HDD、RAID、NAS、SSD、サーバーのデータ破損や消滅で困ったら、 データ復旧比較ガイドでデータ復旧会社の情報をチェック!
信頼できるデータ復旧業者を徹底的にリサーチしました。
失敗しないデータ復旧ガイド
本当に信頼できるデータ復旧会社を徹底比較

大事なデータが消えたらすぐに試したい、Macのデータ復旧方法

Macのパソコンを使っていて、「勝手にデータが消えていた」「間違ってデータを消してしまった」「Macが起動しなくなった」と悩んではいませんか?
長い期間使っているとパソコン自体の劣化によって故障してしまい、データが消える・起動しないなどのアクシデントが起こる場合があります。ですが、大切なデータが入っている場合、どうにかしてでもデータを復旧させたいものです。

そこで、今回は大切なデータが消えたとき、すぐに試したいMacのデータ復旧方法についてまとめてみました。仕事やプライベートでMacのパソコンを使っている方は多いでしょう。データが消えてしまったときのことを考えて、Macを使っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

MacのPCに入ったデータが勝手に消えてしまったら?

 

思い出の写真や家族旅行で撮影した動画、仕事に必要なデータなどが勝手に消えてしまうことがあります。もし、データのバックアップを取っていれば、バックアップのファイルから簡単にデータを復旧することが可能。しかし、バックアップを取っていなかった場合は、Macに対応した専用のデータ復旧ソフトを使う必要があります。

データのバックアップを取っていない方は、Macに対応したデータ復旧ソフト「EaseUS Data Recovery Wizard」を使ってみてください。日本語表記なのでデータ復旧作業が初めての方でも使いやすく、フリーソフトなので無料でダウンロードすることができます。Macユーザーに人気の高いデータ復旧ソフトなので、データが消えてしまったときは、ぜひ一度試してみてください。

EaseUS Data Recovery Wizardの使い方

EaseUS Data Recovery Wizardの使い方は以下の通りとなります。

  • ・EaseUS Data Recovery Wizardのダウンロード
  • ・ソフトを起動して消えたデータを保存していたディスクを選択
  • ・復旧したいデータを選択して「今すぐ復旧」をクリック

まずはデータ復旧ソフトをウンロードして、ダウンロードが完了したらソフトを起動させます。ソフトを起動すると「スキャンを行うディスクを選択してください」という画面が表示されるので、消えたデータを保存していたディスクを選択してスキャンを行ってください。

ディスクのスキャンが完了すると、消えてしまったデータファイルやフォルダーが表示されます。データを復旧させたい項目に全てチェックを入れて、画面の右下にある「リカバリー」をクリックします。その後、「リカバリーが完了しました!」という画面が表示され、保存先も表示されています。保存先を確認して消えてしまったデータが復旧できていれば、データ復旧作業の完了となります。

このときに注意して欲しいのが、確実にデータを復旧できているかの確認をすることです。リカバリー完了の画面が表示されていても、何かしらが原因でデータの一部が復旧できていない可能性も考えられます。自分でデータ復旧作業を行う場合は、確実のデータを復旧できたことを、必ず確認しておきましょう。

間違って消したデータも復旧できる?

 

「間違って消してしまったデータをゴミ箱からも削除してしまった・・・」誰しも一度はやってしまいがちなデータ削除ですが、これが大切なデータだった場合はかなり困ってしまうでしょう。ですが、間違って完全に消してしまったデータでも、自分で復旧することができます。

間違って消してしまったデータの復旧は、先程ご紹介したデータ復旧ソフトを使って復旧することができます。データ復旧ソフトは失くしてしまったさまざまなデータを救出することができます。そのため、間違って消したデータの復旧もできるので、データを復旧させたい方はぜひ試してみてください。

また、Macには自動でデータのバックアップを行ってくれる機能「Time Machine」があります。この機能を有効にしている方は、Time Machineを使って消してしまったデータを復旧させることができます。データ復旧ソフトを使う前に、まずは自動バックアップ機能が有効になっているのかを確認してみましょう。

もし有効になっていなかった場合は、データ復旧ソフトを使って消してしまったデータの復旧作業を行ってください。また、今後データを消してしまってもすぐに復旧できるように、自動バックアップ機能を有効にしておくことをおすすめします。

Time Machineの使い方

Macの自動バックアップ機能を有効にしている方は、Time Machineにてデータを復旧させることができます。Time Machineの使い方は以下の通りとなっています。

  • ・画面右上似ある時計マークのメニューバーをクリック
  • ・「Time Machineに入る」を選択
  • ・バックアップを取った日付をさかのぼって目的のファイルを選択

Macを起動して画面右上の表示されている時計マークをクリックすると、メニューバーが表示され「Time Machineに入る」という項目が表示されます。Time Machineに入ると、バックアップを取った日付順にファイルが表示されます。画面中央の右側にバックアップを取った日付が表示されているので、目的のファイルがあるところまでさかのぼってください。

復旧したいファイルが見つかったら、画面中央の下にある「復旧」ボタンをクリックします。そうすると、間違って消してしまったデータが復旧されるので、データ復旧作業の完了となります。復旧作業が完了したら、きちんと復旧できているのかを必ず確認しておきましょう。

Time Machine有効・無効の確認方法

Time Machineが有効なのか無効なのかを確認する方法は、以下の通りとなっています。

  • ・画面右上似ある時計マークのメニューバーをクリック
  • ・「システム環境設定」を選択
  • ・Time Machineと書かれた緑色のアイコンを選択
  • ・Time Machineを「入」になっているかを確認

自動バックアップ機能の有効・無効の確認は、このような手順で確認することができています。確認したときに「入」になっていれば、自動的にデータのバックアップが行われています。しかし、「切」になっている場合はバックアップを取れていない状態なので、「入」に設定しておきましょう。

MacのPCが起動しないときは?

 

Macのパソコンが起動しなくなった場合、データが消えてしまったも同然の状態となってしまいます。しかし、SSDに異常がなければ、データだけを救出することができます。ですが、まずはMac自体の状態を確認して、パソコンに異常がないかを確認してみましょう。

  • ・電源のケーブルがきちんとPCに接続されている
  • ・Macに接続している周辺機器を外して起動させる
  • ・強制終了を試してみる
  • ・システム管理コントローラをリセットしてみる
  • ・セーフブートを実行する

Macのパソコンが起動しなくなった場合は、まずこれらの項目を試してみてください。電源のケーブルは、知らない間に抜けてしまっている場合があります。これでは電源を入れても起動することができないので、まずはケーブルの接続状態を確認しましょう。

ケーブルに問題がなかった場合、Macのパソコンの接続している周辺機器に問題がある可能性があります。接続を解除してパソコンが起動できれば、周辺機器を買い換える必要があるでしょう。もし、ここまで試しても起動しなかった場合は、Macを強制終了してみてください。場合によっては、再度電源を入れることで、正常に作動する場合があります。

それでも起動しなかったときは、システム管理コントローラをリセットして、システムエラーの問題を解消してみてください。この方法はMacを強制終了させた状態で、Control・Shift・Option・電源を同時に長押しすることで、システム管理コントローラをリセットできます。

それでも改善されない場合は、セーフブートを起動して、システムトラブルを修復してみてください。電源をきった状態からShiftキーと電源を押すことで、セーフブートを起動することができます。

上記の項目を全て試してもMacのパソコンが起動しない場合、Macを分解してSSDを取り外し、外付けのデバイスとして別のパソコンからデータを救出してください。Mac本体が起動しない以上、そのままでは大切なデータを取り出すことができません。何を試してもダメだったという場合は、MacからSSDを取り外して、データの移行作業を行ってみましょう。

Macのデータが消えたら復旧作業をやってみよう

 

ご紹介したMacのデータ復旧作業は、大切なデータが消えてしまってもすぐに試すことができる方法です。プライベートなデータであれば急ぐ必要はないかもしれませんが、Macのパソコンを仕事で使っている場合は、早急にデータを復旧させたいはずです。

しかし自分でやるのは心配という人もいるでしょう。そんなときは、データ復旧のプロ集団アドバンスドデザインにお願いしてみましょう。素早く丁寧にデータ復旧をしてくれるので、個人でやるよりも安全にデータを復旧することができますよ。

1位

アドバンスデザイン

2位

A1データリカバリー

3位

Buffalo

4位

ロジテック

5位

日本データ復旧サービスセンター(AOS)

アドバンスデザイン A1データリカバリー Buffalo ロジテック 日本データ復旧サービスセンター(AOS)
データ復旧費用

17,800~
180,000円

データ復旧費用

27,600~
196,000円

データ復旧費用

30,000~
120,000円

データ復旧費用

50,000~154,000円

データ復旧費用

41,800~195,800円

データ復旧スピード

当日~7日

データ復旧スピード

2~3日

データ復旧スピード

最短当日で復旧可能

データ復旧スピード

1~5日

データ復旧スピード

当日~7日

データ復旧実績

10,000件以上

データ復旧実績

70,000件以上

データ復旧実績

バッファロー製品以外も多数

データ復旧実績

30,000件以上

データ復旧実績

年間12,000件以上

データ復旧技術

米大手HDDメーカーと業務提携しており、Buffaloにデータ復旧の技術提供を行っている

データ復旧技術

元HDD設計者が在籍しており、高い復旧技術

データ復旧技術

熟知した技術者が携わっている

データ復旧技術

メーカー実績で積み上げた高い技術力

データ復旧技術

高い技術力を誇る

導入設備とツール

クラス100クリーンルーム、レーザー顕微鏡

導入設備とツール

クリーンルーム

導入設備とツール

クリーンルーム

導入設備とツール

クリーンルーム

導入設備とツール

クリーンルーム

品質規格

ISO9001、
ISO 27001

品質規格

ISO 27001

品質規格

ISO9001、
ISO27001

品質規格

ISO9001、ISO27001

品質規格

-

対応メディア

パソコン、HDD、SSD、各種テープメディア他

対応メディア

HDD、SSD、サーバー、パソコン他

対応メディア

SSD、NAS、USBメモリー、SDカード他

対応メディア

HDD、RAID、サーバー他

対応メディア

HDD、RAID、サーバー、NAS、SDカード、USB他

評判

buffaloと企業提携していて安心率が高い

評判

成果報酬型サービスで安心

評判

パソコン周辺機器メーカー公式だから安心

評判

料金体系が明瞭なので安心

評判

警察、検察など捜査機関向けに法廷提出用データ復旧サービスも対応

HDD、RAID、NAS、SSD、サーバーのデータ破損や消滅で困ったら、 データ復旧比較ガイドでデータ復旧会社の情報をチェック!
信頼できるデータ復旧業者を徹底的にリサーチしました。