NASのデータを移行するには?注意点と方法を紹介

NASのデータを移行するには?注意点と方法を紹介

複数の端末から同時に保存データへとアクセスできる記憶装置「NAS」。近年、多くの企業で導入が進められている傾向があります。また、最近では家庭用として販売されている製品もあるため、個人で使用されている方も増えているのではないでしょうか?

そんな記憶装置ですが、一度購入すれば一生使い続けられるというものではないため、いずれは機器の買い替えを行い、保存データを移行する作業が求められることになります。そのような場合、どうすれば保存しているデータを移行させることができるのでしょうか?

この記事では、NASのデータを移行について、方法や移行作業を行う際の注意点などをご紹介していきます。また、機器についてよく知らない方に向けていくつかの特徴もご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

メリットの多い記憶装置「NAS」

メリットの多い記憶装置「NAS」

パソコンでは保存しきれないデータがある場合、従来は外付けHDDやUSBメモリを使用されていた方が多かったと思います。しかし、最近では利用メリットが多いことからNASを導入する企業が増えていますし、個人で使用されている方もいるようです。

そのため、話題の記憶装置なので名前を知っている方は多いと思いますが、「実際にはどんな機器なの?」とよく分からないという方もいるのではないでしょうか?そこで、ここではまずNASがどういった記憶装置であるのかといった特徴をまとめてみました!

複数の端末から同時にアクセスできる

NASはインターネットを利用しているストレージなので、パソコンやスマートフォンなどの複数の端末からアクセスすることができます。また、複数人が同時に保存データへとアクセスすることも可能なので、ビジネスでの利用にとても便利な記憶媒体だと言えるでしょう。

また、ビジネス以外にもプライベートで動画や写真をスマートフォンで撮影する方にもおすすめされています。インターネットが利用できる場所であればどこからでもアクセスできるので、端末に保存しきれないデータをNASに保存することができます。

動画や画像などは容量を圧迫するデータになってしまうので、どこからでも利用できるストレージがあるというのは非常に便利です。他にも、音楽が好きでたくさんの楽曲を保存したい方にもおすすめの記憶装置となるのではないでしょうか?

細かいアクセス権限を設定できる

ビジネスの場では同じデータを複数の社員で共有することが多いと思いますが、誰でもアクセスできるというのはデータ消失のリスクを伴います。しかし、NASでは細かいアクセス権限を設定することが可能。

つまり、部署ごとに閲覧のみや編集可能といった権限を割り振ることができるので、重要なデータを安全に管理できるといったメリットがあります。また、権限の設定は情報漏洩の防止にも繋がるため、不正なアクセスはデータの持ち出しの心配がありません。

稀に顧客情報が外部に流出したというニュースを見かけることがありますが、このような事態を招く恐れがないので、最近では多くの企業で導入が進められているのではないで賞か?

冗長性が高い

NASの機器の仕組みは複数のHDDを使用したRAID機能が採用されています。そのため、冗長性が高くデータトラブルを招くリスクを軽減することができる機器となっています。もっとわかりやすく言うと、パソコンに内蔵されているHDDは1台のみなので、障害・故障が発生するとデータへのアクセスができなくなります。

しかし、NASの場合は内蔵されているHDDが1台だけ故障したとしても、通常通りに稼働してくれます。そのため、もしもトラブルが発生したとしてもすぐにデータをバックアップすることができるので、冗長性に優れている記憶媒体となっています。

ですが、1台以上のHDDが故障するとデータへのアクセスができなくなるので、何らかの障害が発生している、故障の疑いがあるという場合には早めに対応しておく必要があります。

ネット環境があればどこからでも利用可能

NASはインターネット環境を利用できる場所であれば、どんな所でもデータへのアクセスが可能です。そのため、これまで外付けHDDやUSBメモリを持ち歩いていた方にとっては、非常に便利な機器として活用することができます。

また、スマートフォンは誰もが必ず持ち歩く機器ですが、記憶媒体というのは必要な場合のみでしか持ち歩くことがありません。そのため、外出先で必要な際に「持って来るのを忘れてしまった」という経験をされた方も少なくはないでしょう。

ですが、NASであれば持ち運ぶ必要がないので、データにアクセスできる端末さえ持っていればどこでもデータを取り扱うことができます。

保存データを移行する方法とは?

保存データを移行する方法とは?

これまでの内容から、NASがどのような機器であるのかをお分かりいただけたと思います。そんな便利な記憶媒体ですが、大切に利用していたとしても経年劣化によっていずれは壊れてしまいます。

そうなった場合、新しい機器へとデータ移行を行う必要があるのですが、どのような方法でデータを移すことができるのでしょうか?そこで、ここではデータ移行をする方法についてまとめてみました。

新しいNASへの移行

新しいNASへとデータ移行を行う場合、機器によって方法が異なることがわかりました。まず、同じメーカーの機器を購入してデータ移行を行う場合、故障していなければHDDを差し替えるだけでデータ移行ができるものもあれば、メーカーが提供する専用アプリケーションを使って簡単に移行作業を行うことができるものもあります。

しかし、新しく購入した機器が旧NASとは異なるメーカーのものだった場合、人によってはデータ移行の作業が難しいと感じるケースがあるようです。ですが、このような場合には専用のデータ移行ソフトを利用することで簡単に新しい機器へとデータを移すことができると言われています。

利用するデータ移行ソフトによって使い方は異なる場合がありますが、利用方法さえ事前に把握しておけば異なるメーカーへのNASにデータ移行を行う作業を簡単に済ませることができます。

外付けHDDへの移行

販売されているNASのほとんどには、本体にUSBポートが設置されています。そこに外付けHDDを接続することでデータの移行作業を行うことができると言われています。実際の移行作業は利用しているNASによって異なります。そのため、細かい手順に関しては事前に確認しておく必要があるでしょう。

自分でできないときはプロにお任せ

データ移行を自分でできなかった、または自分で行うのが不安という方は、データ復旧業者に依頼してみましょう。データ復旧業者は障害や故障が発生した記憶装置からデータを復元してくれるプロの専門業者です。

しかし、データの復元だけでなく移行作業にも対応している業者があるので、確実にデータ移行を成功させたいという方はプロに相談してみるというのも1つの方法となります。

プロに依頼するならDRAJ加盟企業がおすすめ!

NASからのデータ移行にはいくつかの方法があり、自分で移行作業を行うことが可能です。しかし、「自分でできなかった」「故障していてデータ移行できない」という場合にはプロに依頼することで解決することができます。

この場合、依頼先となるデータ復旧業者を選ぶ際には、信頼性の高いDRAJ加盟企業の中から選ぶことが推奨されています。相場に基づいた費用と安心・安全なデータの取り扱いを行っているので、NASのデータ移行にお困りの方はぜひ加盟企業に依頼してみてください。

TOPへ戻る

実績とデータ復旧技術で選ぶ!信頼できるデータ復旧業者人気ランキング

contents

信頼できるデータ復旧業者人気ランキング

パソコン突然障害お助け復旧キャンペーン!