RAID5の基礎知識、仕組みやメリット・デメリットを紹介

RAID5の基礎知識、仕組みやメリット・デメリットを紹介

数種類のRAIDの中でも負担が少なく高速化を図ることができる「RAID5」。近年、家庭用のNASが普及しているため、名前や言葉を聞いたことがある方は多いでしょう。

RAID5は別名「分散データガーディング」「パリティRAID」と呼ばれていて、1つのHDDが故障しても残りの機器で正常に稼働することができます。データトラブルの被害を抑えることもできるので、これから利用してみたいという方は、まず基礎知識を把握することが大切です。

そこで、この記事ではRAID5の基礎知識や仕組み、メリットやデメリットについてご紹介していきます。利用する目的によっては他の種類が良かったという場合もあるので、導入を検討している方は、ぜひこちらの記事を参考にしてみてください。

RAID5って何?概要まとめ

RAID5って何?概要まとめ

保存するデータを分割して書き込みつつ、冗長コードであるパリティを同時に生成して書き込むのが大きな特徴です。使用するHDDは最低でも3台は必要ですが、もしも1つが故障したとしても、正常に作動する機器が2つ残っているので、問題なく稼働させることができます。

また、データを各機器に分散して書き込みを行うことで、パリティドライブへの負担軽減や書き込み速度の高速化を図れると言われています。しかし、1台の機器が故障した場合は速度が低下してしまうので、本来の機能を発揮させるためには修理や交換が必要になるでしょう。

もしも2台以上の機器の障害が発生した場合は、全く稼働できなくなってしまい、保存データの利用や復元ができなくなるので注意が必要です。そのため、1台でもトラブルが発生した場合には、大切なデータを守るためにも早急に対応することをおすすめします。

データが書き込まれる仕組み

データが書き込まれる仕組み

RAID5へのデータの書き込みは、パソコンからドライブへとデータを転送することで行われます。データを受け取ると内蔵されたHDDの数に応じて、まずはRAIDコントローラーに分割されて、パリティの生成も行われます。

その後、分割されたデータとパリティを分散して、各ブロックに書き込みが行われて保存されるという仕組みになっています。もっと簡単に説明すると、決められたサイズにデータを区切って、パリティと一緒に順番にHDDへと格納していくというイメージです。

このような仕組みによってデータの書き込みが行われることで、HDDが1つ故障しただけだと、特に問題なく稼働を続けることができるようになっています。また、トラブルが発生しても稼働を続けられるのは、生成されたパリティによって機器内の情報を逆算して導き出しているからです。

また、データの書き込み速度は使用するHDDの数によって変化します。機器の数が多いほど処理の高速化が図れるので、速度が気になる場合は本数を増やしてみると良いかもしれません。

ですが、増やしすぎてしまうと速度低下に繋がる場合があるので、必要以上にHDDを増やしてしまわないように注意しましょう。ちなみに、読み込み速度も同様に、内蔵された本数で高速化することができます。

RAID5のメリット

ここでは、RAID5を利用するメリットについて、3つのポイントをまとめてみました。目的に合った仕組みを利用するためにも、どのようなメリットがあるのかを把握しておくことが大切です。それでは、それぞれのメリットについて一つひとつ見ていきましょう。

1台だけの故障なら稼働を続けられる

概要や仕組みでもご紹介したように、RAID5は故障した機器が1台だけだった場合、通常通りに稼働を続けることができます。そのため、本来なら作業に支障が出てしまうところでも、急なトラブルに困る心配がないというのが大きなメリットになります。

また、1台のHDDにデータを保存していた場合、バックアップを取っていない状態でトラブルが発生すると、保存データを全く利用できません。それに対しご紹介した技術を利用していれば、1台が故障しても稼働は続くので、データは守ることができますし、後からバックアップを取ることも可能です。

故障した機器は交換・リビルドで改善できる

故障した1台のHDDは、機器の交換やリビルドを行うことで正常なシステムへと改善できる場合があります。故障した状態のままでは2台目が故障すると取り返しのつかないことになるので、トラブルが発生した場合はすぐに対応しましょう。

しかし、リビルドに関しては行わない方が良いとも言われている方法です。かえって状態の悪化を招く可能性があると言われているため、不安な方は専門業者やメーカー修理などに相談・依頼することをおすすめします。

読み書き速度の高速化が可能

こちらもすでにご紹介していることですが、内蔵するHDDを増やすことで読み込み・書き込み速度を高速化することも可能。増設のやりすぎは速度低下に繋がりますが、適度な増設であれば作業効率の向上にも繋がるといったメリットがあります。

ちなみに、余談ではありますが、増設すれば容量も増やすことができます。しかし、実効容量は構成した機器を数からマイナス1本分となっているので、構成本数=容量ではないことは把握しておきましょう。

RAID5のデメリット

前章では利用するメリットについてご紹介しましたが、デメリットも存在しています。どんなものにもデメリットは付き物なので、効果的に利用するためにも以下でご紹介する内容を参考にしてみてください。

2台以上の機器が故障すると稼働が停止する

1台だけなら故障しても稼働できますが、2台以上故障した場合は完全に停止してしまいます。回復不可能な状態となるため、データへのアクセスは当然できなくなるため、バックアップを取っていない場合はデータ復旧が必要になるでしょう。

また、機器の故障によるデータトラブルは、専門業者でなければ復旧作業を行うことができません。無理に自分で対応してしまうと、復元できたデータも完全に復旧不可能になる危険性があるので、大切なデータを保存しているのであれば専門業者にお任せしましょう。

故障に気づかず悪化するケースが多い

メリットとして1台が故障しても稼働するとご紹介しましたが、これはデメリットにもなります。というのも、トラブルが発生していたとしても通常通りの稼働が可能なので、故障に気づかずそのまま放置してしまいがちだからです。

そのため、気がついたときには2台以上の機器が故障していたというケースが多いため、定期的に状態の確認が必要だと言えるでしょう。または、万が一に備えて定期的にバックアップを取る習慣をつけておくことをおすすめします。

導入コストが高め

RAID5は最低でも3台のHDDが必要になるため、他のRAIDに比べて導入コストが高めというデメリットがあります。また、高速化を図るにも増設が必要になるため、コストがかかってしまいます。そのため、速度のあまりこだわらないのであれば、最低限の本数で利用する方が良いかもしれません。

耐障害性はあるが利用には注意が必要

RAIDにはいくつかの種類がありますが、今回ご紹介したRAID5は1台のHDDが故障しても稼働を続けられるため、作業に支障が出る心配がありません。ですが、そのメリットがかえって最悪の状態を招く可能性があるのも事実です。

トラブルに気づかず使用を続けた結果、2台以上が故障してしまい回復できない状態になるケースは多いので、利用には注意が必要です。この記事では、概要や仕組みとはじめ、その他メリット・デメリットについてもご紹介しています。もしRAID5の利用を検討している方は、安全なデータ管理ができるようこの記事を参考にしてみてください。

TOPへ戻る

実績とデータ復旧技術で選ぶ!信頼できるデータ復旧業者人気ランキング

contents

信頼できるデータ復旧業者人気ランキング

パソコン突然障害お助け復旧キャンペーン!