HDD、RAID、NAS、SSD、サーバーのデータ破損や消滅で困ったら、 データ復旧比較ガイドでデータ復旧会社の情報をチェック!
信頼できるデータ復旧業者を徹底的にリサーチしました。
失敗しないデータ復旧ガイド
本当に信頼できるデータ復旧会社を徹底比較

仮想化サーバーを使用するメリット・デメリット

「国内だけでなく海外にも拠点を増やしたい」「サービスの規模拡大を検討している」など、このような目的で仮想化サーバーを導入している企業は多いようです。しかし、新たなサーバーの導入を行うと膨大なコストがかかってしまうため、増設の壁が高いと言われています。

そんな問題を解決してくれるのが、最近よく耳にすることの多い「仮想化サーバー」です。その名の通り、仮想的にサーバーを構成するので物理的な機器を必要とせず、低コストで導入できる他、さまざまなメリットが存在します。

しかし、使用するにあたって得られるのはメリットだけではなくデメリットも存在するので、導入するのであればこれら両方を把握しておかなければなりません。そこで、この記事では仮想化サーバーを使用するメリット・デメリットをご紹介していきます。

仮想化サーバーとは?物理サーバーとの違いは?

 

サーバーには仮想化だけでなく、物理的なマシンを使うサーバーも存在します。従来のサーバー導入や増設では物理サーバーが主流でしたが、仮想化サーバーとはどのような違いがあるのでしょうか?

ここでは、仮想化サーバーと物理サーバーの違いについてまとめてみました。予備知識として役立つ情報ですので、導入を検討している方はメリットやデメリットだけでなく、以下でご紹介する内容もぜひ参考にしてみてください。

マシン1台で複数のサーバーの運用が可能

まず物理サーバーの特徴ですが、その名の通り物理的に存在する機器を導入することでサーバーを使用できる仕組みとなっています。そのため、導入台数が多いほどコストがかかりますし、増設をする場合には機器を設置する十分ンスペースの確保が求められます。

一方、仮想化サーバーの特徴は、物理的に存在する機器は必要ではあるものの、たった1台のみで複数のサーバーを運用できること。増設する場合も仮想環境に構成する仕組みなので、導入コストを抑えることができるだけでなく、広いスペースがなくても設置に困ることはありません。

つまり、これら2種類のサーバーの大きな違いは、必要なサーバー数に応じて導入する機器の数とそれにかかるコスト、そして求められる設置スペースの3点だと言えるでしょう。

物理サーバーとの違いは導入の壁の高さ

低コストでサーバーの導入や増設が可能になる仮想化サーバーは、物理サーバーに比べて導入の壁が低いのも大きな違いの1つです。そのため、大手企業だけでなく中小企業でもサーバー運用が容易になるため、事業規模やサービス規模拡大などに役立てることが可能。

また、それぞれにはサーバーリソースにも違いがあり、仮想化サーバーの場合は1台の物理的な機器のリソースを利用しています。そのため、物理サーバーに比べてリソースの分配を適切に行わなければ、パフォーマンスの低下を招く可能性があります。

使用する5つのメリット

 

前章では仮想化サーバーと物理サーバーの違いについてご紹介しました。ご紹介した内容からすでにメリットだと感じる部分もあったとは思いますが、この他にも複数のメリットが存在します。

そこで、ここでは仮想化サーバーを使用する上で得られるメリットをご紹介していきます。導入するにあたって得られるメリットの把握は大切なので、検討しているのであればぜひ参考にしてみてください。

導入コストを抑えることが可能

使用する最大のメリットは導入コストを抑えられること。これまでのサーバー運用には物理的な機器を必要としていたため、コスト面でなかなか導入できなかったという企業は多かったと思います。

しかし、仮想化サーバーはたった1台の機器で複数のサーバーを運用することができるので、導入が容易になっています。また、サーバーの増設は仮想環境で構成するので、物理的な機器を導入するコストを無くすことが可能となっています。

広いスペースを確保する必要がない

仮想化サーバーの特徴は1台の機器で複数のサーバーを運用できること。そのため、必要なサーバー数が多い場合でも機器1台分のスペースがあれば導入できるといったメリットがあります。

従来のサーバー導入では必要台数に応じたスペースが必要になるため、広いスペースを確保しなければならないといったデメリットがありました。しかし、仮想化サーバーなら少ないスペースで導入が可能なので省スペースで設置が可能です。

サーバーの増設を柔軟に対応できる

仮想環境にサーバーを構築することで増設することができます。規模拡大のために増設する必要性が出てきたとしても柔軟に対応できるのは大きなメリットの1つです。さらに、増設後に不要になったサーバーは削除するだけで良いため、廃棄する手間やコストを削減できるのも魅力の1つです。

運用コストを軽減できる

サーバーは導入コストだけでなく運用コストもかかります。しかし、仮想化サーバーなら個別のサーバーを集約することで保守運用の手間を省くことが可能になり、稼働している機器は1台だけなので電気代の節約になるなどのコスト削減といったメリットもあります。

耐障害性の強く安全なデータ管理・運用が可能

仮想化サーバーに保存されているデータは、それぞれの拠点にバックアップを取ることで万が一障害が発生したとしてもデータ消失の心配がありません。また、耐障害性に強いので何らかの障害が発生した場合でもすぐに業務を再開することができるので、事業継続計画の対策にも効果的です。

使用する3つのデメリット

どんなものにもメリットだけを得られるというものはありません。そのため、使用するにあたってどのようなデメリットがあるのかも事前に把握しておくことが大切です。それでは、仮想化サーバーを使用する上でどのようなデメリットがあるのでしょうか?

ここでは、仮想化サーバーを使用する際のデメリットをまとめてみました。実際に導入した後で後悔しないためにも、以下でご紹介する3つのデメリットも参考にしてみてください。

物理サーバーに比べて処理性能が低い

機器の処理性能はその機器が持つリソースによって異なるため、1台の機器で複数のサーバーを運用する仮想化サーバーの場合、物理サーバーと比べて処理性能が低くなってしまうというデメリットがあります。そのため、仮想化にすることで作業効率が低下する可能性があるということも理解しておきましょう。

ハードウェアのリソース管理が難しい

物理サーバーに比べて低下しやすい仮想化サーバーを効果的に運用するためには、ハードウェアのリソース管理が難しいと言われています。そのため、突然リソース不足になってしまう可能性があるので、リソース管理には注意が必要です。

セキュリティ対策の把握が難しい

物理サーバーと仮想化サーバーではそれぞれでセキュリティ対策が異なります。そのため、仮想化サーバーにすることでセキュリティ対策を把握することが難しくなるといったデメリットがあるようです。改善するには仮想化に対するノウハウを身に着けておく必要があるので、導入を検討しているのであれば仮想化に関する知識を事前に身に着けておく必要があるでしょう。

仮想化サーバーの利用はメリットが豊富!

導入や運用コストの削減や広範囲のスペースを必要としないなど、仮想化サーバーの使用には豊富なメリットがあります。物理サーバーと比べて導入の壁が低くなっているので、中小企業でも導入しやすいのではないでしょうか?

しかし、使用するにあたってデメリットも存在するので、それらも把握した上で導入する必要があります。効果的に運用するためにも、デメリットを理解しつつ仮想化の知識を身に着けることをおすすめします。

1位

アドバンスデザイン

2位

A1データリカバリー

3位

Buffalo

4位

ロジテック

5位

日本データ復旧サービスセンター(AOS)

アドバンスデザイン A1データリカバリー Buffalo ロジテック 日本データ復旧サービスセンター(AOS)
データ復旧費用

17,800~
180,000円

データ復旧費用

27,600~
196,000円

データ復旧費用

30,000~
120,000円

データ復旧費用

50,000~154,000円

データ復旧費用

41,800~195,800円

データ復旧スピード

当日~7日

データ復旧スピード

2~3日

データ復旧スピード

最短当日で復旧可能

データ復旧スピード

1~5日

データ復旧スピード

当日~7日

データ復旧実績

10,000件以上

データ復旧実績

70,000件以上

データ復旧実績

バッファロー製品以外も多数

データ復旧実績

30,000件以上

データ復旧実績

年間12,000件以上

データ復旧技術

米大手HDDメーカーと業務提携しており、Buffaloにデータ復旧の技術提供を行っている

データ復旧技術

元HDD設計者が在籍しており、高い復旧技術

データ復旧技術

熟知した技術者が携わっている

データ復旧技術

メーカー実績で積み上げた高い技術力

データ復旧技術

高い技術力を誇る

導入設備とツール

クラス100クリーンルーム、レーザー顕微鏡

導入設備とツール

クリーンルーム

導入設備とツール

クリーンルーム

導入設備とツール

クリーンルーム

導入設備とツール

クリーンルーム

品質規格

ISO9001、
ISO 27001

品質規格

ISO 27001

品質規格

ISO9001、
ISO27001

品質規格

ISO9001、ISO27001

品質規格

-

対応メディア

パソコン、HDD、SSD、各種テープメディア他

対応メディア

HDD、SSD、サーバー、パソコン他

対応メディア

SSD、NAS、USBメモリー、SDカード他

対応メディア

HDD、RAID、サーバー他

対応メディア

HDD、RAID、サーバー、NAS、SDカード、USB他

評判

buffaloと企業提携していて安心率が高い

評判

成果報酬型サービスで安心

評判

パソコン周辺機器メーカー公式だから安心

評判

料金体系が明瞭なので安心

評判

警察、検察など捜査機関向けに法廷提出用データ復旧サービスも対応

HDD、RAID、NAS、SSD、サーバーのデータ破損や消滅で困ったら、 データ復旧比較ガイドでデータ復旧会社の情報をチェック!
信頼できるデータ復旧業者を徹底的にリサーチしました。