HDD、RAID、NAS、SSD、サーバーのデータ破損や消滅で困ったら、 データ復旧比較ガイドでデータ復旧会社の情報をチェック!
信頼できるデータ復旧業者を徹底的にリサーチしました。
失敗しないデータ復旧ガイド
本当に信頼できるデータ復旧会社を徹底比較

外付けハードディスクのデータ復旧ができる業者5選

大容量でパソコンに移し替えできる外付けハードディスク。重要なデータやバックアップ用のデータが入れて、自宅で保存している方もいるでしょう。しかし、突然データが消えてしまったら、慌てますよね。そんな状況になったら、データ復旧業者を利用するのが一番です。そこで今回は、外付けハードディスクのデータ復旧ができる業者を5選形式でご紹介します。

外付けハードディスクが壊れる原因って?

 

外付けハードディスクが壊れるときには、論理障害と物理障害が原因になります。論理障害の場合だと、業者に依頼しなくても復旧できる可能性があります。もちろん重度の論理障害の場合、自分で対応するのは難しいため、データ復旧業者を利用すべきでしょう。

また、物理障害の場合は、プロの業者に依頼することが一番です。水没や衝撃が原因となり、外付けハードディスクが壊れてしまうケースが良くあります。ハードディスクから異音が鳴っている場合も、物理障害の可能性が高いでしょう。この場合は、すぐに電源を落として、できる限り早くプロにデータ復旧をまかせましょう。

外付けハードディスクのデータ復旧ができる業者5選

それではデータ復旧ができる業者をご紹介します。

ロジテック

データ復旧におけるユーザー満足度が高い「ロジテック」。パソコン周辺機器メーカーとして有名なことから、信頼できると感じるユーザーは多いでしょう。また、調査報告書・見積書は無料、さらに復旧可能データリストを提供してくれます。
そのため、安心してデータ復旧を依頼しやすく、復旧業者に依頼したことがない方にもおすすめ。さらに、充実したセキュリティ対策を行っており、データ流出を起こさない環境が整っています。スタッフの入退室管理を徹底しており、入り口には赤外線センサーも取り付けられています。ネットワークカメラでスタッフの監視を行っているため、徹底したデータ管理をしてくれるでしょう。

Buffalo

「Buffalo」もパソコン周辺機器メーカーとして有名で、ユーザーからの信頼が高いデータ復旧業者。Buffaloはスタッフがハードディスクに精通しているため、技術力が高いことが特徴です。

外付けハードディスクの場合、論理障害は3万円からデータ復旧を行ってくれます。Buffaloの提携メーカー製外付けハードディスクなら、軽度の論理障害は無料対応可能。物理障害は6万円から対応可能で、確実なデータ復旧に期待できるでしょう。

また、提携メーカー製品なら、復旧費用が割引されることがメリット。他社製品と比べると、1万円ほど安く対応してくれます。Buffalo製の外付けハードディスクを使用しているなら、データ復旧もBuffaloで行ってみてください。

A1データリカバリー

HDDのエンジニアが在籍しており、外付けハードディスクにも強い「A1データリカバリー」。非常にハイレベルな技術力を持っていることから、重度な障害でもデータ復旧に期待できます。

また、提携メーカーの外付けハードディスクなら、データ復旧をしてもメーカー保障を残すことができます。A1データリカバリーの技術力の高さ、提携メーカーからの信頼があるからでしょう。提携メーカーの外付けハードディスクなら、最大30%の割引も可能です。

さらに、追加料金は一切請求しないスタイルなので、見積もりより高くなることはありません。外付けハードディスクを安心して依頼するなら、A1データリカバリーを検討してみてください。

アドバンスデザイン

すぐにデータを復旧したい、できる限り安くしたいなら「アドバンスデザイン」がおすすめ。
世界大手のSEAGATE社と提携しており、データ復旧業界トップクラスの技術力を持っています。そのため、データ障害の症状に合わせて、適切な復旧プランで素早く対応してくれます。

また、アドバンスデザインは完全成果報酬型で、データ復旧に失敗したら費用はかかりません。初期診断や見積もり、キャンセル料は無料なので、ムダなお金は一切かからないことがメリット。データ復旧に失敗して、他のリカバリー業者が復旧に成功したら、5万円の報酬まで出しています。

他の復旧業者と比べても、料金・技術力のどちらの面でも非常に優れている業者です。1,000社以上の大手企業の復旧実績を持っているため、安心して依頼できるでしょう。外付けハードディスクのデータトラブルに困ったら、アドバンスデザインを試してみませんか?

外付けハードディスクはアドバンスデザインにおまかせ

外付けハードディスクの復旧を依頼するなら、ぜひアドバンスデザインがおすすめです。データ復旧費用は安いですし、スタッフの技術力も高いです。そのため、確実なデータ復旧に期待できるでしょう。

また、NASやSSDなど様々な記録メディアに対応しているので、外付けハードディスク以外でもおすすめです。論理障害から物理障害まで幅広く対応していますので、まずは見積もりを出してみてください。データトラブルに困ったときは、アドバンスデザインに相談してみてください

1位

アドバンスデザイン

2位

A1データリカバリー

3位

Buffalo

4位

ロジテック

5位

日本データ復旧サービスセンター(AOS)

アドバンスデザイン A1データリカバリー Buffalo ロジテック 日本データ復旧サービスセンター(AOS)
データ復旧費用

17,800~
180,000円

データ復旧費用

27,600~
196,000円

データ復旧費用

30,000~
120,000円

データ復旧費用

50,000~154,000円

データ復旧費用

41,800~195,800円

データ復旧スピード

当日~7日

データ復旧スピード

2~3日

データ復旧スピード

最短当日で復旧可能

データ復旧スピード

1~5日

データ復旧スピード

当日~7日

データ復旧実績

10,000件以上

データ復旧実績

70,000件以上

データ復旧実績

バッファロー製品以外も多数

データ復旧実績

30,000件以上

データ復旧実績

年間12,000件以上

データ復旧技術

米大手HDDメーカーと業務提携しており、Buffaloにデータ復旧の技術提供を行っている

データ復旧技術

元HDD設計者が在籍しており、高い復旧技術

データ復旧技術

熟知した技術者が携わっている

データ復旧技術

メーカー実績で積み上げた高い技術力

データ復旧技術

高い技術力を誇る

導入設備とツール

クラス100クリーンルーム、レーザー顕微鏡

導入設備とツール

クリーンルーム

導入設備とツール

クリーンルーム

導入設備とツール

クリーンルーム

導入設備とツール

クリーンルーム

品質規格

ISO9001、
ISO 27001

品質規格

ISO 27001

品質規格

ISO9001、
ISO27001

品質規格

ISO9001、ISO27001

品質規格

-

対応メディア

パソコン、HDD、SSD、各種テープメディア他

対応メディア

HDD、SSD、サーバー、パソコン他

対応メディア

SSD、NAS、USBメモリー、SDカード他

対応メディア

HDD、RAID、サーバー他

対応メディア

HDD、RAID、サーバー、NAS、SDカード、USB他

評判

buffaloと企業提携していて安心率が高い

評判

成果報酬型サービスで安心

評判

パソコン周辺機器メーカー公式だから安心

評判

料金体系が明瞭なので安心

評判

警察、検察など捜査機関向けに法廷提出用データ復旧サービスも対応

HDD、RAID、NAS、SSD、サーバーのデータ破損や消滅で困ったら、 データ復旧比較ガイドでデータ復旧会社の情報をチェック!
信頼できるデータ復旧業者を徹底的にリサーチしました。