自分でできる!デジカメのデータを復旧させる手順

自分でできる!デジカメのデータを復旧させる手順

デジカメには旅行先での思い出や子供の成長など、大切なデータがたくさん保存されているものです。しかし、いざ撮影した写真を印刷しようとすると、データが消えていたなんてことはありませんか?または、間違って自らデータを削除してしまい、「どうしよう・・・」と悩んでいる方も多いでしょう。

今回は、自分でできるデジカメのデータの復旧について、データが消える・見られなくなる原因や復旧の方法・手順についてご紹介していきます。この記事を読んでいる方は、おそらく今現状で消えたデータについて困っているのではないでしょうか?ぜひ最後まで読んで頂き、大切なデータを取り戻してみてください。

デジカメに保存しているデータが消える原因

デジカメに保存しているデータが消える原因

思い出の写真を保存しているデータが消えてしまう原因ですが、自分で削除することを含め、主に3つの原因が考えられます。データを復旧させる場合は消えた、または見られない原因についてよく調べることが大切です。

ここでは、デジカメに保存しているデータが消える3つの原因について、一つ一つご紹介していきます。自分でデータ復旧するために知っておきたい知識なので、ぜひ参考にしてみてください。


誤ってデータを削除してしまった

デジカメのデータが消える原因として特に多いのが、誤って自らデータを削除してしまうことです。データを確認するつもりが操作を誤ってしまい、プリントアウトしたかった写真を消してしまったという方は多いでしょう。

または、初めてデジカメを使う方が正しい操作方法を把握しておらず、なんとなくといった感覚で操作する場合も、自分でデータを削除してしまうことがあるようです。どちらにせよ操作を誤ってデータを削除してしまうと、大切なデータを失ってしまうので気をつけましょう。


保存形式がデジカメと異なりエラーが表示される

デジカメで撮影したデータは、SDカードに保存される仕組みとなっています。しかし、使用しているデジカメとSDカードの保存形式が異なる場合、データを読み込めないといったトラブルが発生することがあるようです。

ちなみに、保存形式が異なる場合はエラーが表示されるので、すぐに原因を突き止めることができるでしょう。フォーマットエラーや使用できない、異常ですなどのメッセージが表示される場合は、データの保存形式が異なっている証拠。

この場合はデータが消えたわけではなく、デジカメを使ってデータを読み込めないというだけなので、慌てる心配はありません。そのため、むやみに操作を続けるのではなく、正しいデータ復旧の方法を行って、データの取り出しを行いましょう。


衝撃や劣化によるSDカードの故障

データが消えてしまう原因には、データの保存先であるSDカードの物理的な故障が考えられます。落下による衝撃や誤って踏みつけてしまった、または水没させてしまった場合は、SDカード自体が故障してしまいます。

また、精密機器は劣化によっても故障してしまうため、古いSDカードを使っている場合もデータが消えてしまう原因となるでしょう。ちなみに、このような原因でデータを紛失してしまった場合、自分ではデータを復旧させることができないため、SDカードの取扱には十分に注意しておきましょう。


デジカメのデータを自分で復旧させる方法と手順

デジカメのデータを自分で復旧させる方法と手順

消えてしまったデジカメのデータは、原因によっては自分でデータ復旧を行なうことが可能です。そのため、データ復旧の方法を知っておくと、万が一データが消えてしまっても、安全にデータを復旧することができるでしょう。

しかし、方法だけを知っていても、正しい手順を知らなければデータを取り戻すことができません。そこで、ここではデジカメのデータを自分で復旧させる方法と手順についてご紹介していきます。自分ではどうにもできないときの対処法もご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。


フリーソフトを使ってデータをさせる

自分でデータを削除してしまった場合は、データ復旧専用のフリーソフトを使うことで、大切なデータを取り戻すことができます。データの破損でなければフリーソフトを使うことで、誰でも簡単にデータ復旧ができますよ!

フリーソフトを使ったデータ復旧の手順は、以下のようになっています。


  • 使用するフリーソフトをインストールする
  • データが保存されたSDカードをPCに接続する
  • ソフトを起動してデータを復旧するメディアを選択する
  • 削除したデータのスキャンを行なう
  • 復旧したデータを確認する

データ復旧専用のフリーソフトにはさまざまなものがありますが、基本的にはこのような手順となっています。細かい手順は使用するソフトによって異なるため、ご紹介した手順はあくまで参考にしていただき、実際に作業をする際は正しい手順を確認しておきましょう。


SDカードをパソコンで読み込む

保存形式によってエラーが発生した場合は、データが消えたわけではありません。そのため、デジカメからSDカードを取り出してパソコンで読み込みをすれば、保存していた写真を見ることができるでしょう。

パソコンにはSDカードの差し込み口が付いていますが、使用する機器によっては付いていない場合もあります。そんなときは、SDカードの読み込みができる専用のケーブルが販売されているので、そちらを購入すると良いでしょう。

手順としてはとても簡単で、SDカードを接続すれば自動的に読み込まれるので、ファイルを選択して中身を確認してみてください。保存形式が異なるというだけであれば、この方法で撮影した写真の確認やプリントアウトができるでしょう。ですが、データの確認ができない場合は物理的な故障の疑いがあるので、その場合は作業を中断してください。


データ復旧の専門業者に依頼する

物理的な故障によってデータが消えた、または読み込めない場合は、上記でもご紹介したように自分でデータ復旧をすることができません。この場合はデータ復旧のプロである専門業者に依頼して、大切なデータを復旧してもらいましょう。

専門業者を利用する場合、まずは電話にて依頼を行い、お近くの店舗に機器を持っていく、または郵送にて機器を預けることができます。料金はSDカードの容量によって異なるため、明確な費用を知りたい方は事前に確認しておきましょう。


デジカメのデータ復旧におすすめの無料ソフト

デジカメのデータ復旧におすすめの無料ソフト

ここでは、デジカメのデータを自分で復旧できるおすすめの無料ソフトをご紹介していきます。データトラブルで特に多い原因は、誤って自分で削除してしまうことだといわれています。「間違ってデータを消してしまった」「万が一に備えておきたい」という方は、ぜひ参考にしてみてください。


Piriform

こちらの無料ソフトは、パソコン本体とUSBメモリーにインストールする2つのタイプを使用できます。パソコンの容量を気にされる方でも使いやすいソフトなので、とてもおすすめです。また、日本語表記となっているデータ復旧ソフトなので、初心者の方でも使いやすいのが特徴です。


FileRecovery

無料ソフトですが複数の機能が備わっていて、復旧可能なデータを素早く検出してくれます。消してしまったデータがプレビュー表示される仕様になっているので、目的のデータを見つけやすく、使いやすいおすすめの無料ソフトとなっています。


EaseUS Data Recovery Wizard

高機能でデータの復旧率が高く、利用者が多いことでも有名な無料のデータ復旧ソフトです。デジカメのデータだけでなく、さまざまなデータ復旧に活用できるソフトなので、万が一に備えておきたい方にはとてもおすすめです。


専門業者を利用するなら「アドバンスデザイン」

専門業者を利用するなら「アドバンスデザイン」

今回は自分でできるデジカメのデータ復旧についてご紹介してきましたが、データが消える原因によっては自分で復旧することができません。そういった場合には専門業者への依頼が必要なりますが、全国にはさまざまなデータ復旧業者があるため、依頼先に悩む方は多いでしょう。

そこでおすすめなのが、経験と実績が豊富で信頼できる「アドバンスデザイン」です。セキュリティも万全なので大切なデータも安心して預けられますし、高品質な復旧サービスを受けることができます。物理的な障害で専門業者に依頼するという方は、ぜひアドバンスデザインを使って大切なデータを復旧してもらいましょう。

TOPへ戻る

実績とデータ復旧技術で選ぶ!信頼できるデータ復旧業者人気ランキング

contents

信頼できるデータ復旧業者人気ランキング

パソコン突然障害お助け復旧キャンペーン!