HDD、RAID、NAS、SSD、サーバーのデータ破損や消滅で困ったら、 データ復旧比較ガイドでデータ復旧会社の情報をチェック!
信頼できるデータ復旧業者を徹底的にリサーチしました。
失敗しないデータ復旧ガイド
本当に信頼できるデータ復旧会社を徹底比較

HDDは意外と壊れやすい? 自宅で保管するときは煙やタバコに要注意

パソコンに使われているHDDは、意外と壊れやすいことを知っていますか?
ちょっとぶつけてしまったり、落下させてしまったりすると、データが飛んでしまうことは良くあります。衝撃はもちろんのこと、煙やタバコによっても故障する可能性が高いです。

大切なデータを守るためにも、HDDの特徴を覚えておき、ムダなトラブルを避けるようにしてください。

HDDが故障する原因

精密機械であるパソコンには、さまざまな部品が使われています。その中でも、HDDが故障してしまうと、大切なデータは消えてしまいます。代表的な原因としては「衝撃・熱」「ホコリ」「タバコ」の3種類です。

論理障害であれば、ほとんどの場合データ復旧業者で対応できるでしょう。しかし、物理障害となると、難易度が一気に高くなるもの。物理障害を起こさないためにも、故障の原因を1つずつ知っていきましょう。

衝撃・熱による故障

HDDをぶつける、落下させるなどして衝撃を与えると、アームやディスクの回転軸に負担がかかってしまいます。負担が大きくなりゆがんでしまうと、データの読み取りに支障が出てしまうでしょう。もちろんディスクの表面にキズが付いてしまうこともあります。
ちょっとした衝撃であっても、物理障害になってしまう可能性は高いです。

HDDは衝撃だけでなく、熱にも弱いことが特徴。高温状態でパソコンを使用していると、熱によって少しずつ変形してしまいます。普段の動作温度が1%上がると、寿命が5~6年縮まってしまい、60℃以上だと極端に寿命が短くなります。特に65℃を超えた場合、その場で故障してしまうことも。

最近では耐衝撃性に対する工夫、排熱機能の上昇など対策はされていますが、故障の原因には変わりありません。少しでもデータトラブルの可能性を下げるなら、まずは衝撃と熱による故障を避けましょう。

ホコリによる故障

パソコンを清潔な状態で使おうと思っても、少しずつ溜まっていくホコリ。どれだけキレイにしていても、ホコリはファンからパソコンに取り入れられます。 ホコリが多く溜まってしまうと、熱がこもりやすくなってショートする確率が高くなります。ホコリによって、メモリを認識しなくなることもあるでしょう。

HDDとパソコンの端子を詰まらせてしまい、機能しなくなる原因にも繋がります。
さまざまな弊害が起きてしまうため、ホコリには十分注意してください。

タバコよる故障

パソコンのトラブルに関係あるの?と感じてしまいがちなタバコ。パソコンのファンからタバコの煙が入り混んでしまい、ヤニが少しずつこびりついてしまいます。タバコは通常の煙と違ってかなり細かいため、ゆっくりと寿命を縮めていきます。

ヤニだけでも汚れてしまいますが、ホコリやゴミを吸い寄せて、汚れを溜めることがデメリット。突然大きなトラブルに繋がることはありませんが、段々と機能性を落としていく原因となります。できる限りパソコンの近くでは、タバコを吸わないように注意してください。

経年劣化や水濡れにも注意

 

さて、HDDは経年劣化や水漏れにも注意しなければなりません。長年使い続けたハードディスクは、ディスクやアームが劣化しているため、ハードディスクの認識ができなくなります。データの一部が読み込めなくなることもあるので、定期的に買い替えを検討してください。

うっかりと飲み物をこぼしてしまい、水濡れすることにも注意が必要です。ショートする可能性が高く危険ですし、機器がサビになる原因となります。電源が入らなくなることもあるので、十分に注意しておきましょう。

正常じゃない使い方はしない

動作に異常を起こすような環境でパソコンを使うと、HDDが故障する原因になります。例えば、高温状態が続いた状態、もしくは強い磁力がある環境では使うべきではありません。
さまざまなトラブルを引き起こし、二度と使えなくなる可能性が高いです。

知識と技術がない状態で、分解や改造することも避けましょう。故障してパソコンが使えなくなるだけなら良いですが、火災や感電の原因になります。パソコンが壊れるだけでなく、大ケガに繋がる可能性がありますので、絶対にしないようにしておきましょう。

衝撃に強いポータブルHDDもある

 

何よりも衝撃に弱いHDDですが、最近では持ち歩きに適したポータブルHDDが登場しています。モデルによって耐衝撃性は変わりますが、通常の持ち歩きで故障することはありません。防滴・防塵モデルや米国MIL規格準拠モデルなど、より耐久性に優れたタイプも販売されています。

もちろん動作中にトラブルを起こしたときには、故障してしまう可能性は高いです。しかし、持ち運び中のデータトラブルが抑えられるため、効率的にHDDを使えるようになるでしょう。大切なデータを取り扱うのなら、ポータブルHDDの利用を検討してみてください。

正しい知識を身に付けてHDDの故障を避けよう

さまざまなタイプのHDDがありますが、耐久性の差はあっても故障の原因は同じです。できる限りデータトラブルを避けるためには、正しい知識を身に付ける必要があります。

適切な使用方法を知っておけば、ムダな故障は避けられるようになります。パソコンは精密機械であること、HDDは意外と壊れやすいということを、しっかりと覚えておきましょう。
それでもデータが消えてしまったときには、プロの業者に依頼してください。

もし業者に依頼するなら、アドバンスデザインを試してみませんか?HDDのデータ復旧に精通しているため、論理障害から物理障害まで、さまざまなトラブルに対応してくれます。
多くの実績を持っており、大手企業や法人のデータ復旧も行っています。お見積りも無料で対応しており、あなたの大切なデータを復旧できる可能性が高いので、ぜひ利用してみてください。

1位

アドバンスデザイン

2位

A1データリカバリー

3位

Buffalo

4位

ロジテック

5位

日本データ復旧サービスセンター(AOS)

アドバンスデザイン A1データリカバリー Buffalo ロジテック 日本データ復旧サービスセンター(AOS)
データ復旧費用

17,800~
180,000円

データ復旧費用

27,600~
196,000円

データ復旧費用

30,000~
120,000円

データ復旧費用

50,000~154,000円

データ復旧費用

41,800~195,800円

データ復旧スピード

当日~7日

データ復旧スピード

2~3日

データ復旧スピード

最短当日で復旧可能

データ復旧スピード

1~5日

データ復旧スピード

当日~7日

データ復旧実績

10,000件以上

データ復旧実績

70,000件以上

データ復旧実績

バッファロー製品以外も多数

データ復旧実績

30,000件以上

データ復旧実績

年間12,000件以上

データ復旧技術

米大手HDDメーカーと業務提携しており、Buffaloにデータ復旧の技術提供を行っている

データ復旧技術

元HDD設計者が在籍しており、高い復旧技術

データ復旧技術

熟知した技術者が携わっている

データ復旧技術

メーカー実績で積み上げた高い技術力

データ復旧技術

高い技術力を誇る

導入設備とツール

クラス100クリーンルーム、レーザー顕微鏡

導入設備とツール

クリーンルーム

導入設備とツール

クリーンルーム

導入設備とツール

クリーンルーム

導入設備とツール

クリーンルーム

品質規格

ISO9001、
ISO 27001

品質規格

ISO 27001

品質規格

ISO9001、
ISO27001

品質規格

ISO9001、ISO27001

品質規格

-

対応メディア

パソコン、HDD、SSD、各種テープメディア他

対応メディア

HDD、SSD、サーバー、パソコン他

対応メディア

SSD、NAS、USBメモリー、SDカード他

対応メディア

HDD、RAID、サーバー他

対応メディア

HDD、RAID、サーバー、NAS、SDカード、USB他

評判

buffaloと企業提携していて安心率が高い

評判

成果報酬型サービスで安心

評判

パソコン周辺機器メーカー公式だから安心

評判

料金体系が明瞭なので安心

評判

警察、検察など捜査機関向けに法廷提出用データ復旧サービスも対応

HDD、RAID、NAS、SSD、サーバーのデータ破損や消滅で困ったら、 データ復旧比較ガイドでデータ復旧会社の情報をチェック!
信頼できるデータ復旧業者を徹底的にリサーチしました。