HDD、RAID、NAS、SSD、サーバーのデータ破損や消滅で困ったら、 データ復旧比較ガイドでデータ復旧会社の情報をチェック!
信頼できるデータ復旧業者を徹底的にリサーチしました。
失敗しないデータ復旧ガイド
本当に信頼できるデータ復旧会社を徹底比較

SSDのデータ復旧を無料でやるメリット・デメリット

「衝撃に強く壊れにくい」「処理速度が速い」「動作音が静か」など、さまざまなメリットを持つSSD。最近ではHDDよりも利用者が増加している傾向があるため、多くの方がパソコンの内蔵型ストレージや外付けタイプの記憶装置として使用しているのではないでしょうか?

しかし、SSDをはじめとする記憶装置は永久的に使用できるものではないため、使い方や経年劣化が原因となり何らかの障害が発生してしまうことがあります。障害が発生するとパソコンが起動しなくなったり保存データが消えてしまったりするので、データ復旧を行う必要があります。

そんなデータ復旧にはデータ復旧ソフトを使用して無料で行う方法があります。そこで、今回はSSDのデータ復旧を無料で行うにあたってのメリット・デメリットについてご紹介していきます。

データ復旧ソフトってどんなツール?

 

何らかのトラブルによってデータが消えてしまった、またはファイルが開けなくなってしまった場合、最近ではデータ復旧ソフトを利用して目的のデータを復元する方法がネット上で紹介されています。

しかし、データ復旧ソフトの利用経験がない方としては、「本当にデータ復旧できるのか?」「どんなツールなの?」と疑問に感じる方は多いと思います。そこで、ここではそんなデータ復旧ソフトについてどのようなツールであるのかをまとめてみました。

消えたデータやファイルを復元できる

先ほどからご紹介しているデータ復旧ソフトとは、その名の通り消えてしまったデータやファイルを復元することができるソフトです。例えば、パソコンでの作業中に誤って重要なデータを削除してしまった場合、復旧ソフトを使うことですぐに復元することが可能となります。

また、データ復旧を専門業者に依頼すると場合によっては高額な費用を請求されてしまいますが、無料のフリーソフトを利用すればお金をかけずに必要なデータを取り戻すことができます。

そのため、最近ではネット上でおすすめの無料データ復旧ソフトやその使い方などがたくさん紹介されています。無料だと手軽にインストールすることができるので、1つ持っておくと突然のデータトラブルが発生してもその場で対処することができるでしょう。

有料版に比べると性能が劣る場合もある

データ復旧ソフトには無料版だけでなく有料版も存在しますが、それぞれの違いについて気になる方は多いのではないでしょうか?無料版はノーコストでデータ復旧を行うことができますが、ソフトの性能としては有料版に劣ってしまうといった違いがあります。

やはり、有料版のほうがデータ復旧機能において多くの機能が備わっているので、性能面での違いは大きいと言えるでしょう。しかし、無料版の中には有料版に引け取らないソフトも存在しています。

そのため、一概に無料版は有料版に比べて性能が劣るという訳ではないので、フリーソフトを使ってデータ復旧に成功したという声も多々上がっています。

使用できるのは原因が論理障害のみ

データトラブルの原因には大きく分けて「論理障害」「物理障害」の2種に分けられていますが、データ復旧ソフトが対応できるのは論理障害のみになります。そもそも、物理障害はSSD内部の部品が破損・故障しているなどが原因で発生する障害です。

このような障害からデータを復元するにはプロでなければ不可能なので、データ復旧ソフトは使用することができません。また、もしもソフトを利用した場合、症状が悪化してデータ復旧率が低下する恐れがあるので、絶対に行わないでください。

ソフトによって対応メディアが異なる

データ復旧ソフトによっては対応メディアが異なるため、インストールする際にはSSDに対応しているのかを確認する必要があります。ちなみに、代表的な記憶装置として知られるHDDは、パソコンの内蔵ストレージとして使用されることが多く、大容量でも安価で購入でいることから利用者が多いため、基本的にはどのフリーソフトにも対応しています。

しかし、SSDに対応しているデータ復旧ソフトの種類は少ないと言われているので、事前に確認しておかなければ、せっかくインストールしたのに使えないということになってしまいます。

そのため、もしも無料でできるデータ復旧を考えているのであれば、SSDに対応している復旧ソフトを調べてからインストールしましょう。

無料のデータ復旧ソフトを使うメリット・デメリット

 

これまでの内容から、無料でデータ復旧を行えるフリーソフトについてお分かりいただけたと思います。コストをかけず手軽にデータ復旧ができるのであれば、試してみようと考えている方は多いのではないでしょうか?

しかし、どんなものにも利用するにあったってメリットやデメリットが存在します。それらを知らずに実行するのはリスクがあるので、ここでは無料のデータ復旧ソフトを使うメリット・デメリットについてまとめてみました。

フリーソフトを使うメリット

無料でデータ復旧を行うのであれば、トラブルの原因が論理障害に限りますが無料データ復旧ソフトを利用する方法しかありません。そんなフリーソフトを使うメリットには、以下のようなものがあります。

【一番のメリットはコストがかからないこと】

無料でデータ復旧が可能となるフリーソフトを使う最大のメリットは、やはりコストがかからないということ。データ復旧は専門業者に依頼すると数万円~数十万円の費用が発生してしまいます。

そのため、データ復旧の依頼を検討しているものの、実際に依頼するまでに進まないという方は多いようです。ですが、無料のデータ復旧ソフトなら気軽に利用できるのでデータ復旧も容易に行うことが可能です。

【トラブルが発生してもすぐにデータ復旧が可能】

パソコンにソフトをインストールしておけば、データトラブルがいつ発生してもすぐに対処できるといった点もメリットの1つです。データ復旧会社に依頼すれば納品までに時間がかかる場合もあるため、急ぎでデータ復旧が必要な場合にも役立つツールです。

しかし、SSD対応のソフトであることはもちろんですが、正しい使い方を理解しておくことも重要なポイントです。これらをしっかりと把握しておけば、もしもの場合のデータ復旧に役立てることができるでしょう。

フリーソフトを使うデメリット

コストをかけず手軽に利用できるフリーソフトですが、以下のようなデメリットがあることも理解したうえで利用する必要があります。

【データ復旧に失敗する場合がある】

データ復旧が可能となるフリーソフトは、それぞれのソフトによって機能や操作性が異なります。そのため、使い方を間違えてしまいデータ復旧に失敗することも少なくありません。また、使い方を間違っていることに自分で気づくことができなければ、永遠にデータを復元できません。

また、何度かご紹介していますが、無料データ復旧ソフトを利用する場合にはSSD対応のものを選ぶ必要があります。非対応のソフトを利用すれば当然復旧に失敗してしまうので、ソフト選びの際には対応メディアの確認を行いましょう。

【機器の状態を悪化させる可能性がある】

データ復旧ソフトを利用する際には、データトラブルの原因が何であるのかを事前に把握しておくことが大切です。というのも、原因が物理障害の場合にソフトを利用してしまうと、機器そのものにダメージを与えてしまい、症状を悪化させてしまう可能性が高くなるからです。

物理障害であることに気づかずソフトを利用するのはデータ復旧率低下につながる、または復旧不可能になる恐れがあるので、使用しようする際には十分に注意してください。

どうしても無理なときはプロに相談!

SSDを無料でデータ復旧するメリットは多々あるものの、デメリットもありますし、そもそも無料で復旧作業を行うことが不可能な場合もあります。このような場合は、データ復旧のプロである専門業者に相談することをおすすめします。業者選びで悩むときは、DRAJ加盟企業から選ぶことをおすすめしています。DRAJは業界の健全化と悪徳業者の撲滅に向けた活動を行う企業団体で、信頼性の高い企業が在籍しています。困ったら、DRAJで検索してみましょう。

1位

アドバンスデザイン

2位

A1データリカバリー

3位

Buffalo

4位

ロジテック

5位

日本データ復旧サービスセンター(AOS)

アドバンスデザイン A1データリカバリー Buffalo ロジテック 日本データ復旧サービスセンター(AOS)
データ復旧費用

17,800~
180,000円

データ復旧費用

27,600~
196,000円

データ復旧費用

30,000~
120,000円

データ復旧費用

50,000~154,000円

データ復旧費用

41,800~195,800円

データ復旧スピード

当日~7日

データ復旧スピード

2~3日

データ復旧スピード

最短当日で復旧可能

データ復旧スピード

1~5日

データ復旧スピード

当日~7日

データ復旧実績

10,000件以上

データ復旧実績

70,000件以上

データ復旧実績

バッファロー製品以外も多数

データ復旧実績

30,000件以上

データ復旧実績

年間12,000件以上

データ復旧技術

米大手HDDメーカーと業務提携しており、Buffaloにデータ復旧の技術提供を行っている

データ復旧技術

元HDD設計者が在籍しており、高い復旧技術

データ復旧技術

熟知した技術者が携わっている

データ復旧技術

メーカー実績で積み上げた高い技術力

データ復旧技術

高い技術力を誇る

導入設備とツール

クラス100クリーンルーム、レーザー顕微鏡

導入設備とツール

クリーンルーム

導入設備とツール

クリーンルーム

導入設備とツール

クリーンルーム

導入設備とツール

クリーンルーム

品質規格

ISO9001、
ISO 27001

品質規格

ISO 27001

品質規格

ISO9001、
ISO27001

品質規格

ISO9001、ISO27001

品質規格

-

対応メディア

パソコン、HDD、SSD、各種テープメディア他

対応メディア

HDD、SSD、サーバー、パソコン他

対応メディア

SSD、NAS、USBメモリー、SDカード他

対応メディア

HDD、RAID、サーバー他

対応メディア

HDD、RAID、サーバー、NAS、SDカード、USB他

評判

buffaloと企業提携していて安心率が高い

評判

成果報酬型サービスで安心

評判

パソコン周辺機器メーカー公式だから安心

評判

料金体系が明瞭なので安心

評判

警察、検察など捜査機関向けに法廷提出用データ復旧サービスも対応

HDD、RAID、NAS、SSD、サーバーのデータ破損や消滅で困ったら、 データ復旧比較ガイドでデータ復旧会社の情報をチェック!
信頼できるデータ復旧業者を徹底的にリサーチしました。