HDD、RAID、NAS、SSD、サーバーのデータ破損や消滅で困ったら、 データ復旧比較ガイドでデータ復旧会社の情報をチェック!
信頼できるデータ復旧業者を徹底的にリサーチしました。
失敗しないデータ復旧ガイド
本当に信頼できるデータ復旧会社を徹底比較

削除したPCのデータは復元できる!6つの復元方法やNG行動を詳しく解説

PCの不具合や何らかの手違いで、意図せずPCのデータを削除してしまうことは、誰にでも起こりうるトラブルです。大切なデータを削除してしまうと焦ってしまいがちですが、適切な復元作業を行えば、データを取り戻すことが可能です。

この記事では、削除したPCのデータを復元する方法や、データを削除したときにやってはいけないことを解説します。信頼できるデータ復旧業者の選び方も紹介しているので、確実にデータを復元したい方はぜひ参考にしてください。

PCデータを消してしまった場合に復元は可能?

単純にデータを削除してしまっただけの状態や、軽度の論理障害であれば、復元できる可能性が高いです。HDDなどの記憶装置は、削除されたデータを記憶領域に一定期間保存しているからです。

記憶領域に保存されている状態であれば、業者に依頼したり、データ復元ソフトを使ったりしてデータを復元できます。ただし、データの上書きを繰り返した場合や、HDD本体に重度の傷が入ってしまっている場合など、復元が難しいケースもあります。

PCのデータを消してしまった際の復元方法

PCのデータを消してしまった際にデータを復元する方法を解説します。状況によっては、データ復元ソフトを利用したり、業者に依頼したりしなくても復元できるケースもあります。まずはリスクの低い方法から試してみましょう。

ゴミ箱の中から復元する

PCの設定や削除方法によっては、削除したデータがゴミ箱フォルダに格納されている可能性があります。まずはゴミ箱フォルダ内で検索してみましょう。復元したいデータが見つかったときは、デスクトップや別のフォルダに移動します。

以前のバージョンに戻す

削除してしまったデータを、以前のバージョンに戻すことで復元できるケースがあります。以前のバージョンとは、WindowsまたはMacで自動保存されたファイルのコピーのことです。

以前のバージョンに戻す方法

【Windowsの場合】

  • 削除したデータが格納されていたフォルダを参照
  • 該当のフォルダを右クリックし、「以前のバージョンを復元」を選択

【Macの場合】

  • 「書類」を開く
  • 「ファイル」→「バージョンを戻す」→「すべてのバージョンをブラウズ」を選択
  • 目的のバージョンを表示して「復元」をクリック

上の手順を行うと、使用可能なファイルやフォルダの一覧が表示されます。一覧のなかに該当のデータがあれば、デスクトップや別のフォルダに移動します。

ファイルの履歴から復元する

Windowsの場合、ファイル履歴機能がオンになっていれば、ファイル履歴からデータを復元できる可能性があります。

ファイルの履歴から復元する方法

  • 「コントロールパネル」→「システムとセキュリティ」→「ファイル履歴」を選択
  • 「個人用ファイルの復元」をクリック
  • 「前のバージョン」や「次のバージョン」から復元したい日時を表示
  • 該当のデータがあれば、右クリックして「復元」を選択
  • 同じ名前のファイルがある場合は「ファイルを置き換える」を選択

システムの復元ポイントを利用する

Windowsの場合は、システムの復元ポイントを利用する方法があります。

復元ポイントとは、システムファイルの過去の状態を保存したものを指し、パソコンを以前の状態へ戻すことができます。ただし、復元ポイントより後の変更内容が失われるので、事前にデータのバックアップを取ってから操作することが重要です。

また、全てのデータを復元するのに時間がかかるので、余裕があるときに行いましょう。

復元ポイントを利用して復元する方法

  • 「スタート」→「システム」を選択
  • 「システムの保護」タブから「システムの復元」を選択
  • 復元したいポイントを選び「次へ」をクリック
  • 復元ポイントを確認し「完了」をクリック
  • 注意内容を確認し、「はい」をクリック
  • 復元が完了したら、PCを再起動する

データ復元ソフトを利用する

軽度な論理障害であれば、データ復元ソフトでデータを取り戻すことができます。ただし、HDDの状態によっては復元ソフトを利用することで症状が悪化する可能性があるので、使用する場合は細心の注意が必要です。少しでも不安があれば、データ復旧業者に依頼することを検討しましょう。

データ復旧業者に依頼する

データ復元に関する知識がないまま作業を進めると、状態を悪化させてしまい、復元できるはずのデータを取り戻せなくなる可能性があります。安全かつ確実にデータを復元するのであれば、データ復旧業者に依頼しましょう。専門知識を持った業者であれば、PCの状態に合わせた適切な対応をしてくれます。

データ復元の費用相場

消えたPCデータの復元方法はわかったけど、「データ復復元に必要な費用はいくらなの?」と考える方は多いのではないでしょうか?自分で行うデータ復元であれば無料ソフトがありますが、性能を考える場合は有料ソフトを利用する、確実にデータ復旧をしたい場合は専門業者への依頼を考えるでしょう。

まず、有料のデータ復元ソフトですが、約6,000〜10,000円が相場となっています。価格の安いものであれば4,000円程度で購入できるソフトもありますが、復元したいデータに対応していない場合もあります。有料ソフトの利用を考えている方は、復元できるデータの種類を確認してから購入してください。

専門業者によるデータ復元は、障害の度合いや種類によって異なりますが、約5〜50万円が相場となっています。軽い障害の場合はPCの修理ショップでも対応できる程度なので、約2〜5万円の費用でデータを復元できます。

ですが、物理障害によるHDDの故障といった重度の障害になると、データ復元にかかる時間と手間がかかるため、約20〜50万円と高額な費用が必要になります。消えてしまったデータが重要なものだった場合、いくら高額でも復元する必要があるでしょう。そうならないためにも、普段からこまめにバックアップをとっておくことをおすすめします。

PCのデータが消えた際にやってはいけないこと

自分でデータ復元する際に誤った作業をすると、業者に頼んでも復元できなくなる恐れがあります。具体的には、以下の行為を行わないように注意しましょう。

  • 作業を続けたりデータの上書きを行う
  • 通電を続けたり再起動を繰り返す
  • PCやHDDに衝撃を加える
  • フォーマット・初期化を行う
  • PCの分解を行う
  • データ復元ソフトを色々試す

作業を続けたりデータの上書きを行う

データが削除された後に作業を続けてしまうと、データの上書きが進み、復元が難しくなる可能性があります。新たなデータ作成やファイルの閲覧、保存といった普段の作業も、PCの状態を悪化させる恐れがあります。確実にデータを復元するためにも、一度手を止めて、データ復旧業者に相談しましょう。

通電を続けたり再起動を繰り返す

障害のあるままPCの通電を繰り返すと、症状が悪化してしまいデータの復元ができなくなる可能性があります。また、PCの再起動も負担がかかってしまい症状が悪化することがあるのでなるべく避けましょう。

また、PCを起動したときに正常に作動しない、通常なら聞こえないような音がある場合は、速やかにシャットダウンを行ってください。

PCやHDDに衝撃を加える

PCが正常に起動しなかったりデータが消えてしまったからといって、叩いたり揺らしたりして衝撃を与えるのはやめましょう。衝撃によって状態が悪化してしまい、症状がひどくなる可能性があります。

フォーマット・初期化を行う

復元したいデータがあるときは、フォーマットや初期化を行うことは避けましょう。フォーマットを実行すると、データを管理しているシステムが初期化され、復元できなくなる恐れがあります。PCで作業していると「フォーマットしますか?」のようなアラートが表示されることがあるので、誤って実行しないように注意しましょう。

PCの分解を行う

PCに物理的な障害があると、分解したいと考える方も少なくありません。しかし、PCや内蔵HDDの分解はクリーンルームでの作業が必要となるので、個人での分解は状態を悪化させる原因になります。PCに不具合があり、分解が必要と考えるのであれば、専門知識を持つ復旧業者に連絡することを優先させましょう。

データ復元ソフトを色々試す

データ復元ソフトを使って復旧できる場合もありますが、無闇に復元ソフトを試すことは避けましょう。データ復元ソフトをダウンロードしたり、スキャンしたりすることを繰り返すと、状態が悪化する恐れがあります。

焦って色々なソフトを試すのではなく、一度手を止めて、プロに相談したうえで復元作業を進めましょう。

PCのデータを確実に復元したいなら業者に依頼するのがおすすめ!

消えてしまったPCデータを確実に復元させるなら、データ復元のプロである専門業者に依頼してみましょう。正しい知識と的確な方法によって作業を行うので、自分で作業するよりもデータ復元成功率が格段に高くなります。

PCデータが消えてしまう理由は、ソフトウェアによる論理障害、HDDの故障による物理障害の2つに分けられます。それぞれの故障では障害による症状が現れるのですが、知識のない素人ではなかなか見極められないもの。そのため、間違ったデータ復旧作業を自分で行ってしまい、データを復元できなくなったというケースも少なくありません。

また、PCに詳しい方であれば故障による症状の見極めができますが、たまに見分けのつかない症状が現れることがあります。このような場合でも、専門業者であれば適切なデータ復元作業を行ってくれるので、PCデータが消えた原因がわからない場合は、一度専門業者に相談してみてください。

信頼できるデータ復旧業者の選び方

PCのデータを削除してしまったときは、信頼できるデータ復旧業者に依頼するのがおすすめです。ここでは、業者を選ぶ際に見ておきたいポイントを紹介します。

PCデータの復旧実績が十分にある

データ復旧業者を選ぶ際は、PCデータに関する復旧実績がどのくらいあるかを確認しましょう。データ復旧は、取り扱う機器の種類や障害の程度によって難易度が変わります。対応できる範囲が業者ごとに異なるので、実績のある業者に依頼するほうが失敗のリスクを防げます。

データ復旧率が高い

データ復旧率をホームページなどで確認し、業者を選ぶのも手段の一つです。ただし、必ずしも復旧率が高ければいいとは限りません。依頼主が求めるデータを全て復旧できた場合に成功とする業者がいる一方で、データが一つでも復旧できたら成功と判断している業者も存在します。

データ復旧業社を選ぶ際は、復旧率だけでなく、復旧実績の内容なども確認したうえで、総合的に判断しましょう。

自社でクリーンルームなどを保有している

クリーンルームを保有しているかどうかは、データ復元を依頼するうえで重要なポイントです。クリーンルームとは、PCなどの精密機械を扱うことに適した手術室のような環境です。

クリーンルームを保有している業者であれば、PCに物理的な障害が見つかった場合でも、安全な環境で修理対応してもらうことができます。

成果報酬型を採用している

データ復旧業者のなかには、データを復元できなくても診断料や調査料として費用を請求するケースもあります。成果報酬型を採用している業者であれば、データを復元できた場合のみ費用が発生するので安心して依頼できます。

データの復元にコストをかけたくない場合は、成果報酬型を採用している業者を選びましょう。

迷った時はデータ復旧協会DRAJ加盟の業者がおすすめ

依頼するデータ復旧業者に迷ったときは、DRAJ加盟企業がおすすめです。「DRAJ」とは日本データ復旧協会のことです。DRAJ加盟企業は、高度な復旧技術と豊富な実績を持っています。

セキュリティ管理も徹底しているので、機密性の高いデータ復元も安心して依頼できるでしょう。
当サイトでおすすめのデータ復旧業者1位として紹介している「アドバンスデザイン」もDRAJ加盟企業の一つなので、気になる方はチェックしてみてください。
アドバンスデザインの公式サイトをチェック

まとめ

削除してしまったPCのデータは、適切な対応をすれば復元できる可能性は高いです。ただし、誤った対応をすると、復元できるはずのデータも、取り戻せなくなる可能性があるため、慎重に作業することが大切です。少しでも不安がある場合や、確実にデータを復元したいのであれば、信頼できるデータ復旧業者に依頼しましょう。

1位

アドバンスデザイン

2位

A1データリカバリー

3位

Buffalo

4位

ロジテック

5位

日本データ復旧サービスセンター(AOS)

アドバンスデザイン A1データリカバリー Buffalo ロジテック 日本データ復旧サービスセンター(AOS)
データ復旧費用

17,800~
180,000円

データ復旧費用

27,600~
196,000円

データ復旧費用

30,000~
120,000円

データ復旧費用

50,000~154,000円

データ復旧費用

41,800~195,800円

データ復旧スピード

当日~7日

データ復旧スピード

2~3日

データ復旧スピード

最短当日で復旧可能

データ復旧スピード

1~5日

データ復旧スピード

当日~7日

データ復旧実績

10,000件以上

データ復旧実績

70,000件以上

データ復旧実績

バッファロー製品以外も多数

データ復旧実績

30,000件以上

データ復旧実績

年間12,000件以上

データ復旧技術

米大手HDDメーカーと業務提携しており、Buffaloにデータ復旧の技術提供を行っている

データ復旧技術

元HDD設計者が在籍しており、高い復旧技術

データ復旧技術

熟知した技術者が携わっている

データ復旧技術

メーカー実績で積み上げた高い技術力

データ復旧技術

高い技術力を誇る

導入設備とツール

クラス100クリーンルーム、レーザー顕微鏡

導入設備とツール

クリーンルーム

導入設備とツール

クリーンルーム

導入設備とツール

クリーンルーム

導入設備とツール

クリーンルーム

品質規格

ISO9001、
ISO 27001

品質規格

ISO 27001

品質規格

ISO9001、
ISO27001

品質規格

ISO9001、ISO27001

品質規格

-

対応メディア

パソコン、HDD、SSD、各種テープメディア他

対応メディア

HDD、SSD、サーバー、パソコン他

対応メディア

SSD、NAS、USBメモリー、SDカード他

対応メディア

HDD、RAID、サーバー他

対応メディア

HDD、RAID、サーバー、NAS、SDカード、USB他

評判

buffaloと企業提携していて安心率が高い

評判

成果報酬型サービスで安心

評判

パソコン周辺機器メーカー公式だから安心

評判

料金体系が明瞭なので安心

評判

警察、検察など捜査機関向けに法廷提出用データ復旧サービスも対応

HDD、RAID、NAS、SSD、サーバーのデータ破損や消滅で困ったら、 データ復旧比較ガイドでデータ復旧会社の情報をチェック!
信頼できるデータ復旧業者を徹底的にリサーチしました。