HDD、RAID、NAS、SSD、サーバーのデータ破損や消滅で困ったら、 データ復旧比較ガイドでデータ復旧会社の情報をチェック!
信頼できるデータ復旧業者を徹底的にリサーチしました。
失敗しないデータ復旧ガイド
本当に信頼できるデータ復旧会社を徹底比較

無料で消えたデータを復旧する方法

「保存していたはずのデータがなくなっている」「間違って削除してしまった・・・」など、普段からパソコンを利用されている方であれば、このようなデータトラブルで困ったという経験はありませんか?

人によっては専門業者に依頼して有料で復旧してもらった、有料の復旧ソフトを購入して取り戻したという方も多いでしょう。しかし、データの復旧はお金を使うことなく、無料で行えることを知っていますか?

今回は、消えてしまったデータを無料で復旧する方法を、OS別やスマートフォン・タブレットなどの復旧方法をまとめています。現在データトラブルで悩んでいる方、または万が一に備えて知識を身に着けておきたい方は、ぜひこちらの記事を最後まで読んでみてください。

Windowsで復旧する方法

 

プライベートやビジネスでの利用者が多いWindowsですが、基本的な操作は知っていても復旧方法を知らないという方は多いようです。そんなWindowsのパソコンには、大きく分けて3つの復旧方法があります。

どの方法も無料かつ自分でできる方法となっているので、突然データが消えてしまってもすぐに対応することができるでしょう。それでは、Windowsのパソコンで復旧する3つの方法について、一つひとつ見ていきましょう。

まずはデスクトップ上にあるごみ箱を確認

保存していたデータが消えていたとき、多くの方は何らかのトラブルによって削除されていると考える方は多いのではないでしょうか?しかし、データが消えてしまう最も多い原因として、間違って削除してしまったというケースが挙げられています。

そのため、データが消えていることに気づいたときは、まずデスクトップ上にある「ごみ箱」を確認してみましょう。削除されたデータはパソコン上から消去されるのではなく、一度ごみ箱へと移動しています。

消えたと思っていたデータがごみ箱の中にあれば簡単に復旧できるので、復旧ソフトを使ったり専門業者に依頼したりといった手間や費用をかけずに済むでしょう。

システムを過去の状態に戻してデータを復旧する

Windowsにはシステムを過去に戻す機能が搭載されています。つまり、データが消える前の状態へと戻すことができるので、失ったデータを取り戻すことが可能になります。この方法を使用する場合は、以下の手順で行うことができます。

  • ・コントロールパネルから「システムとセキュリティ」を選択
  • ・「システム」を選択して「システムの保護」を選択
  • ・システムの保護のタブから「システムの復旧」を選択
  • ・画面上の指示に従って進み「完了」を選択

シンプルな手順で誰でも簡単に行えるので、初めて復旧作業を行う方でも操作に困ることはないでしょう。しかし、一度システムの復旧を開始すると中断することができないので、過去になかった大切なデータをパソコンに保存している方は注意が必要です。

フリーソフトを使ってデータを取り戻す

上記のような方法で復旧を行ってもデータを取り戻せない場合は、専用のフリーソフトを使ってみてください。フリーソフトなので無料で利用できますし、インターネットで検索するだけで簡単にインストールすることができます。

ちなみに、フリーソフトの性能は有料ソフトをほぼ同じようなソフトも存在するため、安全にデータを復旧できます。しかし、ソフトによって特徴や細かい機能などが異なるので、自分の目的に合ったフリーソフトを選びましょう。

Macで復旧する方法

OSが異なれば搭載されている機能や復旧方法が異なるので、Macを利用している場合は上記の方法でデータを復旧することができません。そのため、Macを使用されている方は使用しているパソコンのOSに合った復旧方法を知っておく必要があります。

ここでは、Macで消えたデータを復旧する方法を2つご紹介していきます。どちらも無料かつ自分でできる方法なので、知っておけばデータが消えてしまった、またはデータが消えていることに気づいたときに復旧できるでしょう。

標準で搭載されているデータの履歴機能を使う

Macには標準機能として「Time Machine」が搭載されています。この機能を使用する場合は外付けタイプの記憶装置が必要になりますが、簡単にデータを復旧することができます。

また、この機能はパソコン内のシステムを過去の状態に戻す仕様になっていて、Time Machineの機能を有効する必要があります。準備が整ったらTime Machineを起動して復旧したいシステムを選択して、「復旧」を選択すれば完了となります。

難しい操作は一切なく誰でも簡単にできる復旧方法なので、データトラブルでお困りの際は一度試してみてはいかがでしょうか?

Mac対応のフリーソフトを使って復旧する

上記の方法で復旧できない場合は、Windowsパソコンと同じくフリーソフトを使った方法で復旧できます。しかし、Macに対応しているソフトが少なく、機能性が劣るものが多いといわれています。

ですが、以下のフリーソフトは人気が高く、機能性にも問題ないおすすめのソフトとなっています。

  • ・万能データ復旧!F or Mac・・・利用者が多く人気の高いMac専用の復旧ソフト
  • ・ータリカバリー・・・内蔵・外付けに限らずさまざまなデータの復旧が可能

これらのソフトは無料で利用できるので、現在データトラブルで困っている方はもちろん、万が一に備えておきたい方にもおすすめの復旧ソフトとなっています。

1つインストールしておけばいつでもデータ復旧が可能なので、ぜひ利用してみてください。

スマホやタブレットのデータも無料で復旧できる

 

データ復旧はパソコンだけでなく、スマートフォンやタブレットでも行うことができます。そのため、間違って大切なデータを削除してしまったとしても、復旧方法さえ知っていれば取り戻すことができるでしょう。

そんなスマートフォンやタブレットのデータ復旧には、上記でご紹介したような復旧ソフトを使用するため、必ずパソコンが必要になります。あとは端末とパソコンを接続してソフトを起動させ、消してしまったデータを復旧するだけといった簡単な操作となっています。

復旧ソフトによって操作方法が異なるので、作業を行う際には事前に操作方法を確認しておく必要があります。また、ソフトによって対応しているデバイスが異なるので、目的に合ったソフトを選んでインストールしましょう。

データの保存や管理、復旧はクラウドストレージがおすすめ

データの復旧ですが、OSを問わずトラブルの原因によっては無料で復旧できない場合もあります。そのため、大切なデータの保存や管理にはクラウドストレージの使用がおすすめされています。また、間違ってデータを削除した際の復旧も簡単にできるので、とても便利な記憶媒体といえるでしょう。

そんなクラウドストレージですが、規定のデータ容量内で使用すれば無料で利用できますし、ストレージ内で管理しているデータはパソコンやスマートフォンなど、さまざまなデバイスからアクセスできます。つまり、データの共有が可能になるので、外出先やビジネスなどでの利用におすすめでしょう。

また、使用するクラウドストレージによって異なりますが、比較的に簡単な操作方法でデータの復旧が可能となっています。復旧ソフト不要でデータを取り戻せるので、万が一大切なデータが消えてしまってもすぐに対応することができるでしょう。

また、クラウドストレージはインターネット上でデータを保存・管理できる記憶媒体なので、データトラブルを引き起こす可能性が低いといわれています。ビジネスやプライベートを問わず便利に活用できるので、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか?

1位

アドバンスデザイン

2位

A1データリカバリー

3位

Buffalo

4位

ロジテック

5位

日本データ復旧サービスセンター(AOS)

アドバンスデザイン A1データリカバリー Buffalo ロジテック 日本データ復旧サービスセンター(AOS)
データ復旧費用

17,800~
180,000円

データ復旧費用

27,600~
196,000円

データ復旧費用

30,000~
120,000円

データ復旧費用

50,000~154,000円

データ復旧費用

41,800~195,800円

データ復旧スピード

当日~7日

データ復旧スピード

2~3日

データ復旧スピード

最短当日で復旧可能

データ復旧スピード

1~5日

データ復旧スピード

当日~7日

データ復旧実績

10,000件以上

データ復旧実績

70,000件以上

データ復旧実績

バッファロー製品以外も多数

データ復旧実績

30,000件以上

データ復旧実績

年間12,000件以上

データ復旧技術

米大手HDDメーカーと業務提携しており、Buffaloにデータ復旧の技術提供を行っている

データ復旧技術

元HDD設計者が在籍しており、高い復旧技術

データ復旧技術

熟知した技術者が携わっている

データ復旧技術

メーカー実績で積み上げた高い技術力

データ復旧技術

高い技術力を誇る

導入設備とツール

クラス100クリーンルーム、レーザー顕微鏡

導入設備とツール

クリーンルーム

導入設備とツール

クリーンルーム

導入設備とツール

クリーンルーム

導入設備とツール

クリーンルーム

品質規格

ISO9001、
ISO 27001

品質規格

ISO 27001

品質規格

ISO9001、
ISO27001

品質規格

ISO9001、ISO27001

品質規格

-

対応メディア

パソコン、HDD、SSD、各種テープメディア他

対応メディア

HDD、SSD、サーバー、パソコン他

対応メディア

SSD、NAS、USBメモリー、SDカード他

対応メディア

HDD、RAID、サーバー他

対応メディア

HDD、RAID、サーバー、NAS、SDカード、USB他

評判

buffaloと企業提携していて安心率が高い

評判

成果報酬型サービスで安心

評判

パソコン周辺機器メーカー公式だから安心

評判

料金体系が明瞭なので安心

評判

警察、検察など捜査機関向けに法廷提出用データ復旧サービスも対応

HDD、RAID、NAS、SSD、サーバーのデータ破損や消滅で困ったら、 データ復旧比較ガイドでデータ復旧会社の情報をチェック!
信頼できるデータ復旧業者を徹底的にリサーチしました。