HDD、RAID、NAS、SSD、サーバーのデータ破損や消滅で困ったら、 データ復旧比較ガイドでデータ復旧会社の情報をチェック!
信頼できるデータ復旧業者を徹底的にリサーチしました。
失敗しないデータ復旧ガイド
本当に信頼できるデータ復旧会社を徹底比較

格安でSSDのデータ復旧を行っている業者は?

SSDは処理速度が速く耐衝撃性に優れているなど、HDDに比べて高性能な記憶装置です。そのため、外付けSSDを使用する方や内蔵型の記憶装置を交換する方が増えており、販売されているパソコンに標準搭載された製品も数多く販売されています。

そんなSSDですが、何らかが原因でデータが消えてしまったり、ファイルが開けなくなったりといったトラブルが発生することがあります。また、大切に使用していたとしても寿命を迎えてしまうと故障によって使用できなくなります。

このような場合、データ復旧業者に依頼する方は多いと思いますが、できることなら少しでも安い費用で依頼したいと考える方は多いのではないでしょうか?そこで、この記事では格安でSSDのデータ復旧を行っている業者についてご紹介していきます。

SSDのデータ復旧にかかる料金相場は?

 

皆さんはSSDのデータ復旧にかかる料金相場を知っていますか?データ復旧が必要となる原因や機器の状態によって料金が異なるため、数万円で依頼することもできれば高額な料金を請求さあれることもあります。

また、事前に機器を調査しなければ業者側は明確な料金を提示することができません。ここでは、そんなSSDのデータ復旧にかかる相場についてご紹介していきます。料金面でデータ復旧を躊躇している方、平均相場を知っておくとデータ復旧業者に相談しやすくなりますよ。

軽度の障害レベルなら約3~13万円

データ復旧にかかる料金は、トラブルの原因でもある機器に発生した障害やそのレベルによって相場が決まっています。データ復旧が必要になる原因には、大きく分けて「論理障害」「物理障害」の2つに分けられます。

そして、どちらにも「軽度」「重度」といった障害レベルに分類され、軽度の障害レベルであれば約数万円で依頼することができます。ちなみに、軽度の論理障害であれば約3万円が相場となっていて、復旧成功率も高く目的のデータをほぼ確実に復元することが可能だと言われています。

一方、軽度の物理障害の場合は約13万円が相場となっています。また、重度の障害レベルになると入念な調査が必要になるため、各データ復旧業者が提示する料金表には「別途見積もり」と表記されていることが多い傾向があります。

重度の障害レベルになると高額な料金になる

データ復旧業者に機器の調査を依頼し、障害レベルが重度だと診断された場合には高額な料金を請求されるケースが多いです。特に、SSDはHDDに比べて内部構造が複雑なため、復旧作業の難易度が高いと言われています。

そのため、HDDに比べて復旧費用の相場も高くなっている傾向があります。しかし、信頼できるデータ復旧業者の多くは成果報酬型となっているので、目的のデータを復元できなかった場合には料金を頂かないシステムとなっています。

また、実際に依頼を受ける際には入念や調査を行い、料金の見積もりを出してくれるので、最終的には予算を考えて依頼をしないという選択肢を取ることも可能。この際、依頼のキャンセル料は無料である場合が多いですが、気になる方は相談の時点で確認しておくことをおすすめします。

約80%は論理障害と診断されることが多い

SSDは障害に強い設計となっているため、データ復旧が必要となる機器の約80%は論理障害と診断されるケースが多いと言われています。そのため、依頼時にかかる費用は約3~10万円が目安になると言えるでしょう。

しかし、約20%の確率で料金が高額になりがちなので、10万円以上の料金がかかることを想定しておいたほうが良いかもしれません。場合によっては20万円ほどの料金になることもあるので、日頃からバックアップを取る対策を行って大切なデータを守ってあげましょう。

格安でSSDのデータ復旧を行う業者とは?

 

これまでの内容から、SSDのデータ復旧費用は決して安いものではなく、場合によっては高額な料金を請求される可能性があることがお分かりいただけたと思います。そのため、できるだけ安い料金で依頼できる業者はないのかと考えている方は多いのではないでしょうか?

ここでは、そんなSSDのデータ復旧を格安で行う業者についてまとめてみました。実際に安い料金で依頼できる業者はあるのか、格安で行う業者は安心して依頼できるのかなど、気になる情報をまとめているのでぜひ参考にしてみてください。

定額料金で提供している業者は安い

データ復旧業者によっては初期調査後に見積もりを提出し、データ復旧に成功した場合のみ料金を頂く「成果報酬型」を導入しているところが多い傾向があります。しかし、業者によっては定額料金でサービスを提供しているところもあり、そのような業者であれば比較的に安い料金で依頼できると言われています。

とはいえ、基本的には相場に基づいた料金でサービスを提供しているので、業者によって多少料金が異なるくらいだと考えておいた方が良いでしょう。ちなみに、極端に安い料金でサービスを提供している業者は信頼性が低いので、依頼先を検討することをおすすめします。

「格安」を謳う業者への依頼には要注意

この記事を読んでいる方の中には料金を基準にデータ復旧を依頼でき業者を探していることでしょう。しかし、料金が安いからという理由で業者を選ぶのはとても危険です。というのも、格安を謳っているデータ復旧業者の多くは悪徳業者の場合が多く、復元に失敗したとしても高額な費用を請求されることがあるからです。

また、悪徳業者は料金だけでなく根拠のないデータ復旧成功率を謳っているところも多いです。さらに、悪徳業者はインターネット検索を行った際に信頼性の高い検索上位に表示されていることもしばしば。

ちなみに、検索上位への表示は信頼性だけでなくお金を払うだけで表示可能だと言われています。近年、インターネットの普及によってパソコンやスマートフォンなどで依頼先を探している方が多いとは思いますが、「格安」「復旧率90%以上」などのキーワードには十分に注意してください。

依頼先は料金ではなく信頼性で選ぶことが大事

大切な思い出となる写真や動画データ、仕事で使う重要なデータなど、このようなデータ復旧は信頼できる業者に依頼したいもの。そんな信頼性の高いデータ復旧業者に依頼するのであれば、料金を基準に選ばないようにすることが大切です。

信頼性の高いデータ復旧業者として有名なのは、「データ復旧協会DRAJ」という企業団体の加盟企業です。こちらの企業団体は業界の健全化と悪徳業者の撲滅を活動目的としていて、高品質なデータ復旧サービスを相場に基づいて料金で提供しています。

また、セキュリティ体制も万全なので、個人情報やその他重要データなどの情報漏洩の心配がありません。企業や行政なども利用しているデータ復旧業者なので、依頼するのであれば信頼性の高いDRAJ加盟企業を選ぶことをおすすめします。

データ復旧業者は安さではなく信頼性が大事!

SSDのデータ復旧を安く依頼できる業者は存在しますが、その多くは悪徳業者である可能性が高いです。データ復旧費用には相場が決まっているので、ご紹介した料金よりも極端に安い料金を提示される、または格安を謳っている業者は要注意です。

つまり、データ復旧業者を選ぶポイントは安さではなく信頼性。ご紹介したDRAJ加盟企業であれば相場に基づいた料金で依頼できますし、信頼性はもちろん高品質なサービスとセキュリティに定評があります。さまざまな面で安心して依頼することができるので、SSDのデータ復旧を依頼するのであればDRAJ加盟企業に相談してみてください。

1位

アドバンスデザイン

2位

A1データリカバリー

3位

Buffalo

4位

ロジテック

5位

日本データ復旧サービスセンター(AOS)

アドバンスデザイン A1データリカバリー Buffalo ロジテック 日本データ復旧サービスセンター(AOS)
データ復旧費用

17,800~
180,000円

データ復旧費用

27,600~
196,000円

データ復旧費用

30,000~
120,000円

データ復旧費用

50,000~154,000円

データ復旧費用

41,800~195,800円

データ復旧スピード

当日~7日

データ復旧スピード

2~3日

データ復旧スピード

最短当日で復旧可能

データ復旧スピード

1~5日

データ復旧スピード

当日~7日

データ復旧実績

10,000件以上

データ復旧実績

70,000件以上

データ復旧実績

バッファロー製品以外も多数

データ復旧実績

30,000件以上

データ復旧実績

年間12,000件以上

データ復旧技術

米大手HDDメーカーと業務提携しており、Buffaloにデータ復旧の技術提供を行っている

データ復旧技術

元HDD設計者が在籍しており、高い復旧技術

データ復旧技術

熟知した技術者が携わっている

データ復旧技術

メーカー実績で積み上げた高い技術力

データ復旧技術

高い技術力を誇る

導入設備とツール

クラス100クリーンルーム、レーザー顕微鏡

導入設備とツール

クリーンルーム

導入設備とツール

クリーンルーム

導入設備とツール

クリーンルーム

導入設備とツール

クリーンルーム

品質規格

ISO9001、
ISO 27001

品質規格

ISO 27001

品質規格

ISO9001、
ISO27001

品質規格

ISO9001、ISO27001

品質規格

-

対応メディア

パソコン、HDD、SSD、各種テープメディア他

対応メディア

HDD、SSD、サーバー、パソコン他

対応メディア

SSD、NAS、USBメモリー、SDカード他

対応メディア

HDD、RAID、サーバー他

対応メディア

HDD、RAID、サーバー、NAS、SDカード、USB他

評判

buffaloと企業提携していて安心率が高い

評判

成果報酬型サービスで安心

評判

パソコン周辺機器メーカー公式だから安心

評判

料金体系が明瞭なので安心

評判

警察、検察など捜査機関向けに法廷提出用データ復旧サービスも対応

HDD、RAID、NAS、SSD、サーバーのデータ破損や消滅で困ったら、 データ復旧比較ガイドでデータ復旧会社の情報をチェック!
信頼できるデータ復旧業者を徹底的にリサーチしました。