HDD、RAID、NAS、SSD、サーバーのデータ破損や消滅で困ったら、 データ復旧比較ガイドでデータ復旧会社の情報をチェック!
信頼できるデータ復旧業者を徹底的にリサーチしました。

【2023年】iPhoneのデータ復旧おすすめ業者3選!選び方や費用相場も解説

iPhoneを使用している方の中には、間違って大切なデータを消してしまったり、電源が入らなくなってしまったという経験がある方も多いのではないでしょうか。

より確実にiPhoneのデータ復旧ができるのは専門業者に依頼する方法ですが、「どの業者を選べばいいのか分からない」「個人情報があるから悪用されないか心配」といった悩みをお持ちの方も多いかと思います。

そこで今回の記事では、優良なiPhoneのデータ復旧業者を選ぶポイントと悪徳業者を避けるポイントを詳しく解説しつつ、おすすめのデータ復旧業者もいくつか紹介していきます。

iPhoneのデータ復旧業者を探している方はぜひ参考にしてみてください。

データ復旧をどこに頼んだらいいの?そんなお悩みにお答えします

「データが消えてしまって、どうすれ良いかわからない」、「データ復旧を業者に依頼したいけど、相場がわからない」、 そんなお悩みの方へ、データ復旧比較ガイドは本当に信頼できるデータ復旧会社を徹底比較いたしました。
データ復旧会社の選び方から、復旧会社のランキングをまとめていますので、ぜひご参考にしてみてください。

目次

iPhoneでよく発生するトラブル

iPhoneを使用しているうちに発生するトラブルには下記のようなものがあります。

  • 写真や動画を誤って消してしまった
  • 連絡先のデータが消えてしまった
  • 電源が付かなくなってしまった
  • リンゴループになってしまった
  • 初期化されてしまいデータが全て消えてしまった
  • 落としたり水没したりして操作ができなくなった
  • LINEのトークが消えてしまった

iPhone本体が壊れているわけではなく、操作ミスなどでデータを削除してしまったり初期化を行ってしまった場合はフリーソフトや有料アプリで対応できることもあります。一方で、iPhone本体が物理的に壊れてしまっている場合や電源そのものが入らなくなってしまっている場合は個人でデータを復旧するのはかなり難しくなってしまいます。

個人での復旧が難しい場合は、データ復旧業者に依頼することを検討してみましょう。

iPhoneのデータ障害の種類

iPhoneで発生する障害は「論理障害」と「物理障害」の2つに分けることができます。ここでは、それぞれの障害の特徴の代表的な症状について詳しく解説していきます。

論理障害

論理障害とは、iPhoneのデータやシステムに障害が発生している状態のことを言います。

代表的な症状は、誤ってデータを消してしまったり初期化をしてしまった、システムやソフトウェアの不具合でデータが消えてしまったなどになります。

iPhone自体が壊れているわけではないため、軽度の論理障害の場合の復旧難易度はそれほど高くありません。ただし、電源が入らないといった重度の論理障害の場合は自力で直すのは難しいため、データ復旧のプロに依頼をする必要があるでしょう。

物理障害

物理障害とは、iPhoneそのものが物理的に壊れてしまっている状態のことを言います。

iPhoneを落としてしまい電源が入らなくなった場合や、水没させてしまった場合がこの物理障害に該当します。また、経年劣化による不具合もこの物理障害に含まれます。

論理障害と異なり、iPhoneの部品を修理・交換する必要があるため、個人で復旧を行うことはほぼ不可能だと思っておいたほうがいいでしょう。

一般的に、論理障害よりも物理障害の方がデータ復旧費用が高くなる傾向にあります。

iPhoneのデータ復旧業者に依頼した方がいい症状

iPhoneのデータが消えてしまった場合は、自力で復旧ソフトやアプリを使って修復する方法とデータ復旧業者に依頼する方法の2つがあります。自力で修復するべきか業者に依頼するべきかは症状や予算などによって変わってきますが、ここではデータ復旧業者に依頼した方がいい症状をいくつか紹介していきます。

iPhoneが水没してしまった

iPhoneが水没すると、iPhoneの内部にある回路がショートしてしまうため、個人での復旧はほぼ不可能になります。無理に電源をつけようとしたり自分で分解を行うと最悪の場合感電してしまうといったリスクもあるため、個人で復旧を行おうとせずに、データ復旧業者に依頼をするようにしましょう。

また、自力で分解を行ってしまうと、症状が悪化してしまいデータ復旧の難易度が高くなってしまう、復旧費用が高くなるといった可能性もあります。

メーカーに修理を依頼する際も、自分で分解してしまうと保証の対象外となってしまうケースもあるので注意が必要です。

iPhoneの寿命により電源が入らなくなった

iPhoneに使われているバッテリーや部品には寿命があるため、経年劣化などにより電源が入らなくなった場合はデータ復旧業者に依頼することをおすすめします。

普通に使える場合もあるが時々電源が入らなくなる、以前に比べて明らかに動作が遅くなってきたなどの症状が見られる時は、寿命を迎える直前である可能性があります。完全に寿命で動かなくなる前にバックアップを取っておくなどの対策を取ることで、大切なデータが完全に消えてしまうといったリスクを減らすことができます。もしまだ完全に寿命を迎えていない場合は、なるべく早めにバックアップを取るようにしましょう。

リンゴループが発生している

リンゴループとは起動時に表示される黒背景にAppleのリンゴマークがある画面の状態と真っ暗な状態が繰り返される症状のことを言います。この状態になってしまうとiPhoneを操作することができないため、自力で直すのはほぼ不可能です。

ソフトウェアの不具合などでリンゴループが発生している場合は専門の業者に依頼した方がいいでしょう。

ただし、使用しているアプリや写真・動画などの容量がいっぱいになっている影響でリンゴループが発生している場合は、データ復旧業者でも対応できない場合があります。また、対応できる場合でも費用が高くなることが多いです。

優良なiPhoneのデータ復旧業者を選ぶポイント

ここでは、iPhoneのデータ復旧を業者に依頼する際に見るべき重要なポイントをいくつか紹介していきます。データ復旧業者は世の中に数多く存在しますが、その中には悪徳業者も存在しているため、そういった業者を避けるためにもしっかりとポイントを把握しておくことが大切です。

成果報酬型を採用している

iPhoneのデータ復旧業者を検討する際には、復旧が成功した場合だけに費用が発生する「成果報酬型」と呼ばれる仕組みを採用している業者で絞り込んでいくことをおすすめします。成果報酬型を採用している業者であれば、もし復旧に失敗しても費用を支払う必要がないため、安心して依頼をすることができるでしょう。

ただし、データ復旧自体は成果報酬型でも、その前段階の診断や見積もりには一律で費用が発生するケースがあります。多くの場合、診断や見積もりに費用はそれほどかからないためあまり気にしなくても大丈夫ですが、診断・見積もりだけで多額の費用を要求してくるような業者はなるべく避けるようにしましょう。

また、データ復旧業者に問い合わせるときは、何を持って成功と判断するかの定義を明確にしておくことも大切です。

セキュリティ対策がしっかりしている

iPhoneの中にはプライベートな写真や動画はもちろん、電話帳やLINEのやりとり、住所やクレジットカード番号など個人情報が大量にあるため、情報の流出が心配でデータ復旧業者への依頼をためらっているという方も多いのではないでしょうか。

基本的にデータ復旧業者は意図的にiPhoneの中身を見たり、情報流出してしまうような管理をするといったことはほとんどありませんが、それでも心配な場合はセキュリティ対策がしっかりしている業者を選ぶようにしましょう。

具体的には「ISO 27001」の認証や「プライバシーマーク」の認定を受けている業者がおすすめです。これらの認証・認定のある業者は、個人情報保護とセキュリティについての厳しい基準を満たしている業者なので、安心して依頼をすることができます。

復旧実績が十分にある

業者のホームページなどに過去の復旧実績が載っていることがあると思いますが、そういった実績も優良業者かどうかを見極めるポイントになります。

実績が多い方が知識・経験も豊富なので、データ復旧の成功確率も高くなると言えます。

特に、官公庁や大手企業などの復旧実績がある業者は信頼ができる業者なのでおすすめです。

見積もりの内容がしっかりしている

見積もりの詳細が記載されておらず金額だけが出されている場合や、こちらから見積もりに関する質問をした際に誤魔化そうとしてくるような業者はなるべく避けるようにしましょう。

また、他社や相場と比較して明らかに高すぎる・安すぎる業者にも注意が必要です。

特に安すぎる業者に関しては、データ復旧に失敗するリスクや、成功したとしても後々高額な追加費用を請求してくる可能性があるため、避けた方がよいでしょう。

不安を煽るような言動がない

問い合わせをした際や見積もりを依頼する際に、「今すぐ復旧の対応をしないと取り返しのつかないことになる」「他の業者に依頼すると復旧率が下がる」など、こちらの不安を煽ってくるような言動のある場合は悪徳業者である可能性が高いため注意をしましょう。

また、こういった言動がない場合でも、明らかに言葉遣いがおかしかったり連絡が全然返ってこないような業者も同じく避けた方が無難です。

データ復旧率を信用しすぎない

業者のホームページやチラシなどで「データ復旧率◯%!」という表記を見たことがある方もいるかと思いますが、このデータ復旧率の数字だけで判断をするのは避けるようにしましょう。

もちろん、知識や技術力があるほど復旧率も高くなりますし、ホームページに嘘の復旧率を載せていることはほとんどないはずですが、そもそもデータ復旧の成功の定義をどこに設定しているかによって復旧率の捉え方も変わってきます。

例えば、iPhone内のデータのうち何か1つでも復旧できれば成功とみなしているなら当然復旧率は高くなりますが、依頼した側からしてみれば欲しいデータが復旧できていなければ失敗と感じてしまいます。

このように、復旧率の捉え方は業者によって異なるため、復旧率のみで業者を選定するのは避けた方がいいでしょう。

おすすめのiPhoneデータ復旧業者3選!

「データ復旧比較ガイド」では、本当に信頼できるデータ復旧会社を徹底比較しています。
スマートフォンのデータ復旧が可能な会社をピックアップしていますが、HDDなど他の機器にも対応しているので、ぜひ参考にしてみてください。

アドバンスデザイン

Buffaloへ技術提供を行っている、
データ復旧のリーディングカンパニー
  • 日本で最初のデータ復旧専門企業
  • 米大手HDDメーカーと技術提携しており、最高のデータ復旧技術が魅力
  • 世界でも最高レベルの設備とツールを完備しています
  • 初期診断・見積りにスピーディーに無料対応します
  • 高品質を証明する国際規格ISO9001/ISO27001を取得しています
合計
4.3
データ復旧費用

成功報酬の上、
比較的安価な復旧費用

データ復旧スピード

通常1~7営業日

データ復旧実績

大手企業
1000社以上

データ復旧技術

米大手HDDメーカーと業務提携しており、Buffaloにデータ復旧の技術提供を行っている

導入設備とツール

クラス100クリーンルーム、レーザー顕微鏡

品質規格

ISO9001
ISO27001

対応メディア

HDD、SSD、RAID、NAS、サーバー、SDカード、USBメモリなど

評判

復旧技術、セキュリティ、復旧費用ともに業界随一のサービスが魅力

合計
4.3
データ復旧費用

成功報酬の上、
比較的安価な復旧費用

データ復旧スピード

通常1~7営業日

データ復旧実績

大手企業
1000社以上

データ復旧技術

米大手HDDメーカーと業務提携しており、Buffaloにデータ復旧の技術提供を行っている

導入設備とツール

クラス100クリーンルーム、レーザー顕微鏡

品質規格

ISO9001
ISO27001

対応メディア

HDD、SSD、RAID、NAS、サーバー、SDカード、USBメモリなど

評判

復旧技術、セキュリティ、復旧費用ともに業界随一のサービスが魅力

キャンペーン情報
【DELL社製品割引】
デル社製の全製品を対象に、データ復旧サービスを20%OFFにてご提供しています。
【APPLEストア割引】
「アップルストアから来ました!」で、データ復旧サービスを20%OFFにてご提供しています。

お電話でのお問い合わせ
0120-290-865
平日9:00~18:30 / 土曜9:00~17:30

Buffalo

HDDを熟知するパソコン周辺機器メーカーの技術力
  • メディアと障害レベルに応じた固定料金制!
  • データ復旧後に追加料金が発生する心配ナシ!
  • バッファロー製品なら無償でデータ復旧の可能性も!
合計
4.3
データ復旧費用

一律固定料金制

データ復旧スピード

最短当日で復旧可能

データ復旧実績

バッファロー製品以外も多数

データ復旧技術

熟知した技術者が携わっている

導入設備とツール

クリーンルーム

品質規格

ISO9001
ISO27001

対応メディア

SSD、NAS、USBメモリー、SDカード他

評判

パソコン周辺機器メーカー公式だから安心

合計
4.3
データ復旧費用

一律固定料金制

データ復旧スピード

最短当日で復旧可能

データ復旧実績

バッファロー製品以外も多数

データ復旧技術

熟知した技術者が携わっている

導入設備とツール

クリーンルーム

品質規格

ISO9001
ISO27001

対応メディア

SSD、NAS、USBメモリー、SDカード他

評判

パソコン周辺機器メーカー公式だから安心

キャンペーン情報




日本データ復旧サービスセンター

業界トップレベルのデータ復旧率を誇る
  • 24時間365日対応の問い合わせフリーダイヤル
  • 入退室を徹底管理した高いセキュリティ環境
  • 個人客の他、企業、官公庁、研究機関などから多数の依頼実績があります
合計
3.8
データ復旧費用

成功報酬型で、総容量などにより決まる。

データ復旧スピード

持ち込みかつ特急復旧サービスを利用の場合、即日対応可

データ復旧実績

大企業や官公庁など実績多数

データ復旧技術

高い技術力を誇る

導入設備とツール

クリーンルーム

品質規格

ISO27001

対応メディア

HDD、SDD、パソコン、サーバー、ビデオカメラなど

評判

個人の他、企業や官公庁からも依頼実績がある

合計
3.8
データ復旧費用

成功報酬型で、総容量などにより決まる。

データ復旧スピード

持ち込みかつ特急復旧サービスを利用の場合、即日対応可

データ復旧実績

大企業や官公庁など実績多数

データ復旧技術

高い技術力を誇る

導入設備とツール

クリーンルーム

品質規格

ISO27001

対応メディア

HDD、SDD、パソコン、サーバー、ビデオカメラなど

評判

個人の他、企業や官公庁からも依頼実績がある

キャンペーン情報
【データ復旧安心サービスパック】
日本データ復旧サービスセンターでは、パソコン購入時に10,290円のお支払いで、データ復旧を3年の間何度でも(物理障害は1回のみ)対応するデータ復旧安心サービスパックをご用意しています。

お電話でのお問い合わせ
0120-194-119
24時間年中無休

ここで紹介した業者はiPhoneのデータ復旧に強い優良業者ですが、他にも多くの信頼できる業者が存在します。
より多くの選択肢や、各業者の詳細な情報については、データ復旧業者を徹底比較!選び方と厳選10社のページでご確認いただけます。

iPhoneのデータ復旧業者でも対応が難しいケース

iPhoneのデータ復旧が必要な場合はデータ復旧業者に依頼した方が確実ですが、中にはプロの業者でも復旧するのが難しいケースも存在します。

ここでは、代表的な2つのケースについて解説していきます。

iPhone本体が大きく破損している

多少の破損であればパーツの交換などで対応できるケースがありますが、本体が大きく破損してしまっている場合はプロでも対応できないケースが多いです。特に、データを記録している部品が完全に破損してしまっていたりすると、データを取り出すことは難しいでしょう。

別のデータで上書きされている

iPhoneのデータが新しい別のデータで上書きされている場合も復旧が難しくなってしまいます。一度の上書きであれば対応できるケースもありますが、何度も上書きされてしまっている場合は復旧の成功確率はかなり下がってしまいます。

データ復旧率を下げないためにも、大切なデータがある場合は自力での復旧はなるべく避け、最初の段階でデータ復旧業者に依頼をするようにしましょう。

バックアップが存在しない

初期化を行ってしまった場合、基本的にiCloudやiTunes、もしくはパソコンや外付けHDDに保存しているバックアップデータがないとデータ復旧業者でも復旧をすることはできません。裏を返せば、iPhoneの初期化機能の性能が高いと考えられますが、データ復旧の観点から考えると復旧が難しいので、普段からバックアップデータを作成しておくことが大切です。

iPhoneのデータ復旧を業者に依頼するべき理由

個人では対応が難しい

何度かお伝えしていますが、iPhoneは非常に精密な機械なので、分解を行っても専門知識がないと修理を行うことはほぼ不可能です。特にCPUや基盤部分が大きく破損している場合はデータ復旧業者でも対応できない場合があります。

個人で判断することはできないので、自分で修理を試みる前に専門業者への依頼を検討しましょう。

iPhoneのデータ自体が暗号化されている

最新のiPhoneでは、内部のデータが暗号化されるようになっており、昔のiPhoneと比べるとデータ復旧の難易度が高くなっています。暗号化されているため、セキュリティの面では安心できますが、このセキュリティの高さがデータ復旧をする際の障壁になってしまうのです。

技術力の低い業者では対応できないケースもあるので、iPhoneのデータ復旧実績が豊富な業者に依頼をするようにしましょう。

iPhoneのデータ復旧にかかる費用相場と納期

iPhoneのデータ復旧にかかる費用は依頼をする業者によって異なります。ここでは、おすすめのデータ復旧業者の復旧費用相場を一覧にまとめているので費用の参考にしてみてください。

ただし、こちらの価格はスマートフォン全般の復旧費用目安となります。iPhoneなのかAndroidなのかなどによって費用が若干変わってくる可能性があるので、正確な費用を知りたい場合は各業者に問い合わせをして確認することをおすすめします。

税込価格
アドバンスデザイン165,000円〜
DATASMART55,000円〜
日本データ復旧サービスセンター52,800円〜
デジタルデータリカバリー5,000円〜
データ復旧センター価格非公開

※こちらの費用は記事執筆時点の情報になります。

iPhoneのデータ復旧を業者に依頼する際の流れ

1. データ復旧業者の選定

まずは、データ復旧業者の選定を行っていきます。この記事でも解説している通り、「成果報酬型を採用している」「セキュリティ対策がしっかりしている」等の観点から信頼できるデータ復旧業者を選びましょう。

不安な場合は複数の業者に相談してみるのもおすすめです。

2. iPhoneの事前診断やヒアリング

業者の選定が終わったら次は事前診断とヒアリングに移ります。事前診断は無料の場合と有料の場合があるので、診断を依頼する前に確認しておくようにしましょう。

ヒアリングを行ってもらう際には、「どんな症状か」「どういったデータを復旧したいのか」等をしっかりと業者に伝えておくようにしましょう。

ただし、事前に診断を行っても、実際に復旧作業をしてみたらデータを取り出すことができなかったという場合もあるので、その点は把握しておきましょう。

3. 見積もりの確認と契約

事前診断が完了したら見積もりを提示してもらうことになります。見積もりの内容・金額に納得できた場合はそのまま正式な契約に移ります。

見積もりの内容や金額、業者の態度などに不安な点がある場合は契約をせずに他のデータ復旧業者を探すようにしましょう。

4. データ復旧作業

正式な契約ができたら業者の方でデータ復旧作業を進めていきます。

軽度の論理障害の場合は当日対応が可能な場合もありますが、重度の論理障害や物理障害の場合は1週間以上かかる場合があります。

時間がかかってしまうのは仕方がないので、どうしても復旧を急ぐ場合はデータ復旧速度の速い業者に依頼を行うことをおすすめします。

5. iPhoneの返却と支払い

データ復旧が無事に完了した場合はiPhoneを返却してもらい支払いを行います。成果報酬型の企業に依頼している場合は、データ復旧に失敗した際には費用は発生しません。

また、復旧に成功している場合でも、全てのデータが無事に復旧できているかの確認はしっかりと行うようにしましょう。

iPhoneのデータ復旧をする際の注意点

ここではiPhoneのデータ復旧を行う際の注意点について解説していきます。

iPhone修理業者への依頼はなるべく避ける

街などで見かけるiPhone修理業者は割れた液晶画面の修理やバッテリーの交換をするのは得意分野ですが、データ復旧は専門外であるケースが多いです。手軽に依頼できて費用が安いというイメージがあるかもしれませんが、専門外だと調査費用や修理費用だけかかって、最終的には復旧ができなかったということになる可能性があります。

そのため、基本的にはデータ復旧の専門家に依頼した方が確実です。

Appleや携帯のキャリアに修理を依頼してもデータは復旧してくれない

iPhoneを購入した際に「AppleCare+ for iPhone」などの保証サービスを契約している方もいるのではないかと思います。しかし、「AppleCare+ for iPhone」などのサービスは契約しているうちは、水没などによって故障したiPhoneの修理は無料で行ってくれますが、残念ながらデータ復旧に関しては対応外となっています。

また、docomo、au、SoftBankなどのキャリアごとの保証サービスも同様に端末の保証のみで、データの復旧は対象外となっているので注意が必要です。

日頃から行っておくべきiPhoneのデータを守るための対策

iPhoneのデータが消えてしまった場合は、データ復旧業者に依頼するのがおすすめとお伝えしてきましたが、iPhoneのデータが消えても自分で解決できるように日頃から対策を行っておくことが大切です。

ここでは、データ紛失に備えて自分でできる対策について詳しく説明していきます。

iCloudにバックアップを取っておく

iPhoneのデータが消えてしまった時に焦らないためにも、定期的にデータのバックアップを取っておくことが非常に大切です。

iPhoneをはじめとするApple製品にはiCloudというクラウドサービスがありますが、このiCloudを利用するのが一番簡単でおすすめのバックアップ方法になります。

Wi-Fiに接続するだけで自動的にバックアップを取ってくれるので、最初に設定さえしておけばその後は特に何もする必要がないのは大きなメリットです。

ただし、無料で利用できるiCloudの容量は5GBまでとなります。iPhone内のどのデータをバックアップ対象にするかも選ぶことができるので、写真や連絡先など自分の必要なデータだけを保存すればバックアップ容量を節約することができます。

とはいえ、動画を頻繁に撮る方などは5GBの容量がすぐに来てしまうので、そういった場合には有料プランの契約で容量を増やすことを検討しましょう。

容量を増やすと月額で費用がかかってしまいますが、万が一データが消えた時のこととバックアップの簡単さを考えると決して高い出費ではないかと思います。

PCや外付けHDDにバックアップを取っておく

iCloudの有料プランを契約するのに抵抗がある場合は、手持ちのPCにバックアップデータを保存するようにしましょう。iCloudよりも手間はかかってしまいますが、PCにiTunesをインストールして設定を行い、PCとiPhoneをケーブルで繋ぐだけでバックアップが完了するのでそれほど難しくはありません。

バックアップ方法の詳細はAppleの公式サポートページを参考にしてみてください。

iPhoneのデータ復旧を業者に依頼するメリット

データの復旧ができる可能性が高い

iPhoneのデータ復旧を業者に依頼する最大のメリットは、自分で作業するよりもデータ復旧の確率が格段に高いということです。最新のiPhoneになると、セキュリティ対策もより強固になってくるので、個人での復旧はかなり難しいです。

特に、iPhoneに限らずデータ復旧は、触れば触るほど復旧の成功確率が低くなってしまいます。例えば、「市販の復旧ソフトを使ってデータをスキャンしたら見つかったので復旧をしたが開くことができず、再スキャンを行ったら今度は完全に消えてしまった」というのはデータ復旧ソフトを使った際のトラブルの代表的なものになります。

そういった事態を避けるためにも、最初から豊富な知識と経験のあるデータ復旧業者に依頼をするようにしましょう。

様々な障害に対応してもらえる

データ復旧業者は、論理障害・物理障害を問わず、様々な障害に対応することができます。部品を交換するだけなら修理業者やメーカーに依頼することができますが、部品を交換することによってiPhoneが初期化されてしまうこともあるため、データ復旧が必要な場合は必ずデータ復旧業者に依頼を行ってください。

iPhoneのデータ復旧を業者に依頼するデメリット

費用が高い

データ復旧業者に復旧依頼をする最大のデメリットは、それなりに費用がかかってしまうということです。市販のソフトであれば1万円程度で済むかもしれませんが、業者に依頼すると数万〜十数万円程度かかってしまうこともあります。

iPhoneのデータ復旧はパソコンのHDDの復旧などと比べて専門知識が必要になるため、費用が高くなる傾向にあります。

復旧までに時間がかかる

iPhoneのデータ復旧を業者に依頼する場合は、業者の選定を行ったのちに診断や見積もり依頼をして、その後データ復旧作業を行ってもらうという流れになります。

業者によっては1日で作業完了まで行ってくれる場合もありますが、基本的には1週間〜10日程度はかかると思っておいた方がよいでしょう。

復旧が完了するまでの期間はiPhoneが使用できなくなってしまうので、しばらく連絡が取りにくいといった旨を周りの人に伝えておくことも大切です。

iPhoneが水没した場合の注意点

最後に、iPhoneが水没してしまった際の注意点をいくつか紹介していきます。

できるだけ早くデータ復旧業者に連絡をする

iPhoneが水没して電源が入らなくなったりデータが消えてしまった場合、時間が経てば経つほど復旧の成功確率が低くなってしまうので、できる限り早くデータ復旧業者に連絡をするようにしましょう。

ただし、焦って適当に業者を選んでしまうと技術力の低い業者や悪徳業者に当たるリスクも高くなるので注意しましょう。

じっくり選ぶ時間がない場合は、最低限データ復旧協会DRAJに加盟している企業に依頼をするのがおすすめです。

充電ケーブルを接続してはいけない

水没した後すぐに充電ケーブルを刺すのは絶対に避けるようにしましょう。ケーブルを接続することで電流が流れて、iPhoneがさらに壊れてしまう可能性があります。

感電のリスクなどもあるので、水没直後の充電ケーブルの接続はやめましょう。

濡れた状態で電源を入れない

水没した直後は、iPhone内部に水が入り込んでしまっている可能性があります。その状態で電源を入れると内部でショートが起きてしまうかもしれません。本来であれば無事だった部品がショートが原因で壊れてしまったら大変なので、濡れた状態で電源を入れるのも絶対に避けましょう。

まとめ

iPhoneが故障してデータが見れなくなってしまった場合には、フリーソフトやアプリを使用して自力で復旧する方法とiPhoneのデータ復旧業者に依頼する方法があります。

データ復旧率の高さや対応可能な障害の豊富さから基本的にはデータ復旧業者に依頼するのがおすすめです。

データ復旧業者を選ぶ際には、成果報酬型を採用している、セキュリティ対策がしっかりしているといったポイントに着目しながら優良な業者に依頼を行いましょう。

データ復旧は作業を行うほど復旧率が下がるので、大切なデータがある場合はこの記事を参考に、なるべく早めにデータ復旧業者に依頼するようにしましょう。

おすすめのデータ復旧会社3選

データ復旧会社は、全ての会社が安心して依頼できるとは限りません。復旧作業を依頼する際は機器を預けなければならないので、情報の流出を防ぐためにも依頼する業者はしっかりと選ぶ必要があります。

とはいえ、たくさんの会社の中から信頼できるところを探すのは大変ですよね?そこで、ここでは安心して依頼できるおすすめの業者を3つご紹介していきます。人気が高く口コミでも評判の会社をまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

【1位】アドバンスデザイン

高い復旧技術と充実した設備を完備している「アドバンスデザイン」は、日本で初めてデータ復旧サービスの提供を始めた老舗の会社です。軍事レベルのセキュリティー管理を行っているので、重要なデータを管理する機器でも安心して預けることができるでしょう。

また、無料で初期診断や依頼時の見積もりなどを対応してもらえるので、気軽に相談できるといった点もおすすめのポイントです。初めて利用される方でも安心して利用できるので、お困りの際はぜひ一度相談してみてはいかがでしょうか?

【2位】A1データリカバリー

50万件と豊富な実績を持っている「A1データリカバリー」なら、高いセキュリティーで安心して依頼することができます。復旧作業は即日から対応してくれるので、急なデータトラブルでお困りの方にもおすすめです。また、こちらでは出張サービスも提供しているので、どうしても機器を預けたくないという方でも安心して利用することができるでしょう。

【3位】Buffalo(バッファロー)

パソコンの周辺機器メーカーとして有名な「Buffalo(バッファロー)」は、データ関連のノウハウを熟知しているので、安心して利用できるおすすめの復旧会社です。料金は一律固定となっているので、追加料金を請求される心配がありません。

また、依頼する機器が自社製品であれば無料で対応してもらえる場合があるので、Buffalo製品を利用している方は一度利用してみてはいかがでしょうか?

関連記事はこちら

著者情報
株式会社CLUTCH メディア編集部
データ復旧会社へのインタビューや調査データを基におすすめ比較とサイトを企画設計し、独自の評価基準にて今本当に信頼できるデータ復旧会社を紹介。 また、メディア編集部としてデータ復旧会社へのインタビュー等を基にPCやサーバ、HDD、SSD、スマホ等のデータ復旧に関わる記事を執筆。
1位

アドバンスデザイン

2位

A1データリカバリー

3位

Buffalo

4位

ロジテック

5位

日本データ復旧サービスセンター(AOS)

アドバンスデザイン A1データリカバリー Buffalo ロジテック 日本データ復旧サービスセンター(AOS)
データ復旧費用

30,000~
180,000円

データ復旧費用

27,600~
196,000円

データ復旧費用

30,000~
120,000円

データ復旧費用

50,000~154,000円

データ復旧費用

41,800~195,800円

データ復旧スピード

当日~7日

データ復旧スピード

2~3日

データ復旧スピード

最短当日で復旧可能

データ復旧スピード

1~5日

データ復旧スピード

当日~7日

データ復旧実績

10,000件以上

データ復旧実績

70,000件以上

データ復旧実績

バッファロー製品以外も多数

データ復旧実績

30,000件以上

データ復旧実績

年間12,000件以上

データ復旧技術

米大手HDDメーカーと業務提携しており、Buffaloにデータ復旧の技術提供を行っている

データ復旧技術

元HDD設計者が在籍しており、高い復旧技術

データ復旧技術

熟知した技術者が携わっている

データ復旧技術

メーカー実績で積み上げた高い技術力

データ復旧技術

高い技術力を誇る

導入設備とツール

クラス100クリーンルーム、レーザー顕微鏡

導入設備とツール

クリーンルーム

導入設備とツール

クリーンルーム

導入設備とツール

クリーンルーム

導入設備とツール

クリーンルーム

品質規格

ISO9001、
ISO 27001

品質規格

ISO 27001

品質規格

ISO9001、
ISO27001

品質規格

ISO9001、ISO27001

品質規格

-

対応メディア

パソコン、HDD、SSD、各種テープメディア他

対応メディア

HDD、SSD、サーバー、パソコン他

対応メディア

SSD、NAS、USBメモリー、SDカード他

対応メディア

HDD、RAID、サーバー他

対応メディア

HDD、RAID、サーバー、NAS、SDカード、USB他

評判

buffaloと企業提携していて安心率が高い

評判

成果報酬型サービスで安心

評判

パソコン周辺機器メーカー公式だから安心

評判

料金体系が明瞭なので安心

評判

警察、検察など捜査機関向けに法廷提出用データ復旧サービスも対応

HDD、RAID、NAS、SSD、サーバーのデータ破損や消滅で困ったら、 データ復旧比較ガイドでデータ復旧会社の情報をチェック!
信頼できるデータ復旧業者を徹底的にリサーチしました。