HDD、RAID、NAS、SSD、サーバーのデータ破損や消滅で困ったら、 データ復旧比較ガイドでデータ復旧会社の情報をチェック!
信頼できるデータ復旧業者を徹底的にリサーチしました。
失敗しないデータ復旧ガイド
本当に信頼できるデータ復旧会社を徹底比較

スマホのデータを復旧する方法と復旧前にやってはいけないこと

友人や家族などの連絡先はもちろんのこと、旅行先で撮影した思い出の写真や動画など、スマートフォンの中には大切なデータがたくさん保存されているものです。ですが、何らかの原因でデータが開けない、または消えてしまったという経験はありませんか?

最近の機種は充実した機能が備わっているため、スマートフォン1つで多くのデータを管理している方も多いでしょう。そこで、今回は消えたスマートフォンのデータを復旧する方法についてまとめてみました。

他にも、データ復旧前にやってはいけないことについてもご紹介していくので、知っておけば万が一スマホのデータが消えても確実にデータを復旧することができるでしょう。スマートフォンで大切なデータを管理されている方、または消えてしまうと困るデータをお持ちの方は、ぜひこちらの記事を参考にしてみてください。

スマホのデータを復旧させる3つの方法

 

データ復旧と聞くと「難しそう・・・」「自分じゃできないかもしれない・・・」と思いがちですが、方法さえ知っていれば誰でも簡単にデータを復旧することができます。自分でデータの復旧ができればすぐに対応できるので、知っておいて損をすることはないでしょう。

ここでは、そんなスマートフォンのデータ復旧について、3つの方法をご紹介していきます。初めてデータの復旧をされる方でも簡単にできる方法なので、ぜひ参考にしてスマホ内に保存している大切なデータを守ってみてください。

スマホで行うならデータ復旧アプリを使用する

スマートフォンを使ってデータを復旧するのであれば、「データ復旧アプリ」を使用してみてはいかがでしょうか?データ復旧アプリにはさまざまな種類がありますが、誤って削除したデータを専用アプリによって簡単に復旧することができます。

また、データ復旧アプリはスマートフォン専用のアプリケーションなので、パソコンを持っていない方でもデータ復旧が可能です。データ復旧といえばパソコンを使うというイメージがありますが、スマホ1つで復旧作業が行えるのは便利ですよね!

さらに、データ復旧アプリによっては無料で利用できるものもあるので、お金を使わずに大切なデータを取り戻すことができるのも魅力の1つです。無料アプリでも高性能なものがあるので、現在データ復旧で悩んでいる方は一度試してみる価値はあるのではないでしょうか?

ちなみに、無料データ復旧アプリを使用するのであれば、「GT-Recovery(ジーティー・リカバリー)」がおすすめです。無料なのに連絡先・通話記録・メッセージ・写真など、その他複数のデータ復旧が可能なアプリなので、スマートフォンを使ったデータ復旧を検討されている方は、ぜひダウンロードしてみてください。

パソコンで行うならデータ復旧ソフトを使用する

パソコンを使ってデータ復旧を行うのであれば、専用の「データ復旧ソフト」を使用してみてはいかがでしょうか?iOSやAndroidなど、使用する端末を問わず使用できるだけでなく、無料で利用できるフリーソフトも数多く存在しています。

また、データ復旧ソフトはスマートフォンだけでなくパソコンのデータが消えた際にも活用できるので、1つダウンロードしておけば誤ってデータを削除した場合でもすぐに復旧することができるでしょう。

そんなデータ復旧ソフトには有料版には劣らない機能性を持った無料版もあるので、上記でご紹介したデータ復旧アプリと同じく、お金を使わずにデータを取り出すことができます。専用のソフトはインターネットから簡単にダウンロードできるので、1つ持っておくと万が一のときに役立てることができるでしょう。

ちなみに、iPhoneユーザーであれば「EaseUS MobiSaver Free」、Androidユーザーであれば「Aiseesoft Android データ復旧」がおすすめです。どちらも使いやすく高機能なデータ復旧ソフトとして有名なので、データを復旧される際はぜひ一度利用してみてください。

専門業者にデータの復旧を依頼する

上記のデータ復旧方法は自分で簡単にできるものですが、何かしらの不具合でアプリやソフトではデータの復旧ができないこともあります。そんなときは、専門業者に相談してデータ復旧を依頼してみてはいかがでしょうか?

専門的な知識と技術を持ったプロのスタッフが対応してくれますし、自分ではできないデータを復旧してもらうことができます。また、安全にデータを取り出してくれるので、「自分でデータを復旧するのは不安・・・」という方にも、専門業者への依頼はおすすめですよ!

データ復旧前にやってはいけない2つのこと

 

上記ではスマートフォンのデータを復旧する方法についてご紹介してきましたが、復旧前にやってはいけないことが2つあります。これからご紹介する「やってはいけない行為」を行った場合、復旧できたデータを完全に失ってしまう可能性が高いです。

どちらも知らずにやってしまう場合が多いので、現在データ復旧に悩んでいる方はもちろんですが、万が一に備えて正しい知識を身に着けておきたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

データが開けないからといってむやみに操作しない

スマートフォンにSDカードを使ってデータを管理している場合、何かしらの不具合が起きているとデータを開けない場合があります。この場合、データが開けないからといってむやみに操作を続けていると、データが上書きされることで元々のデータが消えてしまう場合があります。

また、上書きによって消えたデータは復旧することができず、専門業者によるデータ復旧も不可能になってしまいます。ですので、開けないデータがある場合は操作を中断して、早急に復旧作業を行うことをおすすめします。

水没した場合は電源を入れてはいけない

スマートフォンを利用している方の中には、水没によるデータ紛失を経験されている方もいるでしょう。水没したとしても正しい対処法を行っていれば、復旧作業で大切なデータを取り出すことが可能です。

しかし、水没したスマートフォンを救出した直後に電源を入れる・切るなどの行為を行った場合、端末内に侵入した水と操作したことによって発生した電気によってショートしてしまう場合があります。

そうなると当然スマートフォンは故障してしまい、最悪の場合はデータを復旧することができなくなってしまうため、水没した場合は電源の入切を行うのはNGです。そのため、水没させてしまった際はしっかりと水気を拭き取り、数日間乾燥させて安全に使用できる状態でデータ復旧作業を行ってください。

大切なデータを事前に守る方法は?

これまでに、スマートフォンのデータ復旧方法と復旧前にやってはいけないことについてご紹介してきました。ですが、場合によっては復旧作業でデータを取り出すことができない場合もあるため、事前に対策をしておくことが大切です。

まず、大切なデータを守る一般的な方法として、こまめにデータのバックアップを取っておくことが大切です。パックアップさせ取っていれば万が一データ復旧ができず新しく買い替えたとしても、簡単にデータ移行することができます。そのため、大切なデータを守るのであれば、普段からデータのバックアップを取ることをおすすめします。

他にも、スマートフォンに強い衝撃を与えてしまうと、故障やデータを失う原因になってしまいます。ポケットやカバンから取り出す際に落としてしまった、衝撃で電源が入らなくなったというケースは多いので、日頃から取り扱いには十分注意しておきましょう。

とはいえ、バックアップの取り忘れやうっかりスマートフォンを落としてしまうというのは、注意していても起こり得ることです。ですので、そのような場合でデータを失くしてしまった場合は、ご紹介した復旧方法を参考にして大切なデータを取り戻してみてください。

1位

アドバンスデザイン

2位

A1データリカバリー

3位

Buffalo

4位

ロジテック

5位

日本データ復旧サービスセンター(AOS)

アドバンスデザイン A1データリカバリー Buffalo ロジテック 日本データ復旧サービスセンター(AOS)
データ復旧費用

17,800~
180,000円

データ復旧費用

27,600~
196,000円

データ復旧費用

30,000~
120,000円

データ復旧費用

50,000~154,000円

データ復旧費用

41,800~195,800円

データ復旧スピード

当日~7日

データ復旧スピード

2~3日

データ復旧スピード

最短当日で復旧可能

データ復旧スピード

1~5日

データ復旧スピード

当日~7日

データ復旧実績

10,000件以上

データ復旧実績

70,000件以上

データ復旧実績

バッファロー製品以外も多数

データ復旧実績

30,000件以上

データ復旧実績

年間12,000件以上

データ復旧技術

米大手HDDメーカーと業務提携しており、Buffaloにデータ復旧の技術提供を行っている

データ復旧技術

元HDD設計者が在籍しており、高い復旧技術

データ復旧技術

熟知した技術者が携わっている

データ復旧技術

メーカー実績で積み上げた高い技術力

データ復旧技術

高い技術力を誇る

導入設備とツール

クラス100クリーンルーム、レーザー顕微鏡

導入設備とツール

クリーンルーム

導入設備とツール

クリーンルーム

導入設備とツール

クリーンルーム

導入設備とツール

クリーンルーム

品質規格

ISO9001、
ISO 27001

品質規格

ISO 27001

品質規格

ISO9001、
ISO27001

品質規格

ISO9001、ISO27001

品質規格

-

対応メディア

パソコン、HDD、SSD、各種テープメディア他

対応メディア

HDD、SSD、サーバー、パソコン他

対応メディア

SSD、NAS、USBメモリー、SDカード他

対応メディア

HDD、RAID、サーバー他

対応メディア

HDD、RAID、サーバー、NAS、SDカード、USB他

評判

buffaloと企業提携していて安心率が高い

評判

成果報酬型サービスで安心

評判

パソコン周辺機器メーカー公式だから安心

評判

料金体系が明瞭なので安心

評判

警察、検察など捜査機関向けに法廷提出用データ復旧サービスも対応

HDD、RAID、NAS、SSD、サーバーのデータ破損や消滅で困ったら、 データ復旧比較ガイドでデータ復旧会社の情報をチェック!
信頼できるデータ復旧業者を徹底的にリサーチしました。