HDD、RAID、NAS、SSD、サーバーのデータ破損や消滅で困ったら、 データ復旧比較ガイドでデータ復旧会社の情報をチェック!
信頼できるデータ復旧業者を徹底的にリサーチしました。

HDDのデータ復旧の仕組みとは?HDDの構造と復旧方法も解説

HDD内のデータを削除してしまったり、気づけばデータが消えていたりした場合、データ復旧できるかどうか心配になる人は多いでしょう。パソコンやHDDの状態によりますが、削除したデータでも復旧できる可能性があります。その際に気になるのが、「データ復旧が可能な仕組みとは?」という点です。

この記事では、HDDのデータ復旧の仕組みや復旧方法、HDDの構造などについて詳しく解説します。大切なデータを取り戻すにあたって、データ復旧の仕組みについても把握しておきたい人は、ぜひ参考にしてみてください。

データ復旧をどこに頼んだらいいの?そんなお悩みにお答えします

「データが消えてしまって、どうすれ良いかわからない」、「データ復旧を業者に依頼したいけど、相場がわからない」、 そんなお悩みの方へ、データ復旧比較ガイドは本当に信頼できるデータ復旧会社を徹底比較いたしました。
データ復旧会社の選び方から、復旧会社のランキングをまとめていますので、ぜひご参考にしてみてください。

HDDとは?

HDDとは、データなどを保存するための記憶装置のことです。正式名称の「Hard Disk Drive」の頭文字を取って、HDD(ハードディスク)と呼ばれています。

HDDは一度に保存できる容量が大きく、容量に対して、フラッシュメモリーにデータを読み書きするSSD(ソリッドステートドライブ)よりも価格が安いメリットがあります。ただし、衝撃に弱く、データの読み書きがSSDよりも遅いというデメリットもあります。

HDDは大容量のデータを保存できるため、パソコンやゲーム機、サーバーのデータ保存、テレビの録画などに使われるなど広く普及しています。HDDにデータを書き込む仕組みなどは、あとの項目で詳しく解説します。

HDDの物理的な構造

HDDの中はどういった構造になっているのでしょうか。基本的な5つの部品とその役割について、それぞれ解説します。

プラッタ(磁気ディスク)

「プラッタ(磁気ディスク)」とは、データを記録するための円盤状の部品です。データの記録を可能にするため、プラッタの表面には記録用の磁性体が塗られています。

プラッタの枚数はデータ保存できる容量によって変わり、通常1つのHDDの中に複数枚のプラッタが重ねて入っていて、プラッタの両面、または片面にデータが保存できるようになっています。また、プラッタ1枚あたりの容量が大きいほうがデータの読み書きが速くなります。

磁気ヘッド

「磁気ヘッド」とは、磁気ヘッドを動かすスイングアームの先端に取り付けられている小さな部品です。レコード針のように、プラッタ上のデータの読み書きを行う役割があります。プラッタの両面にデータを保存する場合は、プラッタの面に対して1つずつ磁気ヘッドが必要になります。

スピンドルモーター

HDDを動作させるモーターは2つ搭載されていて、そのうちの1つが「スピンドルモーター」です。

スピンドルモーターは、プラッタを高速回転させるためのモーターで、回転数が高速になるほど読み書きが速くなります。

シークモーター

HDDに搭載されているもう1つのモーターが「シークモーター」です。シークモーターは、磁気ヘッドが取り付けられているスイングアームを動かす役割があります。2枚の磁石(主にネオジム磁石)が発する磁力をコイルに伝えて、モーターを動かしています。

アクチュエーター

「アクチュエーター」とは、磁気ヘッドやスイングアームを制御するための部品です。スイングアームの先端に取り付けられた磁気ヘッドを、任意のトラック上に素早く移動させ、磁気ヘッドの位置を決める役割を担っています。

HDDの論理的な構造

次に、HDDの論理的な構造も見ていきましょう。

HDDにデータを保存する場合、データは小さなサイズに分割され、プラッタの空いている保存領域に書き込まれます。それと同時に、そのデータがどこに書き込まれたかの情報が管理領域に記録される構造になっているのです。

HDDにデータを書き込む・削除する・復旧する仕組みについては、次の項目でそれぞれ解説していきます。

HDDにデータを書き込む仕組み

上の項目でも触れたとおり、プラッタの空いている保存領域にデータを書き込むことで、HDDにデータが保存できる仕組みです。

プラッタの保存領域の空き状況によって、データが連続して書き込めない場合は、分散して書き込まれるケースがあります。その際、保存領域のどこに書き込まれているかの情報は管理領域に記録されているため、データが分散して書き込まれていても、それぞれのデータに素早くアクセスできるようになっています。

HDDのデータを削除する仕組み

パソコン上でデータ削除を実行した場合、管理領域の情報に「削除した」と記録されます。しかし、保存領域にある実際のデータは残ったままの状態です。その後、残ったデータに新しいデータが上書きされることで、データが削除される仕組みになっているのです。

HDDのデータを復旧できる仕組み

上述で触れたとおり、保存領域にある元のデータが新しいデータで上書きされることでデータが削除される仕組みのため、データを削除した直後で、元のデータがまだ上書きされていない状態であればデータ復旧が可能です。

また、落下するなどでプラッタが損傷したHDDでも、損傷していない箇所に保存されているデータであれば復旧できる可能性があります。

データの上書きが繰り返されると復旧が難しくなる

データ削除を実行しても、保存領域にある実際のデータが残っていれば復旧できる可能性がありますが、新しいデータの上書きが繰り返されると、データ復旧が難しくなってしまいます。そのため、消してしまったデータを取り戻したい場合は、すぐにHDDの使用を中断して、データが上書きされないようにすることが重要です。

また、自力での復旧は状態を悪化させるリスクを伴うため、専門のデータ復旧業者に任せましょう。

情報漏洩を防ぐためにはきちんとしたデータ削除が大切

パソコンのゴミ箱を空にしたり、システムを初期化するフォーマットを行ったりしても、HDD内にデータはまだ残っています。情報漏洩を防ぐためには、きちんとした形でデータを削除することが大切です。

具体的なデータ削除の方法として、以下の3つが挙げられます。

  • 物理的なHDDの破壊
  • データ消去ソフトの使用
  • 磁気による削除

パソコンやHDDの廃棄、またはリユースする場合は、適切な方法でデータを完全に削除する必要があります。確実にデータを削除するなら、信頼できる専門業者に依頼するのがおすすめです。

物理的なHDDの破壊

HDDにドリルで穴を開けるなどして、物理的に破壊する方法です。高い確率でデータ削除ができますが、破壊の程度によってはデータが残ってしまうリスクがあるので、専門業者に依頼したほうがよいでしょう。

また、故障しているHDDのデータも削除できるメリットがある一方で、物理破壊の作業には危険が伴うため、注意が必要です。物理的な破壊は、HDDを廃棄予定の人におすすめの方法です。

データ消去ソフトの使用

データを削除するなら、専用のデータ消去ソフトを使う方法もあります。データ消去のソフトは、無料ソフトから有料ソフトまでさまざまあるため、確実にデータ削除できる精度の高いものを選ぶことが大切です。

データ消去ソフトを使う場合、作業に時間がかかり、故障しているパソコンやHDDには対応できないデメリットがあります。しかし、物理的に破壊する方法とは異なり、HDDを傷つけずにデータを削除できるため、リサイクルやリユースしたい人に適した方法です。

磁気による削除

HDDは磁気を使ってデータ保存しているので、強力な磁気を与えるとデータを削除できます。一瞬で作業が完了するメリットがあり、故障しているHDDにも対応可能です。

ただし、作業には高価な磁気消去装置が必要になるため、専門業者に依頼するのが一般的です。磁気によるデータ削除を行うとHDDは使用できなくなるので、廃棄する場合に向いている方法になります。

HDD内のデータ復旧を行う方法

ここからは、HDD内のデータ復旧を行う方法を2つ紹介します。それぞれチェックしておきましょう。

方法1. データ復旧ソフトを使用する

データ復旧のソフトを使用して、自分で行う方法です。データ復旧のソフトは無料から有料までさまざまなものがあり、費用を安く抑えられるメリットがあります。また、業者にパソコンやHDDなどを預ける必要がないので、その日のうちに作業を行えます。

ただし、データ復旧ソフトを使った方法を専門家以外が行うと、症状が悪化してしまい、かえってデータ復旧が難しくなるリスクがあるため、注意が必要です。リスクを避けたい人は、プロのデータ復旧の専門業者に依頼しましょう。

方法2. データ復旧の専門業者に依頼する

HDDのデータ復旧を、プロのデータ復旧の専門業者に依頼する方法です。作業費用とパソコンやHDDを預けるための期間がかかりますが、豊富な知識と技術力があるプロに依頼すれば、原因を特定して的確に対応してもらえるメリットがあります。また、物理的な障害であっても、専用の設備と部品を揃えている業者なら対応できます。

大切なデータを取り戻したい場合は、信頼できるデータ復旧の専門業者に依頼するのがおすすめです。

まとめ

HDDにデータを保存する場合、磁気ディスクであるプラッタの空いている保存領域にデータが書き込まれ、どこに保存されているかの情報は管理領域に記録されます。一方、データを削除する場合は、削除したことが管理領域の情報に記録され、実際のデータは保存領域に残された状態です。そのため、保存領域に残っているデータがまだ上書きされていない状態であれば、データ復旧できる可能性があります。しかし、データの上書きが繰り返されてしまうと復旧は難しくなるので、専門知識と技術を持っているプロのデータ復旧業者に依頼することが大切です。

この記事で紹介したデータ復旧のおすすめ業者を参考に、大切なデータを復旧してもらえる信頼できる専門業者に相談してみましょう。

おすすめのデータ復旧会社3選

データ復旧会社は、全ての会社が安心して依頼できるとは限りません。復旧作業を依頼する際は機器を預けなければならないので、情報の流出を防ぐためにも依頼する業者はしっかりと選ぶ必要があります。

とはいえ、たくさんの会社の中から信頼できるところを探すのは大変ですよね?そこで、ここでは安心して依頼できるおすすめの業者を3つご紹介していきます。人気が高く口コミでも評判の会社をまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

【1位】アドバンスデザイン

高い復旧技術と充実した設備を完備している「アドバンスデザイン」は、日本で初めてデータ復旧サービスの提供を始めた老舗の会社です。軍事レベルのセキュリティー管理を行っているので、重要なデータを管理する機器でも安心して預けることができるでしょう。

また、無料で初期診断や依頼時の見積もりなどを対応してもらえるので、気軽に相談できるといった点もおすすめのポイントです。初めて利用される方でも安心して利用できるので、お困りの際はぜひ一度相談してみてはいかがでしょうか?

【2位】A1データリカバリー

50万件と豊富な実績を持っている「A1データリカバリー」なら、高いセキュリティーで安心して依頼することができます。復旧作業は即日から対応してくれるので、急なデータトラブルでお困りの方にもおすすめです。また、こちらでは出張サービスも提供しているので、どうしても機器を預けたくないという方でも安心して利用することができるでしょう。

【3位】Buffalo(バッファロー)

パソコンの周辺機器メーカーとして有名な「Buffalo(バッファロー)」は、データ関連のノウハウを熟知しているので、安心して利用できるおすすめの復旧会社です。料金は一律固定となっているので、追加料金を請求される心配がありません。

また、依頼する機器が自社製品であれば無料で対応してもらえる場合があるので、Buffalo製品を利用している方は一度利用してみてはいかがでしょうか?

関連記事はこちら

著者情報
株式会社CLUTCH メディア編集部
データ復旧会社へのインタビューや調査データを基におすすめ比較とサイトを企画設計し、独自の評価基準にて今本当に信頼できるデータ復旧会社を紹介。 また、メディア編集部としてデータ復旧会社へのインタビュー等を基にPCやサーバ、HDD、SSD、スマホ等のデータ復旧に関わる記事を執筆。
1位

アドバンスデザイン

2位

A1データリカバリー

3位

Buffalo

4位

ロジテック

5位

日本データ復旧サービスセンター(AOS)

アドバンスデザイン A1データリカバリー Buffalo ロジテック 日本データ復旧サービスセンター(AOS)
データ復旧費用

30,000~
180,000円

データ復旧費用

27,600~
196,000円

データ復旧費用

30,000~
120,000円

データ復旧費用

50,000~154,000円

データ復旧費用

41,800~195,800円

データ復旧スピード

当日~7日

データ復旧スピード

2~3日

データ復旧スピード

最短当日で復旧可能

データ復旧スピード

1~5日

データ復旧スピード

当日~7日

データ復旧実績

10,000件以上

データ復旧実績

70,000件以上

データ復旧実績

バッファロー製品以外も多数

データ復旧実績

30,000件以上

データ復旧実績

年間12,000件以上

データ復旧技術

米大手HDDメーカーと業務提携しており、Buffaloにデータ復旧の技術提供を行っている

データ復旧技術

元HDD設計者が在籍しており、高い復旧技術

データ復旧技術

熟知した技術者が携わっている

データ復旧技術

メーカー実績で積み上げた高い技術力

データ復旧技術

高い技術力を誇る

導入設備とツール

クラス100クリーンルーム、レーザー顕微鏡

導入設備とツール

クリーンルーム

導入設備とツール

クリーンルーム

導入設備とツール

クリーンルーム

導入設備とツール

クリーンルーム

品質規格

ISO9001、
ISO 27001

品質規格

ISO 27001

品質規格

ISO9001、
ISO27001

品質規格

ISO9001、ISO27001

品質規格

-

対応メディア

パソコン、HDD、SSD、各種テープメディア他

対応メディア

HDD、SSD、サーバー、パソコン他

対応メディア

SSD、NAS、USBメモリー、SDカード他

対応メディア

HDD、RAID、サーバー他

対応メディア

HDD、RAID、サーバー、NAS、SDカード、USB他

評判

buffaloと企業提携していて安心率が高い

評判

成果報酬型サービスで安心

評判

パソコン周辺機器メーカー公式だから安心

評判

料金体系が明瞭なので安心

評判

警察、検察など捜査機関向けに法廷提出用データ復旧サービスも対応

HDD、RAID、NAS、SSD、サーバーのデータ破損や消滅で困ったら、 データ復旧比較ガイドでデータ復旧会社の情報をチェック!
信頼できるデータ復旧業者を徹底的にリサーチしました。