HDD、RAID、NAS、SSD、サーバーのデータ破損や消滅で困ったら、 データ復旧比較ガイドでデータ復旧会社の情報をチェック!
信頼できるデータ復旧業者を徹底的にリサーチしました。
失敗しないデータ復旧ガイド
本当に信頼できるデータ復旧会社を徹底比較

落下や水没も。よくあるデータトラブル5選と対策方法

「スマホを落としちゃった!」「PCに飲み物をこぼしてしまった」
落下や水没など、さまざまなことが原因で起きてしまうデータトラブル。この記事を読んでいるということは、今現状データトラブルに悩んでいる、または今後の対策として知識を身に着けたいという方ではないでしょうか?

そこで、今回はよくあるデータトラブルと対策方法についてご紹介していきます。予測できないデータトラブルを回避するためにも、これからご紹介することをぜひ参考にして、大切なデータをしっかりと守ってあげてください。

データトラブルの原因と対策法

 

データトラブルは、「物理障害」「論理障害」の2種類が大きな原因といわれています。物理障害は落下・水没・機器の故障による障害、論理障害はデータの破損やウィルスによる障害のこと。どちらも予測できない障害なので、突然のデータトラブルに頭を抱える方は多いでしょう。

そんなときの対策法ですが、「自分でデータ復旧をする」「専門業者に依頼する」という2つの方法があります。それでは、それぞれの対策法を一つひとつご紹介していくので、データトラブルで困っている方は、ぜひ試してみてください。

自分でデータ復旧をする

データトラブルによって失ったデータを自分で復旧させるには、専用のデータ復旧ソフトが必要になります。ソフトには有料・無料の2種類がありますが、手軽にできる対策としては無料データ復旧ソフトがおすすめです。データ復旧ソフトは、論理障害によるデータトラブルの対策法になります。物理障害が原因の場合は、機器本体に問題があるため、どんな復旧ソフトを使っても意味がありません。また、復旧ソフトを使ってもデータを復旧できないことがあるので、その場合は専門業者に依頼すると良いでしょう。

専門業者に依頼する

データ復旧ソフトを使って解決できないときは、豊富な専門知識を身に着けた専門業者に依頼してみましょう。論理障害はもちろん、物理障害が原因でデータが消えてしまっても、専門業者であれば確実にデータ復旧を行ってくれます。パソコンやスマートフォンなど、機器を使うのは簡単ですが、何か起きたときの対策方法を詳しく知っているという方は少ないものです。「自分で対策して失敗したらどうしよう…」と不安に感じるなら、プロのスタッフが対応してくれる専門業者を利用してみてください。

よくあるデータトラブル5選

 

ここでは、よくあるデータトラブルについてご紹介していきます。予測不能なデータトラブルは、誰もが一度は経験しているもの。どんなトラブルがあるのかを少しでも知っておけば、大切なデータを守る対策ができるかもしれないので、ぜひ参考にしてみてください。

水の中に落としてデータが消えた

USBメモリーやデジタルカメラなど、小型機器のデータトラブルで多いのが水没です。ポケットに入れたまま、取り出すのを忘れて洗濯をしてしまい、データが消えてしまったというケースは多いようです。また、パソコンを使っているときに、近くに置いていた飲み物を誤ってこぼしてしまい、本体の故障が原因でデータが破損してしまうこともあります。このような水没によるデータトラブルが起きたときは、迷わず専門業者へデータ復旧の依頼をしましょう。

落下・転倒でメディアが壊れた

デジタルカメラやビデオカメラなどに多いのが、落下や転倒による物理障害です。落としたときの衝撃が原因で内部にダメージが加わり、HDDが破損することによってデータが消えてしまうことがあります。また、USBメモリーやメモリーカードなどの小型機器は、転んだ拍子に踏みつけてしまい、データが消えてしまうことも少なくありません。持ち運びに便利で使いやすい小型機器を使用するときは、取扱に十分注意しましょう。

間違ってデータを削除してしまった

よくあるデータトラブルの中には、故障によるものではなく、間違って自らデータを消してしまうケースもあります。この場合、すぐにデータの復旧作業を行えば、高確率で復旧することができます。しかし、データを消したことによって焦ってしまい、間違った対処をする方が多く、データ復旧ができないことが多いそうです。
この場合は、機器が故障しているわけではないので、正しい対処法さえ行えば問題ありません。データ復旧ソフトを使う、または専門業者に依頼して、消してしまったデータを復旧してみましょう。

パソコンを起動すると変な音がする

予期せぬデータトラブルで多いのは、パソコンを起動したときに変な音がする、または焦げ臭いニオイがするといった物理障害です。どんなものでも長期間使用していれば、劣化によって故障してしまうものです。物理障害によるデータトラブルは、専門業者に依頼することでデータを復旧できます。しかし、普段からデータのバックアップを取っておけば、突然パソコンが故障してしまっても、大切なデータを守ることができるでしょう。

パソコンがメディアを認識してくれない

外付けHDDやデジタルカメラなど、パソコンにメディアを接続しても認識してくれないのも、よくあるデータトラブルの1つです。ですが、メディアの再接続を繰り返すことで、パソコンが認識してくれることもあります。

この場合、機器の一部分が故障しているだけで、保存しているデータ自体には問題ないという可能性が高いです。安全にデータを再生・復旧させるのであれば、一度専門業者へ相談してみると良いでしょう。

データを復旧するならアドバンスデザイン!

データトラブルの対処法として専門業者をご紹介しましたが、依頼するのであればアドバンスデザインをおすすめします。個人ユーザーはもちろん、大手企業から公的機関のデータ復旧を行っていて、業界トップの人気を誇るデータ復旧専門業者です。高品質なサービスを提供してくれるので、データトラブルで困っている方は、ぜひアドバンスデザインを検討してみてはいかがでしょうか?

1位

アドバンスデザイン

2位

A1データリカバリー

3位

Buffalo

4位

ロジテック

5位

日本データ復旧サービスセンター(AOS)

アドバンスデザイン A1データリカバリー Buffalo ロジテック 日本データ復旧サービスセンター(AOS)
データ復旧費用

17,800~
180,000円

データ復旧費用

27,600~
196,000円

データ復旧費用

30,000~
120,000円

データ復旧費用

50,000~154,000円

データ復旧費用

41,800~195,800円

データ復旧スピード

当日~7日

データ復旧スピード

2~3日

データ復旧スピード

最短当日で復旧可能

データ復旧スピード

1~5日

データ復旧スピード

当日~7日

データ復旧実績

10,000件以上

データ復旧実績

70,000件以上

データ復旧実績

バッファロー製品以外も多数

データ復旧実績

30,000件以上

データ復旧実績

年間12,000件以上

データ復旧技術

米大手HDDメーカーと業務提携しており、Buffaloにデータ復旧の技術提供を行っている

データ復旧技術

元HDD設計者が在籍しており、高い復旧技術

データ復旧技術

熟知した技術者が携わっている

データ復旧技術

メーカー実績で積み上げた高い技術力

データ復旧技術

高い技術力を誇る

導入設備とツール

クラス100クリーンルーム、レーザー顕微鏡

導入設備とツール

クリーンルーム

導入設備とツール

クリーンルーム

導入設備とツール

クリーンルーム

導入設備とツール

クリーンルーム

品質規格

ISO9001、
ISO 27001

品質規格

ISO 27001

品質規格

ISO9001、
ISO27001

品質規格

ISO9001、ISO27001

品質規格

-

対応メディア

パソコン、HDD、SSD、各種テープメディア他

対応メディア

HDD、SSD、サーバー、パソコン他

対応メディア

SSD、NAS、USBメモリー、SDカード他

対応メディア

HDD、RAID、サーバー他

対応メディア

HDD、RAID、サーバー、NAS、SDカード、USB他

評判

buffaloと企業提携していて安心率が高い

評判

成果報酬型サービスで安心

評判

パソコン周辺機器メーカー公式だから安心

評判

料金体系が明瞭なので安心

評判

警察、検察など捜査機関向けに法廷提出用データ復旧サービスも対応

HDD、RAID、NAS、SSD、サーバーのデータ破損や消滅で困ったら、 データ復旧比較ガイドでデータ復旧会社の情報をチェック!
信頼できるデータ復旧業者を徹底的にリサーチしました。