HDDのデータ復旧の際、中身を見られることはある?

HDDのデータ復旧の際、中身を見られることはある?

膨大なデータの保存・管理に最適と言われている「HDD」。子供の成長記録や好きな音楽を保存している、または仕事で使用する顧客情報や社外秘などの保存用など、さまざまな目的で使っている方は多いのではないでしょうか?

そんなHDDですが、何らかが原因でデータが消えてしまう、またはファイルが開けなくなるなどのトラブルが発生することがあります。その場合、専門業者にデータ復旧を依頼される方が多いのではないでしょうか?

しかし、「HDDの中身を見られてしまうのでは…」と不安に感じる方も多く、データ復旧の相談ができずにいる方も多いようです。記憶装置に保存されているデータは依頼者にとって貴重なものであり資産でもあります。この記事では、そのようなデータの復旧依頼する際の疑問・不安についてご紹介していきます。

データ復旧を依頼すると中身を見られるの?

データ復旧を依頼すると中身を見られるの?

データトラブルが発生すると保存データの取り扱いができなくなるため、復旧作業を行う必要があります。場合によっては自分で復旧できる場合もありますが、「やり方がわからない」「確実にデータを復元したい」という方は専門業者に依頼することでしょう。

そのような際に気になるのが、「復旧を依頼したHDDの中身を見られてしまうのか?」というもの。ここでは、そのような疑問や不安についてまとめているので、データ復旧の依頼を検討している方は以下の内容を参考にしてみてください。

データ復旧依頼なら中身を見られてしまう

専門業者にデータ復旧を依頼した場合、結論から言うと依頼したHDDの中身は見られる場合があります。というのも、復旧作業を行ったからといって確実にデータを復元できているのかどうかというのは、実際にそのデータを開いてみなければわからないからです。

そのため、依頼されたデータの復旧を行った場合、最終確認の1つとしてHDDの中身を見られることがあるようです。しかし、見られると言ってもデータが開けるかを確認するだけなので、詳しい内容までは見られることはないと言われています。

メーカー修理への依頼なら見られる心配はない

データ復旧を依頼する方の中には、機器の故障によってデータの取り扱いができなくなったというケースも多いです。そのため、メーカー修理へと相談・依頼する方もいると思いますが、この場合は中身を見られることはないと言われています。

というのも、メーカー修理が行うのは機器の修理、または交換という作業のみが基本的な対応となっていて、データ復旧作業は行っていないからです。しかし、「メーカー修理に依頼する=データを全て失う」ということになるので、データ復旧を目的としている方はデータ復旧を専門に行う業者に依頼する必要があります。

ですので、機器が物理的に故障した場合はまずデータ復旧を行っている業者に相談して、復旧が完了してからメーカー修理へと相談しましょう。

悪徳業者の場合は情報を盗まれる恐れがある

HDDのデータ復旧は「データ復旧専門業者」に依頼することで復元してもらうことができます。そんなデータ復旧専門業者の中には悪徳業者も少なくないため、誤って依頼してしまうとデータ情報を盗まれてしまう恐れがあります。

そのため、安全にデータ復旧を行ってくれる業者を見極めることが重要です。それでは、悪徳業者の特徴について以下の内容を見ていきましょう。

  • 根拠のない復旧成功率を掲げている
  • 実績や事例などを公開していない
  • 不安を煽るようなことを言う

大きな特徴として悪徳業者には上記のようなポイントが当てはまる場合が多いです。また、根拠のない成功率に関してですが、一般的には実績・事例の公開がされていないのに「成功率90%以上」と謳っているケースが非常に多いと言われています。

しかし、信頼性の高いデータ復旧業者であれば、公式ホームページ内で過去の事績や事例などを公開しており、それを元に割り出した成功率を公開しています。初めてデータ復旧依頼をされる方は業者の見極めが難しいと思うので、このようなポイントを参考に依頼先をしっかりと選んでみてください。

信頼できる復旧業者なら情報漏洩の心配はない

信頼できるデータ復旧業者は実績・事例の公開だけでなく、セキュリティ体制もしっかりとしています。プライバシーマークの取得、セキュリティの国際規格の取得など、情報の安全が確保されているので、データ復旧を依頼しても情報漏洩の心配はありません。

また、このように信頼できる業者は利用者が多く、口コミでも高く評価されているところが多いです。そのため、依頼先を探す場合はその業者の公式ホームページだけでなく、口コミ・評判も調べておくとより安全に依頼することができると言えるでしょう。

他人にデータを見られずに復旧する方法

他人にデータを見られずに復旧する方法

データ復旧が必要になる主な原因は、機器の物理的な障害、または論理的な障害によるものです。そして、障害の原因が論理的なものだった場合は、他人にデータを見られることなく復旧することができます。

ここでは、論理的な障害から他人にデータを見られずに復旧する方法をはじめ、デメリットや注意点についてまとめてみたので、原因が当てはまる方やHDDの中身を見られたくない人はぜひ参考にしてみてください。

復旧ソフトを使えば自分でデータを復元できる

論理的な障害が原因の場合は、データ復旧ソフトを使用すれば自分で復旧作業を行うことができます。そのため、他人にHDDに保存しているデータを見られる心配がないので、安心して復旧作業を行うことができるでしょう。

そんなデータ復旧ソフトですが、有料版はもちろん無料のフリーソフトも多数出回っています。インターネットで簡単に検索することができるので、自分が使いやすいと思う復旧ソフトを使用してみると良いでしょう。

確実にデータを復旧できる保証はない

データ復旧ソフトは他人にデータを見られることがなく、自分で手軽に復元できるといった点が大きなメリットです。しかし、確実に復旧できるといった保証がないというデメリットもあるため、場合によっては専門業者への依頼が必要になることがあります。

また、もしもデータ復旧ソフトを使用して失敗した場合、2度目に復旧を行う際の難易度が高くなる可能性があります。復旧難易度が高くなればなるほど、プロのデータ復旧専門業者でも成功率が怪しくなってしまうので、確実にデータを復元したいのであれば最初から専門業者に依頼することをおすすめします。

物理障害が原因の場合は自分で復旧作業できない

自分でデータ復旧を行う場合の注意点ですが、データ復旧ソフトが使用できるのは論理的な障害が原因の場合のみです。つまり、経年劣化や何らかの衝撃を加えたなどの物理的な障害が原因の場合は使用できません。

また、物理的な障害が発生しているHDDにデータ復旧ソフトを使用した場合、状態を悪化させる可能性が高くなります。さらに、最悪の場合はデータ復旧専門業者でも復元ができないほどの状態になるケースも少なくないので、機器の障害の原因を判明してから復旧ソフトを使うよう注意が必要です。

DRAJ加盟会社なら安心して依頼できる!

全国にはたくさんのデータ復旧業者が存在していますが、その中でも特に信頼性が高いと言われているのが「DRAJ加盟会社」です。DRAJとは、業界の健全化を目的として悪徳業者の撲滅に向けた活動を行っている企業団体です。

この企業団体に加盟しているデータ復旧会社であれば、依頼者から預かったデータを厳重に保管・管理しているので、安全なデータ復旧が可能となります。復旧成功率も高く評判の良い業者が多いので、もしもプロへの依頼が必要な方はDRAJ加盟企業から依頼先を探してみましょう!

TOPへ戻る

実績とデータ復旧技術で選ぶ!信頼できるデータ復旧業者人気ランキング

contents

信頼できるデータ復旧業者人気ランキング

パソコン突然障害お助け復旧キャンペーン!