HDD、RAID、NAS、SSD、サーバーのデータ破損や消滅で困ったら、 データ復旧比較ガイドでデータ復旧会社の情報をチェック!
信頼できるデータ復旧業者を徹底的にリサーチしました。
失敗しないデータ復旧ガイド
本当に信頼できるデータ復旧会社を徹底比較

外付けHDDのデータ復旧は自分で可能?方法と業者に依頼するメリットを解説

外付けHDDのデータ復旧費用を抑えるために、自分で復旧できないかと考える方もいるでしょう。外付けHDDのデータ復旧は、自分で行うことも可能です。ただし、専門知識がない状態で復旧手順を誤ると、症状を悪化させてしまうリスクが高まります。

そこで今回は、外付けHDDを自分で復旧する手順と、業者に依頼するメリットを解説します。外付けHDDのデータ復旧について知りたい方は、ぜひ参考にしてください。

自分で外付けHDDを復旧することはできる?

何らかの原因で外付けHDDが故障してしまった場合や、データが削除された場合は、HDDを復旧させる作業が必要です。自分で復旧することもできますが、専門知識がないと状態を悪化させてしまう可能性があるため、基本的にはおすすめできません。状態が悪化したことで、データを取り戻せなくなるケースもあるので、業者に依頼するほうが安心です。

どうしても自分でデータを復旧したい方は、こちらの記事を参考にしてください。

無料で修理!データ復旧に使えるフリーソフト5選

自分で外付けHDDを復旧する方法

自分で外付けHDDを復旧する際の一般的な手順は以下のとおりです。

  1. 外付けHDD対応のデータ復旧ソフトをインストールする
  2. 外付けHDDをパソコンに接続する
  3. データ復旧ソフトを起動する
  4. データ復旧ソフトのスキャン機能を使用する
  5. 復旧するファイルをクリックする
  6. 無事復旧できたかチェックする

データ復旧ソフトには、Windows用とMac用があり、さまざまな種類が存在します。なかには、有料ソフトや英語マニュアルのソフトもあるので、インストール前に確認しておきましょう。

データ復旧ソフトをインストールしたら、HDDとパソコンを接続できるケーブルを使用して、外付けHDDをパソコンに接続します。その後、データ復旧ソフトを起動し、スキャン機能を使用してデータを復旧します。

手順を間違えると復旧するはずのデータが消えてしまう恐れがあるので、手順に不安がある場合は自分で作業せずに、データ復旧業者に依頼することを検討しましょう。

データ復旧ソフトをインストールしたら、HDDとパソコンを接続できるケーブルを使用して、外付けHDDをパソコンに接続します。

自分で外付けHDDを復旧する際の注意点

自分で外付けHDDを復旧する方法を紹介しましたが、復旧作業にはリスクが伴います。ここでは、自分でHDDを復旧する際に押さえておきたい注意点を解説します。

HDD自体が破損している場合は復旧できない

データ復旧ソフトは、軽度のデータ障害にのみ対応しているため、HDD自体に物理的な破損や重度のデータ障害があると復旧することができません。無理に復旧作業を行うと、本来復旧できるはずのデータが失われてしまうので注意しましょう。

HDD自体の破損が疑われる場合や、不具合の原因がわからないときは、データ復旧業者に依頼するほうが安心です。

データ復旧率がプロに頼む場合よりも低い

データ復旧ソフトの復旧率は、プロに依頼するよりも低くなります。特に、データ復旧ソフトは音楽や動画など、大容量のデータ復旧が苦手であるため、容量の大きいデータを復旧するのであれば、データ復旧業者に頼むことがおすすめです。

データ復旧ソフトを使用して自分で作業する際は、HDD内の復旧したいデータに対応するソフトを選びましょう。

データ復旧業者にHDDの修理を依頼するメリット

データ復旧業者にHDDの修理を依頼すると、HDDの症状に合わせて修理してもらえるため、自分で復旧するよりもデータ復旧率が高いことが魅力です。また、成果報酬型の企業に依頼すれば、復旧できなかったときは費用がかからないので安心です。これらのメリットを詳しく見ていきましょう。

HDD自体が破損している場合も対応できる

データ復旧業者では、万が一HDD自体に破損があったとしても、データを復旧できるケースがあります。HDDの状態を診断したうえで、症状に適した対応をしてもらえるので、自分で作業するよりも安心です。

データの復旧率が高い

データ復旧業者は専門知識を持ったプロなので、復旧ソフトを使用するよりもデータの復旧率が高くなります。データ復旧業者では、重度の破損ファイルや大容量のデータなど、データ復旧ソフトで復元できない場合も対応してもらえるケースも多いです。

成果報酬型の企業に依頼すればリスクがほとんどない

データ復旧業者に依頼すれば必ずしもデータを復旧できるわけではなく、HDDの状態によってはデータを復旧できないケースがあります。データ復旧業者のなかには、復旧できた場合にのみ費用が発生する「成果報酬型」を採用している業者がいます。そういった業者に依頼すると、万が一データ復旧できなくても費用が発生しないので安心です。

データ復旧業者にHDDの修理を依頼する場合の費用相場

外付けHDDの修理をデータ復旧業者に依頼する際にかかる費用は、障害の種類や程度によって異なります。HDDの故障は、プログラムの不具合などで起こる論理障害と、何らかの衝撃などで起こる物理障害に大別され、障害の程度によって重度と軽度にも分類できます。それぞれの分類ごとの費用相場を見てみましょう。

障害の種類 費用相場
軽度論理障害 1〜6万円
重度論理障害 5〜25万円
軽度物理障害 4〜9万円
重度物理障害 9〜70万円

軽度論理障害の費用相場

データを誤って削除した場合や、ウイルス感染による被害は軽度論理障害にあたります。修理費用の相場は1〜6万円で、ほかの症状と比較すると、修理費用は安く済みます。

重度論理障害の費用相場

フォーマットの失敗やファイルシステムの不具合、HDDが頻繁に初期化してしまう症状は重度論理障害にあたります。このような障害は復旧させることが難しいため、費用相場5〜25万円と軽度論理障害より大幅に高くなります。

軽度物理障害の費用相場

HDDの読み込みエラーなどは軽度物理障害にあたり、費用相場は4〜9万円です。HDD内部の開封やパーツ交換を必要としないケースが多いため、10万円未満で修理できるのが一般的です。

重度物理障害の費用相場

HDD本体から異音がするなど、明らかな損傷が見られる症状は重度物理障害にあたります。重度物理障害ではHDD本体の開封や、部品交換などが必要になるため、費用相場は9〜70万円と高額になります。

 

外付けHDDが認識しない時にやってはいけない行動

外付けHDDが認識しないときには、使用をやめて、できる限りHDDへの通電を止めることが大切です。特に以下の行動は症状を悪化させる恐れがあるため、やらないように気をつけましょう。

  • 電源のオン・オフを繰り返す
  • 電源を入れた状態で放置する
  • フォーマットを行う
  • 自分で分解する

電源のオン・オフを繰り返す

HDDが認識しないときに、電源のオン・オフや再起動を繰り返してしまうと、症状が悪化してデータを取り戻せなくなる可能性があります。症状が悪化すると、データ復旧業者でも対応できなくなる恐れがあるので注意が必要です。

不具合が起きたときは、HDDに負担をかけないように電源を切り、なるべく触らないようにしましょう。

電源を入れた状態で放置する

物理的な障害があるHDDは、通電により壊れた部品を無理やり稼働させてしまい、HDDに大きな負荷がかかります。パソコンに接続しているだけでも、誤作動が起きたりデータが上書きされたりする恐れがあるため注意が必要です。

外付けHDDが認識しないときは、パソコンから取り外し、HDDの電源を切りましょう。

フォーマットを行う

フォーマットとは初期化と似たような機能であり、フォーマットすることでHDD内のデータが削除されます。HDDが認識しない原因によってはフォーマットすると改善することもありますが、大切なデータが削除されてしまうため、安易に実行しないようにしましょう。

自分で分解する

HDDは、ホコリなどが少し付着しただけでもダメージを受けるため、分解するにはクリーンルームなどの専用環境が必要です。専用環境以外での分解は、HDDの状態を悪化させるリスクが高まります。安易に分解すると、メーカー保証が受けられなくなってしまうため、自分で分解することは避けましょう。

自分でHDDを分解すると、メーカー保証が受けられなくなってしまうため、自分で分解することは避けましょう。

外付けHDDの故障を防ぐために日常的にできること

外付けHDDの故障を防ぐためには、物理的な衝撃を与えないようにするなど、日頃の扱い方に気をつけることが大切です。ここでは、HDDの故障を防ぐために日常的にできることを紹介します。

HDDの接続中にケーブルを抜かない

HDDの接続中に物理的にケーブルを抜くと、故障のリスクが高まります。ケーブルを抜くときは、必ずパソコンの画面上で「取り外し処理」をしてから抜くようにしましょう。

物理的な衝撃を与えない

HDDには、データを読み込む「プラッタ」という精密部品があり、わずかな損傷があってもデータが読み込めなくなってしまいます。これを不良セクタと呼びます。不良セクタを起こさないためには、ぶつかって落ちてしまうようなところに置かずに、安全な場所に保管することが大切です。

なるべく涼しい場所で使用する

HDDは熱に弱いので、直射日光が当たる場所や、狭くて熱がこもる場所では使わないほうが安心です。寒暖差による結露なども、故障の原因となるので、なるべく一定の温度の場所で使用しましょう。また、HDDの周りに物を置くと放熱を妨げる可能性があるので注意が必要です。

まとめ

外付けHDDに不具合があるときは、まずはパソコンから取り外して通電を止めましょう。自分で復旧することもできますが、リスクが伴うので慎重に検討することが大切です。大切なデータを確実に取り戻すためにも、少しでも不安があれば、早い段階で業者に依頼することを検討しましょう。

物理障害が起きたHDD・SSDのデータ復旧方法と注意点

パソコンを使用する上で必須となるHDDとSSD。HDDであれば大容量でも安価で購入することができますし、SSDであれば処理速度が高速で効率よく作業を行えるので、目的によって使い分けている、または両方利用している方は多いのではないでしょうか?

そんなHDDとSSDですが、物理障害が発生するとデータの取り扱いができなくなるため、データ復旧が必要になります。また、障害が発生している状態で使用を続けると取り返しのつかないことになるので、適切なデータ復旧方法を行うことが大切です。

そこで、この記事では物理障害が起きたHDD・SSDのデータ復旧方法と注意点についてご紹介していきます。最近、使用中の記憶装置に不具合を感じている方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

HDDに物理障害が発生する原因と症状

 

HDDは容量の大きなものでも比較的に安価で購入できる記憶装置なので、利用されている方は多いと思います。ここでは、そんなHDDに物理障害が発生する原因とその時の症状についてまとめてみました。

電源が入らない

「パソコンの電源が入らなくなった」このようなトラブルはデータ復旧会社へと多数寄せられる相談の1つだと言われています。そして、電源が入らなくなる原因の多くはHDD自体の物理的な故障であるケースは少なくありません。

HDDには寿命がありいずれは故障してしまう消耗品なので、特に思い当たることがなくても経年劣化によって故障してしまいます。もしも使用年数の長いパソコンが突然使えなくなったという場合は、経年劣化による故障が考えられるでしょう。

HDDが認識されない

電源は入るけど起動しないという症状も故障である可能性が高いです。BIOSで確認した際にHDDが認識されていなければ物理障害が発生している状態なので、症状の悪化を防ぐためにもすぐに電源を切って使用を中止してください。

BIOSの画面は、電源を入れたときに「deleteキー」と「F2」または「F10」のキーを押すことで呼び出すことができます。電源を入れても起動しない、または機器が認識されない場合には、一度この方法を確認してみてください。

PC本体から異音・異臭が発生している

HDDに物理的な故障が起きた場合、必ずではありませんがパソコン本体から聞きなれない異音、または物が焦げるような異臭が発生することがあります。このような症状の原因として考えられるのは、パソコン本体が持つパワーやケーブルに問題や障害が発生することで基盤がショートしていると言われています。

このままの状態で使用を続けていると火災の原因になる可能性があるので、早急に使用を中止してください。また、異臭が発生している場合はすぐに換気を行い、室内の空気を入れ換えてください。

PC、または外付けHDDに衝撃を加えた

HDDは衝撃に弱いという特徴があるため、パソコン本体または外付けHDDに何らかの衝撃を加えると故障してしまいます。例えば、持ち運び中に落下させてしまった、鞄の中で物とぶつかり合っていたなど、このような衝撃で故障してしまうことがあります。

屋外でパソコン作業をされる方は、パソコン本体や外付けHDDを持ち歩いていると思います。その際中に壁にぶつけた、床に落とした後に不具合が発生した場合は、衝撃を加えたことが故障の原因である可能性が高いでしょう。

SSDに物理障害が発生する原因と症状

 

ここでは、SSDに物理障害が発生する原因とその時の症状についてまとめてみました。SSDはHDDと内部構造が異なるため、発生する原因や症状にはそれぞれに違いがあります。以下では障害の発生原因とその時に発生する症状をご紹介していきます。

電源を入れてもPCが起動しない

電源を入れてもパソコンが起動しない場合、電源ユニットが故障しているだけという場合もありますが、SSDが物理的に故障している可能性も十分に考えられます。また、起動するまでに時間がかかるようであれば、故障寸前の状態かもしれません。

もしも電源を入れてパソコンを起動することができた場合は、早急にデータのバックアップを取っておくことをおすすめします。バックアップがあれば万が一完全に故障してもデータを失う心配がなくなります。

処理動作が遅く感じる、フリーズする

SSDの最大の特徴は処理速度の速さですが、遅く感じるようになってきたら故障する時期が近い可能性があります。すでに処理速度に違和感があるという方は、早急にバックアップを取る対策を行うことをおすすめします。

また、フリーズが起こるようになった、または頻発するようになった場合は、すでにSSDが故障していると言えるでしょう。現状でパソコンや外付けSSDが作動するのであれば、速やかにバックアップを取っておくことで突然の故障に備えることができます。

前触れもなく電源が落ちる

SSDが正常に起動しているのであれば、シャットダウンや強制終了をしなければ電源が切れることはありません。しかし、故障し始めている場合は前触れもなく勝手に電源が落ちてしまうことがあります。

ちなみに、重たい処理を行っていると一時的な不具合で勝手に電源が落ちてしまうこともあるようです。ですが、軽い作業を行っているにも関わらず電源が落ちるようであれば、故障寸前の状態である可能性が高いでしょう。

空き容量があるのに表示される容量が少ない

故障時によくある症状の1つとして、空き容量が本来の容量よりも少なく表示されるというものがあります。この原因はファームウェアと呼ばれるソフトに障害が起こることで発生すると言われています。

データの読み込み・書き込みができない

SSDが内蔵されているパソコン、または外付けSSDを使用している際に「データファイルを開けない」「編集作業ができない」など、データの読み込みや書き込みができない場合も故障時の症状とされています。

しかし、データの読み書きができないという症状は、論理障害が発生しているときにも表れる症状なので、この時点では完全に故障しているとは言い切れません。ですが、正常に使用できない状態が続いているといずれ故障してしまうでしょう。

物理障害が起きたHDD・SSDのデータ復旧方法

物理的に故障したHDDやSSDのデータ復旧は論理障害に比べて難易度が高いと言われています。また、自分でデータ復旧を行うこともできないため、対策としては普段からデータのバックアップを取っておくことが推奨されています。

しかし、機器の故障は突然起きてしまうことも少なくありませんし、推奨されているとは言え定期的なバックアップを行っていない方もいることでしょう。ここでは、そんな物理障害が発生したHDD・SSDのデータ復旧方法についてまとめてみました。

データ復旧会社にデータ復旧を依頼する

物理障害によって故障した記憶装置のデータ復旧は、データ復旧会社でなければ復旧することができません。近年、自分でデータ復旧を行える「データ復旧ソフト」も普及していますが、このシフトが使用できるのは論理障害が起きた機器のみとなっています。

そのため、物理的に故障したHDDやSSDのデータ復旧が必要な場合は、データ復旧会社に依頼する必要があります。初期診断や見積もり作成などを無料で行っている会社は多いので、まずは気軽に相談してみると良いでしょう。

メーカー修理が対応してくれるのは部品交換のみ

機器が故障した場合、多くの方はメーカー修理に相談しようと考えてはいませんか?確かに、メーカー修理に依頼すれば正常に起動する状態にしてもらうことはできます。しかし、メーカー修理ではデータ復旧サービスを行っておらず、故障したパーツの交換を行っているだけなのでデータは戻ってきません。

つまり、データ復旧を必要としているのにメーカー修理に依頼すると完全にデータを失ってしまうことになります。そのため、データ復旧を依頼するのであればデータ復旧会社へ相談し、機器の修理も検討しているのであればデータ復旧後にメーカー修理に相談しましょう。

物理障害が起きたらすぐにデータ復旧会社に相談しよう!

パソコンを使用する上で必須となるHDDやSSDは、物理障害が発生するとさまざまな不具合が発生してしまいます。そして、物理的に故障した記憶装置のデータ復旧は自分で行うことはできず、データ復旧会社でなければ対応できません。

また、データ復旧会社を利用する場合はDRAJ加盟企業がおすすめされています。他社に比べて高度な復旧技術と豊富な実績を持っていますし、徹底したセキュリティ管理を行っているので、機密性の高いデータ復旧でも安心して依頼することができるでしょう。

当サイトでおすすめのデータ復旧業者1位として紹介している「アドバンスデザイン」もDRAJ加盟企業の一つなので、安心してデータ復旧を依頼できる業者を探している方はぜひ一度チェックしてみてください。

アドバンスデザインのHDD・SSDのデータ復旧実績と事例

アドバンスデザインは安い?他社の費用と徹底比較してみた

アドバンスデザインのHDD・SSDのデータ復旧実績と事例

数あるデータ復旧会社の中でも特に知名度の高い「アドバンスデザイン」。データ復旧サービスの利用経験がある方、または必要としている方であれば、名前を知っている方は多いのではないでしょうか?

そんなアドバンスデザインですが、データ復旧における実績が豊富であることでも知られており、自社のホームページでは過去に対応した事例なども公開しています。しかし、この記事を読んでいる方の中には、知名度が高いデータ復旧会社とは言っても名前やどのようなサービスを行っているのかを知らない方もいるはずです。

そこで、この記事ではアドバンスデザインのHDD・SSDのデータ復旧実績と事例についてご紹介していきます。依頼をする場合には大切なデータを預けなければならないので、安心して依頼するためにもぜひこの記事参考にしてみてください。

「アドバンスデザイン」の特徴

まずはデータ復旧サービスを提供している「アドバンスデザイン」の特徴についてご紹介していきます。特に、データ復旧サービスの利用経験がない方の場合、社名は知っていてもどのような会社なのかを知らない方が多いです。

しかし、この記事を読んでいるということは現状でデータ復旧を必要としている方もいるはずです。そして、安心して依頼するためには依頼先の特徴を知っておくことが大切です。以下ではアドバンスデザインの特徴をまとめているので、どのような特徴を持つデータ復旧会社なのか一つひとつ見ていきましょう。

業界でも有名な歴史あるデータ復旧会社

アドバンスデザインは日本で初めてデータ復旧サービスの提供を行った会社です。年々進歩していく記憶装置に対応できるデータ復旧技術を身に着けているので、業界でも高い復旧技術をもつデータ復旧会社として知られています。

また、データ復旧会社の中で最も信頼できると言われている「データ復旧協会DRAJ」に加盟しているので、安心してデータ復旧を依頼することが可能。完全成果報酬型なので万が一データ復旧に失敗した場合には無料ですし、世界でもトップレベルのセキュリティ管理を行っているので、機密性の高いデータが保存されたメディアでも安心して預けることができます。

実店舗は東京・大阪・新横浜の3店舗

アドバンスデザインは東京に本社、大阪と新横浜に支店を設けています。お近くにお住まいの方であれば店舗にデータ復旧が必要なメディアを持ち込むことで依頼することができますが、持ち込みが難しい場合には郵送にて依頼することができます。

また、郵送での受付を行っているので、店舗のない地域からでもデータ復旧の依頼が可能です。郵送にて依頼をする場合ですが、HDDまたはSSDの取り外しが可能であれば記憶装置のみを郵送、取り外しができない場合にはパソコンをそのまま郵送しても問題ありません。

幅広いメディアに対応している

アドバンスデザインでは一般的に使用率の高いHDDやSSDをはじめ、NAS・RAID・フラッシュメモリ・サーバーなどの幅広いメディアに対応しています。さらに、メーカーを問わずデータ復旧を依頼できるのもアドバンスデザインの特徴の1つです。

データ復旧会社によっては対応メディアやメーカーが限られていることもあるためえ、幅広く対応してくれるアドバンスデザインであればどのような方でも依頼することができるでしょう。

確かな復旧技術が伺えるデータ復旧実績

ここでは、アドバンスデザインが提供しているデータ復旧の実績についてまとめてみました。どのような状態の機器からデータ復旧を行っているのか、またデータ復旧には成功しているのかなど、過去の実績についてご紹介しています。

他社で断られた機器のデータ復旧にも対応

各データ復旧会社で行う基本的なサービス内容は同じですが、復旧技術の違いで対応してもらえないことがあります。しかし、アドバンスデザインでは過去に他社で断られたHDDのデータ復旧に対応し、見事データ復旧成功しています。

また、他社で断られたメディアのデータ復旧の対応は多数行っており、約80%のデータを復旧することができています。高度な復旧技術を持つアドバンスデザインだからこそ対応可能で利用者が満足できる結果を出すことができているのでしょう。

物理障害でも高確率で多数のデータ復旧に成功

データ復旧が必要となる原因には大きく分けて「論理障害」「物理障害」の2つがあります。論理障害はソフトウェア上での障害なので、HDDやSSD本体は正常に起動しているため比較的にデータ復旧の難易度は低いとされています。

一方、物理障害は記憶装置そのものが故障・破損しているため、復旧難易度は高いと言われています。そんな復旧難易度の高い障害が発生している機器にもアドバンスデザインは対応しており、高確率で多数のデータ復旧に成功しているといった実績があります。

災害によって汚れた状態からのデータ抽出

アドバンスデザインは高い復旧技術に定評があります。そのため、さまざまな状態の機器からのデータ復旧を依頼されることもあり、過去に災害によって水没してしまい、泥汚れが付着した状態からのデータ復旧に成功しています。

慎重に機器を分解し丁寧に洗浄を行い、十分に乾燥させた後にデータ復旧を行うことで、クローンディスクの作成を行い目的のデータを復旧することができたようです。HDDの場合はホコリが1粒でも付着すると故障してしまうデリケートな機器ですが、そのような機器からでも復旧を可能にするアドバンスデザインは、その実績から優れた復旧技術を持っていることが伺えます。

実際に対応したアドバンスデザインのデータ復旧事例

ここでは、アドバンスデザインが実際に対応したデータ復旧事例についてまとめてみました。依頼内容に対してどのような処置を行いデータ復旧に成功しているのかをご紹介しているので、アドバンスデザインへの依頼を検討されている方は、ぜひ参考にしてみてください。

突然HDDが認識されなくなり異音が発生した

依頼内容はHDDが認識されなくなり異音が発生したというもの。診断の結果、磁気ヘッドの故障であることが判明し、磁気ヘッドが壊れていることでデータの読み込みができなくなっていることがわかりました。

しかし、データが保存されている円盤型のプラッタには異常がなかったので、磁気ヘッドを交換したところ問題なくデータの読み出しが可能になり、データ復旧に成功することができています。

外付けHDDが認識されずデータ復旧を他社で断られた

依頼内容は外付けHDDが認識されなくなり、別のデータ復旧会社2社に相談したが依頼を断られたというもの。こちらの記憶装置は2003年と古い機器だったため、最近ではあまり見かけることのないJFSというシステムファイルだったそうです。

診断の結果、磁気ヘッドの破損によってデータが保存されているプラッタに傷がついており重度の物理障害であることが判明しました。処置としては磁気ヘッドの交換を行い、プラッタの傷部分を避けながらデータの抽出を行うことで約80%のデータ復旧に成功しています。

自分でデータ復旧を行ったが失敗した

依頼内容は停電によってフォーマットを促すエラーが表示され、必要なデータが開けなくなったため自分でデータ復旧を行ったものの失敗したというもの。診断の結果、停電時に異常なデータの上書きが行われており、この上書きが原因でトラブルが発生していたようです。

解析を行ったところ多数のデータファイルが破損している中、奇跡的に目的のデータは無事に残っていたためデータ復旧に成功しています。今回の事例は運が良かったことで復旧に成功していますが、停電後に何らかのトラブルが発生した場合は、そのままの状態で相談した方が良いかもしれません。

誤って削除した大量のデータを復旧してほしい

依頼内容はSSDに保存している大量のデータを誤って削除してしまったため、消えてしまったデータを復旧してほしいというもの。このような場合は人為的ミスによるもので、SSD自体は正常に起動している状態です。そのため、適切な処置を行うことでほぼ全てのデータを復旧することに成功しています。

突然起動しなくなったPCからデータ復旧をしてほしい

依頼内容は普段使用しているパソコンが突然起動しなくなったため、内蔵SSDのデータ復旧をしてほしいとのこと。保存データの中には家族との思いでの写真や仕事に必要なデータなどが入っているとのことでした。

診断の結果、コントローラに異常があることが判明したため、専用ツールを使用して復旧作業を実行。復旧完了までに時間はかかったものの、目的のデータ復旧は無事成功することができています。

確実なデータ復旧を求めるなら「アドバンスデザイン」

データ復旧会社の中でも有名なアドバンスデザインは、高度な復旧技術によって豊富な実績と事例があります。重度の障害レベルと診断したHDDやSSDからのデータ復旧にも成功しているので、確実なデータ復旧を求めている方にはとてもおすすめのデータ復旧会社です。

しかし、機器の状態によっては復旧が困難、または不可能になることもあります。少しでも復旧率を高めるのであれば、不具合や障害が発生していることに気づいた時点でアドバンスデザインに相談することをおすすめします。

FUJITSU製PCの内蔵HDDのデータ復旧と修理方法

国内でもシェア率が高いFUJITSU製パソコンは、ラインナップが豊富でライフスタイルに合わせて選びやすいことで人気を集めています。パソコンの使用が初めての方でも充実したサポートソフトがあるので、「初めて買ったパソコンはFUJITSU製だった」という方は多いのではないでしょうか?

他にも、3年間無料で利用できるセキュリティソフトが使用できますし、製造は全て国内で行っているので品質にこだわる方からも人気を集めている有名メーカーです。そんなFUJITSU製パソコンの内蔵HDDですが、突然データトラブルが発生してしまいデータ復旧や修理が必要になることがあります。

この記事では、そんなFUJITSU製パソコンの内蔵HDDのデータ復旧と修理方法についてご紹介していきます。注意点やおすすめの方法などをご紹介しているので、FUJITSU製パソコンを使っている方はぜひこの記事を参考にしてみてください。

【要注意】修理の前にまずはデータ復旧!

内蔵HDDに何らかのトラブルが発生した場合、「修理しないと使えない」「メーカー修理に依頼しよう」と考える方が多いと思います。しかし、データ復旧が必要であれば順番を間違えると大切なデータを失ってしまうことになります。

ここでは、修理の前にデータ復旧を行う理由についてまとめてみました。FUJITSU製パソコンの内蔵HDDを修理に出そうと考えている方は、一度以下でご紹介する内容を参考にして目的に合った順序で対応してみてください。

メーカー修理はデータ復旧をしてくれない

どんな機器も不具合や故障の症状が現れるとメーカー修理に依頼しようと考えるでしょう。しかし、FUJITSU製パソコンに限ったことではありませんが、内蔵HDDの場合は修理を先に行うとデータ復旧ができなくなってしまう可能性があります。

そもそも、メーカー修理が対応しているのは故障した内蔵HDDの交換のみとなっています。交換後の壊れたHDDは処分されてしまうので、必要なデータが保存されていた場合は復旧が不可能になってしまいます。

メーカー修理によっては取り外した内蔵HDDを返却してくれるところもあるようですが、この場合はデータ復旧が可能です。ですが、もしも処分されると永久にデータ復旧ができなくなるので、データ復旧を優先される方は修理ではなく復旧作業を一番に行う必要があります。

データ復旧後、または復旧不要なら修理

データ復旧を行った後、または必要なデータなかったり事前にバックアップを取っていたりしているのであれば、そのままメーカー修理に依頼しても問題ありません。必要なデータは確保している状態なので、そのままお使いのパソコンを使用できる状態にしたい方はメーカー修理を依頼しましょう。

または、パソコンを買い替えるという方は当然ですが修理に出す必要はありません。新しく購入したパソコンに復旧したデータ、またはバックアップしたデータを移行してあげるだけで今までを変わらない状態にできます。

ちなみに、内蔵HDDは修理をしてもいずれまた故障してしまう消耗品です。再びトラブルが発生することも考えて、修理を依頼した後も定期的にバックアップを取ってデータトラブル対策を行っておきましょう。

FUJITSU製PCの内蔵HDDのデータ復旧方法

FUJITSU製パソコンの内蔵HDDからデータ復旧を行うには、大きく分けて2つの方法があります。1つ目はデータ復旧ソフトを使う、2つ目はデータ復旧会社に依頼するという方法があります。

ここでは、これら2つのデータ復旧方法について詳しくご紹介していきます。特に、1つ目の復旧方法に関しては内蔵HDDの状態によってできない場合があります。また、2つ目の復旧方法は依頼先の選び方が重要になります。それでは、それぞれのデータ復旧方法について一つひとつ見ていきましょう。

低コストでデータ復旧が可能な「データ復旧ソフト」

最近では自分でデータ復旧を行うことができる「データ復旧ソフト」が普及しています。有料版だけでなく無料で利用できるフリーソフトもたくさんあるので、初めての方でも気軽の使用することができます。

しかし、データ復旧ソフトが利用できるのは、内蔵HDDに発生している障害が論理障害の場合のみに限られています。手軽の利用できるといったメリットはありますが、劣化によって寿命を迎えたHDDや衝撃や水没が原因で故障したなど、物理障害が発生しているHDDには利用できないというデメリットがあります。

また、故障しているHDDにデータ復旧ソフトを使用すると、症状の悪化や最悪の場合はデータ復旧不可能になる可能性があります。症状が悪化するとプロでも復旧困難になるので、データ復旧ソフトの利用を検討されている方は、事前にトラブルの原因を調べておきましょう。

高い復旧率が期待できる「データ復旧会社」

「データ復旧ソフトが使えない」「自分でデータ復旧をするのは不安」という場合には、データ復旧会社の利用がおすすめです。データ復旧会社には高い復旧技術を持つエンジニアが在籍していますし、充実した専用の設備が設けられています。

また、FUJITSU製パソコンの内蔵HDDに発生している障害を問わず対応しています。つまり、論理障害や物理障害を問わずデータ復旧を行ってくれるので、安心して依頼することができます。

さらに、依頼するデータ復旧会社によってはより高度な復旧技術を持っているので、難易度の高いHDDからの高い復旧率が期待できます。重要なデータの復旧が必要な方は、データ復旧会社の利用を検討してみてください。

DRAJ加盟企業なら安心・安全なデータ復旧を依頼できる

インターネットでデータ復旧会社を調べるとさまざまな会社が検索されます。しかし、その全てが信頼できる会社であるとは限りません。また、会社によって復旧技術に差があるので、技術力の低いデータ復旧会社に依頼すると断られてしまうこともあるようです。

ですが、データ復旧協会DRAJに加盟しているデータ復旧会社であれば、安心・安全なデータ復旧を依頼することができます。DRAJ加盟企業は、高い復旧技術を持っているので目的のデータを取り戻すことができます。

その技術力は他社で断れた内蔵HDDのデータ復旧にも成功しているほどなので、技術面の信頼性は高いと言えるでしょう。さらに、セキュリティ管理も万全なので、機密性の高いデータ復旧も安心して依頼することができます。

そんなDRAJ加盟企業は公式ホームページから確認することができますし、各データ復旧会社のホームページのリンクも掲載されているのでそのままアクセスすることができます。個人はもちろん法人や官公庁が利用しているデータ復旧会社が集まる企業団体なので、信頼性を重視される方は一度ホームページを確認してみると良いでしょう。

料金だけで選ぶのは危険!悪徳業者に要注意!

データ復旧会社の中には残念なことに悪徳業者が存在しています。まず大きな特徴として、データ復旧に失敗しても費用を請求されること。信頼できるデータ復旧会社では成果報酬型採用しているので、データ復旧ができなかった場合の費用は無料となっています。

しかし、悪徳業者の場合は成功してもしなくても費用を請求されますし、その費用は相場を上回るほどの高額な費用となっています。ちなみに、悪徳業者は格安を謳っているところが多く、ネット上で公開されている料金情報は他社に比べて安くなっている場合があります。

そのため、料金の安さにつられて依頼される方が多いのですが、実際に請求される金額は高額になっています。そんな悪徳業者の被害に遭っている方は多く、消費者センターに多数の相談が寄せられているので、データ復旧会社を利用する際には依頼先に十分注意してください。

信頼できるデータ復旧会社に相談しよう!

FUJITSU製パソコンの内蔵HDDにトラブルが発生した場合には、データ復旧や修理が必要になります。しかし、データ復旧が必要な場合には修理の前に復旧作業を行わなければなりません。

また、データ復旧の方法としてはデータ復旧会社への依頼がおすすめです。復旧成功率が高く確実に目的のデータを復旧してもらうことができるので、どうしても取り戻したいデータがある方はデータ復旧会社に相談してみてください。

LENOVO製PCの内蔵HDDのデータ復旧と修理方法

世界中から支持されているLENOVO製パソコン。低価格なのに性能は劣らず、品質が高いといった高いコストパフォーマンスが人気となっています。また、ビジネスシーンでも活躍を見せているパソコンなので、企業ではLENOVO製パソコンを導入しているところも多いのではないでしょうか?

他にも、ラインナップが豊富なので用途に合わせて選びやすい点も人気の理由です。持ち運びやすさ重視だったり据え置きとして利用したり、ゲームに特化しているゲーミングパソコンなど、自分に合ったパソコンを見つけることができるでしょう。

そんなLENOVO製パソコンですが、使い方や使用年数が原因で内蔵HDDに障害が起きてしまい、データトラブルで困ってしまうことがあります。この記事では、LENOVO製パソコンの内蔵HDDに障害が発生した場合のデータ復旧と修理方法についてご紹介していきます。

データ復旧と修理の違いとは?優先すべきはどっち?

 

パソコンの内部にはさまざまな部品が使用されていて、どれか1つでも故障する、または障害が発生すると正常に使用することができなくなります。そんなパソコントラブルの原因の1つとなっているのが内蔵HDDの故障なのですが、もちろん修理をすれば正常に使用できるようになります。

しかし、修理のみの対応、またはデータ復旧のみの対応では問題を解決することができません。そして、優先順位を間違えるとデータを取り戻すことができなくなってしまいます。ここでは、まずデータ復旧と修理の違いや優先すべき対応についてまとめてみました。

最初にやるべきことはデータ復旧

LENOVO製パソコンを使っていてデータトラブルが発生した場合、保存データの救出を優先しているのであればデータ復旧作業を優先する必要があります。パソコンにトラブルが起きた場合、おそらくですが多くの方はメーカー修理や修理専門店への相談を考えると思います。

しかし、修理サービスではデータ復旧サービスを行っておらず、対応としては故障した内蔵HDDを新品に交換する作業のみとなっています。そして、取り出した内蔵HDDは処分または返却されてしまうので、目的のデータを復旧することができません。

そのため、データ復旧を優先するのであれば、最初にやるべきことはデータ復旧であることを覚えておきましょう。詳しいデータ復旧の方法については後ほどご紹介していくので、ぜひこの記事を最後まで読んでみてください。

PCを使える状態にするなら修理が必要

「特に重要なデータや必要なデータはない」「バックアップを取っているからパソコンを使える状態にしてほしい」このような目的を優先されている方は、メーカー修理や修理専門店に相談しましょう。

必要なデータが保存されていない、すでにバックアップを取っているという場合にはデータ復旧を行う必要がありません。そのため、故障した内蔵HDDの交換をメーカー修理や修理専門店に依頼することで問題を解決できます。

しかし、上記でもご紹介したように修理を行うと必要なデータを復旧することができなくなります。そのため、修理を優先される方は依頼する前に必要なデータまたは重要なデータが保存されていない、きちんとバックアップを取っていることを確認しておきましょう。

LENOVO製PCの内蔵HDDのデータ復旧方法

 

LENOVO製パソコンの内蔵HDDに保存されたデータの復旧方法には、大きく分けて2つあります。1つ目はデータ復旧ソフトを使って自分で復旧作業を行う、2つ目はプロのデータ復旧会社に依頼するという方法です。

ここでは、そんなLENOVO製パソコンの内蔵HDDの詳しいデータ復旧方法についてまとめてみました。いずれの方法にもメリット・デメリットがあるので、それらの違いを把握した上で自分に合った方法を試してみてください。

自分で復旧できる「データ復旧ソフト」を使った方法

近年、インストールしておけばいつでもデータ復旧が可能となるデータ復旧ソフトが普及しています。正常に起動するパソコンが1台は必要になりますが、2台以上のパソコンを持っている方であればこちらの方法で内蔵HDDからのデータ復旧が可能になります。

そんな、データ復旧ソフトを使用する方法には、「データ復旧を手軽にできる」「必要コストが低い」というメリットがあります。しかし、内蔵HDDに起きている問題が論理障害の場合に限られているので、物理障害が原因であれば使用できないというデメリットがあります。

また、内蔵HDDに物理障害が起きている状態でデータ復旧ソフトを使用すると、症状の悪化を招き最悪の場合はプロが対応してもデータ復旧が困難な状態になってしまいます。そのため、こちらの方法でデータ復旧を行う際には、事前に何が原因で内蔵HDDにトラブルが起きているのかを調べておく必要があります。

どんな障害からも復旧可能な「データ復旧会社」を利用した方法

LENOVO製パソコンの内蔵HDDに物理障害が起きている、またはトラブルの原因がわからないという場合には、データ復旧会社の利用がおすすめです。データ復旧会社には高度な復旧技術を持ったエンジニアが在籍しており、復旧作業に必要な設備が整えられています。

そのため、どんな障害からでもデータ復旧が可能なので、自分では対応できない場合に利用すると良いでしょう。そんなデータ復旧会社を利用する方法には、ご紹介したように発生している障害を問わずデータ復旧を行い、高い復旧成功率が期待できるというメリットがあります。

しかし、データ復旧会社を利用する場合には数万円~数十万円の費用が必要になるといったデメリットがあります。論理障害よりも物理障害の方が費用は高くなりますし、発生している障害レベルによっても費用が異なります。

多くのデータ復旧会社では無料で初期診断・見積もりを行っていますし、その後のキャンセル料も不要である会社が多いので、まずは気軽に相談して必要な費用がどれくらい何かを確認してから依頼を検討すると良いでしょう。

信頼できるデータ復旧会社の選び方

データ復旧サービスを提供している会社は全国に多数存在していますが、選び方を間違えると「目的のデータが戻ってこなかった」なんてことになってしまうことがあります。また、データ復旧会社の中には残念なことに悪徳業者も存在します。

悪徳業者は利用者よりも自社の利益を優先していて、データ復旧の成功・失敗を問わず高額な費用を請求してくるといった特徴があります。実際に悪徳業者の被害に遭った方は多く、消費者センターへの問い合わせも多いので、依頼先を選ぶ際には十分な注意が必要です。

一方、信頼できるデータ復旧会社では、公式ホームページ内で過去の実績・事例などを公開していますし、それに基づいた復旧率も公開しています。また、目的のデータを復旧できなかった場合には一切の費用が発生しないので、復旧難易度が高いと診断された内蔵HDDでも安心して依頼することができます。

ちなみに、最も信頼性が高いとされているデータ会社は、データ復旧協会DRAJに加盟しています。DRAJ加盟企業では悪徳業者の撲滅を目的とした活動を行っており、高度な復旧技術を持つエンジニアが在籍しているデータ復旧業者が集まっています。

セキュリティ管理も万全なので、個人・法人だけでなく官公庁からの依頼実績もあるので、最も信頼できるデータ復旧会社を選ぶことができます。個人情報や機密性の高いデータの復旧が必要な方は、DRAJに加盟している企業の利用が安心・安全なのでおすすめです。

高い復旧率を望むならデータ復旧会社に相談しよう!

LENOVO製パソコンの内蔵HDDに必要なデータが保存されているのであれば、まずはデータ復旧を行い次に修理という順番で対応する必要があります。そして、データ復旧の方法には大きく分けて2種類あるとご紹介しましたが、復旧成功率が高いのはデータ復旧会社の利用です。

しかし、依頼する場合には高額な費用が必要になることも少なくありません。ですが、高度な復旧技術を持つエンジニアが対応してくれるので高い復旧率が期待できます。どうしても復旧したいデータがLENOVO製パソコンの内蔵HDDに保存されているという方は、予算や見積もり次第ではありますがデータ復旧会社に相談することをおすすめします。

SONY製PCの内蔵HDDのデータ復旧と修理方法

SONY製のパソコンと言えば、デザイン性に優れているVAIOシリーズが有名です。パソコンの製造・販売を行うメーカーにはさまざまなものがある中、人によってはSONY製のパソコンを愛用している方もいることでしょう。

そんなSONY製のパソコンですが、突然電源が入らなくなったりデータが消えてしまったりなど、内蔵HDDに障害が起こることでこのようなトラブルが発生することがあります。

データ復旧や修理が必要になりますが、対処法がわからず困ってしまう方は多いのではないでしょうか?

そこで、この記事ではSONY製パソコンの内蔵HDDのデータ復旧と修理方法についてご紹介していきます。「最近、パソコンの調子が悪い」「突然故障してどうすればいいかわからない」という方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

データ復旧と修理は別もの!どちらが優先?

パソコンの内部にはさまざまな部品が使用されていて、いずれかの部品にトラブルや故障が発生すると使用できなくなります。内蔵HDDはそうした部品の1つで、トラブルが起きるとパソコンが使えなくなってしまいます。

そして、このような状態になったときに多くの人が考えるのがデータ復旧と修理の2つだと思いますが、それぞれには大きな違いがあるので選択を間違えると取り返しのつかないことになってしまいます。ここでは、まずデータ復旧と修理の違いについてご紹介していきます。

保存データの回収が必要

「パソコンの電源を入れても起動しない」「何らかのデータトラブルが発生して重要なデータが消えた」

内蔵HDDのトラブルが原因でこのような状況が発生した場合、保存データの回収が必要なときはまずデータ復旧を行いましょう。

ちなみに、パソコンを使える状態にするだけであればメーカー修理を依頼すれば問題は解決します。しかし、メーカー修理は故障した機器の交換を行い、パソコンを正常に起動できる状態にするだけなのでデータ復旧に対応していません。

さらに、交換後の故障した内蔵HDDは廃棄されるので、目的がデータ復旧を優先している場合には完全にデータを失うことになってしまします。そのため、重要なデータや大切なデータが保存されている、バックアップを取っていない場合には修理ではなくデータ復旧を行う必要があります。

PCを使える状態にしたい

「復旧が必要なデータはない」「データよりもとにかくパソコンを使えるようにしたい」このような目的を優先しているのであれば、メーカー修理を依頼しましょう。上記でご紹介したように、メーカー修理であれば故障した内蔵HDDを交換してくれるので、すぐにパソコンを使えるようになります。

しかし、修理後は既存のHDDは廃棄されてしまうので、もしも必要なデータがあった場合には二度と復旧することができません。そのため、メーカー修理を依頼する場合には事前に必要なデータはないのかを確認する、念のためにバックアップを取っておくなど、データ消失の対策を行っておきましょう。

SONY製PCの内蔵HDDのデータ復旧方法

最近では自分でデータ復旧作業を行える「データ復旧ソフト」が多数普及しています。データ復旧ソフトならその場で復旧作業を行うことができるので、急を要する場合でも早急な対応が可能です。

しかし、内蔵HDDの状態によってはデータ復旧ソフトが使えないこともあります。そのような場合はデータ復旧を専門とする「データ復旧会社」に依頼するしかありません。ここでは、SONY製パソコンの内蔵HDDのデータ復旧方法について詳しくご紹介していきます。

データ復旧ソフトが使えるのは論理障害のみ

データ復旧ソフトはインターネット上から簡単にインストールすることができますし、ソフトによっては無料で利用できるのでお金をかけたくない方にもおすすめです。使い方に関してはソフトによって異なりますが、事前に使用方法を確認してから作業を行えば問題ないでしょう。

しかし、データ復旧ソフトが使用できるのは、HDDに発生している問題が論理障害である場合に限られます。論理障害はソフトウェアに障害が発生している状態なので、HDDそのものに異常はない状態です。そのため、データ復旧ソフトを使うといった対応で目的のデータを復元することができます。

ですが、ハードウェアに障害がある物理障害が発生している場合は、データ復旧ソフトを使用しても復元することはできません。さらに、物理的に故障・破損している状態でHDDを起動させる、通電させる行為は症状の悪化に繋がり、最悪の場合は完全にデータを消失してしまいます。

物理障害が原因ならデータ復旧会社に依頼する

HDDの平均寿命は約3~4年と言われており、寿命を迎えると故障して使用できなくなります。そのため、長期間利用している方で突然パソコンが使えなくなった、データトラブルが発生したという場合は物理障害が発生している可能性が高いと言えるでしょう。

そのような状態の内蔵HDDからデータ復旧を行う場合は、データ復旧会社に依頼することになります。データ復旧会社では、専用の設備が整っていますし、専門的な知識と高度な復旧技術を持ったスタッフによって復旧作業が行われます。

自分では対処できない物理障害が発生している内蔵HDDからのデータ復旧にも対応しているので、機器の故障が原因である場合にはプロにデータ復旧を依頼しましょう。また、論理障害にも対応しているので、「データ復旧ソフトを使っても復旧できなかった」「自分で復旧するのは不安」という方にもおすすめです。

DRAJ加盟企業なら信頼性もあり復旧成功率が高い

もしもデータ復旧会社への依頼を検討しているのであれば、「データ復旧協会DRAJ」という企業団体に加盟しているところを選びましょう。この企業団体は悪徳業者の撲滅を目的とした活動を行っており、高品質なサービスの提供を行っています。

さらに、大手企業や官公庁との取引実績もありますし、セキュリティ管理も万全なので機密性の高いデータ復旧も安心して依頼できます。他にも、高度な復旧技術を持つスタッフが対応してくれるので、難易度の高いデータ復旧にも対応してくれますし高い成功率が期待できます。

データ復旧後の修理はメーカー修理がおすすめ

SONY製パソコンの内蔵HDDのデータ復旧を優先して行った方の中には、パソコンの買い替えを検討している方もいれば修理をして再度使用可能な状態にしたいと考えている方もいるでしょう。

もし修理をされる場合は、故障した内蔵HDDを交換することで正常にパソコンを起動させることができます。あとは復旧したデータを新しい内蔵HDDに移行すれば、これまでと変わらない状態でパソコンを使えるように。

しかし、SONY製パソコンには機器の分解が難しいタイプもあるため、自分で内蔵HDDの交換ができないものがあります。パソコンを自分で組み立てることができる、SONY製パソコンの内部構造に詳しいといった方であれば問題ありませんが、そうでない方にとっては難易度が高いので別のトラブルを招く恐れがあります。

例えば、分解作業中に他の部品を傷つけてしまう、取り付けミスに気付かずパソコンが起動しないなど、自分で行う内蔵HDDの交換作業にはこのようなリスクが伴います。そのため、故障した内蔵HDDを修理するのであれば、修理のプロであるメーカー修理に依頼しましょう。

優先すべき目的に合った方法を選ぶことが大事

内蔵HDDにトラブルが発生した場合、データ復旧と修理の2つの方法、もしくはいずれか1つの方法で解決することができます。もしもデータ復旧を優先するのであれば、修理ではなくまずはデータ復旧を行う必要があります。

データは不要、またはバックアップを取っているという方は、そのままメーカー修理へ依頼することで正常にパソコンを使用することができます。しかし、メーカー修理ではデータ復旧に対応していないので、優先すべき目的を誤ると大切なデータを全て失ってしまうので注意しましょう。

また、SONY製パソコンには機器の分解が難しいものがあります。データ復旧を行った後で内蔵HDDの交換を必要とする場合は、データ復旧会社に依頼して手元にHDDが戻ってきた後にメーカー修理へと依頼することをおすすめします。

NEC製PCの内蔵HDDのデータ復旧と修理方法

NECは国内でも有名なメーカーであり、デザイン性・機能性ともに定評があります。NEC製のパソコンを使用されている方は多いのではないでしょうか?しかし、何らかのトラブルで突然パソコンが使えなくなった、大事なデータを誤操作で消してしまったという場合、メーカーに相談しても対応してもらえないケースは多いです。

ビジネスで利用されている方であれば重要なデータを取り戻したいと考えるでしょうし、安く修理できるならパソコンを買い替えたくないという方は少なくないでしょう。

そこで、この記事ではNEC製パソコンの内蔵HDDのデータ復旧を修理方法についてご紹介していきます。NEC製のパソコンを使用している方でデータトラブルや故障で困っている方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

NEC製PCによくあるトラブル

 

NEC製のパソコンに発生するトラブルにはいくつかの原因がありますが、その中の1つとして考えられるのが内蔵HDDの故障です。もしもHDDの故障が原因の場合には以下のような症状が現れることが多いと言われています。

  • ・そもそも電源が入らない
  • ・電源は入るが起動しない
  • ・内蔵HDDが認識されていない
  • ・ブルースクリーンが表示される
  • ・何らかのエラーメッセージが画面に表示される
  • ・本体から異音・異臭が発生している

このような症状が発生している場合には内蔵HDDが故障している可能性が非常に高いです。場合によっては一時的な不具合が原因でパソコンを再起動するだけで改善されることもありますが、再起動で改善できなければ故障の疑いがあります。

特に、本体から「ガリガリ」「カタンカタン」という異音が聞こえる、焦げ臭いニオイがする場合には100%内蔵HDDが故障している状態です。異音は内蔵HDDの内部部品が接触することで発生していて、異臭は内部の基盤またはチップがショートしているので焦げたニオイが発生していることが原因です。

そのまま使用を続けるとデータ復旧の難易度が上がる、または不可能な状態になりかねませんし、火災の原因になる恐れもあるのですぐに使用を注意してください。

内蔵HDDからデータ復旧をする方法

内蔵HDDからデータ復旧をする方法

内蔵HDDに大切なデータが保存されている場合、上記でご紹介したような症状が現れたのであればデータ復旧が必要になります。ここでは、そんな内蔵HDDからデータ復旧をする方法をご紹介していきます。

ご紹介するデータ復旧の方法には3つあります。1つ目は自分で復旧する方法、2つ目はメーカーが提供するサービスを利用する方法、3つ目はデータ復旧のプロに依頼する方法です。それでは、それぞれの方法について一つひとつ見ていきましょう。

専用ソフトを使って自分で復旧する

1つ目のデータ復旧方法は、「データ復旧ソフト」と呼ばれる専用ソフトを使って自分で復旧作業を行うものです。データ復旧ソフトはネット上からインストールすることが可能です。ソフトによっては有料のものもありますが、有料ソフトに劣らない性能を持つフリーソフトもあるので、データ復旧にお金をかけたくない方におすすめの方法です。

しかし、データ復旧ソフトの使用には条件があり、内蔵HDDに発生している障害が論理障害の場合に限られます。HDDそのものが故障している場合には使用できませんし、使用しても復旧することができず、症状の悪化を招く恐れがあるので、自分でデータ復旧を行う場合には事前に機器の状態を確認しておきましょう。

NECのデータ復旧サービスを利用する

基本的にメーカーが提供しているサービスの多くは故障した機器の修理であることが多いですが、NECでは「データ復旧サービ」と呼ばれるサービスを提供しています。こちらのサービスを利用する場合には事前登録が必要ですが、信頼できるメーカーに依頼したい場合にはおすすめでしょう。

また、NECには法人向けの「データ復旧サービスパック」と呼ばれるサービスもあります。1年・3年・4年・5年の4種類のサービス期間が設けられていいて、好きなサービスパックを選ぶことができるようです。サービス期間が長くなるほど料金は高くなりますが、登録しておけば内蔵HDDに突然トラブルが発生してもビジネスに支障をきたす心配がないので安心です。

しかし、NECのデータ復旧サービスを利用しても、内蔵HDDの状態によっては復旧できないことがあるようです。重度の障害が発生していると復旧難易度は高くなるので、場合によっては復旧成功を期待できないことがあるかもしれません。

データ復旧会社に依頼する

「自分でデータ復旧をして失敗したらどうしよう…」「このデータだけは確実に取り戻したい!」このような方は「データ復旧会社」に依頼することをおすすめします。データ復旧会社には専門的な知識と高度な復旧技術を持つプロフェッショナルが集まっているで、高い復旧成功率が期待できます。

また、データ復旧会社では論理障害・物理障害を問わずデータ復旧に対応しているので、どんな状態からでも内蔵HDDから目的のデータを復元してもらうことができるでしょう。そんなデータ復旧会社への依頼を検討されるのであれば、DRAJ加盟企業から選ぶことをおすすめします。

DRAJ加盟企業であれば高品質なサービスを受けられますし、万全のセキュリティ管理を行っているので機密性の高いデータ復旧も安心して依頼することができます。さらに、他社では対応できない内蔵HDDのデータ復旧成功実績もあるので、確実なデータ復旧を求めている方はデータ復旧会社を利用してみてください。

故障した内蔵HDDの修理方法

NEC製パソコンの内蔵HDDからデータ復旧を行えば、目的のデータをデータ消失から守ることができます。しかし、そのままではパソコンを使うことができないので修理が必要になります。

そんな内蔵HDDの修理は、機器そのものを入れ替えるだけでパソコンを使えるようになりますが、具体的にどのような方法で行うのでしょうか?ここでは、故障した内蔵HDDの修理方法についてご紹介していきます。

自分で内蔵HDDを交換する

パソコンを使用している方の中にはパソコンの構造について知識を持っている方もいるでしょう。そのような方は、ご自分で新しいNEC製パソコンに対応している新しい内蔵HDDを購入し、故障したHDDを取り外して新品を取り付ければ修理完了です。

復旧したデータは修理完了後に新しい内蔵HDDへとデータ移行をすればこれまでと同様に使用できます。ですが、あまりパソコンに関する知識を持っていない、自分で分解作業を行うことに不安を感じている方は、修理のプロに相談することをおすすめします。

メーカー修理または修理業者に依頼する

内蔵HDDの修理をプロに依頼するのであれば、メーカー修理または修理業者を利用しましょう。依頼先によって修理費用は異なりますが、プロが対応してくれるので安全な内蔵HDDの交換が可能です。

しかし、メーカー修理や修理業者ではHDDの交換のみの対応となっているので、復旧したデータの移行作業は自分で行う必要があります。

「自分では不安…」という方はプロに依頼しよう!

NEC製パソコンの内蔵HDDのデータ復旧や修理は、自分で作業することもできますが人によっては「上手くできるのかな?」「失敗したらどうしよう…」という不安を感じる人は少なくありません。

そのような方は、データ復旧であればNECのデータ復旧サービスやデータ復旧業者へ依頼する、修理であればメーカー修理や修理業者へ依頼しましょう。専門的な知識と技術を持ったプロであれば満足できるサービスを受けられるので、困ったときは一度相談してみましょう。

HP製PCの内蔵HDDのデータ復旧と修理方法

カリフォルニアに本拠地を置いている大手PCメーカーのHP(エイチピー)。国内でも知名度の高いメーカーであり、製造・販売する製品のラインナップが豊富であることで人気を集めています。

そんなHP製のパソコンを利用されている方の中には、内蔵HDDの不具合で困っている方はいませんか?メーカーを問わず、HDDは使用することで劣化していく消耗品なので、寿命を迎えるといずれ故障してしまうもの。

しかし、故障してしまうとパソコンが起動しなくなる、ファイルやフォルダが開けなくなるなどのトラブルが発生してしまうので、データ復旧を行わなければなりません。そこで、この記事ではHP製パソコンの内蔵HDDのデータ復旧についてご紹介していきます。

データ復旧はHPに依頼できるのか?

 

HPは業界でも有名な大手メーカーなので高い信頼性を寄せいている方は多いことでしょう。そのため、何らかのトラブルが発生した場合には、製造・販売メーカーであるHPへの相談を検討している方は多いのではないでしょうか?

しかし、修理や交換などのサービスを行っているメーカーは多いものの、データ復旧サービスを行っているパソコンメーカーはほとんどありません。そこで気になるのがHPのサービス内容ですが、データ復旧には対応しているのでしょうか?

HPではデータ復旧を行っていない

機器の故障や不具合に関する問い合わせはHPでも受け付けているのですが、データ復旧サービスは行っていないようです。というのも、データ復旧に関するお問い合わせを行った場合、専門のデータ復旧会社をいくつか紹介することになっているからです。

  • ・Data Recovery Services
  • ・Vantagetech
  • ・DriveSavers Data Recovery

HPにデータ復旧の問い合わせを行った場合、上記のいずれかのデータ復旧会社が提供されるようになっています。これらの専門業者はHPとは異なる会社になるため、HP側に相談しても自社でデータ復旧サービスを行うわけではないようです。

データ復旧費用は利用者側の負担になる

HP製のパソコンを購入すると必ず保証期間が設けられているはずです。保証期間内であれば無償でトラブルに対応してもらうことができるため、何かしらの問題が発生した場合には気軽に相談することができるでしょう。

しかし、データ復旧に関してはHPが紹介したデータ復旧会社を利用したとしても、保証が適用されず復旧費用は全て依頼者の負担となっています。ちなみに、データ復旧にかかる費用はトラブルの原因となる障害、その障害レベルによって異なります。

特に、物理的に故障した内蔵HDDからのデータ復旧には、場合によっては高額な費用が請求さあれることも少なくありません。また、HPでは特定のデータ復旧会社を支持しておらず、推奨もしていないため紹介された専門業者が信頼できるとも限らないので、もしも紹介さされた業者を利用する場合には注意が必要です。

データ復旧に関わる保証はない

HPでは保証期間内の修理や部品交換などに対する保証はありますが、データ復旧に関わる保証は行っておりません。そのため、紹介されたデータ復旧業者を利用してデータを復元できなかった、またはその他のトラブルが発生した場合も補償対象外であり、全て自己負担となっています。

上記でもご紹介しましたが、HPでは特定の専門業者の支持や推奨は行っていないため、紹介された業者の信頼性は高いとは言えません。データ復旧を依頼する際には重要なデータや個人情報が記録された内蔵HDDを業者に預けなければならないので、情報を盗まれる恐れや情報漏洩のリスクなども考え依頼を検討することが大切です。

安全にデータ復旧を行う方法とは?

 

HPが紹介するデータ復旧業者ですが、大手メーカーが紹介している業者なので信頼性がない訳ではないかもしれません。しかし、ご紹介した3つのデータ復旧会社はいずれも海外の業者なので、おそらく紹介先の業者を利用する方は少ないのではないでしょう。

ここで気になるのが安全なデータ復旧の方法ですが、どのような方法でHP製パソコンの内蔵HDDからデータを復元することができるのでしょうか?ここでは、安全にデータ復旧を行う方法についてまとめてみました。

まずはトラブルの原因を特定する

HDDをはじめとする記憶装置からのデータ復旧ですが、トラブルの原因によって方法が異なります。そのため、まずは復旧作業が必要となるトラブルの原因を特定することが大切です。

まず、トラブルの主な原因となるのが「論理障害」「物理障害」の2つに分類されます。論理障害は、HDD自体は正常に起動しているものの、ソフトウェア上で何らかが原因で障害が発生してしまい、ファイルやフォルダを開けなくなるなどの不具合が発生します。

物理障害の場合はHDD自体が故障している状態なので、突然シャットダウンされることが頻発したりOSが起動しなくなったりなどのトラブルが発生します。ちなみに、物理障害が発生している場合には、本体から異臭・異音が発生する、意味もなくフォーマットの実行を要求されるなどの症状が現れることがあります。

しかし、場合によっては何の前触れもなく突然不具合や故障が発生することがありますし、人によっては自分で原因を特定することができない方も少なくありません。最近では無料で初期診断を行ってくれる専門業者が多いので、原因が特定できない場合は一度プロに視てもらうと良いでしょう。

論理障害なら自分でデータ復旧が可能

トラブルの原因が論理障害だった場合に限りますが、データ復旧ソフトを使って目的のデータを復元することが可能です。使用するソフトによって操作性や復旧方法が異なる場合がありますが、自分でデータ復旧を行うことができるので、データを盗まれる恐れや情報漏洩の心配はありません。

しかし、場合によってはデータ復旧に失敗するケースもあると言われているので、確実にデータ復旧を成功させられる保証はないようです。この原因は、データ復旧ソフトを正しく使用していない、または物理障害も発生している可能性があることが考えられます。

物理障害の場合は専門業者への依頼が必要

トラブルの原因が物理障害だった場合は、データ復旧会社でなければデータを復元することができません。そのため、パソコン本体から異音や異臭が発生している、シャットダウンが頻発する、パソコンの電源が入らないという症状が出ているのであればデータ復旧業者への依頼が必要になるでしょう。

また、データ復旧会社へ依頼する場合には信頼できる業者選びが重要になります。復旧作業を依頼する際にはあらゆるデータや情報が保存された内蔵HDDを預けなければならないので、誤って悪徳業者に依頼してしまうと情報漏洩のリスクがあります。

他にも、相場を超える高額な復旧費用を請求されたというケースも数多く報告されています。そこで気になるのが信頼できるデータ復旧会社の見分け方ですが、一番わかりやすいのはデータ復旧協会DRAJの加盟企業であれば安心です。

DRAJは悪徳業者の撲滅を目的とした活動を行っている企業団体なので、この団体に加盟しているデータ復旧会社であればセキュリティも万全で情報漏洩の心配がなく、費用相場に適した価格でデータ復旧を行ってくれます。

データ復旧の成功率を重視するならプロに相談しよう!

HP製の内蔵HDDのデータ復旧を行う方法には、「データ復旧ソフト使う」「データ復旧会社に依頼する」の2つがあります。しかし、データ復旧ソフトを使えば低コスト・手軽といったメリットがありますが、データトラブルの原因によっては利用できず確実に成功する保証がないといったデメリットがあります。

一方、データ復旧会社であればどんな障害が発生したHDDからでもデータ復旧が可能ですし、信頼できる業者であればセキュリティ面も安心ですし高い復旧成功率が期待できます。発生している障害によっては復旧費用が高額になる場合があるといったデメリットがありますが、ほぼ確実なデータ復旧を期待できるので、成功率を重視される方は一度プロのデータ復旧会社に相談してみると良いでしょう。

DELL製PCの内蔵HDDのデータ復旧と修理方法

世界的に有名なパソコンメーカー「DELL」。安価な製品からハイスペックな製品まで幅広い製品の製造・販売を行っているので、この記事を読まれている方の中にはDELL製のパソコンを愛用している方もいるのではないでしょうか?

そんなDELL製のパソコンを利用されている方に質問ですが、パソコンに内蔵されているHDDのデータ復旧方法をご存じですか?メーカーを問わずHDDはいずれ故障してしまう消耗品と言われる機器なので、もしも利用できなくなったときに大切なデータが保存されているのであればデータ復旧が必要になります。

そこで、この記事ではDELL製パソコンの内蔵HDDのデータ復旧についてご紹介していきます。壊れたHDDの修理方法についてもご紹介していくので、DELL製のパソコンを活用されている方はぜひ参考にしてみてください。

DELLにデータ復旧や内蔵HDDに修理は依頼できる?

 

パソコンに限ったことではありませんが、どんな製品にも保証期間というものが存在します。保証期間内であれば使用中のトラブルや故障など、メーカー保証で対応してもらうことができるので、DELL製のパソコンを利用されている方の多くは、「何かあればメーカーに相談しよう」と考えているのではないでしょうか?

しかし、基本的にメーカー側でデータ復旧サービスを行っているところは少なく、機器の修理やパーツ交換のみの対応である場合が多いです。ですが、DELLではデータ復旧にも対応していると言われています。ここでは、そんなDELLの保証サービスについてまとめてみました。

保証期間内であれば復旧サービスの依頼が可能

メーカーが対応しているサービスの多くは、機器の修理とパーツ交換のみとなっている場合が多いです。そのため、データ復旧を目的としているのであれば、メーカーではなくデータ復旧会社への相談・依頼がおすすめされています。

しかし、DELLでは保証期間内の製品のみに対して「デル・プロサポート」と呼ばれるデータ復旧サービスを提供しているようです。ですが、DELLが紹介するこちらのサービス内容には、「システム購入時点でプロサポートと共に購入が必要」だと記載されています。

具体的なサービス内容に関しては記載がないため不明ですが、デル・プロサポートは有償保証サービスの可能性が高いでしょう。サービスの詳細に関しては担当者まで問い合わせ、またはWEBサイトから確認できるので、加入を検討される場合は事前にチェックしておきましょう。

保証期間を過ぎているとデータ復旧は依頼できない

DELLでは保証期間内であればデータ復旧サービスに対応していますが、保証期間を過ぎてしまった場合にはデータ復旧の依頼ができないようです。そのため、データ復旧を必要とする場合には別の方法でデータ復旧を行わなければなりません。

ちなみに、一般的なデータ復旧の方法には自分で行うものと専門業者に依頼するといった2つの方法があります。これらの詳細に関しては後ほどご紹介していくので、保証期間が過ぎている、デル・プロサポートに加入していないという方は、ぜひこちらの記事を最後まで読んでみてください。

内蔵HDDの修理は保証期間を問わず対応している

定期的にデータのバックアップを取っている方であれば、突然トラブルが発生したとしてもデータ復旧の必要はないでしょう。しかし、障害が発生している、または故障している内蔵HDDのままではパソコンを利用することができません。

そのような場合は、メーカーに修理の依頼をすることができます。また、修理に関しては保証期間を問わず相談・依頼が可能となっているので、まずは問い合わせをしてみてください。対応はDELLの専門スタッフが行ってくれるので、安心して相談することができるでしょう。

メーカー保証以外でデータ復旧する方法

 

保証期間を過ぎてしまったDELL製パソコンの内蔵HDDは、メーカーでデータ復旧の対応を行っていません。ですが、メーカー保証以外にもデータ復旧を行う方法があります。1つ目はデータ復旧ソフトを利用する、2つ目はデータ復旧会社に依頼するという方法です。

ここでは、メーカー保証以外でデータ復旧をする2つの方法について詳しくご紹介していきます。お使いのDELL製パソコンの保証期間がすでに過ぎている方は、ぜひ以下でご紹介する方法を使ってデータ復旧を行ってみてください。

データ復旧ソフトを使って自分で復元する

まず1つ目のデータ復旧の方法ですが、データ復旧ソフトを使って自分でデータ復旧を行うというものがあります。有料版のソフトだけでなく、最近では無料のフリーソフトも数多く開発されているので、気軽なデータ復旧が可能です。

また、ソフトによっては初心者でもわかりやすくて使いやすいものもあるので、急なトラブルでデータ復旧が必要になった場合でもすぐに対応することができるでしょう。しかし、場合によっては復旧作業に失敗することもあると言われているため、確実にデータ復旧ができるとは限りません。

また、失敗したからといって復旧作業を繰り返し行うと内蔵HDDに負荷をかけることになるので、状態が悪化してしまいプロでも復旧が困難になる恐れがあります。そのため、どうしても必要なデータの復旧に失敗してしまった場合は、専門業者に相談することをおすすめします。

プロのデータ復旧会社に依頼する

2つ目のデータ復旧の方法は、専門業者であるデータ復旧会社に依頼することです。データ復旧会社はその名の通りデータ復旧サービスを専門としています。対応スタッフは専門的な知識と技術を持ち、復旧作業を行うにあたっての最適な設備が整っています。

そのため、データ復旧の成功率は高く、論理障害だけでなく物理障害の内蔵HDDからのデータ復旧も可能となっています。しかし、データ復旧会社の中には悪徳業者も存在しており、「データ復旧に失敗したのに高額な費用を請求された」という声が消費者センターに数多く寄せられているようです。

とはいえ、どのような業者が良いのか、どこに依頼すれば間違いないのかなど、信頼できる業者を見分けるのは難しいもの。ですが、信頼性の高いデータ復旧業者を一目で判断できる方法があるので、悪徳業者との違いを知っておくと安心して依頼することができるでしょう。

信頼できるデータ復旧会社の特徴

データ復旧の方法としてご紹介したデータ復旧会社への依頼ですが、依頼先を間違えるとデータ復旧に失敗、さらには高額な費用を請求されるといったリスクがあります。そうしたリスクを省くためにも、信頼できるデータ復旧会社の特徴を把握しておくと、悪徳業者を選ぶことなく安心して依頼することが可能です。

そこで、ここでは信頼できるデータ復旧会社の特徴についてまとめてみました。「自分でデータ復旧をしたけど失敗した」「確実に復元したデータがある」という方は、以下でご紹介する特徴を参考にして信頼できるデータ復旧会社を探してみてください。

相場に基づいた費用でサービスを提供

データ復旧にかかる費用ですが、機器の状態や発生している障害によって異なります。特に高額になるのは重度の物理障害ですが、費用が高いとは言え相場が決まっています。しかし、悪徳業者の場合、最初は相場以下の格安値を提供し、実際に依頼すると相場以上の費用を請求されることがあります。

ですが、信頼できる依頼先であれば相場に合わせた費用でデータ復旧を行ってくれますし、見積もりも作成してくれるので安心して依頼することができます。

失敗した場合のデータ復旧費用は無料

信頼性の高いデータ復旧会社の特徴として、データ復旧に失敗した場合には一切の費用を受け取らないというものがあります。悪徳業者の場合は失敗しても費用を請求されるので、「この業者は大丈夫かな?」と気になる場合は依頼をする前に問い合わせで確認してみましょう。

利用者を不安にさせる発言をしない

悪徳業者は自社の利益を優先しているので、利用者には「今データ復旧をしておかないと大変なことになる」というような発言をしてくると言われています。しかし、信頼できるデータ復旧会社であれば利用者を不安にさせるような言葉を使うことはありません。ですので、もしもデータ復旧の相談を行った業者が怪しい説明や不安にさせる内容を提示してきた場合には、別の依頼先を探しましょう。

最も信頼性が高いのはDRAJ加盟企業

データ復旧会社の中でも最も信頼性が高いと言われているのが、データ復旧協会DRAJに加盟しているデータ復旧会社です。加盟企業であれば自社のホームページ内でも加盟企業であることが記載されているので、一目で確認することが可能。

信頼性が高いと言われる理由に関しては、DRAJ自体が悪徳業者の撲滅を目的とした活動を行っており、高品質なサービスの提供を行っているからです。加盟企業はDRAJのホームページから確認できるので、データ復旧が必要な際は一度チェックしてみると良いでしょう。

DELL製PCの保証期間でデータ復旧の方法は変わる

パソコンを購入すると必ず保証サービスが適用されています。基本的にはメーカーでデータ復旧サービスを行っておりませんが、DELLの場合は保証期間内であれば対応しているようです。

しかし、DELL製パソコンをお使いの方によっては、すでに保証期間を過ぎている方もいるでしょう。その場合はご紹介した2つのデータ復旧の方法を参考にして、目的のデータを復元してみてください。

データ復旧のおすすめ業者選びなら【データ復旧Navi】
データ消去のおすすめ業者選びなら【データ消去完全ガイド】

会社の重要なデータが入ったHDDが壊れたら?信頼できる業者選びのポイント

インターネットが普及している現代では、会社でパソコンを使った作業を行うのが当たり前の時代です。また、会社で使用しているパソコンの多くは、データの保存・管理に適したHDDが使用されていることが多いのではないでしょうか?

最近では新型コロナウイルス感染拡大の影響から在宅ワークをされる方も多いため、緊急事態宣言が解除された現在でも自宅で仕事をされる方は、会社の重要なデータを外付けHDDに保存して管理・持ち運びをされる方も少なくないでしょう。

しかし、会社の重要なデータが入ったHDDが故障した場合、データ復旧業者に依頼すれば良いのですが、その業者であれば安心して依頼することができるのでしょうか?この記事では、会社の重要データが保存されたHDDのデータ復旧を安心して依頼できる信頼性の高い業者の選び方についてご紹介していきます。

重要なデータでも安心!信頼できる業者の選び方

 

仕事に必要なファイルや顧客情報が記録されたファイルなど、会社のデータには外部に漏れてはならない重要なデータばかりです。そのような重要データの復旧を他人に任せるのであれば、業者選びは慎重に行う必要があるでしょう。

そこで、ここでは重要なデータの復旧を安心して依頼できる信頼性の高い業者の選び方についてご紹介していきます。下記ではデータ復旧業者を選ぶ際の8つのポイントをご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

1店舗や窓口を設けている

会社のデータが保存されているHDDが故障した場合、確実なデータ復旧が必要になるのでプロの業者に依頼をされる方が多いでしょう。データ復旧業者によっては郵送のみの受付となっているところがあります。

しかし、重要なデータを他人に預けることさえ不安を感じますし、郵送となると運搬中に衝撃が加わることでHDDの状態が悪化してしまうといった不安もあるでしょう。他にも、基本的にはあり得ませんが、運送会社のドライバーによる荷物の窃盗なども稀に起きているので、情報漏洩になるかもしれないという不安を感じる方もいるのではないでしょうか?

そうした不安を解消し安全にデータ復旧を業者に依頼するのであれば、店舗や窓口を設けている業者を選びましょう。自分で直接業者に渡すことができれば外部へ情報が流出するリスクを大幅に軽減できるので、重要データの復旧依頼も安心して行えるでしょう。

2セキュリティ管理を徹底している

重要なデータの復旧を依頼するのであれば、依頼先のセキュリティ面を確認する必要があります。セキュリティの確認は各業者のホームページから確認可能です。しっかりとしたセキュリティ管理を行っている業者であれば、「プライバシーマーク取得」または「ISO27001取得」などの記載があるはずです。

他にも、より徹底したセキュリティ管理を行っている業者であれば、「秘密保持契約書」の締結を行っている業者を選びましょう。ホームページ内で確認できない場合は直接問い合わせてセキュリティ面の確認を行ってみてください。

3データ復旧の実績が豊富

業者選びのポイントとして、重要なデータの復旧依頼ほど実績が豊富な業者を選ぶことが大切です。実績が豊富であればそれだけ復旧技術が高く多くの方が利用していることになります。

しかし、業者によってどういった機種の実績が豊富であるのかは異なります。HDDのデータ復旧を依頼するのであれば、HDDの復旧実績が豊富な業者を選ぶ必要がるので、すぐに依頼するのではなく、まずは過去の復旧実績を事前に調べておきましょう。

4復旧技術が高い

会社の重要なデータの復旧を依頼する方の多くは、確実なデータ復旧を求めているはずです。そのため、業者を選ぶ際には高い復旧技術を持った業者を選びましょう。復旧技術の高い業者の多くは、他社でお断りされた機器でも受け付けているところが多いです。

そして、そのような業者は高確率でデータ復旧に成功しているので、技術面には高い信頼性があると言えます。ですので、重要データの復旧を依頼する場合は復旧技術の高い業者を選ぶようにしましょう。

5復旧スピードが速く短期間で納品してくれる

会社の重要なデータは常に確認・使用できる状態でなければならないので、もしもデータ復旧が必要になった場合には早急に対応してもらいたいものです。そのため、急を要するデータ復旧が必要な場合には復旧スピードが速く短期間で納品してくれる業者を選びましょう。

業者によっては即日対応や数日で復旧~納品まで行っているところがあります。このような場合には通常の復旧費用に加えて追加料金が必要になることがありますが、希望日までに復旧~納品してくれるので急ぐ場合には業者の対応スピードにも注目しましょう。

6成果報酬型を採用している

信頼できる業者の大きな特徴は「成果報酬型」を採用していることです。成果報酬型は万が一データ復旧に失敗して場合には一切の料金を頂かないというものです。HDDの状態によっては一部のデータしか復旧できない、または全く復旧ができないこともあります。

しかし、成果報酬型であれば復旧に成功しなければ料金が発生しないので、HDDの状態が非常に悪い場合でも安心して依頼することができるでしょう。また、信頼性の高い業者は依頼すれば復旧の詳細が記載された見積書を発行してくれますし、成功・失敗を問わず追加料金が発生する心配もありません。

7スタッフの対応が親切・丁寧である

「ホームページの記載内容だけではわからないことがある」「気になることや不安を確認したい」このような場合には業者に直接問い合わせることで解決することが可能です。しかし、業者によっては対応が悪く質問に対して明確な返答を得られない場合もあります。

しかし、信頼できる業者であれば親切・丁寧な対応を受けられますし、質問に対する回答もわかりやすく明確に答えてくれます。そのため、もしも問い合わせをする場合にはスタッフの対応にも注目してみてください。

8日本データ復旧協会DRAJに加盟している

最も信頼できるデータ復旧業者と言われているのは、「日本データ復旧協会DRAJ」と呼ばれる企業団体に加盟している業者です。DRAJでは悪徳業者の撲滅活動や高品質なデータ復旧サービスの提供を行っています。

復旧費用は相場に基づいた料金となっていますし、技術力も高く多数の企業も利用しているほどの信頼性があるので、会社の重要データの復旧依頼を安心して行うのであればDRAJ加盟企業の中から選ぶと間違いないでしょう。

データ復旧業者を選ぶときの注意点

 

データ復旧業者の中には優良な業者だけでなく悪徳業者も存在しています。そして、悪徳業者のホームページでは利用者が魅力に感じる内容が多数記載されているので、その内容に騙されて高額な費用を請求されたという被害者も少なくありません。

また、悪徳業者のサービスは質が低くしっかりとしたセキュリティ管理が行われていないので、重要なデータの復旧依頼は非常に危険です。そこで、ここではデータ復旧業者を選ぶときの注意点をまとめてみました。

「成功率90%以上」は簡単に信用しない

データ復旧業者の多くはホームページ内で復旧成功率を掲載しています。しかし、その数値は自社で算出しているもの、または勝手に謳っているものなので信憑性に欠けると言っても過言ではありません。

特に、悪徳業者の場合は「成功率90%以上」と根拠のない復旧成功率を謳っているケースが多く、過去の実績が記載されていないこともあります。そのため、業者選びをする際には成功率だけを鵜呑みにしないよう注意しましょう。

格安すぎる料金は要注意

データ復旧費用はHDDの状態によって数十万円と高額な費用が必要になることがありますが、業者によっては格安すぎると感じるほどの料金でサービスを提供している業者もあります。

しかし、格安料金で提供している業者の多くはサービスの質や技術力が低く、復旧率やセキュリティ面に信用がない傾向があります。信用できる業者では相場に基づいた料金でサービスを提供しているので、格安だからと料金だけで業者を選ばないようにしてください。

スタッフの対応が強引・雑な業者はNG

信用できる業者ではスタッフが強引な契約を迫ることも雑な対応を取ることもありません。しかし、悪徳業者の場合は「今すぐに依頼しなければ復旧率が下がる」というような不安を煽る言葉を使いますし、気になること・わからないことを質問しても曖昧な返答しかもらえないケースが多いです。

スタッフからこのような対応を受けた場合にはすぐにお断りして、他の業者に相談しましょう。ちなみに、HDDの状態は使用する、または衝撃を加えることさえしなければ悪化することはないので、他の業者を探す時間は十分にあります。

機密性の高いデータの復旧は業者選びが重要!

会社の重要なデータが入ったHDDのデータ復旧は、信頼性の高い業者に依頼することが一番安全です。しかし、業者の中には悪徳業者も存在しますし、信頼できる業者でもそれぞれで技術力に差があります。

この記事では信頼できる業者選びのポイントや選ぶ際の注意点をご紹介していますが、最も信頼性があり、安全かつ高い技術力に期待できるのはDRAJ加盟企業です。「日本データ復旧協会」で検索すると加盟企業を確認できるので、機密性の高いデータの復旧が必要な方は一度調べてみると良いでしょう。

HDD、RAID、NAS、SSD、サーバーのデータ破損や消滅で困ったら、 データ復旧比較ガイドでデータ復旧会社の情報をチェック!
信頼できるデータ復旧業者を徹底的にリサーチしました。