していませんが、音が聞こえる時はHDDが稼働している時なので、慎重に扱うことを心掛けましょう。

全く音が聞こえない場合も注意が必要

HDDを作動させても、全く音が聞こえない場合も注意が必要です。通常、HDDは電源がONになるとモーターによるディスクの回転音が聞こえます。音が聞こえない時は、モーターに異常が発生している可能性があるため、なるべく早くHDDの電源をOFFにしましょう。

HDDから異音が聞こえる原因

HDDから異音が聞こえる原因は、これから紹介する「物理障害」が発生していることが考えられます。異音の原因を知っておくことで、スムーズに修理・復旧を行うことができるでしょう。

磁気ヘッド障害

磁気ヘッドとは、HDDにデータを読み書きを行う装置です。磁気ヘッドに不具合が起きると、データの読み込みができなくなってしまいます。そのため、磁気ヘッドのアームと呼ばれる部分がストッパーに当たって「カチカチ」「カタカタ」という音の原因となります。また、本来は接触しないプラッタと呼ばれる部分と接触し、擦れたような音が発生することもあります。

スクラッチ障害

スクラッチとは、ディスクに傷がついている状態を指します。ディスクの傷がついたまま通電を行うと、傷が深くなり、データの取り出しが不可能になることもあります。データ復旧を行うのもかなり難易度が高いです。

ファームウェア異常

ファームウェアとは、HDDを動かしているプログラムのことです。磁気ヘッド障害やスクラッチ障害によってファームウェアに不具合が起きると、データの読み書きが正しく行えません。ファームウェア異常を修復するには、専門的な知識と技術が必要なケースがほとんどです。

プラッタの経年劣化

プラッタとは、ハードディスクやフロッピーディスクのことを指します。古いプラッタを使用していた場合は、正しくデータが記録できず異音が発生することがあります。プラッタの劣化を感じたら、早めに新しいプラッタに交換することをおすすめします。

HDDから異音が聞こえた際の注意点

HDDから異音が聞こえた時は、先述した物理障害が発生している可能性が高いです。悪化を防ぐためにも、以下のことに注意して慎重に対処を行いましょう。

通電を早めにやめる

HDDから異音が聞こえた時に、通電を続けるのは大変危険です。通電によって、障害が起こったままHDDが作動してしまい、データの復旧が困難になる可能性があります。HDDから異音が聞こえたら、早い段階で通電をやめることを心掛けましょう。

電源のON/OFFを繰り返さない

電源のON/OFFを繰り返すのは、HDDに大きな負荷がかかってしまいます。異音が聞こえた時はむやみにON/OFFを繰り返すことは避け、症状を悪化させないようにしましょう。

HDDを叩かない

HDDに異常を感じても、叩いて動作確認をすることはおすすめできません。異音が発生している時は、HDDの内部が傷ついている可能性が高く、慎重に取り扱う必要があります。衝撃を加えてHDDの損傷を深刻化させないよう注意してください。

他のPCに接続をしない

他のPCにHDDを接続することも、HDDに大きな負荷がかかってしまいます。繰り返し他のPCと接続すると、症状が悪化してデータが取り出せなくなる危険性があるため、自力で何とかしようとむやみに接続をするのは控えましょう。

知識がない場合はHDDの分解を行わない

HDDの分解には、専門的な知識と技術が必要です。また、原因の特定も素人には難しいことが大半でしょう。知識がないまま分解をしてしまうと、メーカー・専門業者から修理を断られる可能性もあります。

データ復旧ソフトは使わない

HDDから異音が聞こえている時には、データ復旧ソフトによる障害の修復は見込めません。むしろHDDに更なる負荷をかけてしまい、症状が悪化する原因となってしまいます。HDDの異音は、復旧ソフトでは対策できないことを頭に入れておきましょう。

大事なデータがある場合はメーカー修理に出さない

もし、HDDのデータを復旧させる必要がある場合は、メーカー修理に出すことは避けましょう。メーカー修理はHDDを初期化することによって修復を行うので、ほとんどの場合データは失われてしまいます。HDDに大事なデータがある場合は、復旧業者に相談することをおすすめします。

HDDから異音が聞こえた場合の対処法

HDDから異音が聞こえた場合は、個人で修復をするのは難しいでしょう。「データを復旧させたい」のか「データよりも機器を優先して直したい」のかによってその後に対処法が変わってくるため、しっかり考えて対処を行いましょう。

バックアップを取っておく

HDDから異音が聞こえた場合、突然HDDが壊れてしまう可能性があります。そのため、完全に壊れてしまう前にバックアップを取っておくと安心です。しかし、バックアップはHDDに負荷がかかってしまうため、壊れる寸前だと判断した時にはやめておきましょう。

新しいHDDにデータを移しておく

新しいHDDが用意できれば、壊れてしまう前にデータを移行しておくのも一つの方法です。ただし、データ移行もHDDに負荷がかかるため、症状が悪化していると感じた時は無理はしないようにしましょう。

メーカー修理に出す

データよりも機器を優先して直したい場合は、メーカーに修理を依頼するのがおすすめです。HDDを交換することで、動作を正常に戻すことができます。しかし、データは初期化されてしまうため、大切なデータが入っている場合は復旧業者へ依頼するのがいいでしょう。

データ復旧業者に依頼する

異音が聞こえるだけではなく、データが見られなくなってしまった場合や、大切なデータを取り出したい場合は、データ復旧業者に相談しましょう。メーカー修理よりも費用が高くなる可能性はありますが、データ復旧業者に頼むことで、データの復旧率が格段に高くなります。

まとめ

HDDから異音が聞こえる時は、HDD内のパーツが破損して起こる「物理障害」が発生している可能性があります。もし、HDDから聞きなれない音が聞こえたら、むやみに再起動を繰り返すことや分解は避け、速やかに電源を切って症状を悪化させないように努めましょう。データを復旧させたい時は、専門的な知識を持つデータ復旧業者に相談することをおすすめします。

おすすめのデータ復旧会社3選

データ復旧会社は、全ての会社が安心して依頼できるとは限りません。復旧作業を依頼する際は機器を預けなければならないので、情報の流出を防ぐためにも依頼する業者はしっかりと選ぶ必要があります。

とはいえ、たくさんの会社の中から信頼できるところを探すのは大変ですよね?そこで、ここでは安心して依頼できるおすすめの業者を3つご紹介していきます。人気が高く口コミでも評判の会社をまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

【1位】アドバンスデザイン

高い復旧技術と充実した設備を完備している「アドバンスデザイン」は、日本で初めてデータ復旧サービスの提供を始めた老舗の会社です。軍事レベルのセキュリティー管理を行っているので、重要なデータを管理する機器でも安心して預けることができるでしょう。

また、無料で初期診断や依頼時の見積もりなどを対応してもらえるので、気軽に相談できるといった点もおすすめのポイントです。初めて利用される方でも安心して利用できるので、お困りの際はぜひ一度相談してみてはいかがでしょうか?

【2位】A1データリカバリー

50万件と豊富な実績を持っている「A1データリカバリー」なら、高いセキュリティーで安心して依頼することができます。復旧作業は即日から対応してくれるので、急なデータトラブルでお困りの方にもおすすめです。また、こちらでは出張サービスも提供しているので、どうしても機器を預けたくないという方でも安心して利用することができるでしょう。

【3位】Buffalo(バッファロー)

パソコンの周辺機器メーカーとして有名な「Buffalo(バッファロー)」は、データ関連のノウハウを熟知しているので、安心して利用できるおすすめの復旧会社です。料金は一律固定となっているので、追加料金を請求される心配がありません。

また、依頼する機器が自社製品であれば無料で対応してもらえる場合があるので、Buffalo製品を利用している方は一度利用してみてはいかがでしょうか?

著者情報
株式会社CLUTCH メディア編集部
データ復旧会社へのインタビューや調査データを基におすすめ比較とサイトを企画設計し、独自の評価基準にて今本当に信頼できるデータ復旧会社を紹介。 また、メディア編集部としてデータ復旧会社へのインタビュー等を基にPCやサーバ、HDD、SSD、スマホ等のデータ復旧に関わる記事を執筆。
1位

アドバンスデザイン

2位

A1データリカバリー

3位

Buffalo

4位

ロジテック

5位

日本データ復旧サービスセンター(AOS)

アドバンスデザイン A1データリカバリー Buffalo ロジテック 日本データ復旧サービスセンター(AOS)
データ復旧費用

30,000~
180,000円

データ復旧費用

27,600~
196,000円

データ復旧費用

30,000~
120,000円

データ復旧費用

50,000~154,000円

データ復旧費用

41,800~195,800円

データ復旧スピード

当日~7日

データ復旧スピード

2~3日

データ復旧スピード

最短当日で復旧可能

データ復旧スピード

1~5日

データ復旧スピード

当日~7日

データ復旧実績

10,000件以上

データ復旧実績

70,000件以上

データ復旧実績

バッファロー製品以外も多数

データ復旧実績

30,000件以上

データ復旧実績

年間12,000件以上

データ復旧技術

米大手HDDメーカーと業務提携しており、Buffaloにデータ復旧の技術提供を行っている

データ復旧技術

元HDD設計者が在籍しており、高い復旧技術

データ復旧技術

熟知した技術者が携わっている

データ復旧技術

メーカー実績で積み上げた高い技術力

データ復旧技術

高い技術力を誇る

導入設備とツール

クラス100クリーンルーム、レーザー顕微鏡

導入設備とツール

クリーンルーム

導入設備とツール

クリーンルーム

導入設備とツール

クリーンルーム

導入設備とツール

クリーンルーム

品質規格

ISO9001、
ISO 27001

品質規格

ISO 27001

品質規格

ISO9001、
ISO27001

品質規格

ISO9001、ISO27001

品質規格

-

対応メディア

パソコン、HDD、SSD、各種テープメディア他

対応メディア

HDD、SSD、サーバー、パソコン他

対応メディア

SSD、NAS、USBメモリー、SDカード他

対応メディア

HDD、RAID、サーバー他

対応メディア

HDD、RAID、サーバー、NAS、SDカード、USB他

評判

buffaloと企業提携していて安心率が高い

評判

成果報酬型サービスで安心

評判

パソコン周辺機器メーカー公式だから安心

評判

料金体系が明瞭なので安心

評判

警察、検察など捜査機関向けに法廷提出用データ復旧サービスも対応

HDD、RAID、NAS、SSD、サーバーのデータ破損や消滅で困ったら、 データ復旧比較ガイドでデータ復旧会社の情報をチェック!
信頼できるデータ復旧業者を徹底的にリサーチしました。