HDD、RAID、NAS、SSD、サーバーのデータ破損や消滅で困ったら、 データ復旧比較ガイドでデータ復旧会社の情報をチェック!
信頼できるデータ復旧業者を徹底的にリサーチしました。
失敗しないデータ復旧ガイド
本当に信頼できるデータ復旧会社を徹底比較

【2021年最新】おすすめの外付けSSD5選

従来まで使用されていたHDDに比べて高性能なSSD。最近では設置場所を選ばず持ち運びに優れた外付けSSDが数多く販売されています。外付け機器は屋外での利用にも便利ですし、パソコンでは足りない容量を補うことができるので、すでに活用されている方は多いのではないでしょうか?

そんな外付けSSDは年々新しい製品が開発されています。そのため、従来に比べて性能が向上されている、耐衝撃性や静音性に優れている、コンパクトサイズで持つ運びやすくなっているなど、さまざまなメーカーからより良い商品が販売されています。

そこで、今回は2021年最新のおすすめ外付けSSDについてご紹介していきます。他にも、外付けSSDの特徴や製品の選び方についてもご紹介しているので、初めて購入される方や買い替えを検討されている方は、ぜひ参考にしてご自分に合った機器を探してみてください。

外付けSSDってどんな記憶装置?

 

SSDはデータの保存・管理が可能な記憶装置であることは皆さんも知っていることでしょう。しかし、基本的にはパソコンに内蔵されているものなので、「外付けってどんな機器なの?」と疑問に感じる方もいるのではないでしょうか?

これから外付けSSDを利用する方の全てがパソコンや周辺機器に詳しいという訳ではないと思うので、どういった機器なのかよくわからないという方は、以下で機器の特徴をまとめているので参考にしてみてください。

「据え置き型」「ポータブル型」の2種類がある

外付けSSDはその名の通り外部から機器へと接続して使用する機器となっていて、パソコンに接続するだけでデータの保存先となる便利な記憶装置です。そして、この外付け機器には「据え置き型」「ポータブル型」の2種類があります。

まず据え置き型ですが、指定の場所に設置して使用するタイプの外付け機器となっています。設置場所が限られるので屋内での使用になりますが、衝撃に強く壊れにくい頑丈な製品が多いという特徴があります。

一方、ポータブル型はコンパクトサイズで持ち運びに適した外付け機器となっています。また、ポータブル型は接続した機器から電力を供給して使用できるので、電源の無い場所での利用ができるといった特徴があります。

このように、それぞれには異なる特徴がありますが、「特定の設置場所が不要」「持ち運びに便利」「電源不要で利用できる」といったメリットの多いポータブル型の方が需要が高い傾向があるようです。

接続するだけで簡単に利用できる

販売されている外付けSSDはすでにフォーマット済みとなっているため、機器に接続するだけで利用できるといった特徴があります。パソコンや周辺機器に詳しくない方でも簡単に利用することができるので、誰でも使いやすい記憶装置だと言えるでしょう。

PCだけでなくテレビやゲーム機にも利用可能

近年販売されている製品の多くは、パソコンだけでなくテレビやゲーム機に対応しているものが多い傾向があります。テレビに使用する場合は番組録画用として、ゲーム機に使用する場合は容量の大きなソフトやデータの保存用として活用できます。

ダウンロード用のゲームソフトには大容量のものも少なくないので、そういったゲームソフトも問題なくインストールして遊ぶことができるので、ゲーム好きの方にもおすすめの記憶装置となっています。

押さえておくべき選び方のポイント

 

外付けSSDはさまざまなメーカーから販売されていますし、同じメーカーでも豊富な種類があるので、どの製品が良いのかと迷ってしまう方は多いことでしょう。そこで、ここでは購入前に抑えておくべき外付けSSDの選び方についてまとめてみました。

最近では安価で販売されるようになった機器ですが、HDDに比べるとまだまだ高価な機器でもあります。購入後に後悔しないためにも、ぜひ以下でご紹介する選び方のポイントを参考にして自分にピッタリの機器を探してみましょう。

1容量は利用目的に合わせて選ぶこと

1つ目の選び方のポイントは、目的に合った容量の機器を選ぶことです。目安としては、写真や文章などの保存用であれば約500MB、高画質な動画やゲームデータの保存用であれば約1TBとなっています。

適当に購入してしまうと容量が足りなかった、もう少し安い価格で購入できたということになりかねません。そのため、まずは目的を明確にして必要な容量の機器を選ぶようにしておきましょう。

2USB3.0に対応した機器なら転送速度が速い

外付けSSDは誰でも簡単に利用できますし、持ち運びに便利な機器なので、どうせなら快適に活用したいもの。そのため、転送速度の速いUSB3.0に対応した機器を選びましょう。転送速度はデータの読み書き速度に関わるので、サクサクと快適な作業を求めるのであれば見逃せないポイントです。

また、販売されている製品によってはパッケージに読み書き速度が記載されているものもあります。速度が350MB/s以上であればストレスなく快適な作業が可能になるので、購入する前に一度製品のパッケージを確認してみてください。

3対応しているOSを確認する

販売されている製品によっては対応しているOSが異なるものがあります。Windows(またはMac)OSのみ対応の製品もあるので、購入する機器がお使いのパソコンに対応しているのかの確認は必須です。

しかし、WindowsやMacなどを問わず利用できる製品も販売されているので、OSを問わず使用したい方は両方に対応している製品を選ぶと良いでしょう。

4セキュリティ機能も要チェック!

持ち運び用に購入を検討されている方は、セキュリティ機能もチェックしておきましょう。例えば、屋外で使用して際に失くしてしまった場合、保存データを悪用される可能性があります。

しかし、セキュリティ機能が搭載されている機器なら、万が一SSDを紛失してもデータの悪用や情報漏洩の被害を防ぐことができます。特にビジネスシーンで活用される方は重要データを取り扱うことが多いと思うので、セキュリティ機能搭載の機器を選ぶことをおすすめします。

5持ち運び用なら耐久性に優れた製品が◎

ポータブル型の機器は据え置き型に比べて耐久性が劣ってしまいますが、製品によっては耐衝撃性に優れたものもあります。持ち運びをする場合は振動や衝撃によって機器がダメージを受けてしまい、データトラブルの原因になってしまいます。

そのため、持ち運び用にポータブル型の購入を検討されている方は、耐久性に優れた製品を選ぶようにしておきましょう。もし性能がよくわからない場合は、店頭のスタッフに確認してみてださい。

最新のおすすめの外付けSSD5選

これまでに外付けSSDの特徴や選び方についてご紹介してきましたが、実際に店頭に行くと多数の製品が販売されています。そのため、「どれが良いのかわからない」「製品が多くて選びきれない」と困ってしまう方は多いのではないでしょうか?

そこで、ここでは最新のおすすめ外付けSSDをご紹介していきます。2021年最新のおすすめ製品を5つまとめてみたので、なかなか決められないという方はぜひ参考にしてみてください。

迷っているなら「Crucial X8 外付け SSD」

こちらは世界最大級のメモリーメーカーと呼ばれる「Micron」の製品です。処理速度が非常に早く耐久性にも優れた機器なので、製品選びに迷っているのであればこちらの製品を選んでみると良いでしょう。

カラバリ豊富!「My Passport SSD」

こちらは「ウエスタンデジタル」が販売している製品です。データの読み書き速度が速く、コンパクトな形状で軽量なので、持ち運ぶにとても便利な外付けSSDとなっています。また、こちらの製品はカラーバリエーションが豊富なので、デザイン性にこだわりたい方にもおすすめです。

テレビ番組の録画用なら「BUFFALO SSD SSD-PGT」

こちらはパソコン周辺機器メーカーで有名な「BUFFALO」の製品です。テレビ録画用として販売されている製品なので、テレビ本体の背面に取り付け可能な専用キットが付属されています。使用するテレビはメーカーを問わず利用できますし、静音性に優れた機器なので寝室での利用にもおすすめです。

耐衝撃性に優れた「BUFFALO SSD-PGM960U3」

こちらも「BUFFALO」が販売している製品となっています。名刺サイズで持ち運びに便利である他、耐震・耐衝撃に優れた設計となっているのが特徴です。高さ1.2mからの落下でも耐えられるほど丈夫な機器なので、持ち運び用として利用される方にはピッタリの製品だと言えるでしょう。

ビジネスシーンにおすすめ!「Samsung T7」

こちらは韓国の有名な家電・電子メーカー「Samsung」の商品です。シンプルなデザイン性なので、プライベートだけでなくビジネスシーンでの利用にもおすすめです。サイズもコンパクトで重量も軽い製品なので、自宅と会社への行き来や出張先などへの持ち運びも楽に行えます。

データトラブルで困ったらプロに相談しよう!

外付けSSDは持ち運びに便利で場所を選ばずに利用できる記憶装置です。製品によっては丈夫な構造の機器もあるので、持ち運び中に壊れる心配はないでしょう。しかし、SSDに限らず記憶装置はいずれ寿命を迎え故障してしまう消耗品です。

故障するとデータ復旧が必要になるので、そのような場合はプロのデータ復旧会社に相談してみましょう。ちなみに、データ復旧会社の中でも復旧技術が高く信頼性の高いとして推奨されているのがDRAJ加盟企業です。安心・安全にデータ復旧の依頼が可能なので、データトラブルで困ったときには一度相談してみてください。

1位

アドバンスデザイン

2位

A1データリカバリー

3位

Buffalo

4位

ロジテック

5位

日本データ復旧サービスセンター(AOS)

アドバンスデザイン A1データリカバリー Buffalo ロジテック 日本データ復旧サービスセンター(AOS)
データ復旧費用

17,800~
180,000円

データ復旧費用

27,600~
196,000円

データ復旧費用

30,000~
120,000円

データ復旧費用

50,000~154,000円

データ復旧費用

41,800~195,800円

データ復旧スピード

当日~7日

データ復旧スピード

2~3日

データ復旧スピード

最短当日で復旧可能

データ復旧スピード

1~5日

データ復旧スピード

当日~7日

データ復旧実績

10,000件以上

データ復旧実績

70,000件以上

データ復旧実績

バッファロー製品以外も多数

データ復旧実績

30,000件以上

データ復旧実績

年間12,000件以上

データ復旧技術

米大手HDDメーカーと業務提携しており、Buffaloにデータ復旧の技術提供を行っている

データ復旧技術

元HDD設計者が在籍しており、高い復旧技術

データ復旧技術

熟知した技術者が携わっている

データ復旧技術

メーカー実績で積み上げた高い技術力

データ復旧技術

高い技術力を誇る

導入設備とツール

クラス100クリーンルーム、レーザー顕微鏡

導入設備とツール

クリーンルーム

導入設備とツール

クリーンルーム

導入設備とツール

クリーンルーム

導入設備とツール

クリーンルーム

品質規格

ISO9001、
ISO 27001

品質規格

ISO 27001

品質規格

ISO9001、
ISO27001

品質規格

ISO9001、ISO27001

品質規格

-

対応メディア

パソコン、HDD、SSD、各種テープメディア他

対応メディア

HDD、SSD、サーバー、パソコン他

対応メディア

SSD、NAS、USBメモリー、SDカード他

対応メディア

HDD、RAID、サーバー他

対応メディア

HDD、RAID、サーバー、NAS、SDカード、USB他

評判

buffaloと企業提携していて安心率が高い

評判

成果報酬型サービスで安心

評判

パソコン周辺機器メーカー公式だから安心

評判

料金体系が明瞭なので安心

評判

警察、検察など捜査機関向けに法廷提出用データ復旧サービスも対応

HDD、RAID、NAS、SSD、サーバーのデータ破損や消滅で困ったら、 データ復旧比較ガイドでデータ復旧会社の情報をチェック!
信頼できるデータ復旧業者を徹底的にリサーチしました。