HDD、RAID、NAS、SSD、サーバーのデータ破損や消滅で困ったら、 データ復旧比較ガイドでデータ復旧会社の情報をチェック!
信頼できるデータ復旧業者を徹底的にリサーチしました。
失敗しないデータ復旧ガイド
本当に信頼できるデータ復旧会社を徹底比較

HDDのデータ復旧を業者に依頼したら中身を見られる?適切な業者の選び方もご紹介!

HDDの故障や不具合、データが消えてしまったなどのトラブルが起きた際には、データ復旧業者に依頼することになります。HDD内に企業データや個人情報など、重要なデータが入っている場合「業者に見られてしまうのでは?」と心配する方もいるでしょう。

そこで今回は、HDDのデータ復旧を業者に依頼するとデータを見られるのか、他人に見られずにデータを復旧する方法、復旧業者を選ぶポイントを紹介します。HDDのデータ復旧でお困りの方は、ぜひ参考にしてください。

HDDのデータ復旧を依頼すると中身を見られる?

データトラブルが発生すると保存データの取り扱いができなくなるため、復旧作業を行う必要があります。場合によっては自分で復旧できる場合もありますが、「やり方がわからない」「確実にデータを復元したい」という方は専門業者に依頼することでしょう。

そのような際に気になるのが、「復旧を依頼したHDDの中身を見られてしまうのか?」というもの。ここでは、そのような疑問や不安についてまとめているので、データ復旧の依頼を検討している方は以下の内容を参考にしてみてください。

データ復旧依頼なら中身を見られてしまう

専門業者にデータ復旧を依頼した場合、結論から言うと依頼したHDDの中身は見られる場合があります。というのも、復旧作業を行ったからといって確実にデータを復元できているのかどうかというのは、実際にそのデータを開いてみなければわからないからです。

そのため、依頼されたデータの復旧を行った場合、最終確認の1つとしてHDDの中身を見られることがあるようです。しかし、見られると言ってもデータが開けるかを確認するだけなので、詳しい内容までは見られることはないと言われています。

メーカー修理への依頼なら見られる心配はない

データ復旧を依頼する方の中には、機器の故障によってデータの取り扱いができなくなったというケースも多いです。そのため、メーカー修理へと相談・依頼する方もいると思いますが、この場合は中身を見られることはないと言われています。

というのも、メーカー修理が行うのは機器の修理、または交換という作業のみが基本的な対応となっていて、データ復旧作業は行っていないからです。しかし、「メーカー修理に依頼する=データを全て失う」ということになるので、データ復旧を目的としている方はデータ復旧を専門に行う業者に依頼する必要があります。

ですので、機器が物理的に故障した場合はまずデータ復旧を行っている業者に相談して、復旧が完了してからメーカー修理へと相談しましょう。

悪徳業者の場合は情報を盗まれる恐れがある

HDDのデータ復旧は「データ復旧専門業者」に依頼することで復元してもらうことができます。そんなデータ復旧専門業者の中には悪徳業者も少なくないため、誤って依頼してしまうとデータ情報を盗まれてしまう恐れがあります。

そのため、安全にデータ復旧を行ってくれる業者を見極めることが重要です。それでは、悪徳業者の特徴について以下の内容を見ていきましょう。

  • 根拠のない復旧成功率を掲げている
  • 実績や事例などを公開していない
  • 不安を煽るようなことを言う

大きな特徴として悪徳業者には上記のようなポイントが当てはまる場合が多いです。また、根拠のない成功率に関してですが、一般的には実績・事例の公開がされていないのに「成功率90%以上」と謳っているケースが非常に多いと言われています。

しかし、信頼性の高いデータ復旧業者であれば、公式ホームページ内で過去の事績や事例などを公開しており、それを元に割り出した成功率を公開しています。初めてデータ復旧依頼をされる方は業者の見極めが難しいと思うので、このようなポイントを参考に依頼先をしっかりと選んでみてください。

信頼できる復旧業者なら情報漏洩の心配はない

信頼できるデータ復旧業者は実績・事例の公開だけでなく、セキュリティ体制もしっかりとしています。プライバシーマークの取得、セキュリティの国際規格の取得など、情報の安全が確保されているので、データ復旧を依頼しても情報漏洩の心配はありません。

また、このように信頼できる業者は利用者が多く、口コミでも高く評価されているところが多いです。そのため、依頼先を探す場合はその業者の公式ホームページだけでなく、口コミ・評判も調べておくとより安全に依頼することができると言えるでしょう。

他人に見られずにHDDのデータを復旧することは可能?

データ復旧が必要になる主な原因は、機器の物理的な障害、または論理的な障害によるものです。そして、障害の原因が論理的なものだった場合は、他人にデータを見られることなく復旧することができます。

ここでは、論理的な障害から他人にデータを見られずに復旧する方法をはじめ、デメリットや注意点についてまとめてみたので、原因が当てはまる方やHDDの中身を見られたくない人はぜひ参考にしてみてください。

データ復旧ソフトを使用すれば自力で復旧できる

論理的な障害が原因の場合は、データ復旧ソフトを使用すれば自分で復旧作業を行うことができます。そのため、他人にHDDに保存しているデータを見られる心配がないので、安心して復旧作業を行うことができるでしょう。

そんなデータ復旧ソフトですが、有料版はもちろん無料のフリーソフトも多数出回っています。インターネットで簡単に検索することができるので、自分が使いやすいと思う復旧ソフトを使用してみると良いでしょう。

確実にデータを復旧できる保証はない

データ復旧ソフトは他人にデータを見られることがなく、自分で手軽に復元できるといった点が大きなメリットです。しかし、確実に復旧できるといった保証がないというデメリットもあるため、場合によっては専門業者への依頼が必要になることがあります。

また、もしもデータ復旧ソフトを使用して失敗した場合、2度目に復旧を行う際の難易度が高くなる可能性があります。復旧難易度が高くなればなるほど、プロのデータ復旧専門業者でも成功率が怪しくなってしまうので、確実にデータを復元したいのであれば最初から専門業者に依頼することをおすすめします。

物理障害が原因の場合は自分で復旧作業できない

自分でデータ復旧を行う場合の注意点ですが、データ復旧ソフトが使用できるのは論理的な障害が原因の場合のみです。つまり、経年劣化や何らかの衝撃を加えたなどの物理的な障害が原因の場合は使用できません。

また、物理的な障害が発生しているHDDにデータ復旧ソフトを使用した場合、状態を悪化させる可能性が高くなります。さらに、最悪の場合はデータ復旧専門業者でも復元ができないほどの状態になるケースも少なくないので、機器の障害の原因が判明してから復旧ソフトを使うよう注意が必要です。

データ復旧業者に依頼すれば必ず復旧できるわけではない

データ復旧業者に依頼したからといって、必ずしも復旧できるとは限りません。特に以下のような場合は、復旧作業の成功率が低くなります。

  • HDD等に重度の物理的なダメージがある場合
  • 自力で分解したことがある場合
  • データの上書きを何度もしている場合

HDD等に重度の物理的なダメージがある場合

HDDなどの記録用部品に物理的なダメージがあると、復旧できる確率は低くなります。例えば、HDD内部のプラッタという円盤状の部品が割れていたり、深い傷がついていたりするケースが挙げられます。

自力で分解したことがある場合

動かなくなったHDDを自力で分解することは、HDDの状態を悪化させる行為です。HDDをクリーンルーム以外で分解すると、埃や皮脂などの異物が混入する可能性があります。

異物が混入した状態で通電すると、プラッタに重大なダメージを与え、復旧できる確率が下がります。

データの上書きを何度もしている場合

データを削除した後も書き込みや保存などの作業を繰り返していると、上書きによって復旧できるはずのデータが消えてしまう恐れがあります。この場合は、データ復旧業者に依頼しても復旧できない可能性があります。

違法データの復旧に関する法律

復旧するHDDの中身が法律に抵触する違法データの場合、データ復旧業者に依頼することはできません。違法データとは、以下3つの法律に違反しているデータを指します。

  • 著作権法
  • 個人情報保護法
  • 児ポ法

著作権法

著作権法とは、知的財産権の一つである著作権の範囲と内容について定める法律です。著作物とは著作者が作成した映画やアニメ、動画、マンガ、音楽などの作品のことです。これらを違法にダウンロードし、鑑賞する行為は著作権侵害に抵触します。

このような違法ダウンロードに対しての罰則は、2年以下の懲役もしくは200万円以下の罰金、またはその両方とされています。

個人情報保護法

個人情報保護法とは、個人情報を保護することを目的とした、個人情報の取扱いに関する法律です。個人情報を取り扱う全事業者が適用されるため、データ復旧業者も対象です。

復旧するデータが個人情報保護法に抵触する場合には、復旧作業を辞退されるケースがあります。なお、個人情報を含むデータの復旧では、違法データでないことを証明する、またはデータ復旧業者が罰則の対象とならないような契約が求められるのが一般的です。

個人情報保護法違反に対する罰則は、6ヶ月以下の懲役、または30万円以下の罰金です。不正な利益を得る目的であれば、さらに重い罰則が科されます。

児ポ法

児ポ法の正式名称は、「児童買春、児童ポルノに係る行為等の規制及び処罰並びに児童の保護等に関する法律」です。

児ポ法では、18歳未満の男女の被写体を撮った写真や動画、性器や胸を露出・強調しているものなどが違法データとして扱われます。ただし、架空のアニメやマンガは児ポ法の対象外です。

児ポ法では、違法データを所持しているだけでも罪になり、1年以下の懲役または100万円以下の罰金が課されます。

違法データの復旧を依頼した場合は断られる可能性がある

違法データが含まれる場合、復旧業者に依頼することはできません。依頼したとしても、データ復旧作業中に違法データとみられるフォルダ名やファイル名が発見された場合、復旧業者側から解約を申し出ることがあります。

違法データに関するルールは、復旧作業を依頼する際の契約書に書かれているケースが多いです。

復旧依頼をしたHDDに違法データがあると通報される?

復旧データに明らかな違法性がない限り、通報されるケースはほとんどありません。ただし、児ポ法といった違法性が明確に確認できる場合は、通報される場合があります。違法データを保有していないことが前提ですが、疑わしいデータの復旧を依頼する場合は、事前に連絡しておくとよいでしょう。

違法データを取り扱うことは、データ復旧業者にとっても法に触れるリスクがある危険な行為です。復旧業者は違法データの取り扱いに警戒していること、復旧作業中にデータの内容を目にする可能性があることを認識しておきましょう。

データ復旧業者を選ぶ際のポイント

さまざまなデータ復旧業者がいるなかで、どの業者を選ぶか悩んでしまうものです。データ復旧業者を選ぶときは、以下のポイントに注目しましょう。

  • データ復旧率の正当性
  • データ復旧実績
  • セキュリティ
  • データ復旧作業の速さ
  • 費用の妥当さ

データ復旧率の正当性

データ復旧率は、業者のホームページなどで確認できます。ただし、復旧率の算出方法が統一されていないため「何に対しての復旧率か」は判断しにくいものです。

例えば、依頼主が求めるデータを全て復旧できた場合に成功とする業者もあれば、データが一つでも復旧できたら成功と判断する業者も存在します。データ復旧率の数字を見るだけでなく、復旧実績や過去の事例なども確認して、正当な復旧率であるかを見極めましょう。

データ復旧実績

HDDのデータ復旧実績がどのくらいあるかも重視するポイントです。データ復旧は、取り扱う機器の種類や障害の程度によって難易度が変わります。

例えば、PCのデータ復旧実績が豊富な業者でも、外付けHDDの実績が少ないケースがあります。外付けHDDのデータを復旧したいのであれば、対象機種の復旧実績が豊富な業者に依頼する方が失敗のリスクを防げるでしょう。

セキュリティ

個人情報や企業データ等の大切なデータの復旧作業を依頼する場合、セキュリティ性の高い業者であるかも重要です。ISO27001やプライバシーマークなど、世界的な認証機関が発行するセキュリティ認証の取得や、業界団体の加盟企業であれば信憑性は高いです。なかには、依頼する際に秘密保持契約書(NDA)を締結する業者もあります。

データ復旧作業の速さ

HDDの状態にもよりますが、対応が速いデータ復旧会社であれば、最短即日からの対応も行っています。データ復旧作業が速い業者は、実績が豊富でかつ復旧技術も高い傾向があります。データ復旧業者を選ぶ際は、対応の速さにも注目してみましょう。

費用の妥当さ

データ復旧業者を選ぶときは、複数の業者の料金形態を見て、費用の安さだけでなく妥当な金額かを確認することが大切です。格安を売りにしている業者のなかには、「重度の障害が見つかった」などの理由で、見積もりから大幅に増額した金額を請求する悪徳業者も存在します

データ復旧業者を選ぶ際は、不当な請求がない業者や、成果報酬型の業者をホームページや口コミを参考にしながら選ぶとよいでしょう。

迷ったらDRAJ加盟会社への依頼がおすすめ!

全国にはたくさんのデータ復旧業者が存在していますが、その中でも特に信頼性が高いと言われているのが「DRAJ加盟会社」です。DRAJとは、業界の健全化を目的として悪徳業者の撲滅に向けた活動を行っている企業団体です。

この企業団体に加盟しているデータ復旧会社であれば、依頼者から預かったデータを厳重に保管・管理しているので、安全なデータ復旧が可能となります。復旧成功率も高く評判の良い業者が多いので、もしもプロへの依頼が必要な方はDRAJ加盟企業から依頼先を探してみましょう。

当サイトでおすすめのデータ復旧業者1位として紹介している「アドバンスデザイン」もDRAJ加盟企業の一つなので、気になる方はチェックしてみてください。
アドバンスデザインの公式サイトをチェック

まとめ

HDDのデータ復旧業者は、作業の際にデータが開けるかを確認するために復旧データの中身を目にする場合があります。機密性の高いデータの復旧の場合は、セキュリティ体制の整った業者に依頼すれば、情報漏洩の心配が軽減するでしょう。依頼するデータ復旧業者を選ぶ際は、過去の復旧実績や復旧率、口コミなどを参考にしましょう。

1位

アドバンスデザイン

2位

A1データリカバリー

3位

Buffalo

4位

ロジテック

5位

日本データ復旧サービスセンター(AOS)

アドバンスデザイン A1データリカバリー Buffalo ロジテック 日本データ復旧サービスセンター(AOS)
データ復旧費用

17,800~
180,000円

データ復旧費用

27,600~
196,000円

データ復旧費用

30,000~
120,000円

データ復旧費用

50,000~154,000円

データ復旧費用

41,800~195,800円

データ復旧スピード

当日~7日

データ復旧スピード

2~3日

データ復旧スピード

最短当日で復旧可能

データ復旧スピード

1~5日

データ復旧スピード

当日~7日

データ復旧実績

10,000件以上

データ復旧実績

70,000件以上

データ復旧実績

バッファロー製品以外も多数

データ復旧実績

30,000件以上

データ復旧実績

年間12,000件以上

データ復旧技術

米大手HDDメーカーと業務提携しており、Buffaloにデータ復旧の技術提供を行っている

データ復旧技術

元HDD設計者が在籍しており、高い復旧技術

データ復旧技術

熟知した技術者が携わっている

データ復旧技術

メーカー実績で積み上げた高い技術力

データ復旧技術

高い技術力を誇る

導入設備とツール

クラス100クリーンルーム、レーザー顕微鏡

導入設備とツール

クリーンルーム

導入設備とツール

クリーンルーム

導入設備とツール

クリーンルーム

導入設備とツール

クリーンルーム

品質規格

ISO9001、
ISO 27001

品質規格

ISO 27001

品質規格

ISO9001、
ISO27001

品質規格

ISO9001、ISO27001

品質規格

-

対応メディア

パソコン、HDD、SSD、各種テープメディア他

対応メディア

HDD、SSD、サーバー、パソコン他

対応メディア

SSD、NAS、USBメモリー、SDカード他

対応メディア

HDD、RAID、サーバー他

対応メディア

HDD、RAID、サーバー、NAS、SDカード、USB他

評判

buffaloと企業提携していて安心率が高い

評判

成果報酬型サービスで安心

評判

パソコン周辺機器メーカー公式だから安心

評判

料金体系が明瞭なので安心

評判

警察、検察など捜査機関向けに法廷提出用データ復旧サービスも対応

HDD、RAID、NAS、SSD、サーバーのデータ破損や消滅で困ったら、 データ復旧比較ガイドでデータ復旧会社の情報をチェック!
信頼できるデータ復旧業者を徹底的にリサーチしました。