HDD、RAID、NAS、SSD、サーバーのデータ破損や消滅で困ったら、 データ復旧比較ガイドでデータ復旧会社の情報をチェック!
信頼できるデータ復旧業者を徹底的にリサーチしました。
失敗しないデータ復旧ガイド
本当に信頼できるデータ復旧会社を徹底比較

LIVEDATAの特徴や他社との違いは?メリット・デメリットを紹介

「気づいたときにはデータが消えていた」「間違えて削除しちゃった」このようなトラブルが発生したとき、多くの方はデータ復旧会社への相談や依頼を検討するのではないでしょうか?

しかし、依頼先をインターネットで探すと数多く検索されてしまうので、どこを選ぼうかと迷ってしまう方は少なくないでしょう。そこで、今回はアンケート調査の結果から94%もの顧客満足度を獲得した「LIVEDATA」についてご紹介していきます。

データ復旧会社は多数存在しているため、どのような会社なのか知らない方はもちろん、名前しか知らない方も多いはずです。この記事ではご紹介する復旧会社の特徴や他社との違い、利用するメリット・デメリットについてご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

データ復旧会社「LIVEDATA」の特徴とは?

全国にはさまざまなデータ復旧会社が存在していますし、基本的なサービス内容は同じだと言えるでしょう。しかし、細かいサービス内容は会社によって異なるので、依頼先の特徴は事前に知っておきたいものです。

そこで、ここではLIVEDATAの特徴について5つのポイントをまとめてみました。復旧技術や費用、対応スピードなどは、それぞれの復旧会社によって異なるものなので、ぜひ参考にしてみてください。

業界でも信頼の高い技術力

LIVEDATAはデータ復旧以外の事業展開をすることなく、12年間データ復旧技術を磨き続けている会社です。復旧サービスに特化していることで高い技術力を身に着け、業界でも信頼されるほどのデータ復旧会社となっています。

また、復旧作業を担当するエンジニアは進化し続ける技術の検証を重ねており、常に技術力の向上を目指しています。こうした技術力の高さや業界からの信頼は、LIVEDATAの大きな特徴の1つだと言えるでしょう。

費用は安心の成果報酬型

データ復旧会社の中には数は少ないものの悪徳業者が存在し、復旧できなかったとしても費用を請求してくると言われています。しかし、ご紹介している復旧会社は復旧に成功した場合のみ費用が発生する「成果報酬型」を導入しています。

もちろん、依頼したデータの復旧ができなかった場合の費用は一切発生しないので、安心して依頼することができるでしょう。ちなみに、成果報酬型は信頼性の高いデータ復旧会社が採用しているところが多いです。

他にも、依頼者から預かったデータは高いセキュリティ体制の中で管理されているので、重要なデータの復旧を依頼する場合に気になる情報漏洩の心配もありません。

追加費用の発生は一切ない

LIVEDATAでは復旧依頼を受ける前に初期診断を行い、どれくらいの費用が必要になるのかをしっかりと案内してくれます。必要であれば見積もりも作成してくれるので、明確な費用を知りたい場合には申し出ると良いでしょう。

また、人によっては「追加費用があるのでは?」と不安を感じている方は多いと思いますが、作成した見積もりをしっかりと守る会社なので、追加費用が発生する心配は一切ないので安心して相談できます。

復旧スピードがとにかく速い

こちらの復旧会社は復旧スピードがとにかく速いといった特徴があります。平均速度は翌日だと言われていますが、最短であれば当日に結果がわかることもあるようです。そのため、復旧を急ぐ方がデータ復旧会社の利用を検討しているのであれば、こちらの会社がおすすめです。

ちなみに、復旧速度が高いからと言って費用が高額になることはなく、通常の料金にて対応しています。依頼から2日目に結果がわかり、3日には手元にデータが届くので、スピード重視で依頼先を探している方は、一度相談してみてはいかがでしょうか?

駅近だから仕事帰りでも寄れる

LIVEDATAは秋葉原駅から徒歩1分の場所にある復旧会社です。駅から出て目の前にあるので、窓口での依頼を検討する方でも道に迷うことなくたどり着くことができます。また、駅近なので秋葉原周辺にお住まいの方、または普段から秋葉原駅を利用している方であれば、仕事帰りに立ち寄ることも可能。

ちなみに、営業時間は平日9:00~19:00、土日・祝日はお休みとなっています。また、会社の裏に駐車場を完備しているので車での来店も可能なので、普段車で移動される方でも安心して利用することができるでしょう。

他社との違いは圧倒的な復旧スピード!

LIVEDATAのデータ復旧を担当するエンジニアは高い技術力を持っているだけでなく、対応スピードにも定評があります。そして、この対応スピードは他社にも負けない圧倒的な速さを誇っています。

60%以上は翌日までに復旧結果が判明するので、手元にデータが戻ってくるのが非常に速いのが他のデータ復旧会社との大きな違いです。また、圧倒的な復旧スピードでの対応を通常の料金で対応してくれるのは利用者にとって嬉しいポイントです。

ちなみに、スピーディな復旧作業はメディアを問わず対応しています。公式ホームページでは対応例として依頼~納品までいくつかのメディアに対する作業時間の目安が掲載されているので、気になる方は一度確認してみると良いでしょう。

LIVEDATAを利用する3つのメリット

ご紹介した特徴や他社との違いからデータ復旧の依頼を検討する方もいると思いますが、サービスを利用する上でどのようなメリットがあるのかを知っておくことは大切です。そこで、ここでLIVEDATAを利用するメリットについてまとめてみました。

利用するメリットには3つのポイントがあるので、依頼を検討している方はどのようなメリットがあるのか、以下でご紹介するポイントをまずは参考にしてみてください。

さまざまなメディアのデータ復旧に対応

データ復旧会社によっては対応しているメディアに限りがありますが、こちらの復旧会社ではさまざまなメディアに対応しています。一般的に依頼の多いHDDをはじめ、SSDやRAID、その他複数の記憶媒体の依頼も受け付けています。

ちなみに、こちらでは他社ではあまり対応していないレコーダー系の記憶媒体にも対応しています。詳しい対応メディアに関しては公式ホームページにて紹介されているので、依頼を検討されている方は一度確認してみてください。

復旧費用に掛かる料金には上限を設けている

データ復旧にかかる費用ですが、どんな復旧会社でも障害レベルが高いと診断されると、高額な費用が発生してしまいます。そのため、想像以上の費用が必要になり依頼できなかったという方は多いのではないでしょうか?

しかし、こちらではHDDに限り障害レベルを問わず費用は275,000円までの上限が設けられています。どれだけ重症化しているメディアであってもこの上限を超える費用は請求されないので、他社での見積りが高すぎて依頼できない場合はLIVEDATAに依頼すると良いでしょう。

障害レベルを問わず対応が早い

軽度の障害レベルであればどこの復旧会社でもある程度スピーディな復旧作業を行ってくれます。しかし、障害レベルが重度になると復旧作業に数日かかってしまうのが一般的です。ですが、こちらの復旧会社なら重度の障害レベルでもスピーディな復旧作業を行ってくれます。

ちなみに、通常料金で対応できるスピードよりも速く復旧してもらいたい場合は、別料金が発生しますが「緊急対応」のサービスを受けることができます。そのため、急を要するデータ復旧の場合での利用にもおすすめできる復旧会社だと言えるでしょう。

LIVEDATAを利用する2つのデメリット

どんなサービスにもメリットだけでなくデメリットが存在するもの。そのため、サービスを利用する前にはどのようなデメリットがあるのかも確認しておくことが大切です。ここでは、LIVEDATAを利用する2つのデメリットについてまとめてみました。

復旧作業に対応しているのは平日のみ

LIVEDATA最大のデメリットは、対応しているのが平日のみであること。復旧作業が必要になるデータトラブルは突然起きてしまうものですし、そのタイミングが土日・祝日だった場合は復旧の相談や依頼ができません。

他社では24時間対応しているところもあるので、このようなサービス面においては大きなデメリットになると言えるでしょう。

お得な価格で依頼できるのは重度の障害レベルだけ

復旧費用には上限が設けられているため、高額な費用が必要になる重度の障害レベルを抱えてメディアの復旧依頼にはおすすめです。しかし、軽度の障害レベルの依頼にかかる費用は可もなく不可もなくといったところ。

あまり大きなデメリットではないものの、障害レベルが軽度であれば他社を利用した方が費用が安くなる可能性もあるので、場合によっては依頼先の費用を比較してみると良いでしょう。

急なトラブルでもスピーディな復旧サービスを受けられる

LIVEDATAの魅力は圧倒的な復旧速度の速さです。さらに、通常価格のままスピーディな復旧作業を依頼できるので、重度の障害レベルでも3日後にはデータが手元に届くのは嬉しいものです。

また、費用が高額になりがちな復旧依頼でも価格上限が設けられているので、安心して依頼できるのも魅力の1つです。平日のみの対応ではありますが、サービスを利用するメリットは多いので、データ復旧を依頼されている方はぜひ一度利用してみてはいかがでしょうか?

1位

アドバンスデザイン

2位

A1データリカバリー

3位

Buffalo

4位

ロジテック

5位

日本データ復旧サービスセンター(AOS)

アドバンスデザイン A1データリカバリー Buffalo ロジテック 日本データ復旧サービスセンター(AOS)
データ復旧費用

17,800~
180,000円

データ復旧費用

27,600~
196,000円

データ復旧費用

30,000~
120,000円

データ復旧費用

50,000~154,000円

データ復旧費用

41,800~195,800円

データ復旧スピード

当日~7日

データ復旧スピード

2~3日

データ復旧スピード

最短当日で復旧可能

データ復旧スピード

1~5日

データ復旧スピード

当日~7日

データ復旧実績

10,000件以上

データ復旧実績

70,000件以上

データ復旧実績

バッファロー製品以外も多数

データ復旧実績

30,000件以上

データ復旧実績

年間12,000件以上

データ復旧技術

米大手HDDメーカーと業務提携しており、Buffaloにデータ復旧の技術提供を行っている

データ復旧技術

元HDD設計者が在籍しており、高い復旧技術

データ復旧技術

熟知した技術者が携わっている

データ復旧技術

メーカー実績で積み上げた高い技術力

データ復旧技術

高い技術力を誇る

導入設備とツール

クラス100クリーンルーム、レーザー顕微鏡

導入設備とツール

クリーンルーム

導入設備とツール

クリーンルーム

導入設備とツール

クリーンルーム

導入設備とツール

クリーンルーム

品質規格

ISO9001、
ISO 27001

品質規格

ISO 27001

品質規格

ISO9001、
ISO27001

品質規格

ISO9001、ISO27001

品質規格

-

対応メディア

パソコン、HDD、SSD、各種テープメディア他

対応メディア

HDD、SSD、サーバー、パソコン他

対応メディア

SSD、NAS、USBメモリー、SDカード他

対応メディア

HDD、RAID、サーバー他

対応メディア

HDD、RAID、サーバー、NAS、SDカード、USB他

評判

buffaloと企業提携していて安心率が高い

評判

成果報酬型サービスで安心

評判

パソコン周辺機器メーカー公式だから安心

評判

料金体系が明瞭なので安心

評判

警察、検察など捜査機関向けに法廷提出用データ復旧サービスも対応

HDD、RAID、NAS、SSD、サーバーのデータ破損や消滅で困ったら、 データ復旧比較ガイドでデータ復旧会社の情報をチェック!
信頼できるデータ復旧業者を徹底的にリサーチしました。