個人でもできる!HDDのデータを復旧させる方法

個人でもできる!HDDのデータを復旧させる方法

確実なデータ復旧を行うなら、プロの業者に依頼するのが一番です。しかし、ちょっとしたデータ復旧なら、個人でも行う方法はあります。そこで、今回はそんな悩みを抱えている方のために、個人でできるデータ復旧方法をご紹介します。自分でHDDのデータを復旧させてみたい!と思うなら、ぜひこちらの方法を試してみてください。

HDDのデータ復旧はどこまで可能?

基本的にデータ復旧を行うときは、論理障害までとなります。ちょっとしたエラーや軽度の論理障害なら、個人でもデータ修復は可能です。OSがエラーを起こしている、ウィルスに観戦している場合、システム復旧で対応できるでしょう。リカバリーでも直る可能性が高いので、事前にバックアップを取っておき、そちらの方法を試してください。

ただし、水没や衝撃による物理障害だと、個人で復旧することはできません。物理障害の場合、パソコンを分解して故障したパーツを取り出す必要があります。素人がパーツを見ただけでは、壊れている部分を見分けるのは難しいでしょう。

また、ごみやホコリが入ってしまうだけで、さらに悪化してしまう可能性が高いです。そのため、物理障害で故障したときは、必ずプロの業者に依頼しましょう。

HDDが故障しているか確認しよう

まずはHDDが故障しているか確認する作業から始めましょう。
HDDの場合、マザーボードや電源回路、制御基板がエラーを起こしている可能性があります。故障したHDDをパソコンや外付けハードディスクから分解して取り出しましょう。

ただし、パソコンは多くのパーツが詰まっているので、分解中に故障させる可能性が高いです。そのため、故障させたくないときには、分解は行わずプロの復旧業者に依頼してください。

故障したHDDをUSB変換アダプタに繋げて、正常に動くパソコンと繋ぎ直しましょう。パソコンからフォルダを開き、HDDが表示されているか確認します。基本的にHDDは表示されませんが、万が一認識された場合は、急いでバックアップを取りましょう。データをコピーできたら、HDDのデータはいつでも復旧させられます。

ただし、このケースだとHDDではなくパソコンが故障している可能性が高いです。パソコンを修理に出すか、新しく買い直さないと元通り使うことはできません。コンピュータ画面に表示されなければ、HDDのデータ復旧を行っていきましょう。

HDDの破損原因を調べる

HDDの破損原因を調べる

論理障害か物理障害か見分けるためにも、HDDのデータを確認していきます。パソコンからディスクの管理画面から確認すれば、HDDの故障原因がわかるでしょう。HDDは表示されているが、データ詳細が不明になっている場合、論理障害が原因です。HDDが表示されなければ、物理障害が起きているため、復旧はほぼ不可能となります。

論理障害ならデータ復旧ソフトを使おう

パソコンのHDDを復旧させるときには、データ復旧ソフトを使います。最近では無料の復旧ソフトがありますが、少しでも復旧率を高めるなら、有料ソフトを使ってください。また、データ復旧を行うときには、RAID機能付きHDDを用意しておきましょう。

せっかくデータの復旧に成功しても、パソコンに保存してしまうと容量が足りなくなってしまいます。RAIDならHDDが1台故障しても、データが消えてしまうことはありません。保存容量も2倍必要になりますが、今後のバックアップ用として使えるため、ぜひ購入しておきましょう。

故障したHDDをUSBアダプタでパソコンに接続したら、データ復旧ソフトでファイルの復旧を進めていきます。フリーソフトによって表示メッセージは変わりますが、ドライブが認識できない場合の復旧を選んでください。

HDDの容量によって時間は変わりますが、数時間経てば復旧可能なファイルを表示してくれます。必要なファイルを選択したら、ファイルの復旧を行いましょう。
保存先はパソコンのデスクトップかフォルダを選択して、復旧されたファイルを確認しましょう。正しくデータが入っていれば、データの復旧は完成です。

物理障害ならモーターを確認してみよう

モーターや回路基盤を個人で修復するのは、難易度が高くおすすめできません。しかし、モーターが動いていないだけなら、一時的にデータを復旧させることは可能です。

モーターが回っていないときは、一度HDDを温めてみましょう。長時間使用していない、もしくは温度が低い場合は、モーターを温めることで動く可能性があります。25度以上の室温にHDDを置いて、ゆっくりと温めてください。ドライヤーの熱が当たると、ハードディスクの変形が起きてしまいますし、より悪化の原因になります。間違ってもドライヤーで一気に温めることはやめておきましょう。

それでも回らない時には、データが消えてしまう可能性がありますが、軽く衝撃を加えてみてください。モーターが回りだせば、データが復旧できるようになるため、消えるリスクがある方のみ実践してください。

それでも回らなければ、分解を行い本格的な作業が必要になります。その場合は、素直にデータ復旧業者に依頼して、データを取り出してもらいましょう。

難しいデータ復旧はプロの業者に依頼

HDDの破損原因を調べる

データ復旧業者に依頼する場合、アドバンスデザインがおすすめです。他のデータ復旧業者と比べても、確実なデータ復旧に期待できるでしょう。専用のクリーンルームで一切ごみやホコリが入らない状態で作業してくれます。

また、品質を保障する規格であるISO9001、情報セキュリティを証明する規格ISO27001に認定されています。国際的に認められたデータ復旧業者なので、ほぼ確実なデータ復旧に期待できるでしょう。HDDに精通した作業員が数多くいるため、論理障害から物理障害まで幅広く対応してくれます。

大手企業と1,000社以上の取引実績があるため、非常に信用できる業者です。HDDのデータ復旧に困ったときは、ぜひアドバンスデザインを利用してみてください。

TOPへ戻る

実績とデータ復旧技術で選ぶ!信頼できるデータ復旧業者人気ランキング

contents

信頼できるデータ復旧業者人気ランキング

パソコン突然障害お助け復旧キャンペーン!