HDD、RAID、NAS、SSD、サーバーのデータ破損や消滅で困ったら、 データ復旧比較ガイドでデータ復旧会社の情報をチェック!
信頼できるデータ復旧業者を徹底的にリサーチしました。
失敗しないデータ復旧ガイド
本当に信頼できるデータ復旧会社を徹底比較

秘密保持契約書(NDA)とは?信頼できるデータ復旧会社の見分け方

なかなか聞き慣れない言葉「秘密保持契約書」。秘密を保持すると考えれば、なんとなくイメージが付くという方もいるでしょう。もちろん取引先と秘密保持契約書を交わしている方も少なくはありません。データ復旧と言うのは個人的な情報、プライバシーに関わるデータを扱う仕事です。そんな大切なデータを預けるからには、誰だって信頼できる業者を選びたくなります。

秘密保持契約書は「手に入れた情報を他の人には教えませんよ」というルールを定めるもの。データ復旧会社を見分ける上で、重要なポイントとなりますので、しっかり覚えていきましょう。

秘密保持契約書(NDA)ってどんなもの?

秘密保持契約書は「秘密を教えるけど、他の人には言わないでね」という約束を結ぶものです。大手企業や官公庁などのデータを復旧することもある復旧会社。もちろん取り扱っているメディアの中には、重要なデータが入っているものもあります。他の人にばらすような業者だと、安心して依頼もできません。そんな情報漏えいを防ぐために、秘密保持契約書が結んでいます。「企業のデータはわかるけど一般人からしたらどこも同じじゃないの?」そう考えてしまう人もいるでしょう。

しかし、家族の写真が入っているデータを流出されたら、もしかすると悪用する人が出てくるかもしれません。家計簿ソフトのデータが流出すれば、お家の経済状況や貯蓄がばれてしまうことも。誰だって依頼するときには、安心できる業者を選びたいものでしょう。データ復旧業者を選ぶときには個人が依頼するときでも、秘密保持契約書を交わせる業者を選んでください。

データ復旧業者の多くが秘密保持契約書を結ぶ

基本的にデータ復旧を行う業者であれば、秘密保持契約書を結ぶもの。と言うのも、個人・法人を問わず、誰だって入っているデータは見られたくはありません。ましてや情報漏えいをされてしまうと、大損害を受けてしまうことも考えられます。依頼する側の気持ちを考えてみると、秘密保持契約書を結ばない業者には依頼したくないでしょう。

例えば、知らない人に「中に入っているものは一切取りませんから財布を見せてください!」と言われていても、誰だって見せたくはないもの。お金を取られるかも知れないですし、免許証を知らない人に見せたくないでしょう。個人情報が入っているデータであれば、なおさら信頼できる業者にしか依頼できません。復旧の依頼件数が減ってしまうため、どんな業者でも秘密保持契約書を結んでいます。

逆に秘密保持契約書を結ばないということは、データを悪用したいです!と取られてしまいます。業者からしても、万が一のトラブルを避けるために秘密保持契約書は重要なもの。余計なトラブルを避けるためにも、ちゃんと秘密保持契約書を結べる業者を選んでみてください。

秘密保持契約書を結ぶ業者を選ぶだけではNG

みなさんは秘密保持契約書を結ぶものの、適当な対応しかしない業者に依頼したいでしょうか? 誰だってNOと答えるでしょう。大切なデータ復旧を依頼するからには、誰だってできる限り確実に復旧くれる業者を選びます。あくまで秘密保持契約書は最低限の条件と考えておいてください。

例えば、体調が悪くて病院に行って検査を受けたとして考えてみましょう。病気の原因や症状がわかったのに、適切な処置をしてくれない病院には行っても意味がありません。それと同じで、ちゃんとデータ復旧を行ってくれる業者選びこそが大切になります。

データ復旧業者は「実績」「対応速度」「セキュリティ」を重視

実際にデータ復旧業者を選ぶのなら、まずは実績を重視して見てください。数多くの実績を持っている業者は、それだけ経験と信頼を積んできたことになります。もちろん件数だけではなく、大手業者や官公庁の実績を持っている業者は信頼できる業者です。それだけの技術力を持っている証拠とも言えるでしょう。

もちろん実績だけではなく、対応速度も重視すべきポイントとなります。時間がかかっても確実に戻したいデータがあるなら、時間をかけたほうがいいでしょう。しかし、大切なデータが消えたのなら、1秒でも早く復旧してくれる方が助かります。そのため、データ復旧業者を選ぶのなら、対応速度は少しでも早いところを選ぶべきです。

また、万全なセキュリティ体制を取っている業者を選ぶことも重要。あなたのデータが盗まれました!なんて言われては困ります。セキュリティが整っている業者じゃないと、秘密保持契約書を結ぶ意味もありません。そのため、大切なデータを依頼するなら、セキュリティ対策が整った業者に選んでください。

秘密保持契約書を結ばない業者には気を付けて!

優れた技術力や設備を持っていたとしても、秘密保持契約書を結ばない業者とは依頼しないでください。大切なデータを流出されてしまっては、データ復旧をした意味がありません。秘密保持契約書を結ぶ業者の中で、より優れた技術力や実績を持っているところを選ぶのがベストです。

みなさんもデータ復旧業者に依頼するときは、秘密保持契約書を結んでいるかは確認しておきましょう。その上で、あなたが信頼できる業者を選んでいってください。

1位

アドバンスデザイン

2位

A1データリカバリー

3位

Buffalo

4位

ロジテック

5位

日本データ復旧サービスセンター(AOS)

アドバンスデザイン A1データリカバリー Buffalo ロジテック 日本データ復旧サービスセンター(AOS)
データ復旧費用

17,800~
180,000円

データ復旧費用

27,600~
196,000円

データ復旧費用

30,000~
120,000円

データ復旧費用

50,000~154,000円

データ復旧費用

41,800~195,800円

データ復旧スピード

当日~7日

データ復旧スピード

2~3日

データ復旧スピード

最短当日で復旧可能

データ復旧スピード

1~5日

データ復旧スピード

当日~7日

データ復旧実績

10,000件以上

データ復旧実績

70,000件以上

データ復旧実績

バッファロー製品以外も多数

データ復旧実績

30,000件以上

データ復旧実績

年間12,000件以上

データ復旧技術

米大手HDDメーカーと業務提携しており、Buffaloにデータ復旧の技術提供を行っている

データ復旧技術

元HDD設計者が在籍しており、高い復旧技術

データ復旧技術

熟知した技術者が携わっている

データ復旧技術

メーカー実績で積み上げた高い技術力

データ復旧技術

高い技術力を誇る

導入設備とツール

クラス100クリーンルーム、レーザー顕微鏡

導入設備とツール

クリーンルーム

導入設備とツール

クリーンルーム

導入設備とツール

クリーンルーム

導入設備とツール

クリーンルーム

品質規格

ISO9001、
ISO 27001

品質規格

ISO 27001

品質規格

ISO9001、
ISO27001

品質規格

ISO9001、ISO27001

品質規格

-

対応メディア

パソコン、HDD、SSD、各種テープメディア他

対応メディア

HDD、SSD、サーバー、パソコン他

対応メディア

SSD、NAS、USBメモリー、SDカード他

対応メディア

HDD、RAID、サーバー他

対応メディア

HDD、RAID、サーバー、NAS、SDカード、USB他

評判

buffaloと企業提携していて安心率が高い

評判

成果報酬型サービスで安心

評判

パソコン周辺機器メーカー公式だから安心

評判

料金体系が明瞭なので安心

評判

警察、検察など捜査機関向けに法廷提出用データ復旧サービスも対応

HDD、RAID、NAS、SSD、サーバーのデータ破損や消滅で困ったら、 データ復旧比較ガイドでデータ復旧会社の情報をチェック!
信頼できるデータ復旧業者を徹底的にリサーチしました。