HDD、RAID、NAS、SSD、サーバーのデータ破損や消滅で困ったら、 データ復旧比較ガイドでデータ復旧会社の情報をチェック!
信頼できるデータ復旧業者を徹底的にリサーチしました。
失敗しないデータ復旧ガイド
本当に信頼できるデータ復旧会社を徹底比較

個人でもできる!HDDのデータを復旧させる方法

確実なデータ復旧を行うなら、プロの業者に依頼するのが一番です。しかし、ちょっとしたデータ復旧なら、個人でも行う方法はあります。そこで、今回はそんな悩みを抱えている方のために、個人でできるデータ復旧方法をご紹介します。自分でHDDのデータを復旧させてみたい!と思うなら、ぜひこちらの方法を試してみてください。

HDDのデータ復旧はどこまで可能?

基本的にデータ復旧を行うときは、論理障害までとなります。ちょっとしたエラーや軽度の論理障害なら、個人でもデータ修復は可能です。OSがエラーを起こしている、ウィルスに観戦している場合、システム復旧で対応できるでしょう。リカバリーでも直る可能性が高いので、事前にバックアップを取っておき、そちらの方法を試してください。

ただし、水没や衝撃による物理障害だと、個人で復旧することはできません。物理障害の場合、パソコンを分解して故障したパーツを取り出す必要があります。素人がパーツを見ただけでは、壊れている部分を見分けるのは難しいでしょう。

また、ごみやホコリが入ってしまうだけで、さらに悪化してしまう可能性が高いです。そのため、物理障害で故障したときは、必ずプロの業者に依頼しましょう。

HDDが故障しているか確認しよう

まずはHDDが故障しているか確認する作業から始めましょう。
HDDの場合、マザーボードや電源回路、制御基板がエラーを起こしている可能性があります。故障したHDDをパソコンや外付けハードディスクから分解して取り出しましょう。

ただし、パソコンは多くのパーツが詰まっているので、分解中に故障させる可能性が高いです。そのため、故障させたくないときには、分解は行わずプロの復旧業者に依頼してください。

故障したHDDをUSB変換アダプタに繋げて、正常に動くパソコンと繋ぎ直しましょう。パソコンからフォルダを開き、HDDが表示されているか確認します。基本的にHDDは表示されませんが、万が一認識された場合は、急いでバックアップを取りましょう。データをコピーできたら、HDDのデータはいつでも復旧させられます。

ただし、このケースだとHDDではなくパソコンが故障している可能性が高いです。パソコンを修理に出すか、新しく買い直さないと元通り使うことはできません。コンピュータ画面に表示されなければ、HDDのデータ復旧を行っていきましょう。

HDDの破損原因を調べる

 

論理障害か物理障害か見分けるためにも、HDDのデータを確認していきます。パソコンからディスクの管理画面から確認すれば、HDDの故障原因がわかるでしょう。HDDは表示されているが、データ詳細が不明になっている場合、論理障害が原因です。HDDが表示されなければ、物理障害が起きているため、復旧はほぼ不可能となります。

論理障害ならデータ復旧ソフトを使おう

パソコンのHDDを復旧させるときには、データ復旧ソフトを使います。最近では無料の復旧ソフトがありますが、少しでも復旧率を高めるなら、有料ソフトを使ってください。また、データ復旧を行うときには、RAID機能付きHDDを用意しておきましょう。

せっかくデータの復旧に成功しても、パソコンに保存してしまうと容量が足りなくなってしまいます。RAIDならHDDが1台故障しても、データが消えてしまうことはありません。保存容量も2倍必要になりますが、今後のバックアップ用として使えるため、ぜひ購入しておきましょう。

故障したHDDをUSBアダプタでパソコンに接続したら、データ復旧ソフトでファイルの復旧を進めていきます。フリーソフトによって表示メッセージは変わりますが、ドライブが認識できない場合の復旧を選んでください。

HDDの容量によって時間は変わりますが、数時間経てば復旧可能なファイルを表示してくれます。必要なファイルを選択したら、ファイルの復旧を行いましょう。
保存先はパソコンのデスクトップかフォルダを選択して、復旧されたファイルを確認しましょう。正しくデータが入っていれば、データの復旧は完成です。

物理障害ならモーターを確認してみよう

モーターや回路基盤を個人で修復するのは、難易度が高くおすすめできません。しかし、モーターが動いていないだけなら、一時的にデータを復旧させることは可能です。

モーターが回っていないときは、一度HDDを温めてみましょう。長時間使用していない、もしくは温度が低い場合は、モーターを温めることで動く可能性があります。25度以上の室温にHDDを置いて、ゆっくりと温めてください。ドライヤーの熱が当たると、ハードディスクの変形が起きてしまいますし、より悪化の原因になります。間違ってもドライヤーで一気に温めることはやめておきましょう。

それでも回らない時には、データが消えてしまう可能性がありますが、軽く衝撃を加えてみてください。モーターが回りだせば、データが復旧できるようになるため、消えるリスクがある方のみ実践してください。

それでも回らなければ、分解を行い本格的な作業が必要になります。その場合は、素直にデータ復旧業者に依頼して、データを取り出してもらいましょう。

難しいデータ復旧はプロの業者に依頼

 

データ復旧業者に依頼する場合、アドバンスデザインがおすすめです。他のデータ復旧業者と比べても、確実なデータ復旧に期待できるでしょう。専用のクリーンルームで一切ごみやホコリが入らない状態で作業してくれます。

また、品質を保障する規格であるISO9001、情報セキュリティを証明する規格ISO27001に認定されています。国際的に認められたデータ復旧業者なので、ほぼ確実なデータ復旧に期待できるでしょう。HDDに精通した作業員が数多くいるため、論理障害から物理障害まで幅広く対応してくれます。

大手企業と1,000社以上の取引実績があるため、非常に信用できる業者です。HDDのデータ復旧に困ったときは、ぜひアドバンスデザインを利用してみてください。

1位

アドバンスデザイン

2位

A1データリカバリー

3位

Buffalo

4位

ロジテック

5位

日本データ復旧サービスセンター(AOS)

アドバンスデザイン A1データリカバリー Buffalo ロジテック 日本データ復旧サービスセンター(AOS)
データ復旧費用

17,800~
180,000円

データ復旧費用

27,600~
196,000円

データ復旧費用

30,000~
120,000円

データ復旧費用

50,000~154,000円

データ復旧費用

41,800~195,800円

データ復旧スピード

当日~7日

データ復旧スピード

2~3日

データ復旧スピード

最短当日で復旧可能

データ復旧スピード

1~5日

データ復旧スピード

当日~7日

データ復旧実績

10,000件以上

データ復旧実績

70,000件以上

データ復旧実績

バッファロー製品以外も多数

データ復旧実績

30,000件以上

データ復旧実績

年間12,000件以上

データ復旧技術

米大手HDDメーカーと業務提携しており、Buffaloにデータ復旧の技術提供を行っている

データ復旧技術

元HDD設計者が在籍しており、高い復旧技術

データ復旧技術

熟知した技術者が携わっている

データ復旧技術

メーカー実績で積み上げた高い技術力

データ復旧技術

高い技術力を誇る

導入設備とツール

クラス100クリーンルーム、レーザー顕微鏡

導入設備とツール

クリーンルーム

導入設備とツール

クリーンルーム

導入設備とツール

クリーンルーム

導入設備とツール

クリーンルーム

品質規格

ISO9001、
ISO 27001

品質規格

ISO 27001

品質規格

ISO9001、
ISO27001

品質規格

ISO9001、ISO27001

品質規格

-

対応メディア

パソコン、HDD、SSD、各種テープメディア他

対応メディア

HDD、SSD、サーバー、パソコン他

対応メディア

SSD、NAS、USBメモリー、SDカード他

対応メディア

HDD、RAID、サーバー他

対応メディア

HDD、RAID、サーバー、NAS、SDカード、USB他

評判

buffaloと企業提携していて安心率が高い

評判

成果報酬型サービスで安心

評判

パソコン周辺機器メーカー公式だから安心

評判

料金体系が明瞭なので安心

評判

警察、検察など捜査機関向けに法廷提出用データ復旧サービスも対応

HDD、RAID、NAS、SSD、サーバーのデータ破損や消滅で困ったら、 データ復旧比較ガイドでデータ復旧会社の情報をチェック!
信頼できるデータ復旧業者を徹底的にリサーチしました。