HDD、RAID、NAS、SSD、サーバーのデータ破損や消滅で困ったら、 データ復旧比較ガイドでデータ復旧会社の情報をチェック!
信頼できるデータ復旧業者を徹底的にリサーチしました。
失敗しないデータ復旧ガイド
本当に信頼できるデータ復旧会社を徹底比較

HDDのデータを一気にコピー・クローンする方法

使用中のHDDが古くなって買い替える、またはデータのバックアップを取る際には、保存データを一気に丸ごとコピーやクローンをする方法がおすすめされています。特に、記憶装置を新調する場合、コピー(クローン)がなければOSをはじめさまざまなアプリケーションのインストールを行わなければなりません。

これには時間と手間がかかるので、面倒に感じている方は多いでしょう。しかし、コピーやクローンがあればこうした作業をスピーディに行えるので、作成しておけばいざという時にとても役立つことでしょう。

また、データのバックアップにもなるので、何らかが原因でデータトラブルが発生したとしても、重要なデータをしっかりと守ることが可能です。今回は、そんなHDDのデータを一気にコピー・クローンする方法についてご紹介していきます。

一気にコピー(クローン)をする3つのメリット

 

HDDに保存されたデータをコピー(クローン)する方法をご紹介する前に、ここでは一気にコピーするメリットについてまとめてみました。冒頭でもご紹介しましたが、買い替えやバックアップ、データトラブルのリスク軽減、新しい記憶装置への交換といった3つのメリットがあります。

ここでは、それら3のメリットについて詳しくご紹介していきます。実際に作業を行う前にはどういったメリットがあるのかを把握しておくことも大切なので、ぜひ以下でご紹介する内容を参考にしてみてください。

作業時間を大幅に短縮できる

コピー、またはクローンがない状態で新しい記憶装置を購入した場合、新たにOSは必要なアプリケーションのインストールが必要となります。この作業には長時間を要するだけでなく手間もかかってしまうため、面倒に感じてしまうことでしょう。

しかし、コピーやクローンがあれば1からインストールする状態に比べて短時間かつあまり手間をかけずに済ませることができるといったメリットがあります。新しい記憶装置に買い替えてもすぐにパソコンを利用することができるようになるので、機器の交換・買い替えを行う際には一気にコピー(クローン)をしておくことがおすすめされています。

データトラブルのリスクを軽減できる

コピーやクローンはデータのバックアップと同じことなので、大本のHDDに何らかのデータトラブルが発生した場合、データ消失やファイルが開けないなどのリスクを軽減することができます。

問題が発生した場合はコピー(クローン)からデータの復元が可能になるので、重要なデータを保存・管理している方は一気にコピーやクローンをしておくと、データを守ることができるでしょう。

個人の場合は旅行先で撮影した画像データや子供の成長記録として撮影した動画、ビジネスであれば仕事関連のデータを安全に管理することができます。

データのコピー先はSSDも可能

大本の記憶装置がHDDであっても、コピー(クローン)先はHDDだけでなくSSDでも可能となっています。SSDはHDDに比べてデータの読み書きが早く耐衝撃性に優れている、静穏性が高いといった性能に違いがあります。

そして、現状よりも高性能な記憶装置にコピーやクローン先として利用することができます。このように、性能を高めるために交換される場合にも活用できるので、コピー・クローン先にSSDを選べるのもメリットの1つだと言えるでしょう。

一気にコピー・クローンをする4つの方法

 

HDDのデータを一気にコピーやクローンするメリットについて、これまでの内容からお分かりいただけたと思います。それでは、どのような方法を使えば保存されたデータを一気にコピー(クローン)することができるのでしょうか?

ここでは、一気にコピー・クローンする方法を4つご紹介していきます。以下でご紹介する方法の中から自分に合った方法、または自分でできそうな方法を選んで、ぜひ試してみてください。

「クローンソフト」を使って一気にコピー

一般的によく紹介されているのが「クローンソフト」と呼ばれるソフトウェアを利用した方法です。ネット上などで調べてみると「EaseUS Todo Backup Free」というソフトが紹介されています。

  1. 1、PCにHDDまたはSSDを接続
  2. 2、クローンソフトを起動
  3. 3、「メニュー」から「クローン」を選択
  4. 4、コピー元とコピー先となる記憶装置にチェックを入れる
  5. 5、「OK」を選択
  6. 6、内容を確認後、「実行」を選択

ご紹介したクローンソフトを使用する場合はこれらの手順で作成することが可能です。しかし、他のクローンソフトを使用するのであれば、操作性や表示される内容など使い方が異なるので、失敗しないためにも事前に使い方は調べておきましょう。

パソコン不要でできる「デュプリケーター」

内蔵型HDDを外付け機器として使用できる「デュプリケーター」は、HDDのデータを一気にコピー・クローンする際に活用できる機器とも言われています。内蔵型HDDを機器に差し込み、パソコンを使うことなくデータをコピー(クローン)することができる便利な機器として紹介されています。

しかし、この方法を実際に試す場合、パソコンから内蔵型HDDを取り出す方法や技術を知っておかなければなりません。パソコン関連に詳しい方であればとても楽な方法ではありますが、そうでない方にとっては少し難易度が高いと感じてしまうかもしれません。

「HDDコピー機能付きケーブル」でコピーする

保存データを一気にコピーやクローンする方法として、「HDDコピー機能付きケーブル」と呼ばれる専用ケーブルを使用する方法もあります。コピー元とコピー先の記憶装置を繋ぐ、またはパソコンにケーブルを接続してコピー(クローン)を作成することもできます。

比較的に初心者でも試しやすい方法なので、パソコンに詳しくない方にはおすすめの方法かもしれませんね!また、このケーブルはUSB3.0に対応しているので、作業速度の高速化が期待できます。

専門業者にコピー・クローンの依頼をする

HDDのデータを一気にコピー(クローン)する方法をご紹介しましたが、人によっては「本当に自分でできるのかな?」「失敗したらどうしよう…」と不安に感じている方も多いはずです。

そのような場合は、コピーやクローンを行ってくれる専門業者に相談することをおすすめします。プロに依頼すれば失敗のリスクはなくなりますし、安全にコピーやクローンを作成することができるので、自分で作業をすることが不安な方、または自分でやってみたものの失敗したという方は、一度プロに相談してみましょう。

作業前に知っておきたい3つのポイント

プロの専門業者に依頼する方法もご紹介しましたが、もしもご自分で作業を行う場合には事前に知っておくべきポイントがいくつかあります。何も知らないままコピーやクローン作製の作業を行ってしまうと失敗してしまう可能性があるので注意が必要です。

ここでは、安全にコピーやクローンを作成するための3つのポイントについてまとめてみました。ご紹介した方法を試してみようという方は、以下でご紹介する内容を参考にしてみてください。

コピー元・先の容量を事前に確認すること

コピー(クローン)を作成する場合、コピー元のデータ容量に対してコピー先の容量が大きくなければなりません。例えば、コピー元に300GBのデータがある場合、コピー先の容量が300GB以上の容量が必要になります。

コピー元に対してコピー先の容量が少ないと容量不足でコピー・クローンができなくなるので、準備する記憶装置に容量には注意が必要です。

コピー先に保存されたデータはバックアップを取る

コピー先となる記憶装置に何らかのデータが保存されている場合、それが必要なデータだった場合は事前にバックアップを取っておきましょう。バックアップをせずにコピー先にデータをコピー・クローンした場合、保存されていたデータは削除されてしまいます。

コピー先の記憶装置が新品の場合は特に気にする必要はありませんが、既存の記憶装置にコピー(クローン)する場合にはこのようなデータトラブルに注意しましょう。

クローンソフトの使い方を把握しておく

一気にコピー・クローンをする方法でもご紹介しましたが、クローンソフトを使う場合には実際に利用するソフトの使い方をしっかりと把握しておくことが大切です。使用するソフトによって使い方が異なるので、事前にソフトの使い方を調べておきましょう。

安全かつ確実性を重視するならプロにお任せ!

HDDのデータを一気にコピー、またはクローンする方法にはいくつかありますが、人によっては「自分で試しても大丈夫かな…」と不安に感じる方も少なくないでしょう。また、試す方法によっては初心者には難しいと感じてしまうものもあります。

そのような場合には、データのコピーやクローンを作成してくれるプロの専門業者に依頼することをおすすめします。自分で作業をするよりも安全かつ確実に作成してもらえるので、不安な方はプロにお任せしてみましょう。

悪徳業者の撲滅に向けた活動を行っている企業団体「データ復旧協会DRAJ」 なら信頼性の高いデータ復旧専門会社が複数加盟しているため、業者選びも心配する必要はありません。また、もしも復旧できなかった場合には依頼費用が無料になるので、安心してサービスを利用できますよ。

1位

アドバンスデザイン

2位

A1データリカバリー

3位

Buffalo

4位

ロジテック

5位

日本データ復旧サービスセンター(AOS)

アドバンスデザイン A1データリカバリー Buffalo ロジテック 日本データ復旧サービスセンター(AOS)
データ復旧費用

17,800~
180,000円

データ復旧費用

27,600~
196,000円

データ復旧費用

30,000~
120,000円

データ復旧費用

50,000~154,000円

データ復旧費用

41,800~195,800円

データ復旧スピード

当日~7日

データ復旧スピード

2~3日

データ復旧スピード

最短当日で復旧可能

データ復旧スピード

1~5日

データ復旧スピード

当日~7日

データ復旧実績

10,000件以上

データ復旧実績

70,000件以上

データ復旧実績

バッファロー製品以外も多数

データ復旧実績

30,000件以上

データ復旧実績

年間12,000件以上

データ復旧技術

米大手HDDメーカーと業務提携しており、Buffaloにデータ復旧の技術提供を行っている

データ復旧技術

元HDD設計者が在籍しており、高い復旧技術

データ復旧技術

熟知した技術者が携わっている

データ復旧技術

メーカー実績で積み上げた高い技術力

データ復旧技術

高い技術力を誇る

導入設備とツール

クラス100クリーンルーム、レーザー顕微鏡

導入設備とツール

クリーンルーム

導入設備とツール

クリーンルーム

導入設備とツール

クリーンルーム

導入設備とツール

クリーンルーム

品質規格

ISO9001、
ISO 27001

品質規格

ISO 27001

品質規格

ISO9001、
ISO27001

品質規格

ISO9001、ISO27001

品質規格

-

対応メディア

パソコン、HDD、SSD、各種テープメディア他

対応メディア

HDD、SSD、サーバー、パソコン他

対応メディア

SSD、NAS、USBメモリー、SDカード他

対応メディア

HDD、RAID、サーバー他

対応メディア

HDD、RAID、サーバー、NAS、SDカード、USB他

評判

buffaloと企業提携していて安心率が高い

評判

成果報酬型サービスで安心

評判

パソコン周辺機器メーカー公式だから安心

評判

料金体系が明瞭なので安心

評判

警察、検察など捜査機関向けに法廷提出用データ復旧サービスも対応

HDD、RAID、NAS、SSD、サーバーのデータ破損や消滅で困ったら、 データ復旧比較ガイドでデータ復旧会社の情報をチェック!
信頼できるデータ復旧業者を徹底的にリサーチしました。