HDD、RAID、NAS、SSD、サーバーのデータ破損や消滅で困ったら、 データ復旧比較ガイドでデータ復旧会社の情報をチェック!
信頼できるデータ復旧業者を徹底的にリサーチしました。
失敗しないデータ復旧ガイド
本当に信頼できるデータ復旧会社を徹底比較

NEC製PCの内蔵HDDのデータ復旧と修理方法

NECは国内でも有名なメーカーであり、デザイン性・機能性ともに定評があります。NEC製のパソコンを使用されている方は多いのではないでしょうか?しかし、何らかのトラブルで突然パソコンが使えなくなった、大事なデータを誤操作で消してしまったという場合、メーカーに相談しても対応してもらえないケースは多いです。

ビジネスで利用されている方であれば重要なデータを取り戻したいと考えるでしょうし、安く修理できるならパソコンを買い替えたくないという方は少なくないでしょう。

そこで、この記事ではNEC製パソコンの内蔵HDDのデータ復旧を修理方法についてご紹介していきます。NEC製のパソコンを使用している方でデータトラブルや故障で困っている方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

NEC製PCによくあるトラブル

 

NEC製のパソコンに発生するトラブルにはいくつかの原因がありますが、その中の1つとして考えられるのが内蔵HDDの故障です。もしもHDDの故障が原因の場合には以下のような症状が現れることが多いと言われています。

  • ・そもそも電源が入らない
  • ・電源は入るが起動しない
  • ・内蔵HDDが認識されていない
  • ・ブルースクリーンが表示される
  • ・何らかのエラーメッセージが画面に表示される
  • ・本体から異音・異臭が発生している

このような症状が発生している場合には内蔵HDDが故障している可能性が非常に高いです。場合によっては一時的な不具合が原因でパソコンを再起動するだけで改善されることもありますが、再起動で改善できなければ故障の疑いがあります。

特に、本体から「ガリガリ」「カタンカタン」という異音が聞こえる、焦げ臭いニオイがする場合には100%内蔵HDDが故障している状態です。異音は内蔵HDDの内部部品が接触することで発生していて、異臭は内部の基盤またはチップがショートしているので焦げたニオイが発生していることが原因です。

そのまま使用を続けるとデータ復旧の難易度が上がる、または不可能な状態になりかねませんし、火災の原因になる恐れもあるのですぐに使用を注意してください。

内蔵HDDからデータ復旧をする方法

内蔵HDDからデータ復旧をする方法

内蔵HDDに大切なデータが保存されている場合、上記でご紹介したような症状が現れたのであればデータ復旧が必要になります。ここでは、そんな内蔵HDDからデータ復旧をする方法をご紹介していきます。

ご紹介するデータ復旧の方法には3つあります。1つ目は自分で復旧する方法、2つ目はメーカーが提供するサービスを利用する方法、3つ目はデータ復旧のプロに依頼する方法です。それでは、それぞれの方法について一つひとつ見ていきましょう。

専用ソフトを使って自分で復旧する

1つ目のデータ復旧方法は、「データ復旧ソフト」と呼ばれる専用ソフトを使って自分で復旧作業を行うものです。データ復旧ソフトはネット上からインストールすることが可能です。ソフトによっては有料のものもありますが、有料ソフトに劣らない性能を持つフリーソフトもあるので、データ復旧にお金をかけたくない方におすすめの方法です。

しかし、データ復旧ソフトの使用には条件があり、内蔵HDDに発生している障害が論理障害の場合に限られます。HDDそのものが故障している場合には使用できませんし、使用しても復旧することができず、症状の悪化を招く恐れがあるので、自分でデータ復旧を行う場合には事前に機器の状態を確認しておきましょう。

NECのデータ復旧サービスを利用する

基本的にメーカーが提供しているサービスの多くは故障した機器の修理であることが多いですが、NECでは「データ復旧サービ」と呼ばれるサービスを提供しています。こちらのサービスを利用する場合には事前登録が必要ですが、信頼できるメーカーに依頼したい場合にはおすすめでしょう。

また、NECには法人向けの「データ復旧サービスパック」と呼ばれるサービスもあります。1年・3年・4年・5年の4種類のサービス期間が設けられていいて、好きなサービスパックを選ぶことができるようです。サービス期間が長くなるほど料金は高くなりますが、登録しておけば内蔵HDDに突然トラブルが発生してもビジネスに支障をきたす心配がないので安心です。

しかし、NECのデータ復旧サービスを利用しても、内蔵HDDの状態によっては復旧できないことがあるようです。重度の障害が発生していると復旧難易度は高くなるので、場合によっては復旧成功を期待できないことがあるかもしれません。

データ復旧会社に依頼する

「自分でデータ復旧をして失敗したらどうしよう…」「このデータだけは確実に取り戻したい!」このような方は「データ復旧会社」に依頼することをおすすめします。データ復旧会社には専門的な知識と高度な復旧技術を持つプロフェッショナルが集まっているで、高い復旧成功率が期待できます。

また、データ復旧会社では論理障害・物理障害を問わずデータ復旧に対応しているので、どんな状態からでも内蔵HDDから目的のデータを復元してもらうことができるでしょう。そんなデータ復旧会社への依頼を検討されるのであれば、DRAJ加盟企業から選ぶことをおすすめします。

DRAJ加盟企業であれば高品質なサービスを受けられますし、万全のセキュリティ管理を行っているので機密性の高いデータ復旧も安心して依頼することができます。さらに、他社では対応できない内蔵HDDのデータ復旧成功実績もあるので、確実なデータ復旧を求めている方はデータ復旧会社を利用してみてください。

故障した内蔵HDDの修理方法

NEC製パソコンの内蔵HDDからデータ復旧を行えば、目的のデータをデータ消失から守ることができます。しかし、そのままではパソコンを使うことができないので修理が必要になります。

そんな内蔵HDDの修理は、機器そのものを入れ替えるだけでパソコンを使えるようになりますが、具体的にどのような方法で行うのでしょうか?ここでは、故障した内蔵HDDの修理方法についてご紹介していきます。

自分で内蔵HDDを交換する

パソコンを使用している方の中にはパソコンの構造について知識を持っている方もいるでしょう。そのような方は、ご自分で新しいNEC製パソコンに対応している新しい内蔵HDDを購入し、故障したHDDを取り外して新品を取り付ければ修理完了です。

復旧したデータは修理完了後に新しい内蔵HDDへとデータ移行をすればこれまでと同様に使用できます。ですが、あまりパソコンに関する知識を持っていない、自分で分解作業を行うことに不安を感じている方は、修理のプロに相談することをおすすめします。

メーカー修理または修理業者に依頼する

内蔵HDDの修理をプロに依頼するのであれば、メーカー修理または修理業者を利用しましょう。依頼先によって修理費用は異なりますが、プロが対応してくれるので安全な内蔵HDDの交換が可能です。

しかし、メーカー修理や修理業者ではHDDの交換のみの対応となっているので、復旧したデータの移行作業は自分で行う必要があります。

「自分では不安…」という方はプロに依頼しよう!

NEC製パソコンの内蔵HDDのデータ復旧や修理は、自分で作業することもできますが人によっては「上手くできるのかな?」「失敗したらどうしよう…」という不安を感じる人は少なくありません。

そのような方は、データ復旧であればNECのデータ復旧サービスやデータ復旧業者へ依頼する、修理であればメーカー修理や修理業者へ依頼しましょう。専門的な知識と技術を持ったプロであれば満足できるサービスを受けられるので、困ったときは一度相談してみましょう。

1位

アドバンスデザイン

2位

A1データリカバリー

3位

Buffalo

4位

ロジテック

5位

日本データ復旧サービスセンター(AOS)

アドバンスデザイン A1データリカバリー Buffalo ロジテック 日本データ復旧サービスセンター(AOS)
データ復旧費用

17,800~
180,000円

データ復旧費用

27,600~
196,000円

データ復旧費用

30,000~
120,000円

データ復旧費用

50,000~154,000円

データ復旧費用

41,800~195,800円

データ復旧スピード

当日~7日

データ復旧スピード

2~3日

データ復旧スピード

最短当日で復旧可能

データ復旧スピード

1~5日

データ復旧スピード

当日~7日

データ復旧実績

10,000件以上

データ復旧実績

70,000件以上

データ復旧実績

バッファロー製品以外も多数

データ復旧実績

30,000件以上

データ復旧実績

年間12,000件以上

データ復旧技術

米大手HDDメーカーと業務提携しており、Buffaloにデータ復旧の技術提供を行っている

データ復旧技術

元HDD設計者が在籍しており、高い復旧技術

データ復旧技術

熟知した技術者が携わっている

データ復旧技術

メーカー実績で積み上げた高い技術力

データ復旧技術

高い技術力を誇る

導入設備とツール

クラス100クリーンルーム、レーザー顕微鏡

導入設備とツール

クリーンルーム

導入設備とツール

クリーンルーム

導入設備とツール

クリーンルーム

導入設備とツール

クリーンルーム

品質規格

ISO9001、
ISO 27001

品質規格

ISO 27001

品質規格

ISO9001、
ISO27001

品質規格

ISO9001、ISO27001

品質規格

-

対応メディア

パソコン、HDD、SSD、各種テープメディア他

対応メディア

HDD、SSD、サーバー、パソコン他

対応メディア

SSD、NAS、USBメモリー、SDカード他

対応メディア

HDD、RAID、サーバー他

対応メディア

HDD、RAID、サーバー、NAS、SDカード、USB他

評判

buffaloと企業提携していて安心率が高い

評判

成果報酬型サービスで安心

評判

パソコン周辺機器メーカー公式だから安心

評判

料金体系が明瞭なので安心

評判

警察、検察など捜査機関向けに法廷提出用データ復旧サービスも対応

HDD、RAID、NAS、SSD、サーバーのデータ破損や消滅で困ったら、 データ復旧比較ガイドでデータ復旧会社の情報をチェック!
信頼できるデータ復旧業者を徹底的にリサーチしました。