日本データ復旧サービスセンター(AOS)の特徴や他社との違いまとめ

日本データ復旧サービスセンター(AOS)の特徴や他社との違いまとめ

業界トップの売上を占めるデータ復旧ソフトの開発・販売を行っている「日本データ復旧サービスセンター(AOS)」。データ復旧のスペシャリストといっても阿含ではないスタッフが在籍している信頼でき会社です。

しかし、全国には復旧技術が高く評判の良いデータ復旧業者はたくさん存在するので、データトラブルが起きた際は業者選びに悩んでしまうもの。また、良いサービスを謳った悪徳業者も存在するので、安心して依頼できる業者を探すのは大変な作業です。

今回は、さまざまなデータ復旧業者の中から「日本データ復旧サービスセンター」にスポットを当てて、特徴や他社との違いをまとめてみました。こちらの業者に依頼を検討している方、またはデータ復旧を必要としている方は、ぜひ参考にしてみてください。

日本データ復旧サービスセンター(AOS)の特徴

日本データ復旧サービスセンター(AOS)の特徴

データ復旧業者の基本的なサービスはどこも同じですが、特徴や細かいサービス内容などには違いがあります。そのため、データ復旧業者ならどこでも良いと言わけではなく、より優れたサービスを提供する業者に依頼することで復旧成功を期待できます。

ここでは、データ復旧業者として有名な「日本データ復旧サービスセンター(AOS)」の特徴をまとめてみました。依頼先の下調べとして特徴の把握は大切なので、依頼を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

有料データ復旧ソフトの開発・販売を手掛けている

こちらのデータ復旧業者は、有料データ復旧ソフト「ファイナルデータ」の開発と販売を手掛けています。データ復旧ソフトとは、論理障害によるデータトラブルに使用できる復元ソフトのこと。業者に依頼することなくその場ですぐに復旧作業ができるので、最近では多くの方が利用されている便利なソフトです。

そんな日本データ復旧サービスセンターが開発・販売を行うファイナルデータですが、なんと業界トップの売上を15年間も占めている有名かつ人気のソフトとなっています。誤って大事なデータを削除した、共有ファイルを削除してごみ箱にも残っていないなど、データトラブルで最も多い人為的ミスによるデータ消失を改善することができるので、個人だけでなく法人でも活用されているのではないでしょうか?

しかし、データ復旧ソフトは使い方を間違えると既存データの上に新しいデータを上書きしまい、復元が困難になる、または復元不可能となることがあります。そのため、パソコン関連に詳しくない方や初めてデータ復旧をされる方は、ソフトの利用ではなくAOSに相談してみてはいかがでしょうか?

復旧費用は安心の成果報酬型

こちらの業者では信頼できるデータ復旧業者に多い成果報酬型の料金体系を導入しています。成果報酬型は、復旧を依頼したデータを復元できた場合に費用が発生し、復元できなければ一切の費用が発生しないという仕組みとなっています。

ちなみに、費用の目安程度であれば公式ホームページにてメディア・障害レベル別に料金が公開されています。復旧成功率と高い技術力に自信のある業者に多い料金体系なので、実際の費用には多少の誤差があっても、安心して依頼することができるでしょう。

また、業者によっては初期診断から見積りを作成した時点で明確な料金を提示してくれるところもあります。このような業者であれば復旧完了後に追加料金を請求される心配がなく、見積り通りの費用となるので、最初からハッキリとした価格を知りたい方は他の業者を検討してみると良いでしょ。

充実した法人向けサービスを提供

こちらの業者では論理障害や理論障害、データベースの復旧など、法人向けのサービスが充実していることに定評があります。また、業務で使用するWordやExcelなどに設定したパスワードを忘れてしまった場合、パスワードの復旧にも対応してくれます。

この他にも、法人向けのサービスを提供しているので、データトラブルでお困りの会社にもおすすめのデータ復旧業者となっています。もちろん、法人だけでなく個人での利用にもおすすめなので、データ復旧が必要な場合は一度相談してみてはいかがでしょうか?

電話相談を24時間受け付けている

復旧作業が必要になるデータトラブルはいつ起きてもおかしくはありません。突然パソコンが故障してしまったり共有ファイルを削除してしまったりなど、トラブルが発生するタイミングは突然起きるもの。

AOSでは、急なトラブルにも対応できるよう電話相談を24時間受け付けています。夜中や早朝など、通常では営業時間外の状況でもすぐに相談することができるので、トラブルの早期改善が期待できるでしょう。

緊急を要するデータ復旧にも対応してくれる

データ復旧の作業にかかる日数は、障害レベルによって異なります。軽度の障害なら初期診断から復旧作業までに約5日ほどですが、それ以上の障害レベルになると最大で約2週間はかかるといわれています。

しかし、AOSでは緊急を要するデータ復旧にも対応してくれるため、復元データを急ぐ場合はスピード対応をお願いすることができます。仕事で使用する重要なデータにトラブルが起きた場合、1日でも早く対応してもらいたい方はこちらの業者に依頼してみると良いでしょう。

他のデータ復旧業者との違い

これまでの内容では日本データ復旧サービスセンター(AOS)の特徴についてご紹介してきましたが、他のデータ復旧業者と比べてどのような違いがあるのでしょうか?ここでは、AOSと他社を比較した違いをまとめてみたので、データ復旧を検討している方は、以下の違いを参考にしてみてください。

業界でもトップクラスの復旧技術を持っている

データ復旧業者の多くは、確実にデータを復元するための知識と技術を持ち合わせています。しかし、AOSではデータ復旧ソフトの開発を行っているため、他社に比べてデータ復旧のスペシャリストが在籍しています。

業界でも高レベルな復旧技術と最先端の知識を持ち合わせているので、高品質なサービスを受けることができます。15年間も売上トップを継続するソフトを開発しているので、他社よりもレベルの高いデータ復旧を期待できるでしょう。

豊富なメディアに対応している

データ復旧業者によっては対応しているメディアが異なるので、依頼先によっては目的の機器からデータを復元してもらえいというケースもあります。しかし、AOSでは豊富なメディアに対応しているので、どんな機器でもデータ復旧に対応してもらうことができるでしょう。

パソコンで使用する記憶媒体はもちろん、ファイルサーバーやデータベース、監視カメラで撮影した動画なども復元可能。個人から法人までデータトラブルの悩みを解消できるサービスを受けられるので、データ復旧業者としてとてもおすすめです。

万全のセキュリティ体制で情報を厳重に管理

復旧作業を行うに葉データが保存されている機器を預かる必要があるので、どの復旧業者でも万全のセキュリティ体制をとっています。ですが、AOSではより厳重なセキュリティ体制をとっているため、安心して機器を預けることができます。

休日や営業時間外でも警備を行い、作業現場や各フロアには監視カメラを設置、さらにはデータの持ち出しを検知するツールを使用しています。情報漏洩は人の手によって行われることもありますが、こちらの業者ではそういった心配がないので安全性は高いといえるでしょう。

日本データ復旧サービスセンターに依頼してみよう!

日本データ復旧サービスセンターに依頼してみよう!

データ復旧ソフトの開発・販売を手掛ける日本データ復旧サービスセンター(AOS)は、高品質なサービスを提供してくれるおすすめの業者です。復旧成功率が高く厳重なセキュリティ体制を行う業者なので、信頼性が高く安心して依頼することができます。もしもデータトラブルでお困りの方は、ぜひ一度こちらの業者に相談して、データ復旧を依頼してみてはいかがでしょうか?

TOPへ戻る

実績とデータ復旧技術で選ぶ!信頼できるデータ復旧業者人気ランキング

contents

信頼できるデータ復旧業者人気ランキング

パソコン突然障害お助け復旧キャンペーン!