フォーマット済みのHDDからデータを復旧する方法

フォーマット済みのHDDからデータを復旧する方法

パソコン関連に詳しい方であれば知っている「フォーマット」機能。「パソコンを普段使っている」「基本操作なら問題ない」という方は多いですが、詳しい機能性までは知らないという方は多いのではないでしょうか?

しかし、どういった機能なのかを知らないままフォーマットを行ってしまう方は多く、データを失ってしまい困ってしまう方が多いと言われています。そこで、この記事ではフォーマット済みのHDDからデータを復旧する方法をご紹介していきます。

また、どういった機能なのか、どのようなときに行うのかなど、フォーマット機能についての基礎知識もご紹介しています。普段からパソコンを使用している方や外付けHDDを活用している方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

「フォーマット」ってどんな機能?

「フォーマット」ってどんな機能?

パソコンで作業を行っていると画面上にフォーマットの実行を促すメッセージが表示されることがあります。メッセージが表示される原因はさまざまですが、機能性を知らないまま「実行すればいいのかな?」という安易な考えで実行してしまうケースは多いと言われています。

そのため、基本的にはフォーマットの実行はNGとされていますが、場合によっては実行することでメリットを得られることもあります。ここでは、そんなフォーマットの機能性についてまとめてみました。

発生した論理障害の改善できる

実行することで保存データがすべて失われてしまうことから、多くの方は「フォーマット=初期化」というイメージを持つ方が多い傾向があります。しかし、厳密にはシステムファイルを再構築するというのが本来の機能となっています。

この機能は理論障害が発生した際の改善方法の1つとされています。論理障害は、HDD自体は正常なのですが、システムファイルが破損することで発生する障害です。そのため、フォーマットを行うことで破損したシステムファイルを再構築することができるので、データトラブルを改善することが可能だと言われています。

保存データの整理整頓にも利用されている

フォーマット機能は論理障害の解決だけでなく、保存データの整理整頓にも利用されている機能です。実行することで保存データを全て削除することができるので、「不要な保存データが多く1つずつ整理するのは面倒だ」という場合にフォーマットを行いデータファイルの全削除が可能となっています。

このように、トラブル改善だけでなく便利な活用方法としても利用されることがあります。しかし、これらを目的とした使用はフォーマットの機能性を理解した上で行わなければ、データ復旧が必要になるので注意が必要です。

フォーマットしたHDDからデータ復旧する方法

フォーマットしたHDDからデータ復旧する方法

これまでの内容から、フォーマットの機能性についてお分かりいただけたと思います。そのため、今後は安易にフォーマットを実行することなくなることでしょう。しかし、機能性を理解していたとしても誤操作によって実行してしまうことは少なくありません。

そこで、ここでは誤ってフォーマットを行ったHDDからデータ復旧を行う方法をご紹介していきます。データ復旧の方法には大きく分けて「自分で復元」「プロに相談」といった2種類の方法があるので、具体的なやり方について一つひとつ見ていきましょう。

データ復旧ソフトを使う

HDDのフォーマットは論理障害に当たるので、データ復旧ソフトを使った復元が可能です。データ復旧ソフトは論理障害のみに利用できるソフトウェアとなっていて、最近では気軽にインストールできるフリーソフトも数多く開発されています。

データ復旧ソフトによって対応しているメディアが異なりますが、ほとんどの場合はHDDに対応しています。しかし、操作性は使用するソフトによって異なるので、事前に正しい使い方を確認しておきましょう。

また、場合によってはデータ復旧ソフトを使っても復元できないことがあると言われています。この場合に考えられるのは使用方法が間違っている、またはHDDそのものに物理的な障害が発生していることが考えられます。

このような状態になってしまった場合、データ復旧会社へ相談することをおすすめします。というのも、復旧作業を行うとHDDに負荷がかかってしまうため、復元に失敗したからと言って繰り返し行うと機器が故障してしまう可能性があります。

状態が悪化したHDDからのデータ復旧はプロのデータ復旧会社でも難しいと言われているので、自分でデータ復旧を行う方は十分に注意して作業を行いましょう。

データ復旧会社に相談する

データ復旧ソフトなら手軽にインストールできますし、1つ持っておけばいつでも復旧作業を行えるといったメリットがあります。しかし、100%データ復旧に成功するという保証はなく、場合によっては復旧作業が原因で状態が悪化する可能性があります。

また、いざ自分でデータ復旧を行ったとしても、「使い方がイマイチ分からない…」

という方も少なくないようです。このように自分では思うようにデータ復旧が行えないという場合には、プロのデータ復旧会社に相談してみましょう。

データ復旧会社では、あらゆる障害やデータトラブルが発生した機器などから高確率でデータを復元することが可能。専門的な知識と高度な復旧技術を持っていますし、作業に必要なクリーンルームが完備されているので、安全なデータ復旧を行ってくれます。

ちなみに、セキュリティ対策も万全なので機密情報や社外秘など、情報漏洩が気になる方でも安心して依頼することができます。他にも、ほとんどのデータ復旧会社は初期診断や見積もりの提示を無料で行っているので、依頼が初めての方でも気軽に相談することができるでしょう。

プロに依頼するならDRAJ加盟企業がおすすめ

データ復旧会社はネット上で調べるとたくさん検索することができますが、すべての会社が信頼できるとは限りません。また、ほとんどのデータ復旧会社はHDDに対応していますが、復旧技術はそれぞれで異なります。

しかし、DRAJ加盟企業であれば安心して依頼することが可能ですし、高度な復旧技術を持っているので復旧成功率が高いと言われています。ここでは、そんなDRAJ加盟企業についてまとめてみました。

業界の健全化に向けた活動を行う企業団体

この記事を読んでいる方の中には、「そもそもDRAJを知らない」という方は多いのではないでしょうか?DRAJとは、業界の健全化に向けた活動を行っている企業団体です。複数のデータ復旧会社が加盟しており、具体的には安全なデータ復旧サービスの提供と悪徳業者の撲滅を目的とした活動を行っています。

企業や行政も利用している

DRAJ加盟企業は確かなデータ復旧技術を持っており、万全のセキュリティにて依頼者から預かっているデータを管理・保管しています。さまざまな企業や機密情報を取り扱う行政なども利用しているので、信頼性は保証されていると言っても過言ではないでしょう。

特に、仕事で使用するパソコンや外付けHDDには外部に漏れてはいけないデータが保存されていることもあります。そのようなデータが保存された機器を他人に預けるのは非常に不安ではありますが、DRAJ加盟企業なら情報漏洩の心配がないので安心して相談・依頼することが可能です。

確実なデータ復旧を求めるならプロに相談しよう!

フォーマット済みのHDDからデータ復旧を行う方法には、データ復旧ソフトの使用とデータ復旧会社への相談といったものがあります。しかし、確実なデータ復旧を求めるのであれば、最初からデータ復旧会社へ相談してみましょう。

また、依頼先は信頼性の高いDRAJ企業がおすすめです。高度な復旧技術を持っているので成功率は高く、重要なデータの復元もセキュリティが万全なのでとても安心です。フォーマットを行って困っている方は、ぜひDRAJ加盟企業に相談してみてください。

TOPへ戻る

実績とデータ復旧技術で選ぶ!信頼できるデータ復旧業者人気ランキング

contents

信頼できるデータ復旧業者人気ランキング

パソコン突然障害お助け復旧キャンペーン!