HDD、RAID、NAS、SSD、サーバーのデータ破損や消滅で困ったら、 データ復旧比較ガイドでデータ復旧会社の情報をチェック!
信頼できるデータ復旧業者を徹底的にリサーチしました。

サーバーや共有フォルダから消えたデータの復元方法や日頃の対策方法を解説!

サーバーや共有フォルダには、ビジネスに関わる重要なデータが保存されている場合があります。万が一、データが消えてしまった場合、復元する方法はあるのかどうか気になる方は多いでしょう。

この記事では、サーバーのデータが消えてしまう原因やサーバーのデータを復元する方法などについて詳しく解説します。データ復元のおすすめ業者も紹介していますので、サーバーのデータを復元したい方は、ぜひ参考にしてみてください。

データ復旧をどこに頼んだらいいの?そんなお悩みにお答えします

「データが消えてしまって、どうすれ良いかわからない」、「データ復旧を業者に依頼したいけど、相場がわからない」、 そんなお悩みの方へ、データ復旧比較ガイドは本当に信頼できるデータ復旧会社を徹底比較いたしました。
データ復旧会社の選び方から、復旧会社のランキングをまとめていますので、ぜひご参考にしてみてください。

サーバーのデータを削除してしまうとどうなる?

個人のパソコンの場合、設定によって異なりますが、誤操作でデータやフォルダを削除してしまったとしてもすぐに削除されず、ゴミ箱に格納されるため、ゴミ箱を空にしなければ復元可能です。

しかし、サーバー内のデータや複数人が同じフォルダにアクセスできる共有フォルダを削除してしまった場合はゴミ箱に入らず、そのままデータは消えてしまいます。また、データ消失の原因やその後の行動によっては100%復元できないこともあるため、データの取り扱いには十分注意が必要です。

サーバーのデータが消えてしまう原因

ここからは、サーバーに保存されているデータが消えてしまう原因について詳しく解説します。考えられる主な原因は5つあるので、それぞれ見ていきましょう。

作業者のミスによるデータ削除

サーバーからデータが消失する原因として、作業者のミスが挙げられます。例えば、誤操作や不注意でデータを削除してしまう、データを上書きしてしまう、誤ってハードディスクをフォーマットしてしまったなどのケースが考えられます。

自然災害

地震や水害、落雷などの自然災害により、HDD(ハードディスク)が物理的にダメージを受けたり、壊れたりしてデータが消失する場合もあります。そのまま操作してしまうと、さらに状態を悪化させてしまう可能性があるため、基本的にデータ復元は専門の業者に依頼するようにしましょう。HDDが水浸しや泥だらけになった場合でも、自分で拭いたり、洗ったりするのは控え、できる限りそのままの状態で速やかに業者に任せることが重要です。

ソフトウェアによるエラー

間違った使用方法や強制終了によるエラーなどが原因でデータがなくなることもあります。また、ファームウェアアップデートが失敗して再起動しなくなり、データが消失するケースも考えられます。慌てて自分で対応せず、データ復元の専門業者に相談することを優先しましょう。

サーバーのウイルス感染や不正アクセス

サーバーがコンピューターウイルスに感染、または外部からの不正アクセスによって、保存データが削除される可能性もあります。ファームウェアの最新化やパスワードの強化、怪しいメールに添付されているファイルは開かないようにするなどのウィルス対策を徹底することが大切です。もしウイルス感染や不正アクセスが疑われる場合は、早めにプロのデータ復元業者に相談しましょう。

HDDの寿命

HDDが寿命を迎えるとディスクや磁気ヘッドなどが劣化してしまい、データが保存できなくなったり、消失してしまったりする可能性があります。HDDの種類や動作環境などによって異なりますが、一般的にHDDの寿命は平均で3〜4年程度といわれています。もしもの場合に備えて、日頃からバックアップをこまめに取っておきましょう。

サーバーのデータを復元する方法(Windows編)

サーバー内の共有フォルダのデータを削除してしまった場合、パソコンのOSのバックアップ機能を使用して復元する方法があります。

まずは、Windowsを使っている場合のデータ復元方法から紹介します。この復元作業には管理者権限が必要になる可能性が高いため、会社などで使用しているサーバーの場合、独断で判断せず、実行する際はシステム管理者に相談してからにしましょう。

1. 以前のバージョンを使用する

Windowsのパソコンを使っている場合、「システムの保護(シャドウコピー)」を使って以前のバージョンに戻すことで、消えたデータを復元できる可能性があります。システムの保護は、Windows7とWindows10に搭載されている機能です。この機能を使用する際は、あらかじめシステムの保護を有効にしておく必要があります。

2. ファイル履歴を使用する

Windows8以降のOSのパソコンを使っている場合、ファイル履歴からデータを復元できるケースがあります。ただし、事前にHDDやUSBなどの外付けストレージを準備の上、ファイル履歴の設定を完了している必要があります。

サーバーのデータを復元する方法(Mac編)

次に、Macのパソコンを使っている場合の復元方法を紹介します。

TimeMachineを使用する

Macのパソコンの場合、「Time Machine機能」を使用することでデータを復元ができるでしょう。Time Machine機能を使用するためには、あらかじめ外付けストレージを用意して設定を完了しておかなければいけません。

サーバーのデータを復元する方法(Windows/Mac共通)

上記では、WindowsまたはMacで使用可能な復元方法について紹介しましたが、いずれも事前の設定が必要です。次の項目ではパソコンのOSの限定なしで、事前に設定ができていない場合でも可能なデータを復元する方法を紹介します。

データ復元ソフトを使用する

専用のデータ復元ソフトを使用して、データを復元する方法です。復元ソフトにはフリーソフトや有料ソフト、機能、復元できるデータなどに違いがあるため、復元したいデータに合ったものを選ぶ必要があります。

ただし、サーバーに対応している復元ソフトの数は少なく、復元ソフトが使用できたとしても、すべてのデータが復元できるとは限らないので注意が必要です。

大切なデータが入っている場合はデータ復元の専門家に相談するのがおすすめ

ここまで、OSの復元機能や専用ソフトを使用したデータ復元方法を紹介しましたが、データの復元には専門知識や高度な技術が必要になるため、安易に操作してしまうと状態が悪化したり、復元不可能な状態になったりするリスクがあります。大切なデータが入っている場合は、トラブルに対して適切に対応してくれるデータ復元の専門業者に任せたほうがよいでしょう。

信頼できるデータ復元業者の選び方

データの復元を専門の業者に依頼する場合、どの業者を選べばいいのか迷う方は多いでしょう。ここでは信頼できる業者の選び方を紹介しますので、チェックしておきましょう。

データ復旧を自社で行っている

業者の中にはデータ復旧作業を自社で行わず、受付だけ対応して外部に作業を委託するケースがあります。情報の行き違いが発生したり、技術力が乏しい外部業者が作業を行ったりする可能性があるので注意が必要です。

また、外部委託になる場合は機器の受け渡しが必要になる分、作業に時間がかかってしまいますが、自社でデータ復旧作業を行っている業者であれば、豊富な知識や技術力があり、迅速に対応できるでしょう。

成果報酬型の料金体系を採用している

成果報酬型とは、データの復元に成功した場合のみ料金が発生する料金体系のことです。失敗した場合は料金がかからないため、リスクが少ないメリットがあります。また、成果報酬型を採用しているデータ復元業者には、技術力に自信がある業者が多いです。業者選びに迷ったら成果報酬型の料金体系を採用している業者を選ぶのがおすすめです。

大手企業や官公庁のデータ復旧実績がある

業者を選ぶ際は、大手企業や公的機関である官公庁などからの依頼実績があるかどうかも確認しておきましょう。大手企業や官公庁などのデータ復元実績があれば、情報漏洩などのセキュリティー対策が徹底されている優良業者の可能性が高いため、信頼して任せられます。

クリーンルームを保有している

クリーンルームとは、空気中のゴミやホコリなどが入らないように設計された設備のことで、機器の分解が伴うデータの復元を行う場合、クリーンルームが必要不可欠です。

しかし、業者の中にはクリーンルームを自社で保有せず、ほかの業者に作業を委託するケースがあるため確認が必要です。クリーンルームを保有している業者なら、すべての作業を自社内で行えるため、柔軟でスムーズな対応が期待できます

こちらの疑問点をしっかり解決してくれる

データの復元を業者に依頼する場合、サービス内容や料金、作業スピード、作業時にデータの中身は見られる可能性はあるのかなどのさまざまな疑問が生じるものです。こちらの疑問に親身にしっかりと回答し、解決してくれる業者は信頼できるといえます。

サーバーのデータ復元おすすめ業者3選!

アドバンスデザイン

Buffaloへ技術提供を行っている、
データ復旧のリーディングカンパニー
  • 日本で最初のデータ復旧専門企業
  • 米大手HDDメーカーと技術提携しており、最高のデータ復旧技術が魅力
  • 世界でも最高レベルの設備とツールを完備しています
  • 初期診断・見積りにスピーディーに無料対応します
  • 高品質を証明する国際規格ISO9001/ISO27001を取得しています
合計
4.3
データ復旧費用

成功報酬の上、
比較的安価な復旧費用

データ復旧スピード

通常1~7営業日

データ復旧実績

大手企業
1000社以上

データ復旧技術

米大手HDDメーカーと業務提携しており、Buffaloにデータ復旧の技術提供を行っている

導入設備とツール

クラス100クリーンルーム、レーザー顕微鏡

品質規格

ISO9001
ISO27001

対応メディア

HDD、SSD、RAID、NAS、サーバー、SDカード、USBメモリなど

評判

復旧技術、セキュリティ、復旧費用ともに業界随一のサービスが魅力

合計
4.3
データ復旧費用

成功報酬の上、
比較的安価な復旧費用

データ復旧スピード

通常1~7営業日

データ復旧実績

大手企業
1000社以上

データ復旧技術

米大手HDDメーカーと業務提携しており、Buffaloにデータ復旧の技術提供を行っている

導入設備とツール

クラス100クリーンルーム、レーザー顕微鏡

品質規格

ISO9001
ISO27001

対応メディア

HDD、SSD、RAID、NAS、サーバー、SDカード、USBメモリなど

評判

復旧技術、セキュリティ、復旧費用ともに業界随一のサービスが魅力

キャンペーン情報
【DELL社製品割引】
デル社製の全製品を対象に、データ復旧サービスを20%OFFにてご提供しています。
【APPLEストア割引】
「アップルストアから来ました!」で、データ復旧サービスを20%OFFにてご提供しています。

お電話でのお問い合わせ
0120-290-865
平日9:00~18:30 / 土曜9:00~17:30

Buffalo

HDDを熟知するパソコン周辺機器メーカーの技術力
  • メディアと障害レベルに応じた固定料金制!
  • データ復旧後に追加料金が発生する心配ナシ!
  • バッファロー製品なら無償でデータ復旧の可能性も!
合計
4.3
データ復旧費用

一律固定料金制

データ復旧スピード

最短当日で復旧可能

データ復旧実績

バッファロー製品以外も多数

データ復旧技術

熟知した技術者が携わっている

導入設備とツール

クリーンルーム

品質規格

ISO9001
ISO27001

対応メディア

SSD、NAS、USBメモリー、SDカード他

評判

パソコン周辺機器メーカー公式だから安心

合計
4.3
データ復旧費用

一律固定料金制

データ復旧スピード

最短当日で復旧可能

データ復旧実績

バッファロー製品以外も多数

データ復旧技術

熟知した技術者が携わっている

導入設備とツール

クリーンルーム

品質規格

ISO9001
ISO27001

対応メディア

SSD、NAS、USBメモリー、SDカード他

評判

パソコン周辺機器メーカー公式だから安心

キャンペーン情報




ロジテック

92%の高いデータ復旧率が魅力のロジテック
  • 担当制を導入しており、データ復旧完了まで責任を持ってサポートします
  • パソコン周辺機器メーカーとして長い歴史があり、高い技術を有しています
  • NAS、RAID製品の調査・見積り・データリスト提出を無料で対応
  • 即日対応のスピード感。出張サービスもあり
  • 親身な対応が評判のいい会社
合計
3.8
データ復旧費用

依頼品種ごと定額制の料金

データ復旧スピード

最短1営業日で対応可

データ復旧実績

学校や法人など多数の顧客

データ復旧技術

メーカー実績で積み上げた高い技術力

導入設備とツール

クリーンルーム

品質規格

ISO27001

対応メディア

HDD、RAID、サーバー、NAS、SDカード、USBメモリなど

評判

法人や個人などの感謝の声が寄せられる

合計
3.8
データ復旧費用

依頼品種ごと定額制の料金

データ復旧スピード

最短1営業日で対応可

データ復旧実績

学校や法人など多数の顧客

データ復旧技術

メーカー実績で積み上げた高い技術力

導入設備とツール

クリーンルーム

品質規格

ISO27001

対応メディア

HDD、RAID、サーバー、NAS、SDカード、USBメモリなど

評判

法人や個人などの感謝の声が寄せられる

キャンペーン情報
【データ復旧バリューパック】
ロジテックでは、論理障害1回につき3150円の手数料でデータ復旧を行うデータ復旧バリューパックをご用意しています。

お電話でのお問い合わせ
0800-888-6409
平日9:00~18:30 / 土曜9:00~17:30

サーバーのデータが消えるのを防ぐ方法

最後に、サーバーのデータが消えるのを防ぐ方法を紹介します。大切なデータを守るためにも、あらかじめ対策をしておきましょう。

定期的にバックアップを取る

サーバーに保存されているデータは、人的な操作ミスや自然災害、ソフトウェアによるエラー、ウィルス感染などのさまざまな理由で消失する可能性があります。しかしバックアップデータがあれば、データを復元できる可能性が高くなります。万が一に備えて、定期的にバックアップを取っておくことが大切です。

オンラインストレージを使用する

「オンラインストレージ」とは、インターネット上にデータを保存・保管できるサービスで、「クラウドストレージ」とも呼ばれています。大半のオンラインストレージは過去のバージョンを保存できる機能があるため、誤ってファイルを削除してしまっても元に戻せる可能性があります。

重要なデータにアクセス制限をかける

重要なデータを消失しないためには、共有のフォルダやファイルにアクセス制限をかけるのも有効な方法です。誤操作によるデータ消去や情報漏洩のリスクを減らし、外部からの不正アクセスやサイバー攻撃などの防止にもつながります。

まとめ

サーバーや共有フォルダには、ビジネスに関わる重要な情報が含まれていることが多いですが、作業者のミスや自然災害などのさまざまな原因でデータが失われるリスクがあります。万が一、データが消えてしまった場合、ビジネスの損失につながる可能性があるため注意が必要です。データが消えた際は無理に操作を続けず、早めにプロのデータ復元業者に相談することが大切です。

この記事で紹介したデータ復元業者の選び方やおすすめ業者を参考に、大切なデータの復元を安心して任せられる業者を選びましょう。

おすすめのデータ復旧会社3選

データ復旧会社は、全ての会社が安心して依頼できるとは限りません。復旧作業を依頼する際は機器を預けなければならないので、情報の流出を防ぐためにも依頼する業者はしっかりと選ぶ必要があります。

とはいえ、たくさんの会社の中から信頼できるところを探すのは大変ですよね?そこで、ここでは安心して依頼できるおすすめの業者を3つご紹介していきます。人気が高く口コミでも評判の会社をまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

【1位】アドバンスデザイン

高い復旧技術と充実した設備を完備している「アドバンスデザイン」は、日本で初めてデータ復旧サービスの提供を始めた老舗の会社です。軍事レベルのセキュリティー管理を行っているので、重要なデータを管理する機器でも安心して預けることができるでしょう。

また、無料で初期診断や依頼時の見積もりなどを対応してもらえるので、気軽に相談できるといった点もおすすめのポイントです。初めて利用される方でも安心して利用できるので、お困りの際はぜひ一度相談してみてはいかがでしょうか?

【2位】A1データリカバリー

50万件と豊富な実績を持っている「A1データリカバリー」なら、高いセキュリティーで安心して依頼することができます。復旧作業は即日から対応してくれるので、急なデータトラブルでお困りの方にもおすすめです。また、こちらでは出張サービスも提供しているので、どうしても機器を預けたくないという方でも安心して利用することができるでしょう。

【3位】Buffalo(バッファロー)

パソコンの周辺機器メーカーとして有名な「Buffalo(バッファロー)」は、データ関連のノウハウを熟知しているので、安心して利用できるおすすめの復旧会社です。料金は一律固定となっているので、追加料金を請求される心配がありません。

また、依頼する機器が自社製品であれば無料で対応してもらえる場合があるので、Buffalo製品を利用している方は一度利用してみてはいかがでしょうか?

関連記事はこちら

著者情報
株式会社CLUTCH メディア編集部
データ復旧会社へのインタビューや調査データを基におすすめ比較とサイトを企画設計し、独自の評価基準にて今本当に信頼できるデータ復旧会社を紹介。 また、メディア編集部としてデータ復旧会社へのインタビュー等を基にPCやサーバ、HDD、SSD、スマホ等のデータ復旧に関わる記事を執筆。
1位

アドバンスデザイン

2位

A1データリカバリー

3位

Buffalo

4位

ロジテック

5位

日本データ復旧サービスセンター(AOS)

アドバンスデザイン A1データリカバリー Buffalo ロジテック 日本データ復旧サービスセンター(AOS)
データ復旧費用

30,000~
180,000円

データ復旧費用

27,600~
196,000円

データ復旧費用

30,000~
120,000円

データ復旧費用

50,000~154,000円

データ復旧費用

41,800~195,800円

データ復旧スピード

当日~7日

データ復旧スピード

2~3日

データ復旧スピード

最短当日で復旧可能

データ復旧スピード

1~5日

データ復旧スピード

当日~7日

データ復旧実績

10,000件以上

データ復旧実績

70,000件以上

データ復旧実績

バッファロー製品以外も多数

データ復旧実績

30,000件以上

データ復旧実績

年間12,000件以上

データ復旧技術

米大手HDDメーカーと業務提携しており、Buffaloにデータ復旧の技術提供を行っている

データ復旧技術

元HDD設計者が在籍しており、高い復旧技術

データ復旧技術

熟知した技術者が携わっている

データ復旧技術

メーカー実績で積み上げた高い技術力

データ復旧技術

高い技術力を誇る

導入設備とツール

クラス100クリーンルーム、レーザー顕微鏡

導入設備とツール

クリーンルーム

導入設備とツール

クリーンルーム

導入設備とツール

クリーンルーム

導入設備とツール

クリーンルーム

品質規格

ISO9001、
ISO 27001

品質規格

ISO 27001

品質規格

ISO9001、
ISO27001

品質規格

ISO9001、ISO27001

品質規格

-

対応メディア

パソコン、HDD、SSD、各種テープメディア他

対応メディア

HDD、SSD、サーバー、パソコン他

対応メディア

SSD、NAS、USBメモリー、SDカード他

対応メディア

HDD、RAID、サーバー他

対応メディア

HDD、RAID、サーバー、NAS、SDカード、USB他

評判

buffaloと企業提携していて安心率が高い

評判

成果報酬型サービスで安心

評判

パソコン周辺機器メーカー公式だから安心

評判

料金体系が明瞭なので安心

評判

警察、検察など捜査機関向けに法廷提出用データ復旧サービスも対応

HDD、RAID、NAS、SSD、サーバーのデータ破損や消滅で困ったら、 データ復旧比較ガイドでデータ復旧会社の情報をチェック!
信頼できるデータ復旧業者を徹底的にリサーチしました。