HDD、RAID、NAS、SSD、サーバーのデータ破損や消滅で困ったら、 データ復旧比較ガイドでデータ復旧会社の情報をチェック!
信頼できるデータ復旧業者を徹底的にリサーチしました。

【2023年】SDカードのデータ復元おすすめ業者5選!選び方や費用相場も解説

誤ってSDカードのデータ削除してしまったり、初期化をしてしまった場合には、自力で復元する方法とデータ復元業者に依頼する方法があります。

この記事では、データ復元ソフトを使う場合と業者に依頼する場合のメリット・デメリットについて触れつつ、おすすめのソフトや復元業者を紹介していきます。SDカードが壊れる原因や復元費用の相場についても解説しているので、SDカードのデータ復元を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

データ復旧をどこに頼んだらいいの?そんなお悩みにお答えします

「データが消えてしまって、どうすれ良いかわからない」、「データ復旧を業者に依頼したいけど、相場がわからない」、 そんなお悩みの方へ、データ復旧比較ガイドは本当に信頼できるデータ復旧会社を徹底比較いたしました。
データ復旧会社の選び方から、復旧会社のランキングをまとめていますので、ぜひご参考にしてみてください。

目次

SDカードが壊れれてしまう原因

まずは、SDカードが壊れてしまう原因について解説していきます。基本的にSDカードが壊れる原因は「論理障害」と「物理障害」に分けることができます。

原因1. 論理障害

SDカードが壊れる原因の一つ目は「論理障害」です。論理障害はSDカード自体が壊れているのではなく、内部のデータに問題が発生することによって起こる障害です。具体的には下記のような原因によって発生します。

  • フォーマットをしてしまった
  • データの書き込み中にエラーが発生した
  • 誤ってデータを削除してしまった
  • ウイルスに感染した

フォーマットをしてしまった

誤ってフォーマットをしてしまったというのは論理障害の代表的な原因の1つです。フォーマットとは初期化のことで、SDカード内のデータを初期化してしまった結果、全てのデータが消えてしまうのです。

SDカードをPCと接続している際に、「フォーマットしますか?」といったメッセージが表示されることがあります。この時に「はい」を選んでしまうとSDカード内のデータが消えてしまうので注意が必要です。

また、SDカードに何かトラブルが発生した際に「フォーマットをすればトラブルが解消する可能性がある」という記事を見て、フォーマットをしてしまったというケースもあるでしょう。

基本的にフォーマットは中のデータを初期化したい場合や、購入直後に初めて使用する記録媒体で利用できるようにする際に使用する機能になります。そのため、中に必要なデータがある場合には、絶対にフォーマットを行わないようにしましょう。

ただし、1度のフォーマットであれば、ぱっと見は消えていてもデータ自体はまだ完全に削除されずに残っているケースも多いです。フォーマットを複数回行ったり、別のデータで上書きをすると復元が難しくなるので、万が一フォーマットをしてしまった場合は、それ以上データに変更を加えないようにしましょう。

データの書き込み中にエラーが発生した

データの書き込み中に電源が落ちたり、SDカードの抜き差しを行なった場合にエラーが発生してしまい、データにアクセスできなくなってしまうことがあります。この場合も完全にデータが消えてしまっているわけではないので、市販のソフトを使用したり、データ復元業者に依頼することでデータを取り戻せる可能性が高いです。

誤ってデータを削除してしまった

誤ってデータを削除してしまったというケースも論理障害の代表例の1つです。必要ないと思って消したデータが必要だったといったことが原因で発生し、こちらも初期段階であれば市販のソフトなどで復旧可能な場合がほとんどです。

ウイルスに感染した

PCやSDカードがウイルスに感染することにより、SDカード内部のデータが消えてしまうことがあります。また、データは存在しているのにファイルが開けなかったり、ぱっと見は正しいファイルなのに開いてみると違うデータになっているといったケースもあります。

ウイルスの感染が疑われる場合はなるべく触らないようにして、専門の業者に復旧や修理を依頼することをおすすめします。

原因2. 物理障害

「物理障害」はその名の示す通り、SDカード本体が物理的に破損している状態のことを指します。具体的には下記のような原因で発生することが多いです。

  • SDカードを水没させてしまった
  • 誤ってSDカードを割ってしまった
  • 静電気や落雷などによりショートしてしまった

SDカードを水没させてしまった

SDカードは精密機械であるため、トイレやお風呂に落としてしまったというケースはもちろん、雨で濡れてしまった、コーヒーをこぼしてしまったというケースでも故障してしまう可能性があります。

水没による故障は個人ではどうすることもできないため、専門のデータ復元業者に依頼をするようにしましょう。

誤ってSDカードを割ってしまった

SDカードをPCに挿して使用している場合、無理に外そうとしたりどこかにひっかけてしまい割れてしまう可能性があります。これも物理障害が引き起こされる代表的な原因の1つで、少しの破損ならデータを読み込むことができる場合もありますが、ふとした拍子にデータが見れなくなる可能性もあるため、早めにバックアップを取ったり専門の業者に復元を依頼するようにしましょう。

静電気や落雷などによりショートしてしまった

静電気もSDカードの故障を引き起こす原因となります。人にとってはそれほど大きな電気に感じなくとも、SDカードという精密機器にとってはかなりの電圧となり、場合によってはショートしてしまうこともあります。

また、落雷などによりコンセントに繋いでいるPCの電源が急に落ちてしまうと、PCに接続しているSDカードにも影響が出る可能性もあります。

SDカードのデータ復元や修理を行う方法

ここからは、SDカードのデータが消えてしまった場合の復元・修理方法について解説していきます。基本的には、データ復元のプロに依頼する方法と自力で復元する方法のどちらかになります。

データ復元業者に依頼する

確実にデータの復元をしたい場合はデータ復元業者に依頼をするようにしましょう。豊富な経験と確かな技術力を持つ業者に依頼をすれば、高確率でSDカードのデータを復元することができます。基本的には、業者に依頼をしてSDカードを送付し、その後復元作業をして問題なければ返却という流れになります。

簡単な論理障害の場合は即日対応してくれるケースもありますが、重度の論理障害や物理障害の場合は作業に数日から1週間程度の期間が必要な場合もあります。

データ復元ソフトを使用する

データ復元業者に依頼をするのが面倒・不安という方は、データ復元ソフトを使用して自力で復元することも可能です。特に、誤ってフォーマットをしてしまった場合やファイルを削除してしまった場合など軽度の論理障害の場合は、ソフトにもよりますが自力で解決できる可能性があります。

一方、フォーマットをした後に再度フォーマットを行なってしまった場合やウイルス感染が疑われる場合などは重度の論理障害に該当するため、ソフトでの復元は難しいかもしれません。基本的に、データの復元は回数を重ねるほど難易度が高くなる傾向にあります。

そのため、可能であれば最初の段階でデータ復元業者に依頼をして、症状の軽いうちに復元を行うようにしましょう。

SDカードのデータ復元は業者と自力のどちらが良い?

データ復元業者に依頼する場合と自力で復元する場合のメリット・デメリットに関しては次の項目で詳しく解説していきますが、基本的には成功確率の高いデータ復元業者に依頼を行うことをおすすめします。

データ復元業者に依頼するのがおすすめなケースと復元ソフトを使って自力で復元するのがおすすめなケースについて簡単にまとめているので、参考にしてみてください。

データ復元業者に依頼した方がいいケース

  • SDカード内に大切なデータが入っている
  • 既に自力での復元作業に失敗している
  • SDカードが物理的に破損している
  • ウイルス感染などの可能性がある

データ復元ソフトを利用した方がいいケース

  • 最悪データが消えてしまっても問題ない
  • 費用をかけずに復元作業を行いたい
  • 軽度の論理障害でデータにアクセス出来なくなっている

SDカードのデータ復元を業者に依頼するメリット・デメリット

ここからはデータ復元業者に依頼するメリットとデメリットについて詳しく解説していきます。メリット・デメリットを踏まえた上で、業者に依頼するかどうかの判断をするようにしましょう。

メリット1. データ復元の成功確率が高い

SDカードのデータ復元を業者に依頼する最大のメリットは、復元の成功確率が高いという点です。個人で復元を試みるよりも成功する可能性が圧倒的に高いので、大切なデータが含まれている場合は、なるべく早い段階で業者に復元を依頼するようにしましょう。

また、何度かお伝えしている通り、軽度の論理障害であれば自力での復元も可能ですが、実際にSDカードに発生している障害が軽度の論理障害か重度の論理障害かを判断するのは個人では難しいです。

そのため、基本的にはデータ復元の専門家である業者に依頼をした方がよいと言えるでしょう。

メリット2. 物理障害でも対応できる

論理障害、物理障害ともに復元の対応が可能という点は、業者に依頼する大きなメリットと言えます。データ復元ソフトでは、破損やショート、水没といった物理的な障害には対応できないため、物理障害が疑われる場合は業者に依頼をする一択になるでしょう。

デメリット1. 費用が高い

業者に依頼するデメリットはそれなりに費用がかかってしまうという点になります。データ復元ソフトであれば数千円程度で済む可能性がありますが、業者に依頼すると数万円程度はかかると思っておいた方がよいでしょう。

その分、データの復元成功率は高いので、大切なデータが入っている場合は、お金をかけてでも業者に依頼をした方がよいです。

費用に関しては業者ごとに大きく異なるので、複数業者に見積もりの依頼をして費用を比べつつ判断することをおすすめします。

デメリット2. 業者を選ぶのが手間

復元業者を選ぶのが手間というのもデメリットの1つです。技術力や費用面、セキュリティが大丈夫かなど様々な観点で選ぶ必要があり、中には悪徳業者も存在するため数あるデータ復元業者の中から信頼できる業者を選ぶのは大変です。

1から探すのは難しいので、おすすめ業者を紹介しているサイトを参考にすることをおすすめします。

SDカードのデータ復元を自力で行うメリット・デメリット

メリット1. 費用があまりかからない

費用があまりかからないという点は、データ復元ソフトを使用する最大のメリットといえます。有料ソフトでも数千円から購入できるので、基本的にはデータ復元業者に依頼するよりも費用は安く済むでしょう。

メリット2. すぐに復元作業をすることができる

データ復元業者に依頼する場合は、SDカードを送って作業をしてもらうということもあり、数日から1週間程度かかるケースが多いです。一方、データ復元ソフトであればソフトを取得してすぐに作業に移ることができるため、即日で復元することが可能です。

デメリット1. データ復元に失敗する可能性がある

安い費用で復元ができる反面、データ復元率がそこまで高くないのはデメリットの1つです。フォーマットをしてしまった場合や書き込みエラーが発生した場合は復元率がそこそこ高いですが、それでも失敗してしまう可能性があるという点には注意が必要です。

デメリット2. 症状が悪化する可能性がある

データの復元に失敗してしまうと症状の悪化につながることがあります。特に、最初の段階で業者に依頼しておけば簡単に復元できたのに、自力で作業して失敗したがために、復元難易度が高くなってしまったというのはよくある話です。

デメリット3. 物理障害には対応できない

データ復元ソフトが対応可能なのは論理障害で、物理障害には対応できない点には注意が必要です。物理障害が発生しているSDカードに復元ソフトを使用してしまうと、症状を悪化させてしまい最悪の場合復旧不可能となる可能性もあるので、絶対に復元ソフトは使用しないようにしましょう。

優良なSDカードのデータ復元業者を選ぶポイント

成果報酬型を採用している

成果報酬型とはデータの復元に成功した場合にだけ費用が発生するという仕組みです。成果報酬型を採用している業者に依頼すれば、復元に失敗した場合に費用が発生しないので、「SDカードのデータが戻ってこなかったのに費用だけ取られた」といった状況を避けることができます。

ホームページに復元率を載せている

SDカードの復元率が高い業者は、知識と経験が豊富なので、復元に成功する確率も高いといえます。復元率に関しては業者のホームページに載っているケースが多いので、業者を選ぶ際には必ず確認するようにしましょう。

復元成功の定義には要注意!

復元率の高さは業者を選ぶ上で重要な要素ですが、復元の定義がどうなっているかは業者毎に異なるので注意が必要です。例えば、「SDカードからデータを1つでも復元できたら成功」と定義している場合は、業者的には成功でも依頼した側からすれば失敗といえるでしょう。また、難易度の低い復元作業を請け負って復元率を意図的に上げているようなケースも考えられます。

そのため、何を持って復元の成功と定義しているのか、自分の望んだデータをしっかり復元してくれるかなどを確認するようにしましょう。

セキュリティ対策がしっかりをしている

SDカードの中には個人情報に関わるデータやプライベートな写真などが入っていることも多いかと思います。データの復元業者が悪意を持ってデータの中身を見ることはほとんどありませんが、悪徳業者であれば許可なくデータを開いて確認するといった可能性もあります。

そういった事態を避けるために、「ISO認証」や「プライバシーマーク」などの認定を受けている業者に依頼するのがおすすめです。これらの認証は、個人情報の取り扱いに関する一定の基準を満たしている業者だけが取得できるので、安心して復元依頼ができるでしょう。

スピード対応をしてくれるか

急ぎでSDカードのデータ復元が必要な場合は、スピード対応をしてくれる業者を選ぶようにしましょう。復旧難易度にもよりますが、即日対応をしてくれるケースもあるので、対応可能か確認してみましょう。

ただし、特急料金のような形で通常の復元作業とは別に費用が発生する可能性があるので、その点は注意しましょう。

SDカードが故障した際の注意点

ここからはSDカードが故障してしまった際の注意点について解説していきます。

故障したSDカードの使用をすぐにやめる

SDカードが故障してしまってデータにアクセスできなくなった場合は、すぐにSDカードの使用をやめるようにしましょう。データ復元業者に依頼するにしろ復元ソフトを使用して自力で直すにしろ、基本的には復元作業をするまでSDカードは使用しない方がよいです。

ついつい気になってデータにアクセスできるか試したくなるかと思いますが、SDカードに通電をするほどデータの復元確率が低くなってしまうので注意しましょう。

フォーマットは絶対に行わない

SDカードが壊れて上手く開けなくなった際に、「フォーマットをしますか?」といったメッセージが表示されることがあります。フォーマットは初期化のことなので、この段階で「はい」を選んでしまうと全てのデータが消えてしまうので絶対に行わないようにしましょう。

また、一度フォーマットしたSDカードを再度フォーマットしてしまうと、データ復元の難易度が一気に高くなるのでこちらも避けるようにしましょう。

自分で分解を行わない

SDカードに限らず、HDDやスマホなどのデータ復元をする際も、自分で分解を行うのは控えましょう。基本的にこういった記録媒体は精密機械であるため、分解はクリーンルームで行うことが推奨されています。

特に、少しの埃や指紋が付着することでさらに症状が悪化する可能性もあるので、気をつけましょう。

おすすめのSDカードデータ復元業者5選!

アドバンスデザイン

Buffaloへ技術提供を行っている、
データ復旧のリーディングカンパニー
  • 日本で最初のデータ復旧専門企業
  • 米大手HDDメーカーと技術提携しており、最高のデータ復旧技術が魅力
  • 世界でも最高レベルの設備とツールを完備しています
  • 初期診断・見積りにスピーディーに無料対応します
  • 高品質を証明する国際規格ISO9001/ISO27001を取得しています
合計
4.3
データ復旧費用

成功報酬の上、
比較的安価な復旧費用

データ復旧スピード

通常1~7営業日

データ復旧実績

大手企業
1000社以上

データ復旧技術

米大手HDDメーカーと業務提携しており、Buffaloにデータ復旧の技術提供を行っている

導入設備とツール

クラス100クリーンルーム、レーザー顕微鏡

品質規格

ISO9001
ISO27001

対応メディア

HDD、SSD、RAID、NAS、サーバー、SDカード、USBメモリなど

評判

復旧技術、セキュリティ、復旧費用ともに業界随一のサービスが魅力

合計
4.3
データ復旧費用

成功報酬の上、
比較的安価な復旧費用

データ復旧スピード

通常1~7営業日

データ復旧実績

大手企業
1000社以上

データ復旧技術

米大手HDDメーカーと業務提携しており、Buffaloにデータ復旧の技術提供を行っている

導入設備とツール

クラス100クリーンルーム、レーザー顕微鏡

品質規格

ISO9001
ISO27001

対応メディア

HDD、SSD、RAID、NAS、サーバー、SDカード、USBメモリなど

評判

復旧技術、セキュリティ、復旧費用ともに業界随一のサービスが魅力

キャンペーン情報
【DELL社製品割引】
デル社製の全製品を対象に、データ復旧サービスを20%OFFにてご提供しています。
【APPLEストア割引】
「アップルストアから来ました!」で、データ復旧サービスを20%OFFにてご提供しています。

お電話でのお問い合わせ
0120-290-865
平日9:00~18:30 / 土曜9:00~17:30

A1データリカバリー

1995年から日本国内でデータ復旧事業を展開している老舗業者
  • 現在までに50000件以上の豊富な復旧実績があります
  • 高い復旧技術と高セキュリティによる信頼度が抜群です
  • 迅速な対応が評判です
  • HDDの元設計者も多数在籍しているため、業界トップレベルの高い復旧率が望めます
合計
3.8
データ復旧費用

成功報酬型で、総容量などにより決まる。

データ復旧スピード

緊急
完了まで24時間365日体制で対応

データ復旧実績

50万件以上の復旧実績
5万件以上の年間復旧件数
35年以上の復旧経験

データ復旧技術

元HDD設計者が在籍しており、高い復旧技術

導入設備とツール

クリーンルーム

品質規格

ISO27001

対応メディア

HDD、RAID、サーバー、NAS、SDカード、USBメモリなど

評判

高い復旧技術からの信頼感と高セキュリティの安心感から大企業からも評価が抜群。

合計
3.8
データ復旧費用

成功報酬型で、総容量などにより決まる。

データ復旧スピード

緊急
完了まで24時間365日体制で対応

データ復旧実績

50万件以上の復旧実績
5万件以上の年間復旧件数
35年以上の復旧経験

データ復旧技術

元HDD設計者が在籍しており、高い復旧技術

導入設備とツール

クリーンルーム

品質規格

ISO27001

対応メディア

HDD、RAID、サーバー、NAS、SDカード、USBメモリなど

評判

高い復旧技術からの信頼感と高セキュリティの安心感から大企業からも評価が抜群。

キャンペーン情報
【復旧費割引】
A1データでは、BUFFALO(バッファロー)、DELL(デル)、I-O DATA(アイ・オー・データ)のパソコン(PC)、ハードディスク(HDD)、RAID、NAS等の製品をご使用のお客様に対し最大で30%復旧費用が割り引きになるキャンペーンを行っています。

お電話でのお問い合わせ
0120-290-865
平日9:00~18:30 / 土曜9:00~17:30

Buffalo

HDDを熟知するパソコン周辺機器メーカーの技術力
  • メディアと障害レベルに応じた固定料金制!
  • データ復旧後に追加料金が発生する心配ナシ!
  • バッファロー製品なら無償でデータ復旧の可能性も!
合計
4.3
データ復旧費用

一律固定料金制

データ復旧スピード

最短当日で復旧可能

データ復旧実績

バッファロー製品以外も多数

データ復旧技術

熟知した技術者が携わっている

導入設備とツール

クリーンルーム

品質規格

ISO9001
ISO27001

対応メディア

SSD、NAS、USBメモリー、SDカード他

評判

パソコン周辺機器メーカー公式だから安心

合計
4.3
データ復旧費用

一律固定料金制

データ復旧スピード

最短当日で復旧可能

データ復旧実績

バッファロー製品以外も多数

データ復旧技術

熟知した技術者が携わっている

導入設備とツール

クリーンルーム

品質規格

ISO9001
ISO27001

対応メディア

SSD、NAS、USBメモリー、SDカード他

評判

パソコン周辺機器メーカー公式だから安心

キャンペーン情報




ロジテック

92%の高いデータ復旧率が魅力のロジテック
  • 担当制を導入しており、データ復旧完了まで責任を持ってサポートします
  • パソコン周辺機器メーカーとして長い歴史があり、高い技術を有しています
  • NAS、RAID製品の調査・見積り・データリスト提出を無料で対応
  • 即日対応のスピード感。出張サービスもあり
  • 親身な対応が評判のいい会社
合計
3.8
データ復旧費用

依頼品種ごと定額制の料金

データ復旧スピード

最短1営業日で対応可

データ復旧実績

学校や法人など多数の顧客

データ復旧技術

メーカー実績で積み上げた高い技術力

導入設備とツール

クリーンルーム

品質規格

ISO27001

対応メディア

HDD、RAID、サーバー、NAS、SDカード、USBメモリなど

評判

法人や個人などの感謝の声が寄せられる

合計
3.8
データ復旧費用

依頼品種ごと定額制の料金

データ復旧スピード

最短1営業日で対応可

データ復旧実績

学校や法人など多数の顧客

データ復旧技術

メーカー実績で積み上げた高い技術力

導入設備とツール

クリーンルーム

品質規格

ISO27001

対応メディア

HDD、RAID、サーバー、NAS、SDカード、USBメモリなど

評判

法人や個人などの感謝の声が寄せられる

キャンペーン情報
【データ復旧バリューパック】
ロジテックでは、論理障害1回につき3150円の手数料でデータ復旧を行うデータ復旧バリューパックをご用意しています。

お電話でのお問い合わせ
0800-888-6409
平日9:00~18:30 / 土曜9:00~17:30

日本データ復旧サービスセンター(AOS)

業界トップレベルのデータ復旧率を誇る
  • 24時間365日対応の問い合わせフリーダイヤル
  • 入退室を徹底管理した高いセキュリティ環境
  • 個人客の他、企業、官公庁、研究機関などから多数の依頼実績があります
合計
3.8
データ復旧費用

成功報酬型で、総容量などにより決まる。

データ復旧スピード

持ち込みかつ特急復旧サービスを利用の場合、即日対応可

データ復旧実績

大企業や官公庁など実績多数

データ復旧技術

高い技術力を誇る

導入設備とツール

クリーンルーム

品質規格

ISO27001

対応メディア

HDD、SDD、パソコン、サーバー、ビデオカメラなど

評判

個人の他、企業や官公庁からも依頼実績がある

合計
3.8
データ復旧費用

成功報酬型で、総容量などにより決まる。

データ復旧スピード

持ち込みかつ特急復旧サービスを利用の場合、即日対応可

データ復旧実績

大企業や官公庁など実績多数

データ復旧技術

高い技術力を誇る

導入設備とツール

クリーンルーム

品質規格

ISO27001

対応メディア

HDD、SDD、パソコン、サーバー、ビデオカメラなど

評判

個人の他、企業や官公庁からも依頼実績がある

キャンペーン情報
【データ復旧安心サービスパック】
日本データ復旧サービスセンターでは、パソコン購入時に10,290円のお支払いで、データ復旧を3年の間何度でも(物理障害は1回のみ)対応するデータ復旧安心サービスパックをご用意しています。

お電話でのお問い合わせ
0120-194-119
24時間年中無休

SDカードのデータ復元費用相場

SDカードのデータ復元費用相場は業者や難易度によって異なってきます。

ここでは、データ復元業者ごとの復元費用相場を一覧にまとめているので費用の参考にしてみてください。

税込価格
アドバンスデザイン33,000円~
A1データ33,000円~
PCエコサービス43,760円
LIVEDATA22,000円~
DATASMART44,000円~
デジタルデータリカバリー5,000円~

こちらの費用は記事執筆時点の情報になります。また、費用は最低価格の目安になるので、障害の種類や難易度等によって変わってくるという点は注意してください。

データ復元を行う前に確認しておくべきこと

SDカードのデータ復元を行う前に確認しておくべきことがいくつかあります。もしかしたら故障と思っていても、実はSDカード本体以外のところに問題があるケースがあるので、これから紹介する内容に該当しないか事前に確認しておくようにしましょう。

SDカードがきちんと接続できているか

SDカードをPCが認識してくれない場合に考えられるのは、SDカードの接触不良です。SDカードが奥まで挿さっていないと正しく認識することができません。そのため、まずはSDカードを一旦抜いて、再度奥まで挿してみるようにしましょう。

SDカードの規格は合っているか

SDカードには「SD」「SDHC」「SDXC」といった規格があります。製品によっては使用ができない規格もあるので、特にPCやスマートフォン、カメラなどを変えてからデータにアクセスできなくなったという場合には、規格が合っているかチェックするようにしましょう。

SDカードに関するよくある質問

最後にSDカードに関するよくある質問に回答していきます。

SDカードの寿命はどれくらい?

SDカードの寿命は年数ではなく書き込み回数で表されます。一般的には約3,000回書き込みを行うと寿命を迎えると言われています。

ただし、こちらはあくまで目安であり、高温の環境下に置き続けているといった場合には書き込み回数が3,000回を迎えるより前に故障してしまう可能性があります。

SDカードの種類とは?

SDカードは先ほどお伝えした通り、「SD」「SDHC」「SDXC」の3種類の規格に分けられます。基本的には容量で区別されており、2GB以下がSDカード、4〜32GBがSDHCカード、64GB以上がSDXCカードとなります。

容量
SD〜2GB
SDHC4〜32GB
SDXC64GB

また、SDカードよりサイズの小さい「microSD」と呼ばれるカードも存在しています。

まとめ

SDカードのデータ復元を行う際には、データ復元ソフトを使用する方法と、データ復元業者に依頼する方法があります。

データ復元ソフトには、費用を抑えることができる、すぐに対応が可能といったメリットがある反面、物理障害には対応していない、復元成功率がそこまで高くないといったデメリットが存在しています。そのため、費用が高くなってしまいますが、基本的にはデータ復元業者に依頼をするのがおすすめです。

データ復元業者に依頼する際には、復旧実績が豊富で成果報酬型を採用している業者を選ぶようにしましょう。また情報セキュリティの認証を保有している業者なら個人情報流出のリスクも少ないので、判断する際のポイントとして認識しておきましょう。

おすすめのデータ復旧会社3選

データ復旧会社は、全ての会社が安心して依頼できるとは限りません。復旧作業を依頼する際は機器を預けなければならないので、情報の流出を防ぐためにも依頼する業者はしっかりと選ぶ必要があります。

とはいえ、たくさんの会社の中から信頼できるところを探すのは大変ですよね?そこで、ここでは安心して依頼できるおすすめの業者を3つご紹介していきます。人気が高く口コミでも評判の会社をまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

【1位】アドバンスデザイン

高い復旧技術と充実した設備を完備している「アドバンスデザイン」は、日本で初めてデータ復旧サービスの提供を始めた老舗の会社です。軍事レベルのセキュリティー管理を行っているので、重要なデータを管理する機器でも安心して預けることができるでしょう。

また、無料で初期診断や依頼時の見積もりなどを対応してもらえるので、気軽に相談できるといった点もおすすめのポイントです。初めて利用される方でも安心して利用できるので、お困りの際はぜひ一度相談してみてはいかがでしょうか?

【2位】A1データリカバリー

50万件と豊富な実績を持っている「A1データリカバリー」なら、高いセキュリティーで安心して依頼することができます。復旧作業は即日から対応してくれるので、急なデータトラブルでお困りの方にもおすすめです。また、こちらでは出張サービスも提供しているので、どうしても機器を預けたくないという方でも安心して利用することができるでしょう。

【3位】Buffalo(バッファロー)

パソコンの周辺機器メーカーとして有名な「Buffalo(バッファロー)」は、データ関連のノウハウを熟知しているので、安心して利用できるおすすめの復旧会社です。料金は一律固定となっているので、追加料金を請求される心配がありません。

また、依頼する機器が自社製品であれば無料で対応してもらえる場合があるので、Buffalo製品を利用している方は一度利用してみてはいかがでしょうか?

関連記事はこちら

著者情報
株式会社CLUTCH メディア編集部
データ復旧会社へのインタビューや調査データを基におすすめ比較とサイトを企画設計し、独自の評価基準にて今本当に信頼できるデータ復旧会社を紹介。 また、メディア編集部としてデータ復旧会社へのインタビュー等を基にPCやサーバ、HDD、SSD、スマホ等のデータ復旧に関わる記事を執筆。
1位

アドバンスデザイン

2位

A1データリカバリー

3位

Buffalo

4位

ロジテック

5位

日本データ復旧サービスセンター(AOS)

アドバンスデザイン A1データリカバリー Buffalo ロジテック 日本データ復旧サービスセンター(AOS)
データ復旧費用

30,000~
180,000円

データ復旧費用

27,600~
196,000円

データ復旧費用

30,000~
120,000円

データ復旧費用

50,000~154,000円

データ復旧費用

41,800~195,800円

データ復旧スピード

当日~7日

データ復旧スピード

2~3日

データ復旧スピード

最短当日で復旧可能

データ復旧スピード

1~5日

データ復旧スピード

当日~7日

データ復旧実績

10,000件以上

データ復旧実績

70,000件以上

データ復旧実績

バッファロー製品以外も多数

データ復旧実績

30,000件以上

データ復旧実績

年間12,000件以上

データ復旧技術

米大手HDDメーカーと業務提携しており、Buffaloにデータ復旧の技術提供を行っている

データ復旧技術

元HDD設計者が在籍しており、高い復旧技術

データ復旧技術

熟知した技術者が携わっている

データ復旧技術

メーカー実績で積み上げた高い技術力

データ復旧技術

高い技術力を誇る

導入設備とツール

クラス100クリーンルーム、レーザー顕微鏡

導入設備とツール

クリーンルーム

導入設備とツール

クリーンルーム

導入設備とツール

クリーンルーム

導入設備とツール

クリーンルーム

品質規格

ISO9001、
ISO 27001

品質規格

ISO 27001

品質規格

ISO9001、
ISO27001

品質規格

ISO9001、ISO27001

品質規格

-

対応メディア

パソコン、HDD、SSD、各種テープメディア他

対応メディア

HDD、SSD、サーバー、パソコン他

対応メディア

SSD、NAS、USBメモリー、SDカード他

対応メディア

HDD、RAID、サーバー他

対応メディア

HDD、RAID、サーバー、NAS、SDカード、USB他

評判

buffaloと企業提携していて安心率が高い

評判

成果報酬型サービスで安心

評判

パソコン周辺機器メーカー公式だから安心

評判

料金体系が明瞭なので安心

評判

警察、検察など捜査機関向けに法廷提出用データ復旧サービスも対応

HDD、RAID、NAS、SSD、サーバーのデータ破損や消滅で困ったら、 データ復旧比較ガイドでデータ復旧会社の情報をチェック!
信頼できるデータ復旧業者を徹底的にリサーチしました。