仮想化サーバーのデータ復旧する方法

仮想化サーバーのデータ復旧する方法

導入コストの削減や省スペースでの設置が可能など、このような特徴を持っている「仮想化サーバー」。近年、よく耳にする言葉の1つですし、メリットが多いことから導入している企業は多いのではないでしょうか?

そんな仮想化サーバーですが、突然データトラブルが発生してしまい、データ復旧が必要になることがあります。この場合、安全にデータ復旧を行うにはどのような方法があるのでしょうか?

この記事では、仮想化サーバーのデータ復旧方法についてご紹介していきます。また、基礎知識やよくある故障・原因などもご紹介しているので、現在トラブルでお困りの方はもちろん、急なトラブルに備えて復旧方法を知っておきたい方はぜひ参考にしてみてください。

仮想サーバーの基礎知識

仮想サーバーの基礎知識

ここでは、仮想化サーバーを利用する上で知っておくべき基礎知識をまとめてみました。効果的に活用する上で基礎知識は重要なものなので、しっかりと把握しておくことが大切です。

以下では、導入する際に知っておくべき基礎知識として3つのポイントをご紹介しているので、一つひとつ見ていきましょう。

たった1台のマシンでサーバーの増設が可能

サーバーの増設を行う場合、従来の方法であれば物理サーバーとなるマシン台数を増やす必要がありました。この場合、増設する機器の数に応じて設置スペースを確保する必要がありますし、増設すればするほどコストが高くなります。

仮想化サーバーの場合、機器の導入は必要ですが導入するマシン台数はたった1台のみです。増設するサーバーは仮想環境で構成するため、最小限の設置スペースさえ確保するだけですし、増設には物理的な機器を必要としないので低コストでの導入が可能です。

そのため、大手企業だけでなく中小企業でも導入が容易になっているため、仮想化サーバーを活用しているところは多いでしょう。

仮想化には2種類の手法が使われている

仮想化サーバーでは2種類の手法が使われています。1つ目の「ホストOS型」では、WindowsやMacなどのホストOSに仮想化ソフトをインストールすることで、新しいアプリを導入するときと同じような感じでゲストOSを動かすことが可能。

特徴としては手軽に仮想化サーバーの運用ができるといった点ですが、複数のサーバーにアクセスする場合はホストOSを経由してしまいます。その結果、処理速度が低速になってしまうため、サーバーの運用方法には注意する必要があるでしょう。

2つ目の「ハイパーバイザー型」では、サーバーに専用ソフトとなる「ハイパーバイザー」をインストールします。この手法のOSを経由することなくサーバーを運用できる仕組みとなっていて、一定の処理速度の維持が可能といった特徴があります。

しかし、導入した物理的な機器によっては専用ソフトに対応していないものもあるため、全てのマシンに適用していないといったデメリットがあります。そのため、この手法を導入する場合は既存の機器が対応しているのかを事前に確認することが大切です。

従来のサーバー増設に比べてメリットが豊富

すでにご紹介していますが、仮想化サーバーは設置スペースの確保は最低限で済む、導入コストを削減できるなどのメリットがあります。従来の導入方法では十分な設置スペースの確保やコストが高いなどが導入するにあたっての高い壁となっていました。

しかし、そうした導入の高い壁を取り払うことができるため、規模と問わずどんな企業でも導入が容易になっています。また、物理的な機器が1台のみであることから、ランニングコストや消費電力など、あらゆる面でコスト削減に繋がっているので、導入する企業は増加傾向にあるようです。

データ復旧が必要となるよくある症状・原因

データ復旧が必要となるよくある症状・原因

データ復旧を行う際にはその方法はもちろんですが、トラブルの原因も知っておくことが大切です。例えば、故障しているのがハードウェアなのか、それともソフトウェアなのかによっても復旧方法が異なる場合があります。

そこで、ここではデータ復旧が必要となる仮想化サーバーのよくある故障・原因についてまとめてみました。あまり詳しい知識がなくても以下でご紹介する内容を知っておくと状態から原因を判明できるかもしれませんよ。

論理的、または物理的な障害が発生している

パソコンをはじめサーバーなどが正常に使用できない場合、大きく分けて「論理的」「物理的」の2つの原因が考えられます。論理的な障害の場合、最も多いのが人為的ミスによるものが多く、ソフトウェア上でトラブルが発生していることが考えられます。

物理的な障害の場合、機器の部品やパーツなどのハードウェアが故障しているときに発生します。この場合は専門的な知識・技術・設備を持ったデータ復旧会社でなければデータ復旧を行えません。

仮想化ソフトの削除・破損

仮想化サーバーは仮想化によって構築された大きなソフトウェアです。このソフトウェアを誤って削除してしまうと、当然ですが保存データにアクセスすることができません。また、何らかが原因で仮想化ソフトが破損した場合も同様です。

より具体的な原因を例に出すと以下のようなものがあります。

  • よくわからずに初期化を行った
  • 誤操作でスナップショットを消した
  • Raidの構築が何かしらで破損している

「もしかして故障?」と感じたときにこれらに心当たりがある場合には、仮想化ソフトが削除されている、または破損していることが考えられるでしょう。

機器が起動しない、またはエラーが表示される

仮想化サーバーの運用には必ず1台の物理的な機器を使用します。その機器が電源を入れても起動しない、起動した際にエラーが表示されるといった症状もよくある故障の1つです。

このような場合、原因として仮想化ソフトに何らかの障害や不具合が発生している可能性があります。ちなみに、このような故障時にはデータ復旧会社でなければデータを失う危険性があるので、自分で復旧作業を行うのは避けましょう。

仮想化サーバーのデータ復旧方法

ここでは、仮想化サーバーが故障した、または障害が発生した際のデータ復旧方法についてご紹介していきます。前章でもお伝えしましたが、原因によって復旧方法が異なる場合があります。

また、自分でも対処できる故障だったとしても、「安全にデータ復旧できるのか不安…」と感じる方もいることでしょう。そのような場合でも安全にデータ復旧を行う方法もご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

論理障害なら自分で復旧可能

ソフトウェアに障害が発生している原因が論理障害であれば、データ復旧ソフトを使うことで、自分で復旧作業を行うことが可能です。復旧ソフトによっては対応しているメディアが異なる場合があるので、仮想化サーバー対応のものを選ぶと良いでしょう。

ちなみに、スナップショットを使った復旧方法が紹介されていることが多いですが、これは保存データ全てを復旧することはできません。スナップショットはデータ全体ではなく部分的に切り取られたデータを保存する機能なので、復旧とは異なる方法であることをしっかり覚えておきましょう。

物理障害によるトラブルはデータ復旧会社に相談

ハードウェアの故障が原因の場合はデータ復旧会社に相談しましょう。故障した機器から自分で復旧作業を行うと、状態悪化に繋がってしまいデータ復旧が困難になってしまいます。また、最悪の場合はデータ復旧が不可能になる場合もあるので、トラブルが発生した場合は早急に使用を中止してデータ復旧のプロにお任せしましょう。

安全かつ高い復旧率を求めるならプロに依頼

論理障害なら自分で復旧作業を行えるとご紹介しましたが、専用ソフトの使い方がよくわからない、試してみたけど復旧できないといった場合があります。また、復旧ソフトを使用したとしても復旧成功率は100%ではないので、失敗するケースも少なくありません。そのため、安全かつ高い復旧率を求めるのであれば、プロのデータ復旧会社に相談することをおすすめします。

故障原因を問わずプロへの依頼がおすすめ!

データ復旧会社には専門的な知識と技術を持つスタッフが在籍していますし、安全にデータを取り出す設備が整っています。そのため、重度の障害が発生している場合でも復旧成功率が高く、安全にデータ復旧を行うことが可能です。原因によっては自分で対処できるものもありますが、重要なデータや大切なデータの復旧を行うなら、高い成功率を誇るプロに依頼してみましょう。

TOPへ戻る

実績とデータ復旧技術で選ぶ!信頼できるデータ復旧業者人気ランキング

contents

信頼できるデータ復旧業者人気ランキング

パソコン突然障害お助け復旧キャンペーン!