HDD、RAID、NAS、SSD、サーバーのデータ破損や消滅で困ったら、 データ復旧比較ガイドでデータ復旧会社の情報をチェック!
信頼できるデータ復旧業者を徹底的にリサーチしました。
失敗しないデータ復旧ガイド
本当に信頼できるデータ復旧会社を徹底比較

LENOVO製PCの内蔵HDDのデータ復旧と修理方法

世界中から支持されているLENOVO製パソコン。低価格なのに性能は劣らず、品質が高いといった高いコストパフォーマンスが人気となっています。また、ビジネスシーンでも活躍を見せているパソコンなので、企業ではLENOVO製パソコンを導入しているところも多いのではないでしょうか?

他にも、ラインナップが豊富なので用途に合わせて選びやすい点も人気の理由です。持ち運びやすさ重視だったり据え置きとして利用したり、ゲームに特化しているゲーミングパソコンなど、自分に合ったパソコンを見つけることができるでしょう。

そんなLENOVO製パソコンですが、使い方や使用年数が原因で内蔵HDDに障害が起きてしまい、データトラブルで困ってしまうことがあります。この記事では、LENOVO製パソコンの内蔵HDDに障害が発生した場合のデータ復旧と修理方法についてご紹介していきます。

データ復旧と修理の違いとは?優先すべきはどっち?

 

パソコンの内部にはさまざまな部品が使用されていて、どれか1つでも故障する、または障害が発生すると正常に使用することができなくなります。そんなパソコントラブルの原因の1つとなっているのが内蔵HDDの故障なのですが、もちろん修理をすれば正常に使用できるようになります。

しかし、修理のみの対応、またはデータ復旧のみの対応では問題を解決することができません。そして、優先順位を間違えるとデータを取り戻すことができなくなってしまいます。ここでは、まずデータ復旧と修理の違いや優先すべき対応についてまとめてみました。

最初にやるべきことはデータ復旧

LENOVO製パソコンを使っていてデータトラブルが発生した場合、保存データの救出を優先しているのであればデータ復旧作業を優先する必要があります。パソコンにトラブルが起きた場合、おそらくですが多くの方はメーカー修理や修理専門店への相談を考えると思います。

しかし、修理サービスではデータ復旧サービスを行っておらず、対応としては故障した内蔵HDDを新品に交換する作業のみとなっています。そして、取り出した内蔵HDDは処分または返却されてしまうので、目的のデータを復旧することができません。

そのため、データ復旧を優先するのであれば、最初にやるべきことはデータ復旧であることを覚えておきましょう。詳しいデータ復旧の方法については後ほどご紹介していくので、ぜひこの記事を最後まで読んでみてください。

PCを使える状態にするなら修理が必要

「特に重要なデータや必要なデータはない」「バックアップを取っているからパソコンを使える状態にしてほしい」このような目的を優先されている方は、メーカー修理や修理専門店に相談しましょう。

必要なデータが保存されていない、すでにバックアップを取っているという場合にはデータ復旧を行う必要がありません。そのため、故障した内蔵HDDの交換をメーカー修理や修理専門店に依頼することで問題を解決できます。

しかし、上記でもご紹介したように修理を行うと必要なデータを復旧することができなくなります。そのため、修理を優先される方は依頼する前に必要なデータまたは重要なデータが保存されていない、きちんとバックアップを取っていることを確認しておきましょう。

LENOVO製PCの内蔵HDDのデータ復旧方法

 

LENOVO製パソコンの内蔵HDDに保存されたデータの復旧方法には、大きく分けて2つあります。1つ目はデータ復旧ソフトを使って自分で復旧作業を行う、2つ目はプロのデータ復旧会社に依頼するという方法です。

ここでは、そんなLENOVO製パソコンの内蔵HDDの詳しいデータ復旧方法についてまとめてみました。いずれの方法にもメリット・デメリットがあるので、それらの違いを把握した上で自分に合った方法を試してみてください。

自分で復旧できる「データ復旧ソフト」を使った方法

近年、インストールしておけばいつでもデータ復旧が可能となるデータ復旧ソフトが普及しています。正常に起動するパソコンが1台は必要になりますが、2台以上のパソコンを持っている方であればこちらの方法で内蔵HDDからのデータ復旧が可能になります。

そんな、データ復旧ソフトを使用する方法には、「データ復旧を手軽にできる」「必要コストが低い」というメリットがあります。しかし、内蔵HDDに起きている問題が論理障害の場合に限られているので、物理障害が原因であれば使用できないというデメリットがあります。

また、内蔵HDDに物理障害が起きている状態でデータ復旧ソフトを使用すると、症状の悪化を招き最悪の場合はプロが対応してもデータ復旧が困難な状態になってしまいます。そのため、こちらの方法でデータ復旧を行う際には、事前に何が原因で内蔵HDDにトラブルが起きているのかを調べておく必要があります。

どんな障害からも復旧可能な「データ復旧会社」を利用した方法

LENOVO製パソコンの内蔵HDDに物理障害が起きている、またはトラブルの原因がわからないという場合には、データ復旧会社の利用がおすすめです。データ復旧会社には高度な復旧技術を持ったエンジニアが在籍しており、復旧作業に必要な設備が整えられています。

そのため、どんな障害からでもデータ復旧が可能なので、自分では対応できない場合に利用すると良いでしょう。そんなデータ復旧会社を利用する方法には、ご紹介したように発生している障害を問わずデータ復旧を行い、高い復旧成功率が期待できるというメリットがあります。

しかし、データ復旧会社を利用する場合には数万円~数十万円の費用が必要になるといったデメリットがあります。論理障害よりも物理障害の方が費用は高くなりますし、発生している障害レベルによっても費用が異なります。

多くのデータ復旧会社では無料で初期診断・見積もりを行っていますし、その後のキャンセル料も不要である会社が多いので、まずは気軽に相談して必要な費用がどれくらい何かを確認してから依頼を検討すると良いでしょう。

信頼できるデータ復旧会社の選び方

データ復旧サービスを提供している会社は全国に多数存在していますが、選び方を間違えると「目的のデータが戻ってこなかった」なんてことになってしまうことがあります。また、データ復旧会社の中には残念なことに悪徳業者も存在します。

悪徳業者は利用者よりも自社の利益を優先していて、データ復旧の成功・失敗を問わず高額な費用を請求してくるといった特徴があります。実際に悪徳業者の被害に遭った方は多く、消費者センターへの問い合わせも多いので、依頼先を選ぶ際には十分な注意が必要です。

一方、信頼できるデータ復旧会社では、公式ホームページ内で過去の実績・事例などを公開していますし、それに基づいた復旧率も公開しています。また、目的のデータを復旧できなかった場合には一切の費用が発生しないので、復旧難易度が高いと診断された内蔵HDDでも安心して依頼することができます。

ちなみに、最も信頼性が高いとされているデータ会社は、データ復旧協会DRAJに加盟しています。DRAJ加盟企業では悪徳業者の撲滅を目的とした活動を行っており、高度な復旧技術を持つエンジニアが在籍しているデータ復旧業者が集まっています。

セキュリティ管理も万全なので、個人・法人だけでなく官公庁からの依頼実績もあるので、最も信頼できるデータ復旧会社を選ぶことができます。個人情報や機密性の高いデータの復旧が必要な方は、DRAJに加盟している企業の利用が安心・安全なのでおすすめです。

高い復旧率を望むならデータ復旧会社に相談しよう!

LENOVO製パソコンの内蔵HDDに必要なデータが保存されているのであれば、まずはデータ復旧を行い次に修理という順番で対応する必要があります。そして、データ復旧の方法には大きく分けて2種類あるとご紹介しましたが、復旧成功率が高いのはデータ復旧会社の利用です。

しかし、依頼する場合には高額な費用が必要になることも少なくありません。ですが、高度な復旧技術を持つエンジニアが対応してくれるので高い復旧率が期待できます。どうしても復旧したいデータがLENOVO製パソコンの内蔵HDDに保存されているという方は、予算や見積もり次第ではありますがデータ復旧会社に相談することをおすすめします。

1位

アドバンスデザイン

2位

A1データリカバリー

3位

Buffalo

4位

ロジテック

5位

日本データ復旧サービスセンター(AOS)

アドバンスデザイン A1データリカバリー Buffalo ロジテック 日本データ復旧サービスセンター(AOS)
データ復旧費用

17,800~
180,000円

データ復旧費用

27,600~
196,000円

データ復旧費用

30,000~
120,000円

データ復旧費用

50,000~154,000円

データ復旧費用

41,800~195,800円

データ復旧スピード

当日~7日

データ復旧スピード

2~3日

データ復旧スピード

最短当日で復旧可能

データ復旧スピード

1~5日

データ復旧スピード

当日~7日

データ復旧実績

10,000件以上

データ復旧実績

70,000件以上

データ復旧実績

バッファロー製品以外も多数

データ復旧実績

30,000件以上

データ復旧実績

年間12,000件以上

データ復旧技術

米大手HDDメーカーと業務提携しており、Buffaloにデータ復旧の技術提供を行っている

データ復旧技術

元HDD設計者が在籍しており、高い復旧技術

データ復旧技術

熟知した技術者が携わっている

データ復旧技術

メーカー実績で積み上げた高い技術力

データ復旧技術

高い技術力を誇る

導入設備とツール

クラス100クリーンルーム、レーザー顕微鏡

導入設備とツール

クリーンルーム

導入設備とツール

クリーンルーム

導入設備とツール

クリーンルーム

導入設備とツール

クリーンルーム

品質規格

ISO9001、
ISO 27001

品質規格

ISO 27001

品質規格

ISO9001、
ISO27001

品質規格

ISO9001、ISO27001

品質規格

-

対応メディア

パソコン、HDD、SSD、各種テープメディア他

対応メディア

HDD、SSD、サーバー、パソコン他

対応メディア

SSD、NAS、USBメモリー、SDカード他

対応メディア

HDD、RAID、サーバー他

対応メディア

HDD、RAID、サーバー、NAS、SDカード、USB他

評判

buffaloと企業提携していて安心率が高い

評判

成果報酬型サービスで安心

評判

パソコン周辺機器メーカー公式だから安心

評判

料金体系が明瞭なので安心

評判

警察、検察など捜査機関向けに法廷提出用データ復旧サービスも対応

HDD、RAID、NAS、SSD、サーバーのデータ破損や消滅で困ったら、 データ復旧比較ガイドでデータ復旧会社の情報をチェック!
信頼できるデータ復旧業者を徹底的にリサーチしました。