物理障害が起きたHDD・SSDのデータ復旧方法と注意点

物理障害が起きたHDD・SSDのデータ復旧方法と注意点

パソコンを使用する上で必須となるHDDとSSD。HDDであれば大容量でも安価で購入することができますし、SSDであれば処理速度が高速で効率よく作業を行えるので、目的によって使い分けている、または両方利用している方は多いのではないでしょうか?

そんなHDDとSSDですが、物理障害が発生するとデータの取り扱いができなくなるため、データ復旧が必要になります。また、障害が発生している状態で使用を続けると取り返しのつかないことになるので、適切なデータ復旧方法を行うことが大切です。

そこで、この記事では物理障害が起きたHDD・SSDのデータ復旧方法と注意点についてご紹介していきます。最近、使用中の記憶装置に不具合を感じている方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

HDDに物理障害が発生する原因と症状

HDDに物理障害が発生する原因と症状

HDDは容量の大きなものでも比較的に安価で購入できる記憶装置なので、利用されている方は多いと思います。ここでは、そんなHDDに物理障害が発生する原因とその時の症状についてまとめてみました。

電源が入らない

「パソコンの電源が入らなくなった」このようなトラブルはデータ復旧会社へと多数寄せられる相談の1つだと言われています。そして、電源が入らなくなる原因の多くはHDD自体の物理的な故障であるケースは少なくありません。

HDDには寿命がありいずれは故障してしまう消耗品なので、特に思い当たることがなくても経年劣化によって故障してしまいます。もしも使用年数の長いパソコンが突然使えなくなったという場合は、経年劣化による故障が考えられるでしょう。

HDDが認識されない

電源は入るけど起動しないという症状も故障である可能性が高いです。BIOSで確認した際にHDDが認識されていなければ物理障害が発生している状態なので、症状の悪化を防ぐためにもすぐに電源を切って使用を中止してください。

BIOSの画面は、電源を入れたときに「deleteキー」と「F2」または「F10」のキーを押すことで呼び出すことができます。電源を入れても起動しない、または機器が認識されない場合には、一度この方法を確認してみてください。

PC本体から異音・異臭が発生している

HDDに物理的な故障が起きた場合、必ずではありませんがパソコン本体から聞きなれない異音、または物が焦げるような異臭が発生することがあります。このような症状の原因として考えられるのは、パソコン本体が持つパワーやケーブルに問題や障害が発生することで基盤がショートしていると言われています。

このままの状態で使用を続けていると火災の原因になる可能性があるので、早急に使用を中止してください。また、異臭が発生している場合はすぐに換気を行い、室内の空気を入れ換えてください。

PC、または外付けHDDに衝撃を加えた

HDDは衝撃に弱いという特徴があるため、パソコン本体または外付けHDDに何らかの衝撃を加えると故障してしまいます。例えば、持ち運び中に落下させてしまった、鞄の中で物とぶつかり合っていたなど、このような衝撃で故障してしまうことがあります。

屋外でパソコン作業をされる方は、パソコン本体や外付けHDDを持ち歩いていると思います。その際中に壁にぶつけた、床に落とした後に不具合が発生した場合は、衝撃を加えたことが故障の原因である可能性が高いでしょう。

SSDに物理障害が発生する原因と症状

SSDに物理障害が発生する原因と症状

ここでは、SSDに物理障害が発生する原因とその時の症状についてまとめてみました。SSDはHDDと内部構造が異なるため、発生する原因や症状にはそれぞれに違いがあります。以下では障害の発生原因とその時に発生する症状をご紹介していきます。

電源を入れてもPCが起動しない

電源を入れてもパソコンが起動しない場合、電源ユニットが故障しているだけという場合もありますが、SSDが物理的に故障している可能性も十分に考えられます。また、起動するまでに時間がかかるようであれば、故障寸前の状態かもしれません。

もしも電源を入れてパソコンを起動することができた場合は、早急にデータのバックアップを取っておくことをおすすめします。バックアップがあれば万が一完全に故障してもデータを失う心配がなくなります。

処理動作が遅く感じる、フリーズする

SSDの最大の特徴は処理速度の速さですが、遅く感じるようになってきたら故障する時期が近い可能性があります。すでに処理速度に違和感があるという方は、早急にバックアップを取る対策を行うことをおすすめします。

また、フリーズが起こるようになった、または頻発するようになった場合は、すでにSSDが故障していると言えるでしょう。現状でパソコンや外付けSSDが作動するのであれば、速やかにバックアップを取っておくことで突然の故障に備えることができます。

前触れもなく電源が落ちる

SSDが正常に起動しているのであれば、シャットダウンや強制終了をしなければ電源が切れることはありません。しかし、故障し始めている場合は前触れもなく勝手に電源が落ちてしまうことがあります。

ちなみに、重たい処理を行っていると一時的な不具合で勝手に電源が落ちてしまうこともあるようです。ですが、軽い作業を行っているにも関わらず電源が落ちるようであれば、故障寸前の状態である可能性が高いでしょう。

空き容量があるのに表示される容量が少ない

故障時によくある症状の1つとして、空き容量が本来の容量よりも少なく表示されるというものがあります。この原因はファームウェアと呼ばれるソフトに障害が起こることで発生すると言われています。

データの読み込み・書き込みができない

SSDが内蔵されているパソコン、または外付けSSDを使用している際に「データファイルを開けない」「編集作業ができない」など、データの読み込みや書き込みができない場合も故障時の症状とされています。

しかし、データの読み書きができないという症状は、論理障害が発生しているときにも表れる症状なので、この時点では完全に故障しているとは言い切れません。ですが、正常に使用できない状態が続いているといずれ故障してしまうでしょう。

物理障害が起きたHDD・SSDのデータ復旧方法

物理的に故障したHDDやSSDのデータ復旧は論理障害に比べて難易度が高いと言われています。また、自分でデータ復旧を行うこともできないため、対策としては普段からデータのバックアップを取っておくことが推奨されています。

しかし、機器の故障は突然起きてしまうことも少なくありませんし、推奨されているとは言え定期的なバックアップを行っていない方もいることでしょう。ここでは、そんな物理障害が発生したHDD・SSDのデータ復旧方法についてまとめてみました。

データ復旧会社にデータ復旧を依頼する

物理障害によって故障した記憶装置のデータ復旧は、データ復旧会社でなければ復旧することができません。近年、自分でデータ復旧を行える「データ復旧ソフト」も普及していますが、このシフトが使用できるのは論理障害が起きた機器のみとなっています。

そのため、物理的に故障したHDDやSSDのデータ復旧が必要な場合は、データ復旧会社に依頼する必要があります。初期診断や見積もり作成などを無料で行っている会社は多いので、まずは気軽に相談してみると良いでしょう。

メーカー修理が対応してくれるのは部品交換のみ

機器が故障した場合、多くの方はメーカー修理に相談しようと考えてはいませんか?確かに、メーカー修理に依頼すれば正常に起動する状態にしてもらうことはできます。しかし、メーカー修理ではデータ復旧サービスを行っておらず、故障したパーツの交換を行っているだけなのでデータは戻ってきません。

つまり、データ復旧を必要としているのにメーカー修理に依頼すると完全にデータを失ってしまうことになります。そのため、データ復旧を依頼するのであればデータ復旧会社へ相談し、機器の修理も検討しているのであればデータ復旧後にメーカー修理に相談しましょう。

物理障害が起きたらすぐにデータ復旧会社に相談しよう!

パソコンを使用する上で必須となるHDDやSSDは、物理障害が発生するとさまざまな不具合が発生してしまいます。そして、物理的に故障した記憶装置のデータ復旧は自分で行うことはできず、データ復旧会社でなければ対応できません。

また、データ復旧会社を利用する場合はDRAJ加盟企業がおすすめされています。他社に比べて高度な復旧技術と豊富な実績を持っていますし、徹底したセキュリティ管理を行っているので、機密性の高いデータ復旧でも安心して依頼することができるでしょう。

TOPへ戻る

実績とデータ復旧技術で選ぶ!信頼できるデータ復旧業者人気ランキング

contents

信頼できるデータ復旧業者人気ランキング

パソコン突然障害お助け復旧キャンペーン!