SSDのデータ復旧の成功確率は?データが消える可能性は?

SSDのデータ復旧の成功確率は?データが消える可能性は?

最近ではHDDに比べて性能の高いSSDを使用する方が増えているようです。お使いのパソコンに内蔵された記憶装置を換装する方法もネット上で紹介されていますし、ビジネスシーンでSSDを利用している方の中には、屋外への持ち運びが楽にできる外付けタイプを活用している方も少なくないでしょう。

そんな機能性の高いSSDですが、突然トラブルが発生してデータにアクセスできなくなること、または寿命を迎えて故障してしまい使用できなくなることがあります。そのような場合、データ復旧を検討される方が多いと思いますが、実際の成功率はどれほどのものなのでしょうか?

データ復旧業者に依頼する方法もあれば、自分でできるデータ復旧ソフトを利用した方法もあるので、成功率の高い方法でデータ復旧を行いたいものです。そこで、この記事ではSSDのデータ復旧成功率についてご紹介していきます。また、データ復旧作業でデータが消える可能性などもご紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

データ復旧が必要となる3つの主な原因

データ復旧が必要となる3つの主な原因

SSDをはじめ記憶装置には寿命が存在するため、通常使用でもいずれは経年劣化によって故障してしまいます。ちなみに、SSDの寿命は約5年と言われています。しかし、場合によっては5年も経たないうちにデータ消失やパソコンが起動しないなどの不具合が発生することもあり、データ復旧が必要になる場合も少なくありません。

ここでは、そんなデータ復旧が必要となるトラブルの原因についてご紹介していきます。発生したトラブルの原因はデータ復旧を行う際にも必要な情報なので、どのような原因があるのか、発生したトラブルはどれに該当するのかを見ていきましょう。

保存データが破損してしまう「論理障害」

突然データが消えてしまった、ファイルが開けなくなったという症状が現れている場合は、倫理障害が原因だと言えるでしょう。この障害は、SSD自体は正常なのですが、保存データが壊れてしまうことで発生すると言われています。

例えば、うっかり大事なデータを削除してしまった、フォーマットのメッセージが表示されて実行してしまったなどが論理障害に該当します。他にも、何らかが原因でOSに不具合が発生した場合、保存データが破損することもあるようです。

トラブルの原因として最も多い「ファームウェア障害」

論理障害の一種ですが、ファームウェア障害もデータトラブルの原因だと言われています。ファームウェア障害が発生するとデータのお読み書きを正常に行うことができなかったり、本来よりも少ない容量が表示されたりといった不具合が発生します。また、エラーメッセージが突然表示されることもあるようです。

SSDそのものが故障してしまう「物理障害」

SSD自体に問題がある場合は、物理障害が原因だと言えるでしょう。この障害はSSD自体が故障している場合に発生します。強い衝撃を加えてしまった、水没させてしまったなどが物理障害に該当します。

また、経年劣化によって寿命を迎えたSSDは、内部のパーツが破損・故障している状態なので物理障害に該当します。こうした物理的な故障が発生している機器は使用を続けることで状態が悪化してしまうので、不具合を感じた際はするに使用を中止することをおすすめします。

気になる成功率は?プロに依頼すれば確実なの?

気になる成功率は?プロに依頼すれば確実なの?

SSDのデータ復旧を検討している方は、大切なデータが保存されている場合が多いのではないでしょうか?そのようなデータを復旧するのであれば、当然ですが成功率が気になるものです。

ここでは、そんなSSDのデータ復旧の成功率についてまとめてみました。正しい方法でデータ復旧を行えば高い成功率が期待できるので、以下でご紹介する内容を参考にしてデータ復旧を行ってみましょう。

データ復旧ソフトは使えない場合もある

最近では自分でデータ復旧を行える「データ復旧ソフト」が普及しています。また、有料版だけでなく無料版のフリーソフトもたくさん普及しているので、気軽にインストールすることができる便利なソフトウェアとなっています。

しかし、データ復旧ソフトが利用できるのは、トラブルの原因が論理障害の場合のみとなっています。そして気になる成功率ですが、高い成功率で紹介されているデータ復旧ソフトも多数ありますが、いずれも100%ではありません。

また、物理障害が発生しているSSDにデータ復旧ソフトを使用すると、状態悪化に繋がりプロでもデータ復旧が困難、または不可能な状態となる危険性があります。そのため、物理的な故障が確認できた場合には、データ復旧ソフトを使用しないでください。

データ復旧業者の成功率は約70~80%

データ復旧が必要な方の多くは、プロのデータ復旧業者に相談しようを考える方は多いのではないでしょうか?データ復旧業者であれば物理障害が発生しているSSDのデータ復旧も可能ですし、プロだから復旧成功率は高いだろうと思っている方は少なくないでしょう。

そんなデータ復旧会社の成功率ですが、約70~80%と高い成功率が期待できると言われています。100%の成功率ではありませんが、高い成功率が期待できるので、安心してデータ復旧を依頼することができるでしょう。

また、この成功率は平均的な数値なので、データ復旧会社によってはより高い成功率を謳っているところもあります。信頼性の高いデータ復旧会社であれば成功率だけでなく豊富な実績も自社のホームページで紹介しているので、依頼を検討している方は一度確認してみると良いでしょう。

成功率を下げないための注意点

データ復旧ソフトなら正しく使用することで復旧することができますし、データ復旧会社なら高い成功率が期待できます。しかし、依頼する前にやってはいけない行為を行っていると、成功率を下げたりデータを消失させたりしてしまう可能性があります。

ここでは、SSDのデータ復旧成功率を下げないための注意点についてまとめてみました。データ復旧が必要になるということは、ビジネスで使用する重要データや大切な思い出のデータなどが保存されていると思うので、以下でご紹介する注意点をぜひ参考にしてみてください。

安易なフォーマットはNG

SSDに何らかの障害が発生している場合、パソコンの画面上にフォーマットを促すメッセージが表示されることがあります。しかし、フォーマットを行うと保存データが全て削除されてしまい、新しい情報が上書きされて復旧困難になるので、メッセージが表示されても実行しないよう注意してください。

データの上書きをしない

間違えてデータを削除してしまった、または保存データが消えていたという場合、パソコンの画面上には表示されませんが内部ではまだ情報が残っている状態です。そのため、この段階でデータ復旧を行えば復元可能ですが、目的のデータが消えている状態で新しいデータを上書きすると、元々のデータが消失してしまうので注意が必要です。

データ復旧ソフトを使うことでデータが消えることもある

データ復旧ソフトを利用しても、場合によっては復旧に失敗してしまうことがあります。原因としては正しい使用方法で利用していない、トラブルの原因が物理障害だったなどがあります。

いずれにしても、データ復旧に失敗したからと言って繰り返し復旧作業を行うと、SSDに負荷をかけることになりデータ消失を招く可能性があります。そのため、データ復旧ソフトの繰り返し利用する行為は控えましょう。

トラブルが発生した状態で機器の使用を続けない

SSDにトラブルが発生した場合は、すぐに使用を中止しましょう。特に、物理障害が発生している場合は、その状態で使用を続けることで機器に負荷をかけることになります。不具合が発生している状態での利用は状態悪化の原因になるので、故障していると感じた場合はすぐに使用を中止してください。

データ復旧の相談はDRAJ加盟企業がおすすめ!

データ復旧の方法にはデータ復旧ソフトの利用やデータ復旧会社への相談・依頼などがありますが、成功率を重視するならデータ復旧会社への相談がおすすめです。また、依頼先として推奨されているのは、「データ復旧協会DRAJ」の加盟企業だと言われています。

高い復旧技術と豊富な実績を持つデータ復旧会社ですし、セキュリティ対策も万全なので安心して依頼することができます。復旧成功率も平均以上なので、どうしても復旧したいデータがある方は、ぜひDRAJ加盟企業に相談してみてください。

TOPへ戻る

実績とデータ復旧技術で選ぶ!信頼できるデータ復旧業者人気ランキング

contents

信頼できるデータ復旧業者人気ランキング

パソコン突然障害お助け復旧キャンペーン!