データを失わず、Windows10のデータを移行する方法

データを失わず、Windows10のデータを移行する方法

Windows7や8.1の良いところを取り、Windowsの機能を進化させることでさらに使いやすくなったWindows10。日々パソコンを利用されている方であれば、Windows10を使いこなしていることでしょう。

そんなWindows10ですが、保存したデータを失わずにデータ移行する方法は知っていますか?最近では持ち運びに便利なタブレット型のパソコンが普及しているため、Windows10のデータを移行していつでも利用できる状態にしたいと考える方は多いでしょう。

そんな方のために、今回はデータを失わず、Windows10のデータを移行する方法についてまとめてみました。誰でも簡単のデータ移行ができるので、ぜひ参考にしてみてください。

データを移行する前にバージョンを確認しよう

データを移行する前にバージョンを確認しよう

Windows10のデータを他のパソコンに移行させる場合、まずはバージョンの確認をする必要があります。両方のバージョンを確認して、データを移行させるパソコンがWindows10のバージョンを超えていなければ、データを移行することができません。そのため、移行作業を行うときは、必ずバージョンの確認を行なってください。

パソコンのバージョンを確認する方法は以下の通りとなっています。

  • 「Windowsキー」と「Rキー」を同時に押す
  • 「ファイル名を指定して実行」画面から「winver」を入力・実行
  • 「Windowsのバージョン情報」画面からバージョンを確認

まず、「Windowsキー」と「Rキー」を同時に押すと、画面上に「ファイル名を指定して実行」という画面が表示されます。この画面が表示されたら名前のところに「winver」を入力して、画面下にある「実行」、または「OK」をクリックします。すると、「Windowsのバージョン情報」という画面が表示されますので、そこからお使いのパソコンのバージョンを確認することができます。

もし、データの移行先となるパソコンのバージョンが、Windows10よりも新しい状態だった場合、Windows10のパソコンを最新のバージョンへと更新してください。バージョンの更新方法は以下の通りとなっています。

  • スタートメニューから「設定」を選択
  • 「更新とセキュリティ」から「Windows Update」を選択

バージョンの確認やバージョンアップは簡単に行えるので、データ移行を初めてされる方でも手順や操作に困ることはないでしょう。

Windows10のデータを移行させる3つの方法

Windows10のデータを移行させる3つの方法

Windows10のデータを移行させる方法は3つあります。これからご紹介する方法は、Windows10に保存してあるデータをなくすことなく、安全にデータを移行させることができます。しかし、万が一のことを考えて、まずはパソコン自体でバックアップを取っておくことをおすすめします。それでは、Windows10のデータを移行させる3つの方法について、一つひとつご紹介していきます。

クラウドバックアップサービスを利用する

みなさんは「クラウドバックアップサービス」というものを知っていますか?クラウドにデータを保存することでデータの紛失を防ぎ、保存したデータをユーザーと共有できるサービスです。このサービスを利用すれば、Windows10のデータを完全に移行することができますし、パソコン内にデータを残しつつデータを移動させることも可能です。

また、クラウド上にデータを保存することになるので、万が一パソコンが壊れたとしても、クラウドバックアップサービスを利用していれば、簡単にデータの復旧が行えます。データ移行だけでなくデータの保存までできるので、こちらの方法はとてもおすすめです。

専用のデータ移行ソフトを利用する

Windows10のデータを移行させる場合は、専用のデータ移行ソフトを使った方法もあります。付属の説明書通りに作業を行えば別のパソコンにデータを移すことが可能なので、データ移行を初めて行う方でも安心して利用できるでしょう。

専用のデータ移行ソフトを利用される場合、「どれを使えばいいの?」と悩んでしまう方は多いでしょう。そんな方には、「ファイナル パソコン引っ越し11plus」を使ってみてはいかがでしょうか?ネット上でもよくおすすめされているデータ移行ソフトとなっていて、初心者の方でも使いやすいソフトとなっています。

また、ファイナル パソコン引っ越し11plusには、付属品としてデータ移行に必要なUSBケーブルやLANクロスケーブルなどがセットになっています。必要なアイテムをあれこれ買い揃える必要がないので、とても便利なデータ移行ソフトといえるでしょう。

ファイナル パソコン引っ越し11plusでは、簡単にデータ移行ができる「おまかせ引っ越し」「選んで引っ越し」の2つの方法から選んで使用できます。おまかせ引っ越しを使った方法は以下のとおりとなっています。

  • Windows10とデータを移行するパソコンにソフトをインストール
  • 専用のUSBケーブルで2台のパソコンを接続
  • 画面上の指示に従って操作する

たった3つの手順を踏むだけで、Windows10のデータを移行することができます。こちらの方法はデータを全て移行したい、またはデータ移行を初めて行う方におすすめです。必要なデータだけを移行させたい方は、選んで引っ越しの方法を利用してみてください。選んで引っ越しを利用する場合は、Windows10から移行したいデータを選ぶだけなので、パソコンの容量が少なくてもデータ移行が可能となります。

外付けHDDやUSBメモリを利用する

クラウドバックアップサービスやファイナル パソコン引っ越し11plusを利用する場合、料金が発生する場合があります。そのため、Windows10のデータを無料で移行させたい方は、お手持ちの外付けHDDやUSBメモリを使ってデータ移行することが可能です。

パソコンを利用している方で大量のデータを管理している方であれば、外付けHDDやUSBメモリを持っていることでしょう。まず、それらのアイテムにWindows10のデータを移行させます。移行作業が完了したらデータを移したいパソコンに外付けHDD、またはUSBメモリを接続して、再びデータ移行作業を行えば完了となります。

ムダな費用を使わず手軽にデータ移行ができるため、無料でWindows10のデータを移行させたい方にはとてもおすすめです。もし、外付けHDDやUSBメモリを持っていない方は、購入しておくと今度データ移行をする場合や、データの保存にも活用できるので、購入を検討してみてはいかがでしょうか?

確実にデータ移行をするなら専門業者に依頼しよう

確実にデータ移行をするなら専門業者に依頼しよう

大切なデータを移行させたいとき、「自分でやっても大丈夫かな?」「失敗してデータが消えたらどうしよう・・・」と不安に感じている方は多いのではないでしょうか?パソコン操作はできても、専門的な知識を持っている方はそう多くはないでしょう。そんな方は、専門業者に依頼することで、確実にデータ移行をしてもらうことができます。

専門業者はデータ移行に関する知識をしっかりと身につけているので、大切なデータを失う心配がありません。特に、仕事で使用するデータは紛失してしまっては大変なので、作業中のデータ紛失を心配されるのであれば、専門業者に依頼してみましょう。

データの移行を専門業者に依頼するなら、「アドバンスデザイン」がおすすめです。主にデータ復旧を行なっている専門業者なのですが、データ移行サービスも行なっています。業界でもトップクラスの実績を持っているので、大切なデータの移行を安心して依頼できるでしょう。

Windows10のデータ移行はさまざまな方法でできる

Windows10のデータ移行はさまざまな方法でできる

Windows10のデータ移行作業は、ご紹介した3つの方法で行えます。誰でも簡単にできる方法なので、Windows10のデータを移行させたいという方はぜひ試してみてください。しかし、中には作業中にデータが消えてしまうことを心配されている方もいるはずです。そんな方は、確かな実績を持っているアドバンスデザインに依頼して、確実にデータを移行してもらうと良いでしょう。

TOPへ戻る

実績とデータ復旧技術で選ぶ!信頼できるデータ復旧業者人気ランキング

contents

信頼できるデータ復旧業者人気ランキング

パソコン突然障害お助け復旧キャンペーン!